恋は陽炎 

亀の散歩


旧中山道を1日中やまみちと読んだのは誰だったか。今日は東京アメッシュの画面がぐちゃぐちゃにつき1日中テレビ三昧。人間無理はいかん。

東京新聞を見ていて人生相談「悩みの小部屋」にこんな問答が載っているのが目に留まった(意訳)。
6年前に妻と死別した千葉県・76歳男性。4年前に夫を亡くした71歳の女性と交際しています。彼女は趣味や友人が多く私との時間が余り取れません。自宅に近づくことも禁じられています。もっと会い、家にも行きたいのですが、どうしたらいいのか。彼女は自分の世界を持ってのびのびと生き、私は彼女のみを思って悶々とする日々です……。
答え(回答者は『「捨てる!」技術』の辰巳渚氏)。……すばらしいことです。どうぞ大切になさって下さい。恋は危ういもの、あなた次第で失われてしまうかもしれません。なぜなら恋の法則はより多く思った方が負け。相手を思い通りにしようとした途端に恋は逃げていきます。恋を大切にするとは相手の有りようを受け入れるということなのです。今のあなたに必要なのは、あなたが彼女に対して思う「自分の世界を持ってのびのびと生きている」感じ、まさにそれです。焦らずにご自身の暮らしを充実させて下さい……。
うーーーん、いい問答だなあ。さすが『「捨てる!」技術』の著者だ。彼女は相談者が若い女ではなくこういう堅実な人を選んだことを高く評価していた。私にはここまで具体的なターゲットはいないが、心当たりは大いにある。「相手を思い通りにしようとした途端に恋は逃げていきます」というくだりは参考になった。メモしてマーカーを引いておこう。このとおりにやって全然煮詰まらず、根腐れを起こしてしまう可能性なきにしもあらずだが、この2人なら大丈夫だ。こんな相談をするくらいだから、肉体的にはともかく精神的にはだいぶ進んでいるに違いない。2人の前途に幸あらんことを心から願っている。

ところで、昨年書いた近所の猫「めちゃ」のことだが、とうとう見つからず新しい猫を飼い始めたようだ。名前は「ミー」だという。というかミーの方から入り込んだものらしい。茶色のブチで私が通るとびくびくしている。そのうち画像もアップしたい。なお、猫がいなくなると遺失物として交番に届けなければいけないのだそうだ。
  

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

恋は亀の頭のようにですな

エー、タイトルは置いときまして。なんですとな、「私にはここまで具体的なターゲットはいないが、心当たりは大いにある」と、とととと、とですとなすとな。風邪にはストナ。なんて言ってる場合ではないですな。ううむ、恋は陽炎ではいけません。灼熱の風でなくては。なんてのは若いうちのこと。いいですな、陽炎ですか。ううむ、いつか、同級生の女性達の写真、見せてくれましたが、あれですかな。ううムムムむむむむむむ、むむむむむむむ、大切に願いますぞぇ。ダイナー氏は捨てる技術は卓越してそうですが、相手の有りようを受け入れるに付いては、私にはなんとも言えません。butこんなうれしく、楽しいニュースはないですな。ダイナー氏に、大きなエールを送ります。ダイナー氏の亀が青筋立てることを願い大きなエールを送るーーーーっ。せーーーーーーーー。
ふれぇーーーーーふれぇーーーーダイナー、ふれっ、ふれっ、ダイナーーーーー。

Re: 恋は亀の頭のようにですな

だから~、まだそこまでの何はありませんてば。同級生でもなっしー。
アオスギアゲハの羽根は立ってますけど……。

追へば逃げ追はねば寂し秋の恋

ま、辰巳先生もなかなかですな。捨てる技術の人だけあって、ステルス戦闘機並みの恋愛技術を伝授して下さる。己を透明にしレーダーに映らないようにして接近せよ……ちょっと違うかな? 
なお、冒頭の亀はおばさんが連れて、夕方、幼稚園周りを散歩させているものです。こう見えて歩みはかなり速い。うっかりすると車道に出てしまう。

逃げ水の恋

人生相談のくだりはよくわかる。ただ少し分からないのは、(自宅にも近づくことも禁じられて云々)とあるが女性に言われたとしたらまさに逃げ水の恋ではないか。悶々としていないで次を探した方がいいと思うよ。我ら晩期高齢者ほど「恋」心は若年者に負けないくらい情熱的であるが実現となると難しいね。まだ姦通罪があった頃だが歌人川田順は「墓場に近き老いらくの恋は怖るる何ものもなし」を実行したという。某大納言氏もまだまだチャンスは・・・・あるかも・・・・・。

Re: 逃げ水の恋

チャンスがあるのは分かっていますが、どういうチャンスをどういう方向に煮詰めるべきかという判断が難しい。中期高齢者はそこんとこ慎重にしないとね。

相談者が家に近づくのを禁じられているのは、脈がないんじゃなくて彼女自身が時期を待っている段階だと思いますね。(辰巳女史が言うように)相談者の方がやることがなくて彼女だけに意識が向いているのがいけない。しかし、どうやって知り合ったんでしょうね、2人は……。

猫の“ミー”

“めちゃ”を諦めたと言うよりは、“ミー”が入りこんだことで踏ん切りをつけたのでしょうか。
猫が居着く家は、一時不在になっても、不思議とすぐに跡継ぎの猫が現れるのですよね。


そう言えば、群馬にいた頃、初代の居候猫を娘が“ミー”と名付けましたっけ。
サビ猫のメスで、顔立ちがムーミンに出てくるミーに似ていたかも(笑)。

Re: 猫の“ミー”

6カ月過ぎたからと言ってました。ミーは調子がいいやつで……とも。めちゃほどの美形ではありませんが、私にも懐いてくれれば文句なしです。ちとびくつきすぎる嫌いが……。

陽炎は

亀の頭より立ちのぼり果てることなく吹き上がり

恋は亀の頭に始まり頭をたれてしぼむかな

恋は陽炎頭も陽炎Y字路のみがもっこりコン

陽炎の女は遠し恋路遥かに

恋はエナジー尽きたかエナジー

青筋立てても向かう先なし
しぼむかエナジーあてど無きまま

  • [2014/09/04 11:00]
  • URL |
  • 通りがっくり人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 陽炎は

ははあ~、これは現代詩ですか?
ではお返しを……と思ったが、これでは書きようがない。というか、今日はなかなか忙しい。これから大久保へ行き酒を飲んで歌わねばならない。それも大きな仕事にござる。明日ならば何か考えつくかもしれません。

猫撫でて愛恋しばし忘れたり

老いらくの恋エナジーも夏バテし

なお、先日のコメントの中でアオスギアゲハと書きましたのは、アオスジアゲハの間違いでした。失礼しました!

亀の道路占用期間

こっ、これでは道を歩けませんな。とりわけ、短いスカートの女性は困るでしょう。
私も道行く亀になりたい。
なあんて言ったら、世間から疑われるしな。なんだか、冗談も言いづらい時代ですな。

 お仕事増えて、なによりです。やはり仕事しているダイナー氏が魅力的ですな。

PS 逆に気の強い女性に蹴りでも入れられてもかわいそうだしなあ。亀も頭で考え疲れ。

Re: 亀の道路占用期間

世に亀のアタマなかりせば、犯罪など半分はなくなるでしょうな。亀のアタマのおかげで紛争は絶えません。亀のケツはいいが亀のアタマはいけないという、理不尽といえば理不尽な規制もアタマをニョッキリもたげるのであります。

この亀は雌か雄か分かりませんが、ミニスカートの中も見放題で大喜びかといえばそうでもなく、ただこのよーに黙々と歩いていくのであります。エライものです。我々人間♂はミニスカートがちらとでも眼に入った途端、法に触れはしないか、逮捕されるのではないか、マスコミに報道されはしないかと、そればっかり考えて夜も眠れなくなります。昼間眠たいのはそのせいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/293-d3702fd7