妙正寺川を歩く 

妙正寺川(下落合付近)
DSC_2748bg DSC_2757bg DSC_2760bg.jpg
DSC_2769bg.jpg

26日の日曜日は久々の川歩きの日である。当初天気は大丈夫との予報で安心していたら、いつの間にか傘マークが並んでいたのにはがっかり。しかし、通知した以上延期は難しい。結果的には晴れたり曇ったりで当初の予報通りだった。ただし、夜遅く、激しいにわか雨があったようだ。

さて今回の川歩きはリバイバル篇として、10年前に歩いた川をもう一度歩くという計画で妙正寺川を辿ることにした。西武新宿線下落合から同じく野方まで歩くつもりだ。集まったのは私を入れて6人。山姥さんにも案内を出したのだが、イレギュラーシフトで出勤となり参加は叶わなかった。前回来たA氏も不参加だ。地図はデジタルミリオンからA3に印刷したものを配るが、ものすごく細かくなって自分でも読めない文字がある。しかし粗いよりはいいだろう。妙正寺川は蛇行する典型的な都市河川で流域はコンクリートで固められ、家がぎっしり建て込んでいる。洪水も多かったと思う。しかし、平時の水は途中から放水して補っているというのだから、都市河川のコントロールの難しさが分かる。下落合駅の少し下流に神田川との合流点があるのだが、そこは割愛して上流へ進む。以下、写真は同じような川の風景が続くのは退屈だろうから、目に付いた印象的な風物を交ぜて掲載する。

DSC_2765bg.jpg DSC_2770.jpg DSC_2773bg.jpg
DSC_2775bg.jpg DSC_2832bg.jpg 

歩いて行くと高齢者の集会所みたいなところにコンサートか何かで人が集まっている。大樹が川を覆うように伸びている。次の駅・中井もやはり川沿いにある。中井から歩き出してもいいくらいだ。その先は公園を迂回するが、その際、目に付いた御霊神社に立ち寄る。この辺は北から下る短い坂が多く、それにいちいち名前が付いて標識が立っているのが律儀だ。目白学園の対岸に調整池が造られている。洪水の時に川水をここに逃がす仕組みだ。その先は哲学堂公園である。ここを散策すれば哲学の知識が知らず知らず身につくのだろうか。この対岸にも調整池がある。哲学堂でしばし休憩しおやつをいただく。哲学堂の先で川は新青梅街道に接近するが、その頂点に北から来る江古田川との合流点がある。一帯は15世紀半ば、太田道灌と豊島泰経らが激戦を続けた(享徳の乱)合戦の場であるという。「史跡 江古田原 沼袋 古戦場」という石碑が建っている。江古田川も辿ってみたい川の一つだ。道灌は東京人のお気に入りらしいが、私はあの冷酷さがどうも好きになれない。

DSC_2801bg.jpg DSC_2792bg.jpg DSC_2805bg.jpg
DSC_2816bg.jpg DSC_0001bgbg.jpg DSC_2809bg.jpg
DSC_2824bg.jpg DSC_2823bg.jpg

そうこうするうちに日が落ち、暗くなっていく。川はJカーブを描いて沼袋駅に近づくが、そこで切り上げようとの声が出た。まもなく午後5時。予定を1時間もオーバーしてしまったのは誤算だった。止むを得ない。ここで駅方面へ向かい、ちょうどよくつぼ八があったのでそこへ入る。打ち上げの生ビールがうまい。(同じ場所の画像が貼られていたので差し替えました)

DSC_2837bg.jpg DSC_2841bg.jpg DSC_2842bg.jpg 
DSC_2846bg.jpg
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

おー、東京。秋の夕暮れですな

バス待ちの白髪老人のたれさがったバックが哀愁ですな。ウォークしてたんでしょうかな。つぼ八で打ち上げたんですな。うーむ、夕暮れの街と、生ビールですな。達成感が感じられますぞえ。今回もいい写真がたくさんありますな。ぐわーーーんと、水位が上がりそうですな。そして、中華そば幸楽ですな。小田急のどこぞの駅風景と、似てますな。こういうたたずまいは逃さないですな。合格です。旅情があります。結構でした。

Re: おー、東京。秋の夕暮れですな

ありがとうございます。つい飲み過ぎました。
まだ秋たけなわとは言いがたいでしょうが、なかなかの風情でしたね。皆もそれなりに元気だったし、次はどこへ行きましょうか……。

参加できず、残念無念…!!

写真の、段々と夕闇せまる時の流れと滲み出る生活感とが良いですね。

結局、当初予定していた野方までには到らず、沼袋で終了となりましたか。
地図を眺めるだけでも大きく蛇行しているとわかる川の流れと釣瓶落としの如き秋の日暮れが相手では、已む無しでしょう。

太田道灌…江戸城築城と山吹の和歌が有名なだけでしょう(苦笑)。
実際はどのようなお人でどのような功績があったか、私は殆ど知りません(威張れることではありませんが)。
ただ、最期は戦死ではなく暗殺されたそうで…そのあたりがもしかしたら悲運の武将と思われているのかも。


ところで、手元の地図(街の達人コンパクト 東京23区)によると、御霊神社が目白大学付近と哲学堂公園付近の二ヶ所あります。
それぞれ祭神は違うのかしら…などと、本筋とは関係のないことに興味が向いてしまいます(ーー;)

Re: 参加できず、残念無念…!!

> ところで、手元の地図(街の達人コンパクト 東京23区)によると、御霊神社が目白大学付近と哲学堂公園付近の二ヶ所あります。
> それぞれ祭神は違うのかしら…などと、本筋とは関係のないことに興味が向いてしまいます(ーー;)

なるほど。我々が訪ねたのは目白学園の南側で中井御霊神社と呼ばれ、哲学堂公園の東側にあるのは葛谷御霊神社と呼ばれているそうです。どちらも八幡神社ですが、両者の関係はよく分からないらしい。
http://jinja-kikou.net/shinjyuku-nishi1.html#10

また、教えていただいた豊多摩監獄跡は川から離れすぎているので、今後も行けるかどうか……。
   

ご教示ありがとうございます

以下、前回にも増してとりとめのない内容で失礼いたします。

ネット記事をモバイルで読める範囲で目を通した限りでは、両者に関係はなさそうですね。
新田開発などで集落ができる際、比較的早い時期に鎮守社を勧請します。
地図上の距離は近くとも、勧請の経緯は違っていたようですし、神仏分離以前には別当寺も違っていましたし。
八幡と御霊神社の関係は…追々探すことにします。

話はまた飛びます。
前回の記事に登場した尾崎翠は『第七官界彷徨』執筆当時、中井界隈に暮らしていたとか…。
ただし、河川改修工事で流路が変わり、現在は川底になってしまったそうです。


豊多摩監獄跡、何かの折りに行くことがある…かもしれません(苦笑)。
二年前に、これより500メートルほど南の辺りに行っているのですよね。
当時は、「豊多摩」って三多摩の一部かと思っていました。
山手線より西側は、ホント知らないことばかりです┓( ̄∇ ̄;)┏

Re: ご教示ありがとうございます

> 前回の記事に登場した尾崎翠は『第七官界彷徨』執筆当時、中井界隈に暮らしていたとか…。
> ただし、河川改修工事で流路が変わり、現在は川底になってしまったそうです。

ほほー、この本では落合となっていました。先住者である林芙美子に誘われたと書いてあります。落合のどの辺かは分かりませんが……。一方、林芙美子記念館は中井2丁目、駅から至近の場所にあります。

うーむ、尾崎翠ですとな

お二人のお話していることが、わからんので、いま、「お先に、みどり」(冗談)を買いました。中古の文庫本。読んだことなかったし。林芙美子の尾道が出てくる本はよかった。なので、翠さんもいいかもしれない。芙美子も翠も、河たどりをやっていたのですかな。ただのどぶ川だったかもしれない。芙美子は七輪でめざし焼いてるイメージが強い。私も芙美子にめざしを買ってきてやり、一杯やりながら、七輪を囲みたいと、思いますが、とても、そんなのんきな時代ではなかったでしょうな。

芙美子よ翠よ筆休めんか めざし焼けたぞこっちさこ

 本記事の感想、今日あたり来ますかな。
鳴海さん、GT氏、それに巌鷲山さん、楽しみですな。

Re: うーむ、尾崎翠ですとな

メザシ焼く芙美子尋ねし川歩き

「落合村大字上落合字三之輪」が翠の住まいだったようです。芙美子記念館の少し上流です。江戸明治東京重ね地図で見ても、この辺りはそれほど流路が変わっているとは思えませんが、たまたまそれに当たったのでしょうか。

鳴海

久しぶりの川巡りですな。10年前と比べてどうでしたか?東京は崖と坂と川で出来ている街だがそれに関した著者がたくさんでている。最近は、「写真3D、陰影図」カラー写真なので見やすく楽しんでいる。東京の地図を広げて一緒に歩いてみた。数ある中で、『東京「スリバチ」地形散歩2』に詳しく載っていた。地形マニアの小生だが、さすがに東京散歩は出来ないので関係本を見つけると即買いして楽しんでいる。「暗渠」散歩もしてみたらどうかな。憧れるね。昭和39年の五輪ピックでかなりの河川が暗渠となったが、2020年の五輪ピックまでにまた多くの河川や崖、坂がなくなるんだろうな。アベノミクスの4本目の矢は「都市・自然の破壊」が隠されているのをご存じか?軍事車両が通りやすくするためなのだよ!今の内に少しでもたくさん歩いて記録してほしいね。

川の流れに

哀しきかな都市河川は、両側を堤防に挟まれ苦しそうだ。時には暴れるけど自然の大地をゆったり流れ恵みを与えてくれる川。「病葉を今日も浮かべて~街の谷 川は流れる~」懐かしい歌があったね。

そこで吉井勇風・・・

祭りという赤提燈の酒場かな今宵も哀し路地裏あたり

戯れに小名木の川の水汲みてふる里の墓洗いたる夢

夜もすがら何を恨むやかの君は小名木の川に泪落としぬ

Re: 川の流れに

仲宗根美樹は海洋博でも審美容でも事業破綻し、金銭感覚なっしーな女みたいです。「川は流れる」もいいが私は「ユキコの灯」が好きですね。しんみりして。

だるまてふ大衆酒場閉まりたり

暮れ早き妙正寺川水光る

灯を点す小名木の川の果て知らぬ

Re: 鳴海

はっきり覚えているのは哲学堂公園くらいでしょうか。
まさにスリバチ地形の典型、3D地形図にぴったりのコースですな。
1つの台地を挟んで、北に石神井川、南に妙正寺川、そのまた南に神田川が流れている構図といえばいいのか。なお、沼袋はいくつか細い川が流れる湿地みたいなところだったようです。

アベノミクスの第4の矢が自然破壊ですか? 消防車の入れない街は再開発だと言って、実は戦車が通れる街を造る。御嶽山噴火にも意味なく戦車が出動しましたし……。東条内閣もそこまではやりませんぞ。

東京を愛してるダイナー氏

降るさと野辺地を夢にまでみながらこの歳になってしまったおのれ姿見つめながら、妙心寺川を見つめているのですな。

見つめているのはただの水どこにでもあるただの水心だけが色つけたがる

どうも誤字多く申し訳ない

すでに泥酔してます。寝ます。

Re: 東京を愛してるダイナー氏

> 見つめているのはただの水
> どこにでもあるただの水
> 心だけが色つけたがる

こうしてみるとなかなかの詩ですね。メロディが浮かんできそうな。
弾き語りで、いっちょいきましょう!

家康よりは道灌

東京人が太田道灌を気に入っている、というより、東京人は徳川家康を東京の始祖とは認めたくないのです。ネガティブの裏返し。大体道灌についての詳細などほとんど知らないのだし。
昔、テレビのクイズ番組でひっかけ問題みたいに「江戸城を作ったのは誰でしょう」が出て、徳川家康と答えるとブザーで、正解は太田道灌と言う場面には、確かに痛快を感じていた。昔も今も、家康のような陰気な策略家は不快であったし、多くの東京人も同様であったろう。260年に渡る戦乱無き世を作ったとか、単純再生産のような国家運営は低成長-減速社会の現在のヒント、だとか評価する向きもあるようだが、自分たちを倒す勢力が出現しないようにと成長の芽を摘むことばかりに汲々としているような国家運営は褒められたものでもあるまい。
 ところで、蓑を求められて山吹の花を差し出した女性の真意は、「実の一つだになきぞ悲しき」そのままの意味で、ただし、女性と言う花に男と言う実が欲しい、と言う誘いだという異説があります。それに気づかぬ道灌は野暮だという、与謝野晶子の「悲しからずや道を説く君」みたいなものでしょうか。異説は異説だ。

Re: 家康よりは道灌

そんなことを言うと、家康のタヌキ親父説だって明治政府がでっち上げた虚像だという。大方の日本史は虚像と虚像の闘いの歴史だとも言えるのでは。明治政府の言うタヌキ親父も好きではないが、かと言って立派なプランナー、国家経営者・家康との説にも容易く与したくはない。どうしたらいいものか、悩ましいところです。

一方、主君にねたまれて風呂場で殺された道灌は確かに悲劇の武将と(少し)言えるでしょうね。山吹の里の伝説はあとで江戸っ子の誰かがつくったオマージュでしょうが、それを逆ナン話として官能小説に仕上げるのは通りがかり人さんの仕事かもしれませんよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/301-9896a28a