立会川を歩く 

DSC04179bg.jpg DSC04188bg.jpg 
DSC04189bg.jpg

30日は71歳の誕生日。例によってA氏に呼び出され、寒い中、立会川を歩くことになった。もっとも立会川を歩こうと決めたのは私である。なぜかというと短いから。開渠部は0.7キロと短いので川歩きの会の対象にはなりにくいが、一度歩いてみたかったのだ。しかし暗渠部は長く目黒区碑文谷辺りが水源とされている。暗渠の大部分は立会道路、立会川緑道などという緑道公園になっている。開渠部と暗渠部はほとんど別の河川というネット記事もあった。
今回は京急鮫洲駅から旧東海道を下り、立会川に入って東海道線をくぐり、そのあとは緑道を大井町駅まで上る予定で、鮫洲駅で待ち合わせする。歩行距離は約2.4キロ。蛇崩にいたときはこの先の運転免許試験場で免許の更新をした覚えがある。代書屋がずらりと並んで客引きをしていたが、今はどうなったか。旧東海道を南下するつもりだったが、勝島運河の堤防の上に歩道があるのでそっちを歩くことにする。見事に凪ぎた夕方の水面に水鳥たちが遊んでいる。船宿もあり、ヨットハーバーみたいでもある。

DSC04194bg.jpg DSC04196bg.jpg DSC04197bg.jpg

立会川の河口付近に「土佐藩 浜川砲台跡」という標識が立てられ、礎石の一部が並べてある。立会川駅西側にあった土佐藩下屋敷から坂本龍馬もここに通ったとあり、稲荷神社前の商店街には龍馬の銅像がある。最下流の浜川橋が涙橋とも呼ばれたのは、鈴ヶ森刑場で処刑される囚人が別れを惜しんだからという。小塚原刑場に近い山谷の泪橋と同じ趣向のようだ。立会川は下流で高濃度酸素溶解水を注入する浄化作戦が行なわれ、またJR馬喰町の地下排水を月見橋で放出して水量を補っている。したがって水質はかなりいいようだ。きれいな水色の水面に水鳥が盛んに潜って餌取りしていた。護岸には黒っぽい溶岩レンガというヒートアイランド防止効果のある素材が使われている。浜川橋から上流へ弁天橋、立川橋、昭和橋、桜橋と続き、次の月見橋で開渠部は終っている。

DSC04205bg.jpg DSC04201bg.jpg DSC04210bg.jpg

ビルや商店の間を流れる典型的な都市河川(二級河川)の立会川は、短いがなかなか風情のある川であった。私の好きな違法建築も多い。ぶらぶら歩いて大井町まで約1時間。予定通りだ。着込んで臨んだおかげで、寒さもそれほど気にならずにすんだ。打ち上げに大井町のさくら水産を探したが見つからず、ひもの屋とかいうちょっと高級な居酒屋チェーンで飲んだ。
     

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

川は流れる

久しぶりほどではないが、地方人には全く分からないところの、無名の川のお話しは大都会の片隅に細々と生きている人々の生活の匂いが漂ってくるようです。庶民のささやかな暮らしは、地方の我々と違いはないといえましょう。今年最後に相応しく和む思いでですな。
《病葉を今日も浮かべて 街の谷 川は流れる・・・》仲宗根美樹の歌「川は流れる」に相応しい大都会の片隅の川もそれなりに生きているんですな。
『如月より』のコメンテーターの皆さんも含めて皆で良い年を迎えましょうぞ。

Re: 川は流れる

おっしゃるとおりで、短いが庶民の暮らしの真ん中を貫いて川は流れ、喜怒哀楽を映します。仲宗根美樹は審美容で大ミソを付けましたが、「泥だらけの純情」などという吉永小百合の名曲もありました。火ともし頃となればこの川も別の顔を見せることでしょう。

行く河の流れは絶えずして・・・

しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例(ためし)なし。世の中にある、人と栖(すみか)とまたかくのごとし。

追憶風・・・

去年今年(こぞことし)悪しき暮らしや 除夜の鐘

大晦日 独り飲む酒 恨めしき

ふる里を 捨てし友あり 今ごろは 小名木の川に 何想うらむ

行く年も 来る年もまた 日々のこと つつがなきよう 老いてゆくのみ

ふる里の 匂いにも似た 酒場かな もと人妻が はじめたという

ふる里に 眠りたる父母 その墓地は 雪に埋もれ 冷たかりけり

新年に向かう河あり

ううむ、出しましたな。久々の大物ですな。A
氏のおかげで、いい記事、いい写真です。ダイナー氏とは5歳半の開きなのですな。やはりお若いと思います。ダイナー氏は若い。節制のたまものです。
 私は虚構と、虚妄で、生きてゆきます。遊ばせていただき、ありがとうございました。
 がんばれ、ダイナー氏。

Re: 行く河の流れは絶えずして・・・

逝く年の寂しさを言う人もなし住み古りにける草の庵は

小名木川真っ直ぐに行く年の瀬の街にかすかな余光ありたる

立ち止まり川の行方を見たりしが川は流れず時の経つのみ

吹雪にて暮れるあの町小走りに小柳ルミ子角巻きの人

Re: 新年に向かう河あり

新年に向かう川あり光あり

今年はお世話になりました。私のブログは年中無休です。心が疲れたときにはお気軽にお立ち寄り下さい。暴言を吐き合いましょう。暴言酒場「如月」より

訂正

慌ただしき大晦日にコメントしたものの、よく確認せずあり、訂正させて下され。
誤「ふる里に眠りたる父母その墓は雪に埋もれ冷たかりけり」

正「・・・雪に埋もれて ・・・ 」です。

新年のひとことを待ってます。24時間営業ガンバレや!

Re: 訂正

> 誤「ふる里に眠りたる父母その墓は雪に埋もれ冷たかりけり」
>
> 正「・・・雪に埋もれて ・・・ 」です。

なるほど。私は「うずもれ」と読んでいました。これでも音数は合いますからね。あとは後藤氏のコメントが来たら更新します。彼は雪山かな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/313-44960c68