クーリングオフ 

曳舟付近
DSC04304bg.jpg

30日の金曜日、厄日。事件が起きた。なにしろ我が「だらく探偵事務所」は事件がないとおまんまの食い上げである。といっても、我が事務所は事件を解決するのではなく、事件によって立ちのぼる情念や怨念を糧とするハイブロウな仮想企業である。だから下々のやるような飛び込みの営業活動など一切やらないのだ。

夕方、馴染みの生命保険会社のおばさん2人がやってきた。「うちは月末が〆なもので……」とかなんとか言っているのを漫然と聞いていたが、すでに事件は始まっていたのだ。この会社には昔々に個人年金を掛けていたのが、今になって大変助けられていることもあり、現在も個人年金中心に使っている。実は医療保険も掛けていたが告知違反でキャンセルされてしまったという経緯があり、医療保険は外資系の最小限の掛け捨て保険に入っているだけだ。
さて、C子(担当者の名前を仮にこう記す)は数年来の付き合いだから、私の状況は大体のみ込んでおり気安く話に応じていたが、こちらも年金はもう1本くらい必要だという意識があったのでC子のペースにはまり、気がつくと、うん百万の年金を契約させられてしまっていた。げにAB型の女は恐ろしい。B型は単なる自分勝手だが、冷血動物といわれるAB型は人の尻の毛までむしり取ってしまう。つまり、C子は〆日に成績を上乗せしようとして、いささか甘い私のところへやって来たというわけだ。しかも設計書も示さないやっつけ仕事である。
C子が帰った後で地の底から怒りがこみ上げてきた。2日経った日曜日、会社のサービスセンターに「クーリングオフを掛けたいんだが」と話すと、明日営業所から連絡させるという。次の日、営業所の事務から電話があり、クーリングオフせずともまだ書類が通っていないのでキャンセル可能だとのこと。既に払った1か月分の掛け金1万9千円は返すというので、矛を収めた。クーリングオフは会社や営業社員にダメージが大きいのだろう。しかし制度がある以上、こういうことも起こると思って営業してもらいたいものである。C子のやつ、私をなめると大変なことになるということがわかっただろうか。

北砂3丁目
DSC04307bg.jpg
     

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

うーん…

先月30日ですか。
雪~雨にも負けず営業する根性がないと、保険のオバチャンとして生き残れない…。
とは言え、こんな顛末を迎えようとは、オバチャンはもとよりお釈迦様でも思うまい…笑。
最後まで読むと、「痛快!!解決!!だらく探偵事務所譚/大納言逆襲す」といった趣きで、残業の合間に大笑い致しました(爆)。

Re: うーん…

逆襲は成ったが何だか後味が悪い。C子め、落ち込んでるかナ。
彼女らは雨雪に負けないだけじゃ務まりません。お客に架空の需要を生じさせるあざとい仕事でも、罪悪感や心の痛みを感じないような図太い神経が必要です。AB型人間にピッタリの仕事と言えるかもしれません。

法人名他、現実の集団をかなりおちょくっているんですが、もはや仕事が来ることもなさそうですし……。

虚構需要

ううむ、C子さんとの長い付き合いにひびが入りましたかな。虚構づきあいの数年でも、はげまされたこともあったりしたのではないですかな。慰められたことも。ダイナー氏の血液こだわりは、私の場合は、友人が何型なのかも興味が無いので、そういう感覚はよく理解できないときがあります。C子さんは、他でもさんざん落ち込まされているでしょうし、強い人かもしれませんし、それがC子さんの職業なのでしょう。たいしたおじさんだと、おもっているかもしれません。彼女は人妻ですかな? お茶のうまいのを、入れてあげたらいかがですかな。金融機関とて、儲かっているのはトップと、投資の技にたけた一部の部門だけでしょう。きついかけひきがちまたでは渦巻いてますでしょう。彼女の嘆きを聞いてあげましょう。特に、預金高を増やさなくても、いいじゃないですか。なあんちっちの虚構と現実。

Re: 虚構需要

C子はバツイチです。一緒にカラオケへ行ったこともあります。以前、家に来た時「コーヒー飲む?」と聞いたら、我が家の台所が汚いのを見ているからか、遠回しに断られました。ノートパソコンの入った重たいカバンを提げて毎日毎日歩き回り偉いものだと感心しております。影ながら応援してもいますので、こういうやり方は勘弁できないところがあります。

今朝は起きたのが11時半近く。オシッコが真っ黄色になってました。きっと血液もどろどろ状態でしょう。左向きに寝たからか肩の痛みは和らぎましたが、まだ凝っています。当然朝食は抜きです。

なななななな、ななななななな、ななななな

ななななななな、ななな、なんなななのな。菜の花咲いてる。そこらに菜の花。そこらじゅうに菜の花。
 こっ、こここ、こここ、これは虚構的現実ですな。C子さんも、やむにやまれず、…私も30年前、色香あふれし、t子さんの生命保険に、入りましたな。あれは、現実的な虚構でしたな。ぬむむむむむ、彼女達は、パソコン他、所帯道具ひっかついで、がんばっているのですな。ぬふんむむむ、これは巌鷲山氏も、場合によっては、鳴海さんも、雪かきおっぽらかして、出てくるかもしれませんな。ぬぬぬ、咲き乱れし菜の花。明日は雪か…ううむ、ダイナー氏のせつなさ、ようやく理解できました。ううむ、勧誘世界のほろ苦味が身にしみますぞえ。

勧誘も積もりつもりて菜の花咲かし。

カラオケやマイク以外を握りたし

あのt子、今は孫抱くおばばさま

あのt子、どこのどの時のお客様?

しかしがんばれダイナー氏、ダイナー氏ならではのやり方で。

Re: なななななな、ななななななな、ななななな

菜の花の沖司馬遼太郎、来たる12日は菜の花忌。
その前に訂正ですが、「影ながら」→「陰ながら」でした。

色香あふれしt子……貴様ーっ、この軟弱者め! 女の色香に迷いおって……。ふむ、t子さんはその後どうしてますかな。孫がいる、そうですか。30年も経ちましたからね。彼女たちも大変ではあるが、私のささやかな将来(お金)も大事だ。そこに凡人我々の葛藤なり何なりが生じるわけです。

通りがかり人さん? 忘れちゃったわそんな人

カラオケや どこ握ってんのよこのジジイ

孫を抱くt子色香も薄れたり

色香には迷ったが

当然、何にも無かったし、この人、まもなく辞めてしまった。多くの男性が入らされたろう。私もそのまま、ついこの間まで入り続けました。しかし、色香だけでは職業はなり立たんでしょう。介在は否定しないが、最後は信頼と誠意でしょうな。
 C子さんは、あるいは甘く見ていたのかもしれないが、見方によってはニュートラルですな。あとは極太のギアをダイナー氏が入れるか、否かですかな。なあんちちちの極太ギアー。久々の心弾むニュートラルですな。

Re: 色香には迷ったが

極太ギア―ですか……。抜差しならなくなりそうですな。
ニュートラルでは前進しませんし。

この日々はクーリングオフがないと

生きられないかも知れナイト。微妙な判断、瞬時に下さナイトいけないナイト。私がダイナー氏でもおんなじことをしたかもしれない。

男女はcooling off tonight ですな。うーむ、スゴ技ですが、本当は使いたくはない。かけられた方も、痛みの残る技ですな。クーリンオフなど、恐れてはいられない時代なのでしょうが、私は臆病者です。そしてそのくせ、うらみも強い。かけたくも、かけられたくもないクーリンオフnight。これは白クマ氏の金冷法にも通ずるところがありますな。金礼法といっても間違いではないですな。
では、一句、行きますか。

熱いあなたにクーリング、あなたの一部をクーリング。冷やしてあげましょ熱いとこ。さまして上げましょたぎるとこ。クーリン、クーリンいたしましょ。やさしくなでてねオフ、オフ、オフ。ここはこの場はオフオフオフ。いつか醒めてね、目覚めてね。今はこの場はオフオフオフ。なあんちっちのオッフナイット。

C子氏も無理なことしたと、気づいたはずです。今回の大納言氏の記事はなかなか考えさせられましたぞえ。日常ですわな。この時代の。優柔普段着で生きて行きたいのに。そうも行かぬナイト。

Re: この日々はクーリングオフがないと

ううううーーん、調子狂っちゃったよ。
ま、今回は歌合戦は通りがかり人さんに勝ちを譲ろう。

こういう世界情勢・経済情勢ではあまり長期の年金は掛けにくい。
インフレになったらどうするんでしょう。大損してしまいます。
また年金も民間の個人年金で補填するだけでなく、株はともかく投信などでの運用を図っていくことも必要です。いわゆる分散投資ですな。いい機会だからもう一度考え直してみようと思います。
なーーんちっちっちっのクール宅急便。C子には恨まれちゃったけどね。

話は変わるけれど

いま、数時間寝て、便所で水流そうとしたら、流れナイル。ナイル川断水か。くまブログ見たら、寝ているのか、何にものってない。

水道局、200世帯断水。二駅先の街だが、こら困った。コールセンターおかけ直しなり。まいった。

そして水が出た

水道のない国もあるだろうに。真夜中に水が出るなんて、ありがたい。この国で、生きて、そして、くたばろう。

がんばれダイナー氏。私はなんだか、C子と、似合いそうな感じがするんだが、それも無理か…まだ頭が虚構だ。すいませんでした。おやすみなさい。

Re: そして水が出た

おおーーーーーっと、やっと起き出しました。失礼~。
水が出てようござんした。水に流して下さい。
横浜市水道局の断水情報はなく、グーグルで検索すると4日5日の情報が出てきますね。過去の情報もデフォルトで出してもらいたいものです。白クマ水道局は……どうしたんでしょうね。

> がんばれダイナー氏。私はなんだか、C子と、似合いそうな感じがするんだが、それも無理か…
いやいや、何をもってそんなことを……。AB型は恐ろしいが、O型(私)はもっと恐ろしいぞってことで。彼女の努力家ぶりは評価するんですがね……。

外歩いてきたが

これからなのかねえ? なんだかなあ。今回は、書き過ぎたこと、悔いてます。きっと、t子を思い出したからだろう。向こうだって必死だからね。でも、鳴海さんや巌鷲山氏、GT氏、出てきてくれないと、さびしいやね。昨日はやはり、突発断水で、水道局は平謝りだった。今、なお、原因調査中とのこと。古い管なのに違いない。まあ、いいか、風呂の水あるし。火事は困るよなあ。私も少し歌いすぎた。静かにします。しばらくは。だれか、如月ブログに寄っておくれやアーーー。

Re: 外歩いてきたが

まったくですな。雪のせいでしょうかね。
鳴海氏からは深刻な体調不良との連絡が入ってますから、しばらく待ちましょう。GT氏は仕事がタイトだと聞きました。タイトスカートもいいよね。ぐっと短ければね。

うつつと虚構

いやあ~今回は、通りがかり人氏にしてやられたね。お・お・お・お・お・驚き!だっちゃ。人妻と元人妻との格差は虚構と現実だよね。大納言氏はバツイチのC子になら、何しようと思えばできただろうし、人妻でも出来るがちょっとヤバイかもね。(でも、ひょっとしてカモがネギをしょってきたんじゃなかったのかな?)これまさに「虚構と現実」の差なんだろうね。いっそのこと「クーリングオフ」しないから「なに」しようと言ってみたら大納言氏の「ぶらさがり」も元気はつらつになったと妄想したら我ながら可笑しかったね。
それにしても通りがかり人氏の「便所で水が流れなかった」そうだがそれなら台所にしてみたらよかったのに!でも、まもなく「水が出た」そうだが、それってもしかしたら床の中だったりしちゃってね!冷たくて目が覚めなかったかい?
鳴海さんは深夜に救急車の世話になるなど今年は八方塞がりで身体あっちこっちガタガタだとか。近い内に酒の代わりに胃カメラを飲むんだとさ。どんどはれ!

今回は通りがかり人風で・・・

人妻にまだ手が出ない雪のなか

菜の花やどこに咲いてる?猛吹雪

菜の花に似たる人妻冬ごもり

人妻やああ人妻や人妻やうつつの夢は夢のまた夢

Re: うつつと虚構

鳴海氏は救急搬送されたりしたそうで、大変でしたね。
ハッポー塞がりの第一弾ですな。

さて、そうです。私は何をしても許されるんですが、一応紳士ということになっていますので、高楊枝の姿勢を取っております。ま、この件で分かったことは、人妻だろうがバツイチだろうが、何をしても「クーリングオフで」といえば許されるってことです。どうです、こりゃ便利でしょう? 使ってみんしゃい「よか石鹸」。

人妻もバツイチもみんな凍えたり

雪の下に春を待ちたし愛の春

愛に泣く北上のおんな美しき

ふんづまる通りがかり人の厠かな

巌鷲山氏しぼりとられる

人妻の蜜花日がな一日顔うずめし巌鷲山

人妻の団体旅行の女風呂巌鷲山氏を放り込め

酒池酒池肉林凜凛々巌鷲ふんどしりんりんりん
うちの一人が尻を向け巌鷲そそられりんりんりん人妻くねらす白き尻巌鷲たまらず眼はらんらん巌鷲いまだ今こそだ浅虫温泉いまだ今。蒸されよもまれよ弄われよりんりん部分で上りつめ放てや巌鷲真髄をずいずいずいと髄液をとくとくとくと流し込めこれこそ春だ北国のとろける女体と人妻とひとつになりてあの世まで
人妻列車は止まらない。人妻旅行は止まらない。

Re: 巌鷲山氏しぼりとられる

な、な、な、菜のはなんてことをーーーーーっ!
通りがかり人氏の妄想+願望を書き込まれてもナ……。
昨夜は白クマ氏欠席で直接対決は辛くも回避されました。雪が降ってはしゃぐ人かと思いきや、急に閉じこもりを決め込んじゃいましたね。

ところで、私もずっと勘違いしていましたが、酒池肉林とは酒と食肉が並ぶことで、酒と女体が並ぶことではないようですよ。

田舎料理

「酒池肉林」大納言氏の勘違いは勘違いですよ!通りがかり人氏は《虚構と現実》の大家ですからその辺詳しいと思いますが、《酒と女体が並ぶ》の解釈が正しいのです。だってあれだってしゃぶるんだもの!ネ。通りがかり人殿~~~~~。

「酒池肉林」やってみたいがカネが無い

「酒池肉林」フランス料理と間違えた!

「酒池肉林」通りがかりにつまみ食い

「酒池肉林」そんなの田舎にあったかな?

「酒池肉林」吹雪の中では役立たず

「酒池肉林」中納言ならまだできる!

Re: 田舎料理

挟み撃ちとは卑怯なり!
ムチ蒙昧を糺そうにも両側から掛かられては手も足も出ない。
ムチムチも旨いとなり果てぬ。

落葉松や酒池肉林の色もなし

人みな孤独の時代

ある時、白くま氏がこんなことを言っていた。「おれおれ詐欺にやられる老人というのはだまされているんじゃなくて、嘘だとわかっていてだまされたふりをして会話を続け、そのために金を払ってもいいと考えちゃうんだ」。いわば、苦境に陥っている息子とそれを心配する親という役割のロールプレーイングゲームを楽しむ気持ちとでもいうのか、被害額はゲーム代としては高過ぎるが有り得ない話でもなさそう。
 またある友人は「ボケと言うのはなりたくてなってるものだろ、普通に暮らしてると誰も構ってくれないけど、ボケると心配していろいろかまってくれるから。オオカミ少年みたいにボケたふりしてる間にほんとにぼけちゃったってことだろう。」と言う。医学的にはとても認められない説だろうが、少々のリアリティはある。
 就職情報誌マイベストジョブに「きょう、誰とも会話してない」と涙声で繰り返すコマーシャルがある。仕事すれば何らかの会話はできますよ、と言う誘いはあざとい限りだが、仕事が生活費を稼ぐ以外の様々な効能を持っていることは否定しがたい。
 詐欺や詐欺まがいの商法に老人がよくやられる原因は、老人であることよりも、会話や人付き合いの少ない人であることによるだろう。若年層でもそういうタイプの人はやられやすいということだ。会話・付き合いの少ない人の比率が老人で高いということだ。老人をロールプレーイングゲームにまで追いやっている現代の孤独はむごいものだと思う。
 大納言氏の今回の件が、どのような経緯、対応を経た上での事件か明確ではないのですが、我々も決して若くはない。こうした状況には自覚的でなければならないでしょう。例外はあるにせよ、人との付き合いや会話は案外楽しいものだしね。表題は大納言氏の歌の改作品から取りましたが、主題は違います。

Re: 人みな孤独の時代

白くま氏ではなく白クマ氏ですがね……。
先日の会話で、後藤氏は自分のコメントへのコメントは全然読んでいないことが判明しました。まさに書きっぱなしです。B型らしい身の処し方と言えましょうか。私のブログを何だと思っているんでしょう。こんなことを深夜必死に書いてるのに、本人は一向に堪えずフナにしょんべんとは困ったものです。それに、

>こうした状況には自覚的でなければならないでしょう。

などという上から目線の説教を軽く書いて立ち去るんですから、手に負えません。後藤氏よ、豆腐にアタマをぶつけてくれと言いたい、死ななくていいからさ。

保険の冷血さ

ウイルス並みの文字で書かれた「契約約款」、皆さん果たして熟読、納得して契約しているんだろうか?ボクの場合の事だが、東京五輪のさなかにセールスエンジニアとして某大家電メーカーの直轄家電商店に入社した(モノクロテレビで真空管時代)。早速保険のオバさんに買うから入れといわれた。二度と来なくなってそれでオシマイ!40年払って終生保障。振り込みが終わったとたん、今度は入院費用を補償するから特約契約に入れといわれ、まだ在職中だったので入った。前回同様振り込み用紙だけは確実に来るのに、くだんの保険屋さん一度も顔見せに来ない。別にカオは見たくないが盆暮れに暦かタオル位持ってきてもバチは当たらないと思う。今回やめると通知した。すると急に契約約款がどうのこうのとノラリクラリの駄弁。止めさせたくないための圧力(恫喝)がみえみえだ。当時はクーリングオフなんてものはなかったから一度払ったら二度と戻らないから止めるなとも言う。げに恐ろしきはオバさん勧誘員である。何かあって会社に電話したら退職しました!とさ。(保険屋の娘、オバさんだけには絶対食指を動かしてはならない。)という教訓を得ただけでも由とするか。保険屋の娘、オバさんに手を出してもクーリングオフにはならないから大納言殿要注意なされよ。

Re: 保険の冷血さ

>保険屋の娘、オバさんに手を出してもクーリングオフにはならないから大納言殿要注意なされよ。

いやなにその……ポリポリ。でも「要注意なされよ」はダブり表現では?
百戦錬磨の保険おばさんに睨まれたら最後、我々純情青年は蛇の前のカエルだね。NOと言えない日本。そういうおばさんでないとあの商売長続きしないものです(外資系のは若い男性ですが、これはこれでまた手強い)。そうかと思うとかつてC子の言うままに、入ったばかりの別の保険を解約しそっちのおばさんに恨まれたりしました。悪いのはみなC子だ。……いえ、この私です。

保険の冷血さ追伸

娘とオバさん2人だから、こだわって強調のつもりだったけど日本語的にはちと無理か。ボクの解約の件で12日にお邪魔するという。娘かババアかどちらにしてもバトルだな。また血圧があがるよ!

Re: 保険の冷血さ追伸

それは危ない! 連中は解約と言ってまた契約を取ろうとしますからね。
まず一声は「うちに金はないよ」。しっかり言った方がいいでしょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/319-bc52d232