夢十夜6 

神保町
DSC04384bg.jpg

曇り空に騙され、なぜこんなに早く目が覚めたのかと思ったら9時じゃないの。
夢を見ていた。以前よく仕事で行ったパレスサイドビルみたいなところ。喫茶店のようにイスが並んだ窮屈な場所に入る。前の男はわざわざこちら向きに腰掛けてスマホをいじっている。顔は見えないがうざったい奴だ。周りには女性が何人かいる気配。知り合いはいないし手持ちぶさたなので立ち上がり、カードの紐を首に掛けて外へ出ようとする。席を取られないように何かを置いていく。それもまた大事な物だったような気がする。人がゴチャゴチャした階段を下りロビーを抜けていくとき、いい加減にやった仕事のことが急に気になってくる。カタカナ語の並んだゲラが頭に浮かび、もっとちゃんと読めばよかったと後悔する。ベテランの○○さんならこんなことはしないだろうと思う。どこへ行こうとしているのか自分でも分からないが、廊下を歩きながらコーヒーを買おうかと考える。なぜか京セラのフィルムカメラが故障していたことを思い出す。段カムによるメーター押さえ込み式のAE機構が働かないことが分かっている(事実はAFロックが効かないだけ)。頭の中にその構造がはっきり見える。直してもらえるのだろうか……。
目が覚めた後、夢の延長のように、なぜか昔大学で専門科目の試験に1字も書けず零点を取ったことを思い出した。先生もホントに人が悪い。

猫の日の日曜日、武蔵小杉で昨年末亡くなったN氏の葬儀関係者慰労会。幹事の白クマ氏他、GT氏やN氏の友人H氏など総勢8人が顔を揃える。原則会費は要らないということだったが、安くない店で4時間も飲み続けたので大幅に足(自己負担)が出てしまった。GT氏などここぞとばかり肉を頼むものだから堪ったもんじゃない。彼に遠慮、自制するという考えはないものだろうか。
私は通夜・葬儀・火葬の時の写真を50カットほどプリントして持っていった。それと、N氏の部屋から出てきたカメラのネガフィルムから焼き付けた写真もある。こちらには自宅近くで友人らしい2人の男とお互いに撮り合った、楽しそうな情景が写っていた。しかし彼らが何者かH氏も知らないという。日付は2008年で既に変退色が進んでいる。N氏自身カメラに入れっぱなしだったという事実が、何となくその後の事情を物語っているようでもある。これらの写真代はみな自腹になりそうだ。
    
土曜日が古紙回収日なのでいささか忙しい。今月はIS事件に加え安倍のきな臭い発言も多く、気が抜けない。
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

フイルム入れたまま何年も。

N氏の生きていた日々の、深い諦念が感じられますな。達成できなかったことの多くが横たわったまま、尽きてしまったやも知れない。想像で言ってはならないところなのですが。多くの人が、達成できぬままのものを残して、旅立っていくのですな。私も、残されたものが、なあんだ、こんなもの、大事にしてたか、と、笑われないように、始末しておこう。ろくなものが残っていないけれど。この記事で、もう一度、後日、書かせてもらいます。がんばろう、ダイナー氏。

Re: フイルム入れたまま何年も。

そうですね。私もアダルト系の始末はちゃんとしないと。
多くの人が、達成できぬままのものを残して、旅立っていく……。おっしゃる通りです。N氏もこの先やりたいことを思い描いていたでしょうに、厳しいものです。

『悼む人』

直木賞『悼む人』が映画になって、その概要説明が新聞に出ていた。若い頃は「死と生」に関するドラマなどは意識的に避けていた。いわゆる縁起でもないという観念だ。ところが最近は逆に「死と生」を考えるようになった。この年齢になると自分の周りから知人、友人、親族が相次いで他界していくからだ。「正しい死者との付き合い方というものがあるのではないか」とか「亡くなった方の生きた証し」を記録していくと堤幸彦監督は話していた。自分自身余りにも無頓着だったと後悔している。N氏を偲ぶ悼む人の慰労会がこの映画を思い出させてくれた。

Re: 『悼む人』

『悼む人』……『おくりびと』は納棺師という職業人の物語でしたが、こちらは言わばボランティアとして故人を悼む行為を行っているのでしょうか。N氏葬儀の慰労会は自分勝手に飲み食いし、しゃべりまくって終り、私が写真を持っていかなかったらもっと拡散したかもしれません。豪放磊落な彼のあっけない旅立ちに言葉を失ったのかそれとも無頓着なのか……。

「正しい死者との付き合い方というものがあるのではないか」……それはまだよく分かりませんが、意識として彼岸と此岸が近くなっていることは否めませんね。

みんな夢のなか

自律交感神経が終日活発で眠れないから夢・夢・夢を見る。でも眠れないからあれこれ妄想してそれを夢と勘違いしてるかも。眠っているから見るのが夢なんだろうね。時々、最近見るのが小・中・高時代の見知らぬ同級生だ。友人も出てくるが大納言氏はよく覚えているものだ。ボクなんか目が覚めたら物語はそれでオワリだ!でも何故か初恋いの人、人妻の事はしっかり覚えているゼ。

如月も今日で終わりだ。加齢とともに時間がどんどん早くなる。ある作家のコラムに「1年はその人年齢の時速で過ぎる」とか。だから昔のことは良く覚えているのに、最近の出来事はすぐ忘れるそうだ。どうりでボクなんかは人妻の事しか覚えていないわけだ。

きれいな自然体風で・・・

如月の蒼穹染めて北帰行一期一会の哀しかりけり

如月や田に点々と糞遺し北に旅立つ白鳥の群れ

白鳥の糞の香りか微かなり擂り潰したる青草に似る

春彼岸待たずに北へ向かう白鳥(とり)今年は旅を何故か急ぎし

如月や糞を残して北帰行

Re: みんな夢のなか

夢は二度寝したり朝の目覚め際に見ることが多いかな。さまざまな人が登場しているようですが、覚めて思い出せるのはごくわずかです。夢の記憶はすぐメモしないと霧散してしまいます。時間がどんどん速く経つのは確かですね。私の場合は71キロですか。既にスピード違反してますな。ぼーっとしているほど速くなるようです。

白鳥の旅を急ぎて二月尽

春半ばネコの親子に恵みあれ

みんな夢のなか追記

糞をクソと読まず「ふん」と読んでください。クソだといかにも臭ってきそうで自然体にならないのです!

Re: みんな夢のなか追記

>如月や糞を残して北帰行

フンですと生物学的な臭いがしていいかもしれませんね。

糞どし残して北帰行

使い古したふんどしの生物学的臭い残して北帰行。

北帰行を前に黄ばみふんどし見せびらかしたし人妻に

脱ぎたてのふんどし残して人妻のもと去りぬ

人妻よわが生物学的においかいでくれ

おー、次の記事が…

だめだ、一度、打ち切ります。後日。

Re: 糞どし残して北帰行

フンドシの匂ひ優しき北上の風に棚引くあの感じかな

思想的匂ひ分からぬ人妻にここぞとばかり糞を残しぬ

巌鷲山・通りがかりの両人に歌の花園荒らされにけり

花園荒らし

確かに花園荒らしですわな。原形をあまり、失わせてもいけませんが、巌鷲山氏も、なかなか、元気で……私もつい負けまいと、張り切りすぎるときはあります。
 
 鳴海氏の話に、まだ先だと思っていたら、いつのまにか、背後に忍び寄られている。私もいつも、まだ先と、侮っていた。ところが、こいつ、突然の背後襲いなのですな。それこそ、迷惑なやつ。皆さん、もう、あまり、声を発しなくなる。寂しい年代なのです。ううむ、虚構の花園荒らせるだけまし。なあんちち。

梅はいいですな。私もこの頃、立ち止まっては梅見てる。梅見ても、花園荒らす気にならず。梅はなかなか清純ですわな。

Re: 花園荒らし

んんんん、花園荒らし……誰か書いてましたかな?
背後に忍び寄るものは……はて何でしょう。怖いですね。

ところで、鳴海氏が取り上げている『悼む人』は、ベッドシーンが話題になっているようですね。我々はついそっちが気になります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/322-e61d6888