「九条守れ」の女性デモ 

DSC04592bg.jpgDSC04585bg.jpg

東京新聞(中日新聞)では読者から「平和の俳句」を募集しており、毎日第1面に秀句1句のみが掲載される。無季でもいいがペンネームは不可で本名のみ。選者は金子兜太先生といとうせいこう氏である。さすがに狭き門を通った毎日の秀句は素晴らしいものばかり。私も応募したところ選に漏れたが、ありがたいことに洩れた句を救済するページが月に1回あり、18日の「記者が選んだ『1句』」というところに掲載された。
さいたま市の公民館が、普通ならば見逃されそうな「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」という俳句教室会員の1句を月報に掲載拒否した事件に始まるこの動き。おかげでこんなにも平和と戦争を考え表現する人々の輪が広がった。当の公民館と教育委員会をノーベル平和賞候補に推薦してもいいくらいだ。ついでにKYの三原じゅん子は日本レトロ大賞で決まりだ。いや、パープリン大賞か。
冗談はさておき、東京新聞によるこの「平和の俳句」募集、当たりであった。折しも3月10日大空襲の日を迎え、戦争で肉親を失ったり自身が理不尽な忍従を強いられた体験が、それぞれに強烈な句を生み出している。手記や語りではうまく表現できなかった想いが、馴染みのある俳句によって参加するこの場で燃え上がったのではないだろうか。むろん反対に「ほっこり系」の平和の句も少なくないが、意外に平成生まれで戦争など知らない若者の句がすごかったりする。

春の訪れとともに始まった私の肩こりだが、通りがかり人さんのコメントを手掛りにユーチューブを探し、肩こりに効きそうなストレッチを実践したり、枕の下にタオルを入れて高さを調節したりしたところ少し改善された。原因として考えられるのは、今までのコートをクリーニングに出し予備のコートを着はじめたのだが、これが固く重い代物で肩に大変な負担になる。中年までなら何でもないことでも老人には大きな影響があるということだ。そういう影響は、老人の場合、原因を取り除いたとしてもすぐには治らないし、思いがけないところに及んだりする。気を付けたいものだ。

DSC04562bg.jpgDSC04611bg.jpg
DSC04554bg.jpg
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

おーーーー、それはすごい事ですな。

たいしたものですな。その句をこのブログに載せないのもすごいですが。まあ、いいでありましょう。とにかくめでたいことです。
 とにかく老人は治りが遅い。若者三日、老人三月といいますが(うそ)、老人生涯、とも、いいます。くどいですが、おっかなびっくり、肩および全身の可動域をひろげて行くしかないです。次の日はまたもとのように狭くなってしまいますが、何度もやっているうちに、5分かかっていたものが、2分ですむようになるということは可能だと思います。ゆっくりこわごわやさしく、暖かく。が、合い言葉です。
おおーー、外は晴れてきましたな。私も強い鬱ですが、こういう時こそ、ゆっくり老体ほぐしですぞ。がんばろう、ダイナー氏。

Re: おーーーー、それはすごい事ですな。

あああありがとうございます。
通りがかり人さんだけにこっそりお教えしますが、「『梅雨空』の一句ここまで輪を広げ」です。肩はすっかりよいの一歩手前。もう大丈夫。しかし老人の体は女性の体以上に神秘です。我と我が身をいたわって長生きしましょう「これから音頭」。

戦火の大義

ある地方紙に「未年」ごとに中東では戦火が繰り返えされている。2015年・イスラム国と自称する連中の残虐テロ(もはや戦争というべきだ)。2003年・イラク戦争。1991年・湾岸戦争。1979年・旧ソ連のアフガン侵攻。1967年・イスラエルとアラブ国家の第3次中東戦争が起きた。羊の家畜化が古代メソポタミアで始まったが「家畜の民」のこれらが戦争を引き起こしている、と環境考古学者の安田喜憲さんが文明論で語っているそうだ。家畜を守り、敵から奪うために武器による覇権主義が、メソポタミアで誕生し近代ヨーロッパ、そしてアメリカに移った。実は戦争の当事者は同根なのだという。
対極にあるのは「森の民」。自然と共生して定住するために争いのない社会を作った。そのひとつが日本である。しかし安倍・自公独裁政権は「未年」に戦争が出来る法律・憲法を変えようとしているが、もはや歴史の繰り返しは決して偶然ではない。【脱亜入欧】論は今でも生きているのか。そして1943年・戦争中に大納言氏やボクが生まれ、今年は「年男」なのだ。1931年には満州事変も起きている。(合掌)

Re: 戦火の大義

なるほど。戦争は家畜の民、放牧民族の覇権主義でしたか。そう言えば米国もカウボーイの国ですからね。年表にはついでに1955年砂川闘争、1967年羽田闘争を加えておきましょう。なお、我々が生を受けたのはガダルカナル撤退、学徒出陣開始の年。泥沼の負け戦が待っています。さて、とち狂った安倍はもはや制御不能。戦争好きの米国に言われるまま地球の裏側でも鉄砲担いで行きかねません。

現実と虚構

東京新聞の2014年11月26日付け記事に『<ガチンコ!!>「肉親の死」の虚構 短歌に許される?』が載っていた。大納言氏も読んだと思う。加藤さんと石川さんのやりとりなんですが、「虚構の持つ真意」とは何かが分からないので、二人で何を言わんとしているのか全く理解出来ないまま読んだ。
現実以外は虚構なら古今和歌集や芭蕉をはじめ大半が虚構なのではないでしょうか(事実も多く読まれてはいるが)。「詩・俳句・短歌」を味わってみると現実を写生して読んでいるの?と疑問がわくけど、それは虚構だからなのかな?文法でいえば「未然形」みたいなものでしょうかね。ボクは口語短歌や季語のない俳句はどうしてもなじめない。「5・7・5」や「5・7・5・7・7」を基本とした流暢な流れの歌にこだわるのです。話してるうちに自分自身もわからなくなっちゃったゼ!!
「平和の俳句」1月から3月までを見た。D氏の作品は佳作レベルでそれで入選作一覧に出なかったのでしょうかネ。ボクは好きだね。

旧暦ではまだ2月なのでそれ風に・・・

白鳥も帰り倦ねる春吹雪

白鳥も帰りを迷う猛吹雪

一条のひとすじの白蒼天に余波はつきぬ白鳥の旅

山眠る二月半ばの蒼穹にはや旅立ちぬ白鳥の群れ

なぜ急ぐ二月半ばに旅立てり降る雪のごと白鳥が群れ

Re: 現実と虚構

東京のサイトで読めるのは最優秀作、つまり毎日の第1面に載った句です。私のは選外でそこから更に記者が選んだ何十句かが今回まとめて掲載されたのです。
さて、短歌の虚構性の問題は岡部先生も別の例を論評していましたが、おっしゃるとおり万葉秀歌にしても多くは虚構です。現代に言うところの虚構とは違いますが、詠うことが政治の儀式みたいなものだったのでは。戦後では前衛短歌があります。寺山修司はいもしない弟を詠んだりしました。今度の例は生きている父親の死を虚構に仕立てて発表したので問題化しました。小説では当たり前のことがなぜ問題化するのか。それだけ今の短歌は「私」性と不離不即のものと認識されているからでしょう。加藤治郎が対談の最後に「この虚構に満ちた現代社会の中で、いかに「私」を出していけるか。虚構をはらみながらも一人称で歌っていくことが、短歌の生命線だと思うんです」と結論付けているのが意味深です。
なお、加藤治郎は有名大企業の社員だって。

老い

私は老いをよく考えている。しばしば老いが頭かすめてる。ダイナー氏の一文、「老人の場合、原因を取り除いたとしてもすぐには治らないし、思いがけないところに及んだりする。気を付けたいものだ。」これがこたえてた。身に沁みた。私も老いをまともに考えている。そうだ、思いがけないことに及んだり、取り返しがつかない事も、つい、ためらいがちに、始めているときがある。世間は老いを侮る。小ばかにする。私も、そうしてきた。若い頃は…。来ている老い。

老いは来人妻来ず

人妻は老いが嫌いでヤングを好む

人妻はきついガードルで肉をしめつけ
老い人はユルフンで肉を解放す

人妻よユルフンを好きになれ
突起強調ブリーフを嫌え

鳴海氏、巌鷲山氏、がんばろう。

Re: 老い(アクセス13000達成!)

老いは良くも悪くも積み重ね、累積です。累積が熟成した結果です。
アタマから老いを忌避し軽蔑し排斥しようとするのは大間違い。
老人を高齢者と言い換えて良しとすべからず。老酒を高齢酒と言うがごとし。

ガードルに嗚呼緊縛の香りかな

春の山 蛇もっこりとカマを挙げ

ブリーフは青春賛歌いまユルフン

祝アクセス13000超

おおー、超えてきましたか。この如月は、最初、本当に渋かった。この渋味は年齢を経てみぬと、わかってこないものである。まだわかっていない私であるが、引き続き、アクセスしたい。結構なことです。

Re: 祝アクセス13000超

ありがとうございました。
このところGT氏は「撤退」し、山姥さんも書いてくれなくなりましたが、気長に続けていく所存です。よろしくお願いします。

祝1300超

「老い、老い、老い!」(呼びかけ声のつもり)そんなに悩む事もないと思うよ。例へ若くても同じだと思う。人間だって経年劣化、金属疲労するから老人になるわけで、第四コーナーの最後の直線をラストランしているわけだ。終活の準備として「老いと仲良く付き合う。老いを楽しむ」事が長寿に繋がるそうだよ。

コメンテーターが少なくなったのは人妻シリーズのボクの歌に品がないせいかな?(肉体は老いても精神は若いから虚構の世界で頑張るしかないか)せめて1万回を目指して頑張ってヤ!まずはオメデトウでござる。

巌鷲山氏、ともにがんばろう

0が、ひとつ少ないかな。1万は超えています。ともに、人妻好きだが、悪いことは出来ない。そこが、巌鷲山氏の良いところです。老いを楽しむには程遠い私ですが、みなさんの良いとこは、素直に学ばせてもらいます。

巌鷲山氏、これからもよろしく。

Re: 祝1300超

13000回ですけど……。
悩んでるわけじゃなく、世間の認識がずれてるぞということです。
我々は……十分大丈夫ですよ!

人妻シリーズはいいと思いますが、私自身ギャル好みなので、ちとレスポンスしにくいエリアではありますね。GT氏は私がガーガー言ったから拗ねただけで関係ないでしょう。

女性デモ

女性デモやればできるぞ立ちションベン

これは後がない名句ですな

批難をあびせられそうで、あせりますな。なあんちちちの、女性デモ。

Re: これは後がない名句ですな

女性デモやればできるぞジャンケンポン

女性デモやればできるぞ指相撲

女性デモやればできるぞ目玉焼き

管理人崩れる

だ、だめだわ。こ、これは、なんともなあ……まあ、こういう時はあるわなあ。花粉症か、肩こりがぶり返しているのだろう。

ダイナー氏、いたわられよ。

Re: 管理人崩れる

崩れちゃいませんよ。平常です。
デモちょっと手持ちぶさた……。

今夜はGT氏他もう1人と飲むことにしています。
GT氏は肴を際限なく頼むので心配だな。

ところで

GT氏は、肴の総量および、飲酒総量がダイナー氏の倍いきそうですが、割り勘ですまされてしまいましたかな。
割り勘の場合は、コメントしなければならぬ義務がありますが、GT氏はわかってますかな。

カモンGT氏。

Re: ところで

ははは、昨夜はだいぶ脅かしたので1人3000円で収まりました。
ちょっと目を離すと高いつまみを頼もうとするんですよね。
GT氏、来そうにないな……。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/326-57d03ef5