ある闘いの軌跡 

DSC04617bg.jpgDSC04628bg.jpg 

新幹線が開通する前、当然ながら野辺地までは在来線で帰っていたが、盛岡を過ぎて小1時間ほど北上した辺りで、特急列車の窓に草むしたホームと「こつなぎ」と読める駅名票が過ぎ去るのが見て取れた。ここが小繋事件として村を二分し数十年に及ぶ入会権闘争の舞台であった。私は戒能通孝『小繋事件―三代にわたる入会権紛争』(岩波新書、1964年)や篠崎五六『小繋事件の農民たち』(勁草書房、1966年)を図書館で借りて繰り返し読んだが、2次にわたる裁判を含む事件の様相はいざ纏めるとなるとなかなか複雑である。

岩手県二戸郡小鳥谷村(現一戸町)小繋・下平40戸の暮らしはつましいものであった。幕藩時代には耕地23町8反のうち水田が1町歩余というから、ほとんどが里山の恵みに依存していたとみて間違いない。村人は薪炭、堆肥用の草柴、家畜の飼料、家屋補修材、山菜・果実・山桑などの全てを、2千町歩の入会山から得ていた。こうした村人の死活の権利を保障するものが入会権であった。地租改正に当たり、小繋では明治10年に旧名主であり部落寺の住職であった立花喜藤太の個人名義で地券を受けた。村人からすればそれは便宜的な手続きで、後々大変なことになろうとは知るよしもなかった。ところが喜藤太の持つ利権は、事業の失敗から銀行の担保になったりしたあげく、金貸し金子太右衛門を経て明治34年に茨城県の海産物商・鹿志村亀吉に渡ってしまう。鹿志村は小繋山のうち「ほど久保山」約800町歩を陸軍省中山軍馬補充部に売却し、代金の内1万円を植林の約束で預かった。村人は自分の山に木を植えるつもりで無償で働きに出ていたのである。
その後8年間、鹿志村と村人の間はうまくいっていた。鹿志村は喜藤太に代ってダンナになることもできた。
大正4年、部落を総なめにする大火が発生し、村人は全財産を失い1万円の預かり証文も焼失した。村人は生活再建の資材を山に頼らざるを得なくなった。しかし、部落に入り込んでいた鹿志村は、「これは部落の山ではない。一木一草といえども勝手に刈ってはならん」と宣言し、警察を入れ台帳を振りかざして村人を排除しようとした。
暖を取る薪も得られず窮地に陥った村人は、談合を繰り返した結果、裁判に訴えるしかないとの意思をひとつにし、密かに頼ったのが平糠(現一戸町)の小堀喜代七であった。西郷さんを彷彿とさせる風貌……そんな述懐もある喜代七は当時48歳。郡議員小堀甚吉の後見人という地方名士として不自由のない暮らしをしていた彼は、法律家ではないにしても数々の争いに関係し、法律の争いに習熟していたのである。村人の訴えを聞くやいなや、喜代七は妻子の猛反対を押し切ってすぐさま小繋に入り闘争のための準備に掛かった。以後30年間、彼は村人の闘いの中心にあり続けるのだが、一銭の謝礼も受けないばかりか裁判に相当量の私財を注ぎ込んで顧みることがなかった。小堀喜代七とはそも何者であったか。(以下次号)

DSC04622bg.jpgDSC04525bg.jpg

      

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

以前に仰有っていた…

『○○事件』がこれでしょうか。
時刻表を見ると、小繋は二戸よりも三つ盛岡寄りの駅ですね。
続編を待つばかり………です。

Re: 以前に仰有っていた…

そうです。何度か挫折しました。
しかし、後半にドラマの山場があるわけではなく、真犯人が分かるわけでもありません。ヒールはますます憎たらしく、善良だが愚かな村人は右往左往するばかりです。

あいうえおいしい塩ラーメン

この三角洲という場所には微妙なお店ができますな。こういう痴態に、まちがえ、地帯に、店を構えるというのは、冒険と、わくわく感というか、そういう感性豊富でないと、きついですわな。

入会地について、検索しましたら、やはり、閉ざされたのですな。みんなの山や、みんなの野原が、あの方の山、あの方の野原になったのですな。世界史的にもそうですな。国公認ですからな、一挙ですな。維新に一挙ですな。わずかな時間にたたみかけたのですな。歴史はほんとに、一瞬勝負なんですな。たまりませんわな。利口なやつには。
 最初、入り合いって、なんだったっけ、から、始まりました。検索して、およそを探りました。小堀氏のがんばりが楽しみですな。
 私が幼少の頃、我が家はごえもん風呂でしたので、母は私を連れて、500メートルくらい先の山で、地面に落ちた杉だのヒノキだのの枯れ枝や枯葉を熊手でかいて、駕籠に集めて、背負って帰り、燃し木にしていたのですな。うちの土地でないことは確かで、黙認されていたか、公認されていたか、そういうことをさせてくれて、手に入る天然の燃料は、ありがたいものだと、教わりました。入会地的感性はもう世界のどこでもあまり残ってませんな。アラスカの白くま地帯には、まだあるか…理想には違いないが…。入会地の人妻なんていればよかったでしょうな。これこそ、理想過ぎですかな。なあんちちち。

Re: あいうえおいしい塩ラーメン

人妻の入会いとなると穏やかじゃありませんね。
そうですか、通りがかり人さんも入会権を行使してましたか。
それは現在の住まいのことでしょうか。500メートル先に薪の取れる山があったとは……。

日本にはオープンアクセスの共有地(コモンズ)はなく、多くは藩の所有で厳しい掟の下に利用できる土地があったわけですが、明治政府は共同管理の入会い制度を廃止し、森林は官有地が国有に、民有地は個人所有にしたことになっています。しかし小繋の裁判があれほど紛糾した事実は、所有と利用の区分がどれほど実態とかけはなれていたかを物語っているのではないでしょうか。もう少し勉強してみます。

薪は切らせてもらえません

山というか、林というか、森というか、木の下に枯れ枝や、枯葉がたくさん落ちていて、それで風呂が沸かせたのです。しかし、竈で使う薪は買っていました。昭和30ちょい前の話です。地主さんの好意でしょう。そんな人ばかりではなかったはずです。恵まれていたのでありましょう。正確には入会権などではありませんな。入り合い的好意を行使したというだけであります。なあんちち。小堀氏の話は楽しみだ。待っておりますぞえ。

Re: 薪は切らせてもらえません

その山はどうなりましたか? 今もあるんでしょうか?
今住んでいらっしゃる地での話ですか?

ところで常連の鳴海さんがちょっとナニでコメントがもらえませんので、ほとんど通りがかり人さんとの対話になりそうです。白クマ氏、GT氏の復活を願うや切です。

その山は以下のとおりです

私の表現がオーバー過ぎたか、山という言葉をイメージする規模に違いがありすぎたか。不法投棄場とか、ゴミ捨て場になりそな(なっている)雑木林ですな。横浜の住宅地によくある開発とか宅地造成がためらわれる残り地というか。昔はやまぶどうがとれ、カブトムシもいた。変わり果てた姿です。まあ、入会い地的と表現した私がいけなかった。すまないです。子供の頃の思い出が嘘のような現況ではあります。山らしい手付かずの昔の山はここらにはナッシングなのですな。

Re: その山は以下のとおりです

いえいえ、私も入会権専門家の端くれです。山と言われて川と応える赤穂浪士でも、南アルプス辺りを思い浮かべる白クマ夫妻でもありません。「子供の頃の思い出が嘘のような現況」でよく分かりました。

ダイナー氏は食い下がってきますが、

それは真実をひたすら求める姿でもあります。今回の提起している問題は、人の生涯の根源的問題でもありますので、白クマ氏も、GT氏も、ぜひ、参加して下さい。

ハモーン、まちがえ、カモーン、白クマ氏、GT氏!
巌鷲山さんも、カモーン! 疲れたかな?
また、鳴海さん、心配なり。

Re: ダイナー氏は食い下がってきますが、

白クマ氏に遭遇したせいか、昨夜から寒気がして、今日も下痢気味です。

小繋事件はやっぱり難物です。後1回じゃ纏めきれません。
心身とも、ちょっと調子が狂ってしまいました。
なお映画「待合室」は小繋駅を舞台にしているそうです。

御用繁多

前回、アクセス数を一桁間違えてゴメン!老いの肉体の進化は本人の意思に関係なく加速度的に終末に向かっているようです。パソコンの画面から発する電波?は眼に悪いといって最近なんとかメガネが売り出されているが、メガネにメガネをかける事の煩わしさは如何ともし難いものです。
ところで弥生・卯月は季節の変化が激しい月でもあり人間様に限れば(本人とその回りも含めて)異動・移動は高齢者にとってきついものです。そんな訳で人妻にかまって元気したいけど、残念ながらしばらく留守にしますのでごきげんよ~う!

春の始まりにふさわしく・・・

人妻と我が名呼ばれむ弥生かな

もしもしそこのあ娘(ね)っこおめ誰だ「嫁に来たども」人の妻だす

Re: 御用繁多

顔を見せたと思ったら、しばらく留守ですか……?
そりゃまた寂しいことで。

パソコン用のメガネは電波じゃなくLEDのブルーライト対策ですね。
白色LEDが出すブルーライトは人体の深部に届いて悪さするとか。
私はフリーソフトで画面の色味をぐっと黄色側に寄せ対処しています。

パソコンなど電子電気機器の出す電磁波はもっと怖いらしいが、こちらはほとんど打つ手なしです。

新妻の名もこそばゆき四月かな(新入生人妻)
  

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/327-9a01937d