中川を歩く 

区議・区長選には期日前でやってしまっていたし、ギャラリー回りも前倒しで済ませ、古紙回収に向けた新聞のスキャンをやっと終らせた。区議選では、29歳保育士の新人女性が江東市民の会から出る手筈で金子勝氏の講演会などイベントもやっていたのが、直前になって維新の党と民主党の推薦に鞍替えしたというので、市民の会は憤っていた。大した公約もなく人生航路の出端でこんなマヌーバーを弄していては先が思いやられる。維新・民主の株もさらに下がるというものではないか。しかしこういう人でもそこそこの票を取って当選し、一方、市民の会が擁立した元職は落選の憂き目を見た。今回の地方選はどこでもこういうビジュアル重視の「ミスコン状態」なんだという。区長選はご多分に漏れず自民系の多選現職vs共産党系新人の構図。私と同じ歳の現職は余裕で乗りきってみせた。

DSC_2964bg.jpgDSC_2970bg.jpgDSC_2973bg.jpg
DSC_2967bg.jpgDSC_3014bg.jpgDSC_3003bg.jpg

さて、19日は久々に川歩きの会で中川を歩いた。天気がいいはずが当日朝は雨でがっかり。午後には止んでくれたものの、最後までどーんとした天気で写真映えしない。四ツ木の駅から青砥まで流れに逆らって歩くつもりだ。四ツ木の駅周辺は店が何もないのでビックリする。その秘密は商店街が駅から外れていること。ここは荒川の内側に綾瀬川が流れていて、中川との合流点まで道が3本ある。ちょっとそこでゴチャゴチャしてしまった。本当はいちばん外側の道を歩かなければならなかったのだが……。ここからは荒川越しにスカイツリーがよく見える。合流点手前に木根川薬師があり、高速道路のかつしかハ-プ橋、その先に上平井水門がある。

DSC_2990bg.jpgDSC_2993bg.jpgDSC_3004bg.jpg
DSC_3006bg.jpgDSC_3008bg.jpg  

ようやく中川の雄大な蛇行が始まるのだが、雄大すぎていささか面白味に欠けるかもしれない。天気が悪いのも原因のひとつ。むしろ川と反対の道路側に花が咲いていたり、着物の熟女とすれ違ったり、いろいろ興味深いことがある。平和橋を過ぎて行く。川には水の暴走族ともいえる水上スキーの集団走行が目立つ、というかやかましい。田辺製薬の跡地に私の地図にはない大きな公園ができていた。本奥戸橋のたもとに地蔵尊・馬頭観音・道しるべがある。荷風の『断腸亭日常』にも記述があるという。次は奥戸橋だ。少し行くと福森稲荷があり、ここから青砥駅に向い本日は終了。青砥の養老乃瀧で打ち上げする。今回は橋を渡るコースにしなかったのも眺めが狭まった原因かもしれない。.メモしておこう。

中川は下流を荒川にぶった切られ、盲腸のように残った部分が旧中川として竪川や小名木川につながっている。荒川に沿って流れる綾瀬川は昔は古綾瀬川と呼ばれ、堀切付近で墨田川に合流する方が新綾瀬川だったものが、今はこちらが本流で、堀切で荒川と墨田川をつなぐ部分が旧綾瀬川となっている。この辺りの川の変遷はまことに複雑で覚えきれない。家康の時代から江戸東京は、川の流路をコントロールすることで都市圏を拡大確保してきたのである。それにしても、荒川放水路(現荒川)の掘削はずいぶん思い切った大プロジェクトだったようだ。

猫町5丁目にて(オマケ)
DSC04838bg.jpgDSC04832bg.jpg
     

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

うーむ、圧巻ですな

これは久しぶりの河プロですな。天気の悪さがそれほどには感じられませんが、仲間があっち向いたりこっち向いたりしたのは、この天候のせいなのか。ダイナー氏の遠近感覚は見事ですな。広々とした春が感じられます。ブラックキャットは、これは超傑作です。眼がまた可愛い。抱っこしてみたいものですな。
 養老の瀧に入るといつもモツの煮込みを頼んだものです。ここの焼き鳥はうまいのですが小ぶりなんですな。でも無難です。皮を食いたくなりました。ううむ、その河あとで調べましょう。ちと、遠いか。お疲れ様でした。

Re: うーむ、圧巻ですな

この黒猫、個人タクシー運転手の遊び相手になっているようですが、我々には触らせてもらえません。左側の猫カップルは絶好のシャッターチャンスでしたが、ピントがいささか甘くなってしまいました。

中川のこの部分はずっとカミソリ堤防で、その意味では面白くも何ともない。祠があったり花が咲いていたり和服の女将が通り掛ったり、廃屋があったりするのが面白いんですね。東京の川はだいたいそんなところばかりです。

養老乃瀧は廉価が売りの今時のチェーン店とは違い、堅実な営業してますね。しかし、居酒屋チェーンの茄子の一本漬けはどこも紫色が見事すぎて「何かある」と疑ってしまいます。

やっぱり猫が一番…笑

オマケなんて書きながら、実は自慢のショットなのでは!?
ニャンコ見たさの訪問者も、少なくない気がしますよ(笑)。


養老乃瀧とは、懐かしい…最後に入ったのは学生時代ですから三十年も昔ですか。
あの頃は和民もモンテローザ系列もなくて、つぼ八・天狗・養老乃瀧が定番でしたねぇ(笑)。


「美人すぎる市議」の登場とアンチエイジングの闊歩とで、地方選は一層ビジュアル重視に傾きつつありますか!?
KYなNK党以外はほぼオール与党状態であれば、見た目の差違しか投票行動に結び付かないのかもしれません。

こちらも、来月中旬の区議・区長選を前に、ポスティングや街宣車の徘徊が始まりました。
関西由来のローカル政党(街宣車に遭遇しましたが当区に現職区議はいないはず)と国政与党とを無条件で外すと、無所属の現職が一番まともそうに見える現実(ーー;)
区長は現職が当選するでしょうし、一票の軽みしか感じられませんね。

それにしても、選挙公報は公示日に配布してほしい…。
期日前投票に行きたくても、公報を見ないことにはねぇ(苦笑)。

Re: やっぱり猫が一番…笑

> オマケなんて書きながら、実は自慢のショットなのでは!?
> ニャンコ見たさの訪問者も、少なくない気がしますよ(笑)。

私としては記事の内容と別に全ての画像を猫にしてもいいほどですが、こればっかりは撮れる時と撮れない時がありますので……。でも、猫ファミリーの季節は一瞬ですからね。

> それにしても、選挙公報は公示日に配布してほしい…。
> 期日前投票に行きたくても、公報を見ないことにはねぇ(苦笑)。

国政選挙のとき選管に聞きましたら、公示後に候補者から版下を送ってもらってつくるので、どうしても遅れるとのことでした。同じものが選管のサイトにアップされるんでしょうか? このへんにも情報格差が出てきます。

また、うるさい連呼のことをテレビでも取り上げていましたが、公職選挙法で名前の連呼しかできない(政策のアナウンスは禁止)ナンセンスさ。大正時代にできた同法がほとんど改正されずに継承されているとか。あれはダメこれはダメという法律はいつ是正されるんでしょうか? 何より国民が真剣に要求しないから変わりようがありませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/331-e39df790