蜘蛛女に気をつけろ 

DSC05647bg2.jpg

PSAを検査してもらっているA医院にお礼かたがた生検結果の報告に行く。MRI画像のCDも返さなければならない。先生には(何でもなかったのに)「あまり嬉しそうじゃないね」などと皮肉を言われる。そのわけは検査の後遺症が完全に治ってはいないから。年末にはここでまたPSAを検査してもらう予定だ。A先生はフレンドリーなのだが、テンポが早すぎるのか話がいつもかみ合わない。風邪で行ったりすると薬をどっさり出してくれる。泌尿器がメインなのにスタッフがみんな女性ばかりで、男性特有のセンシティブ問題は相談しにくい局面もある。最近、団地に新たな内科クリニックと薬局が開業したので、風邪などはそちらに掛かることになるかもしれない。

先日行って意見を書いた教科書展示会は初体験で上手く書けたかどうか疑問だったが、Mさんによると江東区の中学社会科の教科書は、歴史が教育出版、公民が東京書籍に決まったそうである。従来の教科書を継続したかたちだ。一方、都教委は都立中や養護学校などの歴史・公民教科書に育鵬社を選んだという。まだ石原都政を継承しているようだ。教育が政府の意図を反映するなら、それは専制国家に他ならない。事実、自民党の改憲案は万事国家が国民をコントロールする統制的国家像を露わにしている。
渡辺喜美を沈黙させたりと評判の策士・菅義偉の記者会見は、多くの場合、彼が何度もうなずく場面で終わる。自分を納得させるかのようにしつこくうなずく。テレビを観てつられてうなずいているお年寄りもいるだろう。相手はマスコミの記者たちだが彼らもうなずいているのだろうか。だがマスコミよ、権力者に容易くうなずいてはいけない。うなずくことは肯定のしるし。分かりましたというのは早すぎるし、マスコミの義務でも権限でもない。相手は仕草を見ているうちに真似させられ、最後は自殺させてしまう蜘蛛女かもしれないのだ。

DSC05628bg.jpg

27日夜は市民の声・江東が開いた「壊すな憲法! 許すな戦争法案!」という学習会で日体大教授(憲法学)・清水雅彦氏の講演を聴いた。清水氏は、安倍政権の時だけ危機が誇張される事実に、安倍政権こそ東アジアにおける最大の不安要因だと断じ、明文改憲から96条改正による立法改憲、そして今回の解釈改憲(戦争法案)へ変遷した自民・安倍政権の思惑と、「ガイドライン」の危うさ、集団的自衛権が主に大国による小国侵略に使われてきた事実、戦争違法化の歴史などなど、日本国憲法を巡る内外の議論を包括的に解説し、非常に内容のある講演だった。清水氏の教え子という共産党区議も参加していたし、質問に答えて最近名前の売れた憲法学者たちへの批判も聞くことができた。清水氏は党派を越えた運動の広がりを評価しつつも、自派の勢力拡大に利用しない原則を訴えた。江東区でデモをやりなさいとも言っていた。貴重な講演に少なからず居眠りしたことは反省したい。

DSC05644bg3.jpg
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

最初はね、入りづらいんだな‥

管理人さんが重い感じのことを書いているので、私なんぞは立ち往生してしまう。
 最初、車のワイパーからと思ったら、ビニール傘の骨なのだな。向こうの明かりは飲み屋かな。わるかない。交差点の写真はいろんな人が生きて、働いているということなのかな。ダメだ、一度退き、また出よう。ううむむ、申し訳ないです。

Re: 最初はね、入りづらいんだな‥

何を遠慮してるんですか、通りがかり人さんらしくもない。
そうです、ビニール傘の中から撮ったものです。
飲み屋かどうか、神保町の裏通りですが……。

今度は痔が悪化してしまったT(;_;)T
明日は酒を飲まなきゃならない。

A医院の看護師のことかな?間違っていたら」ゴメン!病院の話がでると、ついボクの時のことが時間がたつにつれ、美しくも懐かしい思い出になりつつあって、看護師さんのうら若くかわいい娘さんばかりだった。ときには数人の研修生を実習させるために連れてきて、もろ丸出して、おさわりしほうだいだったよ。やっぱり看護師は男や年配の女性はダメダネ。無口で事務的で看護に愛情というものがないのだ。2週間もいるとそれなりに親しくなるもので、病人という意識があるせいか見られても触られても、恥ずかしさなどは全く感じなくなるようだ。むしろ次第に快感に変わっていく方が怖いね。(診察中にもし、勃起したらと思うとその方が恥ずかしいもんね。次回の診察時はどんな顔したらいいのか・・・)
・手術台上がるまでしか記憶なしやがて微かに我が名呼ぶ声
・朦朧と朦朧とした手術あと医師の安堵の微かに聞こゆ
・我が腹に住み込みの癌切とりて感謝すれども傷の痛さよ

Re: タイトルなし

お名前がないけど厳鷲山さんでしょうかな?
歌に詠んだのは有明病院の看護師のことですが、担当でもないしいわば行きずりの人なのでそれ以上は分かりません。マスクを取ったら口裂け女かもしれません。

昔は結核病棟などで看護婦と患者との恋愛模様が繰り広げられ、文学や歌謡のテーマになったりしましたが、今はセクハラとかなんとか制約が厳しいんでしょうね。こういうのは患者主権の立場からはどう説明されるのかな?

次に機会があったら息子さんの元気のいいところを見せつけてやってくださいよ。

ううむ、息子の付き添いで

息子の使うベッドの幅がその半分しかないベッドで床から15センチしかない寝返り不能のベッドで通算2ヶ月近くは寝泊まりしたろうか、ひどい待遇である。障害者の付き添いについては、病院も想定していない、織り込んでいないということで、横浜の寿町のどやのベッドか、東京山谷のどやのベッドのほうが、よほどましであろうか、入院した人にしかられるかもしれないが、一度入院して、患者用のゆったりベッドで、寝てみたいと、本気で思いました。看護師さんが、息子を看に、それこそ1時間刻みで入ってきてくれて、うれしいのでしたが、勃起しませんでした。布団はいつも床に落ち、1週間、替えもなく不潔でしたが、かぶって寝たのでした。酒も我慢してたので睡眠剤はふだんの3倍服用したこともあり、妻と交代してもらい、束の間の睡眠をえるため、家に帰りたいため、赤信号も見落とし、危なかった。朝方飲んだ眠剤が運転中に効いてきた。危なかった。勃起どころじゃない。私も人の苦労とは見えないものだと、思った。人の苦労を見てないし、わかっていないのは認めるが、また、わかってもらえていないのも事実。まあ、しかたないのだが。ううむ、看護婦さんという職種に、スキンでシップされたいものだ。鳴海さんから怒られそうですな。

がんばろう、巌鷲山氏。

看護師さん、ミニで田植えで種付けす

Re: ううむ、息子の付き添いで

2か月近くも付き添いとは大変でしたね。食事などはどうしてたんですか?
しかし、睡眠薬3倍はいけませんな。それでもなお勃起にこだわるのは立派と言うのかなんと言うのか……。

田植えして捨てて立ち去る下着かな

イカンイカン、通りがかり人さんにつられて品がなくなった。

付添の話は

これで終わりにしたいのですが、大変だったのはおむつ替えと、食事。息子はかわいそうだったが、拘束が必要で、それをいちいち付けたり外したりしておむつ替えをしていた。病院側も、タオルは用意してくれた。飯も流動食にしてくれたが、食べさせるのが大変。12階の窓の外を見ては暗い気持ちに沈んだ。妻の病気が重なったときは、さらに辛く、3食セブンイレブンが続いた。ひどい便秘に悩まされた。中には優しい看護婦さんもいて、たらいを持ってきて、息子の体を洗ってくれた。このときも、泣けた。いろんな人が、いるんだと思った。なんて、‥このくらいにしておきます。私も人の苦労には案外冷淡なところがある。この世にはもっと信じられない苦難を抱えている人もたくさんいる。まだまだだ。そう思っていましたし、今もそうです。なあんちちち。それでは終わりに一句。

捨てられし下着秘かにポケットにあたり見渡す日暮れ時

なんだかだんだんフェチ世界ですな。なあんちちち。









たまに優しい看護師さんがいまして、たらいを持ってきて、沐浴してくれた。涙が出そうになった。やはり優しい人と、そうでない人がいる。付き添いのおじいを見かねたのだろう。

あれれ、同じ所がダブった。

お許しを。

添削句

捨てられし下着秘かにポケットにあたり見渡す夕暮れの里

ゴメン!

「A医院・・・」のコメントですがタイトルも付けていざ送信というところでキーボードを落としてしまった!ブログまでがどこかえいってしまい大慌て。なんとかかんとか探して安心、確認もせずに送ったわけ。女房から出掛けるから車で送れといわれていてバタバタしてたのです。KEYボード壊れなかったので助かりました。オ・ソ・マ・ツ!

Re: ゴメン!

ハハハ、引き続きよろしく。

今度は肛門周りが炎症を起こし、別の皮膚科へ行きます。木曜日はいつもの皮膚科が休みなので。八方塞がりです。

介護とは?

通りがかり人氏の息子さんの付き添い看護の実態は少しだけボクも分かりますよ。病室は患者のためであって付き添い者が普通に看護出来るようにはなっていない。差額ベッド室、特別個室なら可能でしょうが経済的に払えるものではない。ボクの子供のころはベッドの側に持ち込んだフトンをひいて親が24時間付き添っていたことがあったけど、今は看護師さんが24時間看護だからまだしもいい。それでも妻が毎日来てくれる方がどれだけ良かった事か。2ヶ月近くもの付き添い看護はいかに大変か、さっするにあまりある。炎暑ますますなので看護疲れで倒れない事を祈念します。

・手術後の三日三晩の苦しさよいっそ意識のあるを恨めし
・横たわるベッドの柵の冷たさよわが身の病重たさを知る
・術後より妻の介護のありがたき夜のベッドで涙するなり

つれづれ草の2

「折節の移り変はるこそ、ものごとにあはれなれ。もののあはれは秋こそ勝れと人ごとに言ふめれど、それもさるものにて、いま一際心も浮き立つものは、春の気色にこそあめれ。・・・」この後に続く文は、心が目覚めるように感じるのはやっぱり春がいいねと具体的に語っている。
調子にのって軽い気持ちで山里深く入り、田畑に汗を流した苦労話しを前回したが、のどかな春の光を浴びてノンビリどころか今年は春から炎暑、しっとりとした梅雨の風情も無く、えらい目にあった。夜明けとともに肉体労働、夜は飲酒労働の繰り返しには『歌』どころではなかった。季節外れをコメントしているがそんなわけでがんす!

                   春のころまだ元気してたとき・・・

・まだ早き 卯月半ばの 田每にも わずかに堰へ 水の流るる
・散り急ぐ 桜もあれば ようやくに 咲きほころび て春続きおり
・錦木蓮 白より遅れ 咲き始め その香も負けず 風に流るる
・歴史ある わがふるさとも 開発と いう名で壊す 政治家のうそ

Re: つれづれ草の2

>夜明けとともに肉体労働、夜は飲酒労働の繰り返し

いかなる境遇かは存じませんが、現役の頃はそんな何もあったでしょうね。
それにしても今日は暑い! 外に出られません。ま、都合よくリタイア人のビザを取得しておりました。そんなわけで、とても春の歌に感情移入できかねる状況です。

巌鷲山氏とは何をしている人なのか

田植えのバイトや、野菜の種付けをしながら、歌を作っているのか。ううむ、輪郭がつかめない。田植え仲間たちと、夜は深酒していたのか。人妻好き以外、何一つわからないが、それがブログのいいところといえば、それまでか。

・歴史ある わがふるさとも 開発と いう名‥
この歌はいいですな。

戦争反対の鬼になって

突然ですが
私の家族は1945年の敗戦直前の米軍空襲の下で逃げまどい、九死に一生を得ました。私の町は一晩で千人が焼け死にました。戦後のひもじい掘立小屋生活。毎日なんでこんな目に遭わなければならないのかと、子どもながら怒りをこらえて生きてきました。
 ところが、70年経ってふたたびこの国は「安全保障環境の変化」というわけのわからない理由で「集団的自衛権」すなわちこの国を守るのではなく、わざわざアメリカ軍と地球上どこにでも出かけ、戦争するんだという、妄想の上に妄想を重ねて、再び「戦争する国」へと歩み出そうとしています。
 私は、生ける鬼となっても、このたくらみにストップかけなければならないと思います。
 体調が決して良好ではありません。いつ倒れるかわかりません。それでも、後の世代人々に「戦争」を渡すわけにはいきません。人間としての誇りにかけて。今街頭で学園で居住地で、全力を尽くして戦争法阻止のためにがんばっています。
 しばらく、ブログは「読むだけ」になるかも知れません。ダイナー氏のご縁で突然このブログに投稿するようになり、みなさまにご迷惑をおかけばかりしてきました。
 というわけで、しばらく休み・休み、ということになると思います。
 みなさんも、それぞれの持ち場で、できる範囲で力を合わせて「戦争法NO」の声を上げ、広めて下さい。あと3~4週間が残された時間です。

 よろしく。
  

Re: 巌鷲山氏とは何をしている人なのか

謎のあるところがいいのでは……。私も木曜日は禁を犯して深酒しました。

Re: 戦争反対の鬼になって

戦争法案、安倍は参議院の審議で、フルスペックの集団的自衛権とそうでない集団自衛権というわけの分からない区別を持ち出してきました。今まで禁じられてきたのはフルスペックの集団的自衛権だというのです。今の日本はこういう詭弁も難なく通ってしまうのが恐ろしいところ。そしてたとえば広がるSEALDsに対しては「民青 過激派 在日 チンピラの連合軍」との誹謗中傷や「参加すると就職に不利」などの脅しが流されているといいます。

気が向いたらまた書き込んで下さい。心待ちにしております。
  

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/343-6623047c