不思議の国のアリの巣 

DSC05843bg.jpg DSC05830bg.jpg

緘黙の後に幽けき百日紅

空転に終はる携帯たたみけり

物言へばはらわた寒き秋刀魚の身

カンガルー法廷すべてカンガルー
                                            
                                      

北砂の路地でまた猫たらしに出合った。中年と青年の間くらいの年齢で、いたって普通の身なりをした散歩者風の男である。カメラは持っていないようだったが、私には近づけない黒猫に餌を食べさせ、満足そうに見守っていた。常に餌を携え、それで猫を手なずけているのだろう。不思議なのは猫は餌を持っている人にすぐ近づいてしまい、写真を撮れないことが多いが、彼(前回会ったのと同じ人物だとすれば)はカメラを構える余裕を持っていた。今度会ったら挨拶し、そのへんの秘訣を聞いてみたいものだ。
                    
ところで、よく猫は個人的で犬は社会的だと言われる。私流に言い換えれば猫は詩文的、犬は散文的と言うことになろうか。散文とは内容がすべて意味に還元され、現実の行動や思考の直接的な反映と見なされる言葉である。憲法や法律、政治の言葉、日常の指示や伝達には散文が用いられ、言葉と現実が1対1に対応することを前提として交換される。詩文はその反対と言ってよい。猫と犬の生活パターンの違いからも容易に導き出される結論だろう。

DSC05820bg2.jpg
             
だが今、堅固に見えた散文の世界が危うくなっているように思えてならない。安保法制の議論を聞いていると、言語と現実の対応関係が大きく狂ってきているのだ。そういう事態の先頭を切っているのは言わずと知れた安倍晋三であるが、ペラペラとはき出される彼(ら)の言葉は現実に対応した散文ではない。かと言って詩文でもない。自分たちだけの仮構の現実に対応した時効言語(バーチャルリアリティ)なのである。現実に対応しない法律など法律とは呼べない。日本はアリスの「不思議の国」になってしまうだろう。一方、最近私が直面した事態では逆に散文での言葉と現実との関係が極端に緊張し、息苦しい世界が現出した。弟からの無理難題もそのたぐいか。冒頭の句はその息苦しさを表現したかったが、これが限界だ。

DSC05851bg2.jpg DSC05855bg2.jpg
                 
さて、道端でよく見かける公明党山口代表のおぞましい顔のポスター。「いまこそ、軽減税率実現へ」と書いてあるのもある。「軽減税率」と言うのは政策なんだろうか。財務省が進める消費税10パーセントの露払いにしかならない、いかにもヌエ政党らしい政策もどきだが、キリスト者の佐藤優が山口代表もろともこれを持ち上げているのには驚いた。私も以前は軽減税率に賛成していたが、輸出企業への給付に消える消費税のばからしさを知って転換した。軽減税率は挫折するだろう。第三の税制を考えるべきだ。
      

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

散文の生命とアベの虚言に思う

ブログ更新にダイナー氏の労苦が見えた…。

さて、ことばと現実が1対1で対応することを前提としたのが散文というダイナー氏のメッセージ。ここで少し敷衍させて考えてみた…。


 論文を書くということに、「散文」という表現手段でいかに現実を写し取るかという作業だと思っている。そのための文を彫琢する作業に書き手が労苦を重ねる。事実をそのまま写し取っても散文とはならない。散文は筆者の思考回路をくぐり抜けた産出物ということになる。だから文を見ると描かれた「事実」と同時に、書き手の思考回路が見えてくる。「文は人なり」とはそのことかと思う。

 
とすると、もの(散文)を書く人間は、それと対応する「現実」に責任を持たなければならない。対応する「現実」がない散文を書き散らすとしたら、それは不正ないし虚偽といわれえても仕方がない。書き手に求められる最低のモラルだ。それは「書き手」だけではなく「語り手」にとっても同じことだと思う。

 ところで、口から出るコトバに対応する現実がない、根拠がないとしたら、それを言う人間は「詐欺師」か「ウソつき」ということになる。今朝の新聞を開いたら、昨日のシールズと学者のコラボ集会で、教育学者の佐藤学の次のように言っている。「あべ首相は大ウソつきです。これほどウソをついた政治家を私たちは知っているでしょうか。(中略)安倍首相は卑怯者です。まっとうに答えようとしません。…」
 妄想と幻想で国民を煽ろうとするアベ政治に抵抗するためには、私たちはグローバリズムとナショナリズムが癒着した日本で生まれたこのオトコを追い詰め、危険さをあばき、人々に伝える「コトバ」を持たなければならない。その力の方がよっぽど現実に対応した「散文」としての力を発揮するはずだ。妄想と非現実に抵抗するために、現実を動かす「わが散文」を持つことこそたたかいなのだと。今、若い学生が、みなそれぞれの「コトバ」を持っている。それが「現実に対応する散文的説得力」をもっているから、世代を超えて人々を動かしているのだと思う。 

Re: 散文の生命とアベの虚言に思う

早速ありがとうございます。
話者(書き手)の思考回路をくぐっているというところが抜けていましたね。いささか粗雑な文章だったかもしれません。単純化・極端化を旨としましたもので……。まして散文と詩文は単純に二分できるものではないし、散文と詩文を相互に行き来する文章(あるいは話)が人の心に食い込むことがあることも承知しております。

虚妄に彩られた安倍語に相対するには、散文的説得力とともに詩的想像力を併せ持った言葉が求められます。それなくして1対1の現実に呪縛された息苦しい世界を越境していくことはできません。その意味では、孤立無援の私の戦いも日本の藻掻きと繋がっているような気がします。

散文的説得力と詩的想像力は交錯している

「散文とともに詩的説得力」なるほどなるほど…と思ってしまいます。まったくそうですね。紡ぎだされるのは「散文」だとしても、筆者の思考の内には「詩的創造力」が根底に座っていることが多いのす。そうでないと、語る言葉はたんなる「理性のお化け」になってしまう。筋書しかない文は説得力を失い、想像力を刺激しない。小生の場合は、散文を書いている最中に自分の根底を支えているのが「音楽的想像力」かも知れないなと思う。音楽に飢える。

現実を映し出す「コトバ=散文」を探すと、心は詩的想像力を求める。散文と指摘想像力の往復関係が、実は大変大事なのだと思う。だから「散文」と「詩文」の2分法ではなく、その相互浸透性、相互関係性が大切なんだと思う。


孤立無援…いえいえそうではありません。つながっているのではありませんか?生存していること自体、時代とつながっているのですから。このブログにかけるエネルギーも現実世界へ生き生きと「散文的説得力」と「詩的想像力」を発信している。まさに「関係性」を創造する営みです。生きている証そのものです。

Re: 散文的説得力と詩的想像力は交錯している

> 孤立無援…いえいえそうではありません。つながっているのではありませんか?

もっと局所的な問題、「散文での言葉と現実との関係が極端に緊張し、息苦しい世界が現出した」と書いた部分ですが、これはまだまだ続きそうです。そのうちお話しできるかもしれません。

博学多才

『詩文・詩文的・散文・散文的・敷衍・彫琢・緘黙・藻掻』今回のダイナー氏とたかしくんのやりとりは正直いって全く分からない!見た事も聞いた事もない漢字と文章にはマイッタ。さずがお二人とも元なにやらの御方々だけあって年はとってもお脳はビンビン冴えているようですな(下の方は分からないけどネ)。ダイナー氏、なにやら詩文的なのか散文的なのか分からないけど、藻掻きすぎて緘黙の由。少し脳休して怪猫のショットに彫琢して敷衍なされてはいかがとボクは思うのです。

                     秋ナスは嫁に食わすな・・・

・看護師を 些細なことで 呼んでみる 明るき返事 病落ち着く
・看護師の 聖なる声に 含みたる 病癒えよと 祈りにも似て
・看護師に こうべを垂れて なお足りぬ 夜の看護の ありがたきこと
・看護師の その若き声 病室の やまい全てを 追い払うかな

             (茄子とナースをかけてみたけど苦しいね!!!)

ナース(茄子)のありがたさ

鳴海さん
いつも心休まる歌ありがとう。看護師の声と笑顔がありがたいなあ。昔看護学校に夜間に教えに行ってた頃、応接室に次のような川柳を添えた絵が飾っていた。

ナースキャップに もらう心の 痛み止め

入院したとき、これをいつも思い出していた。横になったままの私の話し相手になってくれる看護師を前に、ついつい職業病で「休みの実態」とか「夜勤の回数」とか…。たまに笑顔をどこかにおいてきたような看護師に会うと、「笑顔を向ける余裕がないくらい忙しいんだ」と思ったり。

「聖なる声」ですね。これは命と向き合う看護師の声です。




Re: 博学多才

男の看護師もナースと呼ぶんでしょうかね?

いやー、おっしゃる通り自分でも分からない言葉を使ってみましたが、気分がいいもんですね。なんちゃって、偽通りがかり人……。少し脳休した方がよさそうです。

看護婦のコスプレ妻に惚れ直し(想像)
      

Re: ナース(茄子)のありがたさ

> ナースキャップに もらう心の 痛み止め

うーーん、ちと字余りが微笑ましいね。

想像にきまってるでしょ

ダイナー氏へ
「コスプレ妻…」なんて断らずとも「想像」というより「モーソー」でしょう。

オトコもナースって言うに決まってるでしょう。なんて呼べばいいの?ナーサーとか?入院期間中に夜勤の男性が2回ついてくれたけど、全然ケアリング(癒しの相互関係)にはならなかったので、翌日看護師長に女性に変えてもらいました。男性は傷ついてかな?しかし、仕方がないんですよ。オトコが部屋に入ってくると、身体が固くなってしまう。無粋というか。無意識に身構える。鳴海さん、固くなるのは上半身のことですぞ。誤解なきように。 


ナースキャップ これ字余りかな?ダイナーさん。鳴海さんの意見は?

Re: 想像にきまってるでしょ

特に男性看護師を表す場合はmale nurseと言うそうです。
「ナースキャップに」……字は8個ありますね。

しかと立つナースキャップの美しき

つまり真ん中の二句に使う字数です。初句に使えば字が余ります。
交通標語などにこういうのが結構ありますね。

冒頭の俳句直しました

季語を合せて……。
ついでに、

ナースキャップ聖なる声の出どこかな

ペットと人間

安倍晋三が独裁者になった。自公党員のだらしなさを何とみたらいいのだろう。安保法案を成立させるまで、密かにガマンしているのか、良い子していれば大臣にしてもらえるからと、ゴマをスリスリしているのか分からないが、彼らは安倍のペット=伴侶動物と呼ばれるほどに人間性を喪失してしまった。
家畜とペットの境界はあいまいで、実用に供する目的で飼育される動物が家畜とされるが彼らはそうなってしまった。ペットと家畜の境界の引き方は人間の側の態度・心情によるところが大きい。
安倍の家畜に成り下がった自公党員諸君!少しは人間の心をとりもどしてくれ。それともA級戦犯になりたいのか?
かつてのヒトラー(ドイツ)もこのようにして悪魔の独裁者になった。A級戦犯・祖父の岸信介を尊敬して止まないそうだが、彼を凌駕するのが恩返しだと思っているそうだ。
今年は八方塞がりだが来年以降はワレワレハ皆白骨と化するやも・・・。だが、ボクたちは決して安倍の家畜・ペットにはならない!(馬鹿者め)

                    やや興奮したので落ち着こう・・・

・病窓や 吾と妻とを 隔つかな カーテン越しの 薄月の影
・病室の 窓に射し込む 月あかり ベッドの吾は ただ見つめおり
・病室の 窓より見ゆる 五月晴れ 今日も一日 ただ空を見る
・病窓に 広がりすぎる 五月晴れ 空に吸われし 病のこころ

講義あんがとー

ダイナー俳人の講義サンキー。なるほどなるほどですね。アンガトーです。
ナースキャップは真ん中にもってくればいいのだ!

 しかし、「心の痛み止め」はいいなあ。「痛み止め」も5文字だし、これはあれこれ入れ替えてもなかなかうまくいなかい!! 「パズル」ですね。

自民党が「裸の王様」になった

ぬえの党の 言うことばの おぞましさ
と思っていたら…

あらあら無風選挙でアベが総裁を継続することになった。朝8時から集まって万斉する姿を見ていたら、小学校時代に出演した学芸会の「裸の王様」を思い出した。あれは、群衆が皆服をまとっているのに、王様だけが裸で行進するという筋書き。しかし、待てよ。今度の総裁選挙を見ていると、自民党員がすべて「裸の王様」になっているのでは…。絶対得票率17%の少数者が、虚構の「多数者」として国民を戦地にやる。これは喜劇ではなく、現実だ。
しかし、国民はしっかりと「王様は裸だ」と気づいている。しかし、劇中の少年のように「王様は裸だ!」と声を上げ続けなければ、正気にもどることはない。これからがたたかいが始まる。

これからずっと「王様は裸だ!」と叫び続ける少年でいなければ。

Re: ペットと人間

昨日は雨、今日は暴風で足止めされています。
しかし今、もっとひどいのは政界の暴風ですね。
対立候補をみんなでいじめ抜いて断念させる……形骸化した政党ガバナンスの極北を見る思いです。家畜ならぬ党畜でしょうか。じーさんの得意技、統制経済を敷こうという魂胆でしょう。ついでに言論統制もね。

党畜 !

ダイナー氏
形骸化した政党ガバナンスの極北まさに名言です。「党畜」とはさらにさらに言い得て妙。
今年度新語大賞候補まちがいなしだ!

Re: 自民党が「裸の王様」になった

私としては「お姫様は裸だ」の方が楽しいんですけどね。

国民全体が「裸の王様」だったらどうでしょう。誰も「裸の王様」と叫ぶ者がいないとお手上げですな。安倍が出た火事芝居のテレビで、やくみつるが安倍を「裸の王様」と言っていましたが、安倍にはさっぱり堪えなかったようです。

浅学非才

鳴海さんのいうとおり、今回のお二人のやりとりは、浅学非才のオラにはワカリマシェン!ですね。
それは脇に置いといてのお話でお粗末します。今回は特にネコのカットが多いようだが、最近のテレビ(ローカル放送だけか?)のCMにやたらと出てくるようになった。駅長を長らく勤めたネコちゃんが亡くなったとか、交替したとかの新聞ニュースも見かけるが、安倍晋三と何か関係があるんだろうか?(安倍晴明によると怪猫の怨霊とか?!)
それはさておき、水害列島は五穀豊穣を殲滅させた。東日本大震災から4年半、未だに復旧ままならずいかんや復興をや。
「異常気象」は今では「正常気象」といってもおかしくない。おかしくなったのは安倍晋三が日本を支配してから地球の気象全体が異常続きになったということだ。
最近地方の議会選挙があった。落選者は「不徳のいたすところです」などと言うが、思うにチャンチャラおかしいね。お前は「徳」があると思っているのか?選挙結果を見るたびに思うのだが、安倍晋三とその一味こそ「不徳のかたまり」なのに本人自身は気がつかない(厚顔無恥)。しかし、こいつ等を選んだ一部の地方の庶民も、私利私欲で選んでいるのだからどっちもどっちだな。
今年は新米、高値で年金生活者にはクチに入はいらないかも・・・。

先週末から来週末にかけて秋祭りが、あちこちで行われつつあるが、日を追うごとに何やら物悲しく季節は急いで巡り、かのログの君はどうしているのかな。

                           そんな思いで・・・

・夏のころ 通りすぎたる 我が友は 如何ばかりかと 秋風に聞く
・寂しきは 去りゆく夏の 末のころ 便り途絶えし 友垣の声
・里山を 通りがかりの かの友は 今はいずこの 旅路行きしか
・人妻を 共に愛した かの君の 便りを今も 待ち焦がれる日

Re: 浅学非才

豪雨がすぎたかと思えば朝の地震で飛び起きました。江東区は震度3となっていましたが、体感では4くらいありそう。天変地異は天下のご正道が乱れているしるし。安倍政権が続く間は安泰はありません。

東京新聞のコラムに看護師の女性が書いていましたが、こんな話を聞いたそうです。
安倍首相が民に優しくないのは子供がいないから。子供がいなけりゃせめて猫でもいいんだが、彼は猫も嫌いらしい……。

ブログ更新の圧力をひしひしと感じますが、今日あたりは何とか……。

ナースキャップ

ダイナー氏の言うとおり初句の「ナースキャップ」はリズム的に苦しいですね。2句目に持ってくると初句と3句目の5文字次第で、元気で爽やかな看護師さんが浮かんでくると思います。
・春の日やナースキャップの白まぶし
・痛み止めナースキャップの真心に病みぬる心安らぎて寝る
ちょっといじってみました

Re: ナースキャップ

初句が「ナースキャップ」だけなら何とかセーフだと思いますが、あの句は「ナースキャップに」となっていたのでキツイと言わざるを得なかったわけです。

ナースキャップ秋の日差しの翳りかな
                     

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/348-27b55ea6