洗濯と信仰と 

曇りがちな空の一日、懸案だった下丸子の五十嵐健治記念洗濯資料館を訪ねた。

DSC06188bg2.jpg
                               
五十嵐健治はクリーニング白洋舍の創設者であり、同資料館は白洋舍本社内にある。五十嵐は明治10年新潟県に生まれたが、生後8か月で生母と離別し5歳にして五十嵐家の養子になる。日清戦争が勃発すると軍夫を志願して従軍し朝鮮半島へ渡り、戦後、三国干渉に憤慨してシベリアへの渡航を企てるも北海道で裏切りに遭い、開拓地のタコ部屋に入れられる。寝巻姿で脱走し70キロ離れた小樽まで逃げ自殺を考えるが、そこの宿で中島佐一郎というクリスチャンの旅商人に出会い福音に接し洗礼を受ける。牧師を志して上京するが神学校には入れず、紹介により三越に入社。明治39年、10年勤めた三越を辞し自身の誕生日3月14日に日本橋に白洋舍を創立する。当時、洗濯屋は蔑まれる職業であったが、「人の汚れたものを綺麗にしてお返しする、これこそキリスト教徒の仕事にふさわしい」と語り信仰を土台にした経営を行った。その後、水を使わないクリーニングの研究に着手し、明治40年、日本で初めて独自のドライクリーニングの開発に成功。しかし、間もなく不慮の火災で大火傷を負い会社は廃業の危機に見舞われている。

資料館は多摩川のガス橋近く
DSC06213bg.jpg DSC06210bg2.jpg
                         
五十嵐健治については三浦綾子の「夕あり朝あり」(東京新聞他に連載された後、新潮社で出版)にその波瀾万丈の半生が克明に描かれており、私が白洋舍の創立者を知ったのはそれを読んだからであった。三浦は病床にあった独身時代、伝道に専念していた五十嵐の来訪を受け、そのことが後に彼女のキリスト教に入信するきっかけになったという。しかし私がここへ行こうとしたのは、例のアイヌ娘とのロマンスを披露した私設博物館のおじさんが、年内にもう一度アイロンの展示を企画して奮闘しているので手伝ってやろうと思ったからである。資料館のスペースはそれほど大きくはないがアイロンの展示もほどほどあり、受付のお嬢さん達も親切だしはるばる行ってよかったと思っている。もっとも年表とアイロン以外の展示品はほとんど見ていないが……。
五十嵐健治の一生を概観して思うのは、魚座の星に生まれた人ならではの博愛と自己犠牲の精神が遺憾なく発揮されたものであると同時に、多くの人との縁を欠かさず生かす力の卓抜さである。そのへんが我々凡人との差であろう。五十嵐は戦時下のキリスト教弾圧にも大変苦労したらしいが、後半生を伝道に費やし95年の生を全うした。

DSC06214bg.jpg DSC06215bg.jpg
                  

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

うーーーん、コメントがない!

今日は川歩きです。川崎の二ヶ領用水を歩きます。参加者はぐっと少なくなりましたが、更新をお楽しみに。

「夕あり朝あり」を購入しました。

三浦綾子と五十嵐健治との詳しい関係は、実は話として聞いていた程度で、小説も読んでいません。少し不明を恥じています。早速「夕あり朝あり」を購入しました。もっと早く知っていれば、と思っています。ありがとうございます。

命の洗濯

半年前、胃癌の手術で入院したが「三途の川」を渡らずに済んだのは、命を洗濯したから綺麗になって今があるんだろうなと思うようになった。
十数年前に義兄が肺がんで亡くなったんだが、その数ヶ月前にお見舞いにいったときは元気だったけど、ぽつり漏らした言葉が今でも忘れられない。『肺がんの末期で余命数ヶ月だといわれた』と聞かされた時はすごい衝撃だった。
ボクが56歳の時、義兄は67歳で旅だった。ボクもガンを宣告されたとき義兄の最後の言葉が一瞬よぎったが、幸い初期だったので助かったけど、それでも独りになるとやはり息苦しかった。
家族、友人あて末期のメッセージは郵便ポストに入らなくて済んだが今でも切手を貼ったまま遺影写真と共に、妻が分かる様でいて分からないような所に仕舞ってある。

宣告を覚悟していたはずなのに…

今年はずっと胃腸の調子が良くなくて、どうもおかしい…と一人で余命を考えるほど悩んでいた。
 昨日やっと消化器専門病院で胃カメラ検査。カメラを入れる前に看護師に頼んで画像を見れるようにデスプレーの位置を調整してもらった。自分でも見ながら検査を受けた。ところが…素人目でもおかしなところなし。
 鎮静剤が覚める頃に医師の説明。昨年診断してくれて行方不明なった医師が取った画像を持参していたので、それも見ながら説明をしてくれた。結果は「器質的に悪いところは一切なし」、え?それなのになぜ胸やけ、早朝の吐き気、胃の痛み、食道の違和感…はなぜ?
 医師は専門用語を遠慮なく使って明快に説明してくれて大助かり。有すれば器質的な問題(潰瘍、腫瘍、ただれなど)はないにもかかわらず「症状」だけがあるのは「機能性デスペプシア」という。そんな患者の割合は非常に高いとか…。結局今飲んでいる薬をいったん白紙にして、多少のPPIという胃酸制御薬と昔からの胸やけ薬をためすことにした。
 思いあたるのは外的ストレス。内部のストレスはどうということはないが外的に入って来る問題はなかなか避けようがない。

 来週は89才になる兄の嫁さん(義理の姉)の17回忌。小生の血筋はみな長生きなのだが…。。たいてい配偶者に先立たれている。検査の後、無罪放免だから喜んでいいはずなのに、いつもの癖で、病気の恐怖から解放されても、あまり喜びを感じない。素直に安堵しないのは、「安堵できない症候群」なのかも知れない。楽天的ではない、いつもマイナー思考なのは困ったものです。

 どっちにしても、いずれ命は消えるはずなのに、人間は病気を恐れる存在です。なんと気の小さいことかと。もうすこし悟りたいものです。

 ブログ、新しい人にもっと加わってほしいものですね。中身は充実しているのに。

Re: 命の洗濯

私も何人かの友人や身内を送りましたが、息苦しいことです。
鳴海さんの場合は上手く命の洗濯ができて幸いと言うべきでしょうね。誰しも三途の川の風景がだんだん身近なものになってきています。たまには聖書を繙いてみるのもいいかもしれません。

Re: タイトルなし

>  ブログ、新しい人にもっと加わってほしいものですね。中身は充実しているのに。

その通りですが、こればっかりは何ともなりません。通りがかり人さん、山姥さん(どこへ行った?)の復活を待つばかりです。後藤氏にもまた書いてもらいたいですな。

ところで自分の内蔵を自分で見るのはとてもできませんね。私は願い下げです。内視鏡で見てなんでもないのに症状がある。それは病気です、なに? 違うって? つまり、症状がないと存在感が湧かない人なのではないでしょうか。時々そうやって存在を確認すべきなんですよ。何でもない視鏡検査です。いや、ともかくよかった。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/354-9a44c8f0