二ヶ領用水(上流)を歩く 

DSC_3708bg.jpg
                 
木枯らし1号の吹いた日曜日は久々の川歩きで川崎まで出かけた。川崎の高津駅から宿河原駅まで歩く予定だったのだが……ま、その経緯は後述するとして、今回は参加者が少なかった。八王子のS氏はお母さんの面倒を見るため、方南町のH氏は腰痛が激しくてそれぞれ不参加、3人組のうちMさんも不参加で、結局4人だけになった。

DSC_3712bg.jpg DSC_3720bg.jpg
                        
今回の川は二ヶ領用水。2002年に登戸まで一度歩いているし、下流も武蔵小杉まで2010年に歩いているお気に入りの流れだ。二ヶ領用水は家康の命を受けた小泉次太夫が14年掛かって多摩川から水を引いた農業用水で、川崎領と稲毛領の2つの領地を潤したからこの名前がある。川崎市最古・最長の用水路である。田園都市線・高津駅から上流へ歩き始めるが、用水は家並みの中を窮屈そうに流れる感じ。両側の歩道はきちんと整備されて歩きやすい。間もなく大石橋で大山街道と交差する。大山街道は江戸時代の重要な往還だ。続く濱田橋は昭和の陶芸家・濱田庄司に因み、「春去春来」の陶板が付けられている。246号線を用水は暗渠でくぐり我々は歩道橋で越える。

DSC_3723bg.jpg DSC_3728bg.jpg DSC_3729bg.jpg
              
少し行くと木立が見えてそこが久地円筒分水だ。前に見たときより周りが整備されてスッキリしたが、囲んでいる針金の柵があまりにもガッチリとしすぎて写真が撮りにくい。円筒分水とはサイフォンの原理で新平瀬川を潜った用水の水が、流量にかかわらず正確な比率で分けられるように工夫された装置だ。あふれた水がコップの縁を乗り越えるような状態を絶対水深と言うが、絶対水深の状態では円弧の長さに比例して分水される原理を使っている。当時の神奈川県多摩川右岸農業水利改良事務所長・平賀栄治の設計で昭和16年に完成した。これにより長年の水争いは解消したが、現在は役目を終え有形文化財として保存されている、傍らに平賀栄治の顕彰碑が建てられていた。写真の水草のある真ん中の円筒から用水の水が吹き出し、外側の円筒で分けられる。ペットボトルなどが浮いているのが興ざめだった。

DSC_3747bg.jpg DSC_3742bg.jpg DSC_3735bg.jpg
DSC_3744bg.jpg DSC_3745bg.jpg DSC_3750bg.jpg
                   
そこから新平瀬川を渡り久地駅まで歩く。だだっ広い風景になり、用水の水も増える。この水の円筒分水へ行かない分は新平瀬川へ流されるのだ。いい加減歩いてやっと久地駅前に着く。そこから支川を宿河原駅まで歩くつもりだったが、反対論が出てここで打ち切ることにした。久地駅前には飲み屋がないので南武線で溝ノ口まで出て、花の舞で打ち上げとなった。花の舞のあるあたりは何だかアジア風の飲み屋街で大衆酒場が並んで繁盛していた。

DSC_3762bg.jpg DSC_3774bg.jpg DSC_3770bg.jpg
DSC_3752bg.jpg DSC_3782bg2.jpg DSC_3783bg.jpg
                       
今回は3.5キロくらいか。短いが充実していた。地図はいつものデジタルミリオンでは「圏外」になって大雑把なものしか出せず、別にグーグルマップを使って細かい縮尺のを用意したが、あまり使う場面はなかった。
       

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

川のある風景に癒される

 二ヶ領用水を調べたら「川崎領と稲毛領にまたがって流れていたことに由来する」とありました。関ケ原のたたかいの直後に作られた人口の用水とか。
 水の流れはいいですね。なぜかホッとする。大河もいいが、生活の場で流れている用水もいい。近年は「危険」とか、通行の障害などの理由でどんどん暗渠化されている。最近も札幌のど真ん中をながれる用水(石狩湾から札幌市内に物資を運ぶために掘られて人口の川)が暗渠化され、コンクリートに沿って植樹されて、景色がすっかり変わってしまった。用水でドジョウや小魚が泳いでいた時代は遠くへ行ってしまった感がある。
 「川」は生活に潤いを与える「文化」そのものですね。同時に生活の手段でもあった。都市計画の中でどんどん「地下」に埋められていくのはなんともさみしい。
 写真の用水のほとりにある小さな地蔵堂のたたずまいがなんとも心を和ませてくれる。この地蔵堂の前を何百万人の人々が通って行ったのだろうか…。そんなことを考えながら貴重な写真を鑑賞させていただきました。

Re: 川のある風景に癒される

玉川上水も水が流れなくなって存続の危機に瀕しましたが、復活しました。
川崎市民は二ヶ領用水をよく維持してきたと感心します。

首都圏ではかつて行われた川つぶしの反省から、水流の維持・復活に舵を切り始めています。親水公園のようなものはあまり好きではありませんが、川の流路を記憶するという意味では存在価値があるでしょう。二ヶ領用水のそばにはたくさんの祠があり、用水が生活に密着していた頃を偲ばせます。

川を守る力

韓国のソウルに清渓川といいう人口の川がある。正確に言うと元は清流だったのが、都市化に周辺に貧民街ができたり水質が悪くなったとかで蓋をして高速道路を通してしまった。これを撤去して人口の川を復興させたのがかの市長であった李明博元現代建設社長。市長時代の功績で名をあげ、韓国大統領にまで上り詰めたが、政治腐敗で再選できず。壊しては作って、どっちでも資本にとっては儲けになるからいいのかも。2度ほど行ったが、人口の川はなんとも味気ない。結局は「開発業者」の利益になるだけ。


ところで、小樽の運河は北海道観光の最大のメッカになっているが、ここは高速道路で埋められるはずであった。それを阻止したのが市民運動。最初に声を上げた人は周囲からの中傷に耐えられずにみずから命を断った。
 そんな歴史を知らない多くの若者がロマンチックスポットとして小樽運河に集まる。
 保存運動の多くには、中心となって活動した人々の苦闘の歴史があるのかも知れない。

Re: 川を守る力

清渓川のことは日本でもお手本にしようなどいう声がありましたね。あれはイミョンパクの所業でしたか。
確かに味気ないけれど、それは造ったばかりだからか、それともコンセプトが悪かったのか。長い目で見て育てていくべきかもしれません。樹木など年月を経て形をなすものですから……。

小樽運河が市民運動で開発を阻止したことは知りませんでした。しかも言い出しっぺが中傷により自殺……。いずこにおいても流れに抗するのは命がけです。

流れに抗するのは命がけですか

 我田引水のハナシになるようで恐縮ですが、水辺が存在することは、それを作り守ってきた人の歴史があると考えています。
 「小樽運河を守る会」の苦闘の歴史は、峰山冨美(1995) 『地域に生きる-小樽運河と共に』(北海道新聞社刊)に詳しく書いてあります。著者の峰山さんは2代目の会長。初代会長は商売をしていたが、運動をしてことで取引を拒否されたことが自殺の原因だったらしい。「こんなドブ川を残して何になるんだ。それより道路を通した方が地元発展になる」と非難されたという。当時は日本海を通じた運送は不要となって、小樽運河周辺は廃墟だった。
 だいぶ前に、峯山さんにお会いして直接お話を聞く機会があった。「水辺を守るのは小樽の過去を知り、未来につなぐ運動」と熱意をもって話していたことを思い出す。今、年間800万人を超すと言われる小樽観光客の中でどれくらいの人がそのことを知っているだろうか。

水辺にはそれを守ってきた人々の歴史があるんでしょうね。どこでも。

Re: 流れに抗するのは命がけですか

テーマがテーマですから、我田引水大歓迎です。
何を捨て何を残すかは一概に言えることではありませんので、道路にしろといった人を責めるのは酷ですが、取引を断わらせたのは個人というより日本的な陰湿な力では。世の中は経済だけで動いていくものではないという正論が浸透し生きるまで、長い運動が必要だった。初代会長の命を犠牲に捧げて……。

裕次郎はそのへん分かって歌ってるのかな?

遊べない河

奥州市の西方にある胆沢ダムへ行く途中に円筒分水がある。季節は春まだ浅い頃だったと思うが胆沢地方の田に、まるで噴水のような勢いで分水していた。写真には水が出ていないがほぼ同じくらいの大きさの様な気がする。しかし金網はないので飛沫を浴びるくらいの側までいくことが出来る。生き生きとした川を見た。
しかし、今では河原に降りていって昆虫や水草を直接見たり触ったりできなくなってしまった。いつの間にか「川は危険だ!」、と烙印を押されてしまったのだ。今頃になって人工の川を作り、それでよしとする文化心のないバカな官僚どもと土建屋との癒着が目に見えるようだ。
昭和39年の東京オリンピックが、川という川を暗渠にしてしまい、東京の文化を徹底的に破壊してしまったのだ。「イスラム国」が文明の遺跡を破壊しているのと大同小異ではないか。
2020年のオリンピックを目指して、またもや「文化の貯蔵庫の都市」を破壊し始めたが、ひょっとしたら神田川、隅田川や荒川なども暗渠にしてしまうのではないかとさえ思う。
東京の原型、江戸の発祥の地、五街道の出発点でもある歴史的遺産の日本橋の無残な情景に、こんなバカな計画を平気で実施した官僚、それをなんとも思わない市民の歴史的景観に対する無神経さが信じられないと森本哲郎が語っている。

“智恵子抄”の「東京には空がない」が、次は「東京には川がない」となるかも知れない。

Re: 遊べない河

今また川への回帰が始まっているような気がしますが、安倍たちが考えることは分かりませんからね。東京に川がなくなったら、誰も物を川ないでしょうよ。

胆沢の円筒分水、Wikipediaの「円筒分水」の項にちゃんと載っていました。
胆沢平野の円筒分水工(胆沢扇状地、岩手県胆沢川流域)
1957年(昭和32年)完成。石淵ダム建設と平行して開始された農業水利事業の一環として施工。農業用としては日本最大級[2]。

しかし、Wikiには「絶対水深」という記述はなし。どうやらこれは「如月より」だけの情報のようです(ウソ)。

人工の環境に囲まれた人間

鳴海さん

 奥州市は今まで実感がなかったので少し地図を見たりしました。丹沢ダムが「農業用水確保」が目的かどうか、いささか疑問があります。わかっていたら教えてください。
 丹沢水系は今頃紅葉がきれいでしょうか。それとも、もう終わったかな?ちなみに10月20日の八甲田山系は紅葉が終わっていました。死ぬ前に「息を飲むような紅葉の美しさ」に一度触れたいと思って行ったのですが、残念。「今年は例年より10日早い」と言われました。帰路久しぶりで秘湯で有名な猿倉温泉で硫黄のお湯につかって帰ってきました。
 
 奥入瀬渓流は相変わらず美しい。水源が十和田湖だけでダムもないから自然そのもの。渓流の散策をしてみたけど、周囲は中国語だらけ(主に台湾からの観光客だったけど)。大きな声で会話しているのですぐわかる。最近、北海道はどこでもタイ、インドネシア、中国、台湾などのアジア系の人であふれかえっています。小生の住むマンションの近くのつぶれたラーメン屋がいつのまにか「アジア系の観光客用のレストラン」に早変わり。夕方になると観光バスがとまって臨時「デナー会場」になっている。
 札幌の中心部は終日中国語、タイ語などのアジア言語であふれている。まるでアジアタウンです。時代は本当に早い。南京虐殺がなかったとか、慰安婦の「強制性」はなかったなど、時代錯誤を叫んでいるこの国の独裁者にとっては、こうした現実の「アジア圏」の形成と向き合っているのでしょうか。戦後処理をきちんとできる政治をつくりたいと思うこの頃です。

「絶対水深」とは造語ですか。


Re: 人工の環境に囲まれた人間

胆沢ダムはどうだか、円筒用水はその下流にあるということでは。奥入瀬渓流ではコケイスを巡って論争が巻き起こっているようですね。札幌がそんな多国籍文化圏になっているとは意外です。札幌には昔々農場実習の帰りに同級生と一泊し、出るとき足元を見たような対応をされてげんなりした記憶があります。
しかしながら、逆に言えば現代のアジア人民は南京虐殺も慰安婦も関係なく、国境を乗り越え混じり合っている欲望の社会があるわけです。それもまた冷静に見ておかなければならない現実でしょう。

> 「絶対水深」とは造語ですか。

最初に歩いた後でメンバーの一人が水利学の本からコピーしてくれた資料にありました。私も農業水利の講義を受けましたが、この概念は出てこなかったような気がします。

胆沢平野と胆沢川

たかしくんへ
胆沢町(合併して奥州市になった)は水沢市の西方の広大な田園地帯です。ボクの妻の実家がある地域です。狭い道路を隔てた向かい側に堰があり今でも満々とたたえて流れています。胆沢(いさわ)平野は国内最大級の扇状地で、北は水沢の北辺で隣町(金ヶ崎町)近く、南は平泉の衣川付近まであり、巨大な扇状地で広大な田園地帯です。ところが胆沢平野の大きな課題は水の確保でした。この胆沢川は扇状地の北方の一番低いところを流れているため南方面にいく程河岸段丘が6段にわたって高くなっているのでおよそ500年くらい前から上流に「穴山堰」を掘削して水の確保をしたそうです。有名な堰に「茂井羅堰、寿安堰」がありますが、この上流に「穴山用水堰、葦名堰」があります。何しろ水田耕作平野の方が川より低いため水争いは大変だったそうです。上流の水門を開けて水を引いても、下流の水田に用水が到達するころには上流の水田に引かれてしまう。すぐ引き返す、の繰り返し。しかし流血争いはなかったそうです。水争いの解決には300年以上もかかったそうです。今は胆沢ダムに沈んでしまいましたが、その昔には石淵ダムが出来、胆沢平野を潤し、まさに恵みの水がめとなりました。その後の水田の発展に伴い農民の悲願であった円筒分水工が完成し、石淵ダムと円筒分水工によって配られた水により水争いが解消したのです。その後平成25年に巨大な胆沢ダムが完成し、岩手県でもトップクラスの米どころになりました。詳細はホームページの「水陸万項(すいりくばんけい)」や「胆沢(いさわ)町の穴関」をご覧ください。

Re: 胆沢平野と胆沢川

高倉淳の宮城郷土史http://takakura.fd531.com/index.htmlにありましたね。

しかしこれはすぐには飲み込めないし、決して読みやすいサイトではない。高倉さんは90歳近い方のようですから、宮城の郷土史をこれだけの規模でまとめ上げたことに敬意を表したいと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/355-2897c761