サバはザクロの樹に登る 

DSC06401bg.jpg DSC06469bg.jpg DSC06396bg.jpg
                         
こんな夢を見た。どこかの畳の部屋で3人の男に問い詰められている。身の危険を感じる。何を要求しているのか分からないが、ジャンパー姿の3人の男は旧知のようにも思える。ふすまが倒れたのに乗じて逃げ出し、そっと覗いてみると鋭い目の男が私を探している。その横顔は自治会にいたT氏ではないか? またドタバタが生じたので「110番してくれ!」と誰かに叫ぼうとするがまるで声が出ない……。このところなぜか毎朝こんな風な夢ばかり見ている。

DSC06511bg.jpg
                          
雨上がりの火曜日、郵便局へ行こうとして路地を通ると、I宅のザクロの樹の下で3匹の猫が遊んでいる。ここに時々猫がいることは知っていたが、今日は賑やかだ。少し成長したサバ猫と顔にほくろがある三毛の子猫、そして親らしいごちゃ混ぜ三毛で、首輪がないから野良かもしれないが、毛並みはつやつやしている。写真を撮らせてくれるのは好奇心の強いサバだけで触るのは無理。サバは目がぱっちりして器量よしだが、妹(?)の三毛はちょっと落ちる引っ込み思案だ。何枚も撮ってるうちに受け狙いのサバがザクロの樹によじ登ってしまった。「どう、スゴいでしょ?」と言わんばかりに見下ろす表情がすこぶる愛らしい。と言うか、サバの目はいつもまん丸だ。

DSC06495bg.jpg
                          
無料購読できた富士ゼロックスの季刊広報誌『GRAPHICATION』が200号(通算389号)をもって紙の形態を終え、電子版に移行する。グラフィックコミュニケーションをもとにした誌名からも分かるように、記号やイメージ、メディア、コミュニケーションから工芸や民俗まで、横断的に扱ってまことにためになる雑誌だったが時の流れには勝てなかった。無名の写真家が同誌の口絵に取り上げられ、世に出ることも多かったのではないだろうか。
しかし、これからの同誌電子版を読めるのはiPadかAndroid OSのタブレット端末だけというのには困った。雑誌のページデザインの再現性にこだわっているので、パソコン(やスマホ)で読むのはお薦めしませんときた。体裁が崩れるということだろう。残念だが当分あきらめるしかない(タブレットのコンテンツをパソコンで読むエミュレーターソフトもないわけではないが……)。とはいえ、単なるWebへの移行ではないところが『GRAPHICATION』らしい。

DSC06482bg.jpg
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

猫…

窓の格子にいる白猫はしっぽをもふもふしたいし、露地に踞る黒猫?には御挨拶をしたい…
木登りするサバにゃんは、頬擦りしたくなりますね(笑)

実は、今いるところは、谷中銀座まで徒歩圏内
にゃんこウォッチングには絶好の地です
なのに、外出できない我が身が口惜しい(/_;)

Re: 猫…

おおっ、早速どーも。

谷中銀座近くにいるのに外出できないとは、残念無念。
私がかわりに頬ずり……させてくれないんだなこれが。
今日も見にいきましたら、バラバラにおりました。何だかもう1匹いるような感じでしたが、ホントのところはどうなのか、観察&撮影を続けたいと思います。ご期待下さい。

情報へのアクセスのむずかしさ

久しぶり?で猫の登場です。いつものペースに戻りつつあることはなにより。この調子で猫世界をウオッチングして下さい。


情報へのアクセスがどんどん複雑になって、気を抜くとデジタルデバイドの深淵で彷徨いかねない。日々デジタルリテラシーを強化しなければならない。それだけでもストレスフルな最近です。

先日紹介のあった岸井への攻撃CMの記事、検索可能であればお知らせください。
”タブレットのコンテンツをパソコンで読むエミュレーターソフト” この下りなんぞも、PCで調べないとちんぷんかんぷんになりそうです。




Re: 情報へのアクセスのむずかしさ

一部、たかしくんを快適に悩ませるために書いている部分があります。ご了承下さい。なーーんてね。

岸井氏を名指しの意見広告。ここからダウンロードできるようです。
http://housouhou.wix.com/tvwatch
        

アベのマスコミ支配戦略

 ありがとうございます。さっそく読んでみました。 
「放送法順守を求める視聴者の会」という「会」の狙いはあきらかですね。そもそも「放送法」は、報道機関が戦争政策に翼賛していった歴史の反省に立って、「民主主義の発達に資する」ことを目的として作られたのであって、民主主義と立憲主義が蹂躙されているとき、その動きを批判するのは放送の責務であることを完全にネグレクトしています。そのことをこの団体は恥じるべきですね。恥知らずを絵にかいたような文書です。こうした文書を出せば出すほどぼろぼろ問題が出ます。

Re: アベのマスコミ支配戦略

>恥知らずを絵にかいたような文書です。こうした文書を出せば出すほどぼろぼろ問題が出ます。

局所を突っつくだけのなんともけったいな広告ですね。おっしゃる通り、放送法の理念を忘れてはいけません。渡部昇一の書斎からはこんな悪文しか生み出されないのかな。
しかし、これでいくと東京新聞も出資しているテレ東のワ-ルドビジネスサテライトがダントツで賛成派です。日経がスポンサーだからでしょうが、紙の日経はもう少しまともだったような……。

ケント・ギルバートは確かNEWS23に出て、アメリカは最も戦争の嫌いな国なんですよなんて発言してましたがね。

教えて下さい

この記事の一番下の画像ですが、何という花でしょう。ご存じの方教えて!

放送法は国家権力から放送の自由を守るためのもの

ダイナー氏から紹介された「放送法順守を求める…会」の文書を読むと、「放送法4条」を守れとある。過日「クローズアップ現代」の放送内容について、放送倫理・番組向上機構(BPO)が、NHKを厳重注意した総務省と事情聴取した自民党を「圧力そのもの」などと厳しく批判したことはご存知のとおり。


 繰り返しますが、放送法は、国家が放送に干渉した戦前の反省に立って、放送の自由をうたったものです。4条を盾にした放送内容への介入は、天地を逆さまにしたものです。放送法を番組内容の規制に利用することは許されないのです。

それを同じ読売、産経がやるというのですから、これはマスコミの自殺行為ですね。こういうのは絶対に過小評価してはならない。まさにファシズムそのものなのですからね。

Re: 放送法は国家権力から放送の自由を守るためのもの

同じようなことがあればまたやると言っているそうです。一派の面子もおかしいし、法律違反を追及するにしてももう少しまともな文章が書けないものでしょうかね。

善場貴子も休みに入ったし、これで岸井氏がいなくなったらNEWS23は見る価値ないな。

サバは海で泳げ!

サバが木登りしている?はて何の事かと思いきや野良猫?の事でしたか。最近海の温度が高くて魚群が以前のように自然回遊出来なくなり、さっぱり取れなくなったそうです。震災被害の三陸各地の漁港は大変な不況だと連日ニュースになっている。それに憎たらしいのは公海で大型漁船が根こそぎかっさらっている隣の某国ですね。その影響もかなり大きいそうで来年はサンマも高級魚に格上げされ庶民には届かなくなるとか。「サバくん」樹に登るヒマがあったら大海を回遊してくれ!

Re: サバは海で泳げ!

中台の船団がごっそり捕っているようです。
震災の後にサンマ不況では救われませんね。
北砂のサバはのんきでいいな。

残雪のペンギン歩き

雪が降った後は、除雪もたいへんだけど、歩道の除雪がほとんどないので、どこでもぐじゃぐじゃ。ひょっとすべるから歩くときはペンギン歩き。あしが左右に滑るからからだを左右にゆらして歩く。疲れる。

ところで、奇妙な葉っぱと花の名前はだれかわかりましたか?
いろいろしらべたけど、やっぱりわからない。

PCの電話相談をすることがあるけど、困るのは相談員自身がよく分かっていないこと。とくにワードの使い方などがわからない。オフィスのバージョンアップを勧めているけど、不具合がでないかと気が気でない。メーカーはどんど電話サポートから引き揚げているようだけど。小生のように現在周囲に相談する人間がいない者は、パソコントラブルどうしているんだろう? ほんとうにたいへん。

Re: 残雪のペンギン歩き

だいぶ降りましたね、札幌。ササラ電車の映像は楽しいけど……。

植物の写真はオドリコソウのロゼットではないかと思っているんですが、花の色がチト青すぎるかな?

Wordなどはちょっと検索するとイヤというほど使い方やらトラブル解決やらが出て来ます。ま、そういうところがメジャーソフトのメリットでしょうか。私もメルマガの仕事をするようになってWordを使い出したんですが、洗練された使い勝手は他のソフトウェアのかなわないところですね。使い方はほとんどネットで探してます。こんなところ(一例)に時々お世話になってます。↓
http://news.mynavi.jp/series/word/005/

GRAPHICATION

書いたと思ったら書いていなかった。

以前のことですが、同誌に緑の中で遊ぶ子供の写真が載り、「横浜何区」とあったので、どこでしょうと電話したら写真家に聞いてくれて返事があり、「カタビラ川」ですと言う。どんな字ですかときいたのに「さあ……」と気のない返事。疑問に思わないものでしょうかね。

帷子川

その電話の相手は、はじめから漢字(川の名前そのもの)に興味がなかったのでしょう
写真家から「カタビラ川」と告げられ、機械的に復唱しただけのようですね
漢字があるとは思ってもみなかった…苦笑
ま、仮に漢字を見ても、口頭では説明できなさそうですし、漢字を示されてもルビがなければ「カタビラ川」とは読めないし、調べる気もなさそうと想像
同僚にはいてほしくないタイプですし、我が子であれば小言を言ってしまうかも(苦笑)

ペンギン歩き…

記事とは無関係の話題で、連投失礼します

「ペンギン歩き」と聞いて、卒論指導教授(畏れ多くて「恩師」とは呼べない)を思い出しました
旧新潟3区出身で、23区では珍しい積雪量の時は、「こんな雪ではまだまだ…」と、実に嬉しそうでしたね(笑)
「雪道は、小股の内股でチョコチョコ歩くんだよ」とレクチャーし、滑って転倒した話を私がすると、「これくらいの雪で…」と、勝ち誇った顔をされたものです
普段はあまり感情を表に出さない方でしたから、珍しくもあり微笑ましく感じたものでした

Re: 帷子川

山姥さんに小言を言っていただくしかなさそうですな。
読み応え、見応えのある雑誌だけに非常にがっかりした記憶があります。

前に岩波のこと(『死都ブリュージュ』)を書きましたが、どこも出している本と電話に出る人間とのギャップは避けられない。女性が化粧を落とすようなものでしょうか(ちがうな)。

Re: ペンギン歩き…

たかしくんもヨチヨチ歩きで元教え子に「かわいい」と言われているのでは?

いじられてましたなあ

よちよち歩きはかわいい?

よちよち歩きしないととんでもないことになる。
よくいじられていましたなあ。基本的には受容的。ただし策がある。


「押しつけ憲法論を卒論のテーマにしたいんだけど」と言ってきたやつがいた。現憲法は押しつけられたのだから改憲すべきだという。じゃ立証してごらん。ただし制定過程を歴史的に検証すること。さてそもそも憲法制定時の日本側の委員会の草案から検討をはじめて、遡って帝国憲法制定、そして自由民権までたどりついたとき、彼は猛然と「反押しつけられ派」に転向(笑)した。帝国憲法こそ権力が国民に押しつけたものだというのが結論となった。もっとも当時の国際情勢やサンフランシスコ条約、日米安保までは行かなかったけど。今考えるとちょっぴり残念。彼はこの卒論を引っ提げて某TV放送局の関連会社に見事一発就職した。

こんなことを回想するようになったら老いた証拠ですかね。


 

Re: いじられてましたなあ

> よちよち歩きはかわいい?

ついでに両手をバタバタするとより効果的。

押しつけ憲法派を転向させたとはめでたしめでたし。
五日市憲法も教えてやればよかった。

TBSに「広告」へ断固反撃の声を

危険の極致

 「安全保障法案」(戦争法)への批判は絶対許さないという右翼の民間人が読売、産経に出した広告については、このブログでもダイナー氏が真っ先に取り上げていますが、攻撃に絶対屈することなく、岸井氏を断固守るよう声を上げましょう。一人ひとりの声が民主主義を守ります。
要望先はTBSの下記サイトへ
https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/contact/3182/enquete.do
万一でもこの一角が崩れると、日本のマスコミは極めて危険な段階に入ります。
 T
この情報を知人に拡散して下さい。

Re: TBSに「広告」へ断固反撃の声を

おおっ、早速TBSへ強い要望を出しておきました。

読売、産経は恥を知れ

マスメデア同士で政府のお先棒を担いで憲法違反、放送法違反をしている。自分のところで政府報道をするのは勝手だが、いやそれこそ放送法の精神を逸脱をしているのだが。みなさん。どうかTBSへ激励のメールを読売、産経には抗議を、ダイナー氏のブログでアジるのはヤドカリみたいだな。ダイナー氏失礼。

最近朝日を見ると、政府批判を避けるために「両論併記」病がはやっている。自分の主張は隠して、両論併記して、読者はどちらを選びますか、というもっとも卑怯かつジャーナリズムの責任を放棄した態度。朝日には妙な右翼が登場するようになった。

こうしてみると、なんだか「戦前」を体験しているような気がするのだが。

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/359-38eef8bb