牧神の午後の12月 

来た来た来た来た、キタキツネ物語! 何のことかというと我々山羊座の誕生月の到来だ。天皇陛下も佳子様もキリストも山羊座だね、お立合い。星座の山羊はもともと牧神パーンだったが、神々の宴席で牧笛を吹いていたとき怪物ティフォンが現れたので、彼は動物に姿を変えて川に飛び込んだ……つもりだったが、急なことだったので上半身が山羊で下半身が魚のヘンな姿になってしまったという。この二重性が山羊座の人の生に深く働いていると私は思っている。

DSC06637bg.jpg DSC06655bg.jpg
                          
さて、火曜日は胃・食道の内視鏡検査だ。前日21時以降の食事は禁止で、夕食はご飯(いつもは麺類)を多めに食べたらやはり少々胸焼けがした。当日は11時半の予約なので、その間スポーツドリンクで空腹感を凌ぐつもりだったが、それほどのことはなかった。
検査は団地の新しい内科・小児科クリニックで、内科の先生は内視鏡が専門だという。まず、2種類のゼリーで喉の麻酔をし、仕上げにスプレー式の麻酔薬を掛ける。用意周到と言えるが私は後鼻漏で鼻が喉に下がり、顔を上向きにしているのが苦手だ。10分程度の時間がもどかしい。麻酔により脈が90程度からさらに速くなり心配したが、検査中に治まった。経鼻での検査もできると聞いたが、鼻からの方が怖いので口からやってもらう。どちらも同じ細いカメラを入れる。麻酔の時の上向き姿勢に比べると、カメラが入った後の検査は大したことはない。生検のため1カ所組織を取られた。
ここの内視鏡はオリンパスではなく富士フイルム製だ。台座にFUJINONとある。軟性内視鏡のシェア7割を占めるオリンパスも不祥事で揺れたが、富士・ペンタックスに対し操作性では大きな優位性があるという。
結果は小さな炎症がある程度で潰瘍やポリープはなかった。たかしくん先生の診断ではストレスだろうとのこと。以前「ストレスはありません」などと断言したが、実は大きなストレス源があってまだ解消していなかった。自覚しないストレスが怖い。先生に頼んでネキシウムを出してもらう。

DSC06638bg.jpg
                         
3時、生命保険会社のC子と相棒来る。この歳では先行き不透明でもあり何だか乗り気がしなかったが、C子の提案で意外とすんなり負担なく85歳から10年間の年金が組めた。その先はまた考えることにしよう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

出た出た出たぁ~山羊座愛(笑)!!

「山羊」と聞くと、♪しかたがないので おてがみかいた………と「やぎさんゆうびん」のメロディが脳内を廻る婆であります
ついでに「牧神」と聞けば反射的にドビュッシーが浮かび、即座に後退り(ーー;)


あえて意識下に押さえ込む(意識しない!?)ストレスは、どこまでも尾をひきそうで却って厄介かもしれませんね
己れを取り巻く環境や相手の態度の変化に期待ができないなら、こちらが考え方を変えるしかないのかしら
落とし処が難しいですね

85歳から10年間の年金………ストレスを踏み台に、お元気で長生きしてくださいませ(笑)!!

あ、まあ、その~

百の心配は一回の検査に勝る

何と言いますか。いろいろ心配した上、ストレスのカミングアウトまでするというのは、なんとも可愛いといいますか、なんですな。ともかく消化器の一部に関しては心配無用という結果を得たなら、今日くらいは乾杯!といきたいところですな。さらにさらに85才までの年金をかけたとそうな。え?85才まで生き延びるつもりでございますかいな。びっくりポンでどすなあ。あまり長生きして、世の人々に毒素を流しませんように。まあ、平均余命程度が一番ほどよいかと思うんですが。

ネキシウム派とパリエット派が医師の中にいる。ダイナー氏のかかりつけ医はネキシウム派というわけどすなあ。ま、せめて、プロト・ポンプでインハビットされますように。

Re: 出た出た出たぁ~山羊座愛(笑)!!

> 「山羊」と聞くと、♪しかたがないので おてがみかいた………と「やぎさんゆうびん」のメロディが脳内を廻る婆であります

山姥さんはいつもそのことばかり……。動物の山羊とは同じじゃないということを縷々説明しているのにね。

> あえて意識下に押さえ込む(意識しない!?)ストレスは、どこまでも尾をひきそうで却って厄介かもしれませんね

ストレスは腸に来るタイプだったんですが、上ってきてしまいました。もっとも、ここへ引っ越した直後にも激しい胸焼けに悩まされたものです。その時も上の男(別人)がうるさかったと記憶します。

Re: あ、まあ、その~

心配無用と手放しでは喜べません。生検の結果が5日に出るまでは、ね。
年末年始はハメ外しはできませんな。

85から94まで……真剣なマネープランに冷やかしが多いね。ちきしょ。今や人生100年。長生きしてお金がないなんて惨めですから。C子は99歳までの設計書をもってきていましたが、さすがにそこまでは……。

プロト・ポンプでインハビット……これはどういう意味でしょう?

しィこぉーーーーーーーッ

だめだ、C子の名を見たとたん、書きたくなってもた。

C子目指して八十五。C子に上げよう、半分は。C子しっかり組み敷いて、のるんだ、吸うんだ、骨までも。うめかし、わめかし、のけぞらし、入れ歯で噛みあとつくるんだ。
 八十五になりゃ怖くない。チュパチュパしてやる八十五。俺の生涯注ぎ込み、まだまだ濃いやつ注ぎ込み、あの世でbabyつくったる。
 C子とふたり、ちゅっぱ85。なあんちちちぃ。

ダイナー氏、元気でなにより、ブログも発展してるし、OKですぞ。よいお年を。

ちゃんと名乗らずすみません

な、C子、いいじゃないか‥八十五なんて、わしゃ待てんわ、な、C子、ほれ、ちと、手を添えてみれ‥な、な、わしを生かすと思って、な、ほれ、そこじゃよ、金よ、そう、きん。そう、そこよぉ。ねんきんよぉ。な、年金、あげるけん、入るけん、わしの金もな、たた、たのまあ。おおーーーーっ、しっこぉーーー、まちがえ、しィこぉーーーーー!

今度こそ、よいお年を。今年はお騒がせしてすいませんでした。

  • [2015/12/24 11:15]
  • URL |
  • 元通りがかり人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: こらーーっ!

> 今度こそ、よいお年を。今年はお騒がせしてすいませんでした。

名乗ろうが名乗るまいが貴様の正体はとっくにお見通しだ。
なんだ、朝っぱらから公序良俗を乱すがごとき書き込みしおって……。
C子が読んだら逆クーリングオフ掛けられますぞ。それでなくても私は、あの生命会社からは要注意人物に指定されているんですからね。それもこれもみんな通りがかり人さんのせいですよ(違うか)。

ま、貴殿のご提案はしっかり受け止めておきます。ありがとうございました。来年もよろしく。
そろそろ表通りに出て来ては?

ネキシウム

内視鏡の味はいかがでしたかな。思ったほど不味くはなかったんではないかな。それにしても団地内に内視鏡が専門の内科があるなんて近くていいな。
小児科や産婦人科はダイナー氏には縁がないだろうし、外科が必要になる位だと一般的な個人医院では救急車を呼んでくれるから、我々には一次対応として内科が近くにあれば安心だ。
細胞検査に回したそうだがちょっと気になるね。ボクもそうやって“歴史”が始まったからね。
「ネキシウム」何日分処方してくれたのかな?僕の場合服用を始めてから1年すぎたかな。現在も飲んでるがひとつ疑問があって個人医院の主治医に聞いてもどうもすっきりしない件がある。ボクの場合、胃は3分の1しかないから退院時の指導によると、胃酸の分泌量が少なくなっているから消化しにくく、腸に負担がかかるといわれた。
無くなった胃の容量分の代わりに口の中で十分租借してやらないと、残った小さな胃だけでは正常者と同じようにはいかないから要注意とか。

話がずれたが「ネキシウム」は胃酸の分泌を強く抑えて、胃や十二指腸の潰瘍や食道の炎症などを改善するという。
はてさて、ボクの場合、術後の胃は消化を促進する胃酸の量が少ないのに「ネキシウム」は胃酸の量を強く抑えるというのだから、残った小さな胃袋は困るだろうな。
来年春になって1年たったら検診があるので手術した外科医に聞いてみようと思う。
念のためだがこの薬はハーブ系ものが含有している食品はとらない事といわれたが・・・。

Re: ネキシウム

私は甘口のオリンパスの方が口に合ったかも知れませんね。

> 細胞検査に回したそうだがちょっと気になるね。ボクもそうやって“歴史”が始まったからね。
> 「ネキシウム」何日分処方してくれたのかな?

そうなんです。その1カ所が気になります。ミルナくんの場合ははっきり分かるような何かあったんでしょうか。私のは素人にはよく分からないようなところを取ってましたね。ネキシウムは2週間分です。なお、ネキシウムで胸焼けは防げますが午前中の胸のかすかな違和感はなくなりませんね。セイヨウオトギリソウ含有の医薬品・健康食品は効き目を弱めるから要注意とありました。

胃の3分の2がなくなった人はどうなるのか。胸焼けなど症状があるなら飲んだ方がいいのではないでしょうか。

イョッ、待ってました!!

C子さんが登場すれば、「元・通りがかり人」様の出現を期待するのが、長年!?の読者の心情と申すもの(笑)
御変わりない御様子に、安心して新しい年を迎えられます(笑)

さて、谷崎没後50年の締め括りにあわせて、年末の読書用に『瘋癲老人日記』を探しましょうかね(笑)

ネキシウム追記

内視鏡にもメーカーによって味があるんですね。メガネを外しているので見えないのに医師はモニター画面を見ろ!見ろ!という。
胃の中なんてそうそう親しく見るわけじゃないから、あ~だ、こ~だと説明されても分かるはずはないよ。

昨年の6月頃に見たとき医師は幽かに変化を感じたようで、少し様子を見て今年の月2月検査、細胞採取の結果初期のガンと判明。組織をとって一週間ほどのち電話があり、配偶者と2人で来るように言われたとき、すぐ、ピンときた。
良くて潰瘍、さもなければガンの宣告だなと思った。
素人が分かる様だとかなり進行しているわけで、ボクの眼には見えないからガンといわれてもさほど驚きはしなかった。
3月下旬に内科で内視鏡による手術をした。総合病院の医師はさすがに経験豊かだ。設備の良さもあってかもう一カ所見つけ、更に腸間膜腫瘍も見つけてくれたのだ。

カメラを入れて削り取る程度の手術だったが一カ所は規格外で外科の仕事になると言われたときはショックだった。
4月下旬の手術は、当初は3分の1切り取る話しだったが念のため3分の2を取ることにしたという。
胃の外側の周りにはリンパ節が一番多くあり、ガンが進行すると外側の胃壁は薄いのですぐリンパ節に転位するそうだ。それが理由だった。
脅かすわけじゃないが食道、喉頭、咽頭にも異常があると胸焼けは起こるそうだからその辺の所も、たかしくん流に執拗に聞く事がいかに自分のために良いのか教えて貰ったと思っている。

Re: イョッ、待ってました!!

> C子さんが登場すれば、「元・通りがかり人」様の出現を期待するのが、長年!?の読者の心情と申すもの(笑)
> 御変わりない御様子に、安心して新しい年を迎えられます(笑)

そうですか、通りがかり人さんにはC子の話題が一番ですか。心得ておきましょう。

Re: ネキシウム追記

> 胃の中なんてそうそう親しく見るわけじゃないから、あ~だ、こ~だと説明されても分かるはずはないよ。

私はリアルタイムの画面は見てませんし、見たくもありません。書いたのは後で説明を受けたときの話です。しかし、組織を取ったのは念のためということもあるでしょうが、年を越すにしてもいささか気がかりですね。好材料としては八方塞がりの年が明けることぐらいですか。

> 脅かすわけじゃないが食道、喉頭、咽頭にも異常があると胸焼けは起こるそうだからその辺の所も、たかしくん流に執拗に聞く事がいかに自分のために良いのか教えて貰ったと思っている。

たかしくん、ミルナくんと病の先輩がいて心強いというか不安が増す部分もあります。
そろそろ年賀状つくらなくっちゃ。

不安にはいい不安と悪い不安があります

>たかしくん、ミルナくんと病の先輩がいて心強いというか不安が増す部分もあります

そうですね。ただ不安にはいい不安と悪い不安があると思います。根拠なく「自分は大丈夫」と思い込むことは、実は体が一生懸命に信号を出してくれているのに、「ちょと具合がわるいだけだろう」と勝手にゴマ化して「安心」を作り出していることになる。この方がずっと問題。
ミルナくんが度々「早期発見」「早期治療」を体験上言っていることを正面から受け止めることです。不安をもつことで受診にふみ切れるし、結果的に健康体とわかったら安心する。この場合は、不安は健康を保つために必要な不安です。


プロトポンプという胃酸を作り出す胃壁の部分の作用を阻害(inhibit=阻害)するのがPPIの作用です。inhibitorとは阻害する薬剤という意味です。

ところで、ミルナくんのPPIの長期連用の副作用の件。同感です。胃酸の分泌を少なくすることで、別の問題が生まれるのでは…という。その疑問を以前消化器の医師にぶっつけたことがありますがが、「医学的にはきちんと管理していれば問題ないというデータがあるとの説明。でもねえ、そのデータがほんまに正しいのかどうか、近頃の医師と医薬品会社との癒着をみれば、疑問がないでもない。しかし、この不安にきちんと答えてくれる医師かどうかを確かめることも必要かも知れませんね。


自分の身体に起こっている変化を自分の目で確かめることは、当然のことではないですか?見たくないのではなく、見なくてはならないと考えます。いや、別に押しつけているわけではなく、「見ない」のは一種の「反科学主義」に通じるのではと…。ははは…ね、たかしく流の理屈っぽさですかね。これは<慰安婦>の真実から目を背けて歴史を金で偽造しようとしているアベの反知性主義と共通点がある。いや…少し飛躍しすぎましたかな。ここらで失礼を……。











Re: 不安にはいい不安と悪い不安があります

某所で酒を飲みながら話をしていたら、寒くてすっかり冷え切ってしまいました。頭が痛くなり寒気がして鼻水と痰が出て、まさに風邪の初期症状。年賀状もつくらなければならないのに、こりゃいけません。早々に寝ることにします。

> 自分の身体に起こっている変化を自分の目で確かめることは、当然のことではないですか?見たくないのではなく、見なくてはならないと考えます。いや、別に押しつけているわけではなく、「見ない」のは一種の「反科学主義」に通じるのではと…。ははは…ね、たかしく流の理屈っぽさですかね。これは<慰安婦>の真実から目を背けて歴史を金で偽造しようとしているアベの反知性主義と共通点がある。いや…少し飛躍しすぎましたかな。ここらで失礼を……。

おっしゃることはどれも正論です。正論過ぎてグーの音も出ません。
「科学主義」に対する違和感はまたの機会に……。

それにしても、山姥さんどうしたのかな?

マイナス8度

昨日から今日にかけて久しぶりのマイナス10度に接近(実際はマイナス8度)。外を歩くと身が切るように風が痛い。マイナス5~6度を超えると雪がツルツルしなくなる。雪上で滑るのは、氷が滑るのではなく、氷上の水の分子が滑るのです。道北のマイナス17,8度の世界に行くと、道路はほとんど滑らなくなる。スカスカとしてコークスのような穴があく。つるっとこない。

風邪を召さぬように。寒い場所に長く居ないことです。お大事に。

Re: マイナス8度

北海道、たいへんな寒波ですね。野辺地も2日続けて雪だと言ってました。
こんな時にトンネル事故で列車が止まり、高速も渋滞続きだとか。
新幹線が通るのはいいけど、JR北海道のガバナンスには不安がつきまといます。北海道で何かあると八戸を通る列車が止まってしまいますからね。

老いのかたち

老いは必ずやって来る。というかボク達は必ず向かっているのか、向かわされているのか。どんなに嫌でもだ。今年1年のボク自身を振り返ってみた時、突然アナタは癌です。そして医師からは「俺だって神様じゃないからネ。運否天賦は自然には逆らえないのだ」後は「患者さんの決意しだいだよ」と妻と2人で聞かされた。
ボクは即断した。直ぐ解体・修理をしてくれ、と。「俺だって神様じゃない」の一言に直感的にまかせて安心だと思ったからだ。わかりやすく説明してくれたので、胃がん、腸間膜悪性腫瘍といわれたのに、帰り際2人でなぜか知らないがホッツとした。病気に対する悲壮感、不安感はあまり感じなかった。何故かはわからないが・・・。しかし後日独りになってみたとき、やっぱりあれこれ考えて万一に備える準備を始めた。
某生命保険会社の証書を見て愕然とした。「終身保険」だからと思って保障金額をみたら65歳だったか過ぎたら補償額はなんと3分の1しか出ない契約になっていたのだ。若いころに加入して以来、ろくに内容を見てなかったのでこれには衝撃だった。気がついたときには新たに生命保険に加入できない年齢になっていたのだ。
ダイナー氏がC子にいい寄られてターゲットになったのは正解だ。彼女が真にダイナー氏を心配してのことか、自分の生活をかけた誘惑かはわからないけどネ。でもボクにはわからないのが「85歳から10年間の年金が組めた」そうだがそんなものもあるのか?それまでの期間は保障されているものがあるという事か。
それにしても95歳以降は何とかなるだろうなんてたいしたものだ。そんなに長生きしたら、「浦島太郎」になってしまうと思うが、「まほろば」の安寧をアベシンゾウが破壊し始めて実質的に国民皆兵となった。アメリカ版CIAをつくるため、内務省を復活し特高を復活させようと露骨に言い出した。100歳になっても銃を持つかも知れないよ。
85歳からの年金保障本当に大丈夫なのか?小さな親切大きなお世話かも知れないが・・・。
たかしくんも言ってるように『あまり長生きして、世の人々に毒素を流しませんように。まあ、平均余命程度が一番よいかと思うんですが』・・・とはボクも賛同するわけであります。

Re: 老いのかたち

> 某生命保険会社の証書を見て愕然とした。「終身保険」だからと思って保障金額をみたら65歳だったか過ぎたら補償額はなんと3分の1しか出ない契約になっていたのだ。若いころに加入して以来、ろくに内容を見てなかったのでこれには衝撃だった。気がついたときには新たに生命保険に加入できない年齢になっていたのだ。

ええええっ! 本当ですか?
今年の入院手術には給付金が出たんでしょう?

保険のことは詳しくないんですが、こういうもの↓もあります。
http://100sai-kyosai.jp/ 生命保険ではないけど100歳まで加入できます。

私も生検の結果ではどうなるか分からない身の上ですが、何かの時、果たしてミルナくん夫妻のように達観できるかどうか。C子さん(急にさん付け)とは持ちつ持たれつ(通りがかり人さんの好きな差しつ差されつではない)の関係で、医療保険は別の会社で入ってます。
しかし「世の人々に毒素を流し」とはいささか失敬ではないかな。長生きして世のため人のためにできることも多いんでは。ま、先行きは分からない。鉄砲を持てと言われるかも知れない。高齢者から先に兵役に就けるというジョークも生まれています。

どうせいつかは死ぬんだから、平和を残そう

>平均余命くらいがちょうどいい
 ミルナくん 賛同していただいてありがとう。ところで72才の平均余命を調べたら85才と出ていた。ということは、それからさらに二ケタも生きようとしていることになるわけです。まあ、どうぞ長生きを、そしてもらえるわずかの保険金を調べて下さい。小さな文字でかかれた約款を何日もかけて。保険は長生きすればするほど冷たいから。

>100才になっても銃をとるつもり?
なのかもしれませんね。せめて100才まで「反戦」の先頭に立ってください。

「わが亡き後は洪水来たれ」これはマルクスの資本論のなかでのコトバ。3,11の原発資本家の動きとその手先政党の動きをみると、まさにこのセリフそのままですね。
 ところで昔はホスピスの話しを聞くだけで苦しんだのに、去年生死と向き合ってから、どうせいつかは死ぬんだから、と開き直れるようになったら、ずいぶん楽になった。それだから死ぬまで平和を守るために反知性主義と戦うことに決めた。そうしたら自分の生き方(死に方)が定まってきたような気がする。わが亡き後に平和をつくる!!

アベシンゾーの韓国への対応には頭に来る。アメリカの指示で心にもない「お詫び」を直接ではなく「電話で」話をしたという。こんなことで後に引く韓国ーこっちもアメリカの「指示」で動いているーもおかしい。これほど慰安婦問題そして歴史そのものをバカにした話があるか!わずか10億円で歴史に蓋をするどころか歴史を偽造しようとしているアベシンゾー。
 昨日から怒り心頭です。

Re: どうせいつかは死ぬんだから、平和を残そう

私の掛けたのは年金で保険じゃありません。金額は決まってます。
生きようとして生きられるものなら世話はありませんし、その逆もまた……。

> 「わが亡き後は洪水来たれ」これはマルクスの資本論のなかでのコトバ。3,11の原発資本家の動きとその手先政党の動きをみると、まさにこのセリフそのままですね。

元々はルイ十五世の愛人マダム・ポンパドゥールの言葉らしいね。
地球温暖化などまさにこれですな。

> アベシンゾーの韓国への対応には頭に来る。
>  昨日から怒り心頭です。

お詫びはするが責任は絶対認めないということでしょう。
安倍がただで妥協するはずはないから。

しこ・しこ・しこ

C子と聞いてかきたくなって(どこをかくのかな?)出てきたら、なにやら急に年末がにぎやかになって結構、結構!
うっかり通り過ぎてしまったから引き換えしたので「元通りがかり人」とは殊勝な気持。これまた上々、上々。やっぱり出るものが出ないとさびしいもんね。あれから人妻も元人妻もすっかり元気なくして萎んじゃってたよ。

「いやっ!八十五まで待ってよ」。
『わしゃ待てんわ、な、C子、ほれ、ちと、手を添えてみれ・・・  な・・・』・・・元通りがかり人さんどうしたの? 歳老いて腰にガタきて立てなくなったの?ションベンに行くので手を添えてくれってが!それじゃ八十五まで待てんわナ。南無、南無、南無
                  帰って来た友垣にご挨拶・・・

・屁をたれて除夜の鐘聴く年わかれ
・耐え切れず放屁して聴く除夜の鐘
・放屁して戸をあけて聞く除夜の鐘
・屁の音にかなわぬまでも除夜の鐘
・人妻もたまに屁をする年の暮れ
・屁を漏らし顔赤くするひとの妻炬燵のなかで手を仰ぎ
・屁をこいて君と僕とは臭い仲炬燵の中は瓦斯ボンベ
・人妻をともに愛したかの君の便りを今も待ち焦がれる日
・はや三月便り途絶えしかの君のあと追いかける人妻の影
・人妻も元人妻もかにかくに君を探してはや年の暮れ

Re: しこ・しこ・しこ

うーーん、厳鷲山なのか元通りがかり人さんなのか……。
お面を取ってください!……ああっ、き、き、き、貴様はーーーーっ!
んで、誰だっけ??┓( ̄∇ ̄;)┏

・屁の歌の屁にも掛からぬ師走かな
・歳の屁の街屁出て行く夕まぐれ
・自治会の屁の用心が回りゆく
・ガスボンベ一触即発恋の火の
・来年は是々屁々でやる安倍政権

流れに棹さして…

お誕生日おめでとうございます

85歳から95歳を目指して、健康を維持しつつ生き抜くことができますよう、お祈りいたします(笑)

誕生日(らしい?)おめでとうございます

95才に挑戦しているダイナー氏に、誕生日(らしい)おめでとうと心からお祝いを申し上げます。

おくれて、小生はまずは80才を目指していきます。今後ともよろしく。
あ、早くお相手がみつかりますよう心から念じています。

占星術の権威であるダイナー氏へ。ところで占星術では、厄年とはいつからいつまででしょう。ちなみにたかしくんはどうなるのでしょうか?うお座ですが…。

老いのかたち その2

まずは誕生日おめでとう。ここまで生きられたことに感謝だよね。今日から新たな目標が何と「85から10年以上年金を貰うため生き続ける」。ま、損しなけりゃ良いんじゃない?
ボクもここまで生きてきたことに自分に感謝している。

生命保険は実に恐ろしい(火災保険も同じだが)。見えない字で書いてる約款、読んでもさっぱりわからない約款をさも知ったかぶりで、いいとこどりだけの説明で口説かれると“男ってバカね”すぐなよなよとなりドボン!アリ地獄に落ちるのだ。
生命保険は死ななきゃ出ない。最近はいろんなメニューが入っていて掛け金を高くしているのが一般的なんだ。ボクの場合はがん保険で生命保険からは給付金は出ないのさ。癌保険に加入していたので給付金は出たけど、これだって1回限りでおしまい。1日なんぼの入院費は契約中はそのつど出るけど微々たる額だ。そんなことも証書をみて初めて知った。情けないけどね。

生命保険には入れない年齢だしそのほかも70歳で加入できない保険は多いんじゃないかな、C子さんが退職したらどうなるのかね。政治家の本音だってそうだろう、天下を取るとコロッと変わるからね。「釣った魚にエサをやるバカはいない」ってわけだ。ボクもくどかれて入ったけど、その女仕事やめた後、話がさっぱり見えなくて苦労したからよくわかるわけ。
C子(さん)とはベタベタ、もちもちの関係を切らさないようにしないと・・・
毒素流し、気にするな(気にしていないだろうけど・・)

論語にもあるが、「七十にして矩をこえず」だ。

                       誕生日のお祝いに送る・・・

・気にするなどうせこの世は毒だらけ君の毒など屁の如し
・晦日にも人は生まれる無常観新しき世に子をおくる母
・来る年も生きながらえよ大晦日除夜の鐘にも聴き耳ぞ起て
・ふる里の雪はここにも降り積もる終の庵の東京のそら
・誕生日よくぞ迎えた晦日かな
・十七の文字に四季あり大晦日

Re: 流れに棹さして…

あ、あ、ありがとうございます。
明け方寒くて目が覚め、暖まった後に二度寝したら思い切り寝坊しました。27日来の寒気が治らず、弱りました。芳しからぬ誕生日ですね。もっとも30日は山羊座にとって厄日とされてます。だからいいのだ。

若い頃は御用納めが済むと高熱を出して寝込むのが通例でした。今年の自分への誕生日プレゼントは冬物のズボンかな。

Re: 誕生日(らしい?)おめでとうございます

> 占星術の権威であるダイナー氏へ。ところで占星術では、厄年とはいつからいつまででしょう。ちなみにたかしくんはどうなるのでしょうか?うお座ですが…。

来年は魚座の人の恋愛運が抜群です。したがって芸能人など魚座の人の結婚が続くのではないでしょうか。厄年という概念はないようですが、金銭運でも恋愛運でも足して2・5・8になる歳が悪く、7になる歳がよい。したがって70歳はよかったが71歳はよくないと言えます。山羊座の私は今年は71でよかったはずですが、体調がイマイチ。ま、たかしくんと連絡が取れたのが吉のしるしかな。

Re: 老いのかたち その2

> まずは誕生日おめでとう。ここまで生きられたことに感謝だよね。今日から新たな目標が何と「85から10年以上年金を貰うため生き続ける」。ま、損しなけりゃ良いんじゃない?

ありがとう。人生万事本末転倒。長生きするのがいちばんの親孝行だと思ってます。

がん保険でも入院給付や先進医療のオプションがいろいろありますが、元気な時期には関心が向きませんのでね。しかし、先日リンクを上げておいた入院保険は100歳まで加入できます。名前は怪しいけどぜひご検討ください。

>論語にもあるが、「七十にして矩をこえず」だ。

あらら、これからどんどん矩をこえようと思っていたところでした。当時の70と言えば今の90くらいに当たるんじゃないでしょうか。だからといってさすがに暴走はいけませんが……。

> ・十七の文字に四季あり大晦日

私は三十一文字の方ですが、最後の日曜日、東京歌壇で金賞をもらったのが自分としての花丸ですね。来年も投稿は続けます。

燃え上がる恋愛運を

>東京歌壇で金賞をもらったのが自分としての花丸

あ、それはよかったですね。誕生日の事前プレゼントでしたでしょう。

>来年は恋愛運は抜群。そうですか?それで何かいいことがあればねえ。あってほしい。いや、ないだろう。
 まあ、それはいいこととして。それより恋愛運をダイナー氏に分けて進ぜましょう。調整型のダイナー氏は、たまに盲目的かつ猪突猛進が必要でしょう。夢見る恋には情熱的でアグレッシイブなタイプの方が恋愛に向くと小生は思うのだけれど。燃え上がる恋情には調整弁は不都合なことがありますから。

懐かしき巌鷲山氏へ

すっ、好きよぉ、ダイナ、あなた東京歌壇の金賞ですってん、歌人だったなんて、驚いてよぉ。それに、あなた、今までと別の人に見えてよぉ、古希を過ぎたうるさい年金じいさんにしか見てなくて、ほんとにごめんなさい。
 今日は尿管検査なの、さ、冬物ズボン、脱いでん。シワになってはいけないわん。会社がきびしくて、私はお医者さんもやるのよん。
 c子ぉ、パンツが汚れてんだよぉ。
いいのん、歌人のパンツなら、いいのん。それっ、ズルルンルンのるん。ムクムク、むくむくニョッキリコン。あらん、ダイナったら、いやだん‥そんなにして、いやだん、これじゃ尿管検査と言うよりも、精管検査になってしまうワン、わんわんわん、でも、うれしいわん。なんだかわんちゃんに愛を告白なんて、どこかのタイトルみたい。c子、ダイナがこんなになってくれてうれしいん。イン、イン、インのインサートん。
 c子ぉ、なんだか、精管が、いや、性感が高まって、なんだかな、おっ、そ、そこは、ううむむむむむむ、君を思って、つい、古稀すぎてしもたぁ、一滴、漏れてしもたぁ。
 いいのん、うれしいのん、あの、あの、ねえ、ダイナ、私の歌壇にも投稿してん、ねえ、ダイナァ。いいでしょぉ。
 な、なんと、君の歌壇は花壇違いだろ。
 いやだん、はっきりいうの、いやだん。ウイットきかしてん。あんあん、私のお花、咲いてるワン。受粉するわん。さ、ダイナ、まいてん、まいてまいて、ぶちまけてちょうだいん。うふん、あふん、受精、まちがえ受粉してしまいそうだわん。ワンワン。授けて、あなた、授けてん、
 授けるぞ、c子ォ、キン授けるぞぉ。授金するぞぉ。金賞だからなああああああ。あなたん、今よぉ、受金するわよぉ、産婦人科よぉ、小児科よぉ。年金ただにしたげるん‥‥いくわーーーーーーーーーー、長崎ぃわわわわわわわわ。

ダイナー氏、おめでとうございます。歌壇、見るようにします。今度こそ最後にしときます。巌鷲山氏をよろしくお願いします。

  • [2015/12/31 01:01]
  • URL |
  • 元通りがかり人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 燃え上がる恋愛運を

>  まあ、それはいいこととして。それより恋愛運をダイナー氏に分けて進ぜましょう。調整型のダイナー氏は、たまに盲目的かつ猪突猛進が必要でしょう。夢見る恋には情熱的でアグレッシイブなタイプの方が恋愛に向くと小生は思うのだけれど。燃え上がる恋情には調整弁は不都合なことがありますから。

調整型と言うより草食型ですからね、私は……。むろんアグレッシブな女がいいんですが、そういう人はいませんな。たかしくんの強力な恋愛運をぜひ分けてもらいたいものです。

Re: こらーーーーーーっ!!

> ダイナー氏、おめでとうございます。歌壇、見るようにします。今度こそ最後にしときます。巌鷲山氏をよろしくお願いします。

ありがとうございます。何をひとりで興奮してるんですか。私はたとえ女の裸を見せられたとしてもビクともしませんな。修行を積んでますからね。保険の外交を装って近づくような女スパイには動じません。短冊に歌の一つも書いてあればどうだか分かりませんがね。
(なお、C子又はc子はフィクションで実在する人物ではありません。当ブログに登場する人物のイニシャルは、実在の人物に合致したとしても何ら現実の対応関係はないものであることを特記します)

別なオメデトウ

東京新聞見たヨ。さすがは亡きご母堂の血を引くだけあって素晴らしい歌だ。今年一年ネコを追いかけてきたかいがあったというものだね。
ボクはネコは苦手だから毎度の写真を見ても、また自分でも撮す気も無いから観察してないので、今回の歌を見せられ脱帽したよ。
今年最後の素晴らしいボーナスですな。

数日前、八幡宮に行ってきた。今年は大変な年だったけど今日まで生かされた事に感謝しつつ来年の神社札をいただいてきた。「何の欲もありません、どうか普通の健康だけで結構です」とそのことだけをお願いしてきた。
来年のボクの運勢は、欲得さえ求めなければ「強運の年」とあった。待つのではなく攻めることが大事だという。
お互い良い年になるよう祈ろう!

                         特選を祝して・・・・・

・小春日の日陰に残る雪の路地足跡辿れば黒猫の影
・十二支に載らぬ猫にもそれなりの運を与える年もありかな
・雪国の日和長閑に当たる窓まどろむ猫の夢を知りたき

Re: 別なオメデトウ

> 今年最後の素晴らしいボーナスですな。

これはどうも。早速見てくれましたか。サバに感謝したいが姿が見えない。昨年も1回金賞に入ったけれど、末端に掲載されるだけでも大変なんです。来年からはネットでの投稿に切り替えるつもりです。

> 来年のボクの運勢は、欲得さえ求めなければ「強運の年」とあった。待つのではなく攻めることが大事だという。
> お互い良い年になるよう祈ろう!

弱運でもいいから何とか世間に負けず食らいついていきましょう。
鯖猫の夢あたたかき大晦日

年末の賑わい

やあ、すごいですね。何?いやブログの賑わいのことです。コメ、コメ返?が40の大台ですな。今年最後の賑わい。まるでアメ横のような人込みで、かき分け、かき分けでようやく最後に到達することができました。ふッ!

 ところで「金賞」は東京新聞を見ていない小生としてはまだ読んでないのです。よろしかったらご紹介下さい。

 

Re: 年末の賑わい

アメ横か砂銀かという賑わいでありがたいことです。

>  ところで「金賞」は東京新聞を見ていない小生としてはまだ読んでないのです。よろしかったらご紹介下さい。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kadan/ で見られます。私も知りませんでした。

最後に頭にきたこと

シンゾーの品性のかけらもない態度

彼は、かってイスラエルに行ったとき、これ見よがしに第二次大戦の悲劇を象徴するホロコースト記念館を訪れて花束を捧げた。
他方、韓国に対しては戦争犯罪を認めないどころか、女性の犠牲者を象徴する少女像の撤去を裏から手をまわしている。

「子々孫々まで謝罪のさせるわけにはい」だと?とんでもない。かっての日本帝国主義の植民地化の歴史とその結果としての多大の犠牲者の歴史は永遠に消えないのだ。その責任を「子々孫々…」と言いながら、実は自分の責任逃れの言い訳にしている。
 謝罪するかどうかは、次の世代が決めることだ。災いを後世に残したくないというなら、まず原発を即時に廃炉にせよ。
 最低に歴史認識すら有しない史上最低の首相、低学力、無知蒙昧。

こんな男は、一刻も早く政治の座から引き下ろさなければ…。

というわけで今年は暮れようとしています。

今年はお騒がせしました

 パルヴォ・ヤルヴィ指揮のNHKのベートーベンを聞きながら、2015年も終わろうとしています。
 まだまだ全快とは言えませんが、体力も回復し、どうにか2016年に向かって年を越そうとしています。

 ダイナー氏と再開し、このブログでもお世話になって、社会復帰できたことは、幸せでした。たくさん迷惑をおかけしたこと、心からお詫びします。ミルナくんのいそうの快復を祈って年を越します。

 皆さんのすべてに健康あれ! あとは、与えられた命をまっとうして、せめて戦争の火種は次世代に渡さないように、力を尽くしましょう。微力ながら、来年もがんばります!

 

Re: 最後に頭にきたこと

シンゾーは杉原千畝のゆかりの地だかも訪れながら、日本がナチと手を結んだことを語ろうとはしませんでしたね。そこでは日本の世論も沈黙していました。チト気になります。

Re: 今年はお騒がせしました

>  ダイナー氏と再開し、このブログでもお世話になって、社会復帰できたことは、幸せでした。たくさん迷惑をおかけしたこと、心からお詫びします。ミルナくんのいそうの快復を祈って年を越します。
>
>  皆さんのすべてに健康あれ! あとは、与えられた命をまっとうして、せめて戦争の火種は次世代に渡さないように、力を尽くしましょう。微力ながら、来年もがんばります!

たかしくんが登場し我がブログも賑やかになりました。ありがとうございます。
ブログを書き上げたのでウイスキーの小瓶を買ってきてまったりしてます。
来年もよろしくお願いします。  

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/363-2dd8f870