屋須弘平――奇跡の写真群 

DSC06975bg.jpg
                      
見て読んでためになる「Fsの独り言・つぶやき」に面白い記事が載っていた。横浜の通称あーすぷらざで開かれている屋須弘平の写真展である。江戸後期に蘭学医の長男として現一関市に生まれた屋須は、江戸に出て医学・天文学を学び、紆余曲折を経て中米グアテマラのグアテマラ市に写真館を開設(後アンティグア・グアテマラ市に移転)、風景や人物の記録を残し彼の地で没した。だが、驚きは百年前のグアテマラが日本人の手で克明に記録されていたことだけではない。歴史に埋もれていた彼の業績が陽の目を見ることになったのは、1976年アンティグア・グアテマラ市の大地震の際、大量のガラス乾板が見つかるという東日流外三郡誌もびっくりの偶然だった。
屋須弘平については、1986年にSTUDIO EBISUで、92年には神田の平永町橋ギャラリーで写真展が開かれた。屋須のことを紹介したのは写真評論家の飯沢耕太郎氏で、グアテマラに渡って調査もしている。この時は屋須の代表作と共に羽幹昌弘が同じアングルで現代のグアテマラを撮った写真を展示していたが、今回の展示も一部これと同じ構成をとっている。ぜひ観に行きたいが、ネックは午後5時までという開館時間と横浜から電車でさらに30分近く掛かるアクセスである。夜明けとともに江戸を発たなければなるまい。

DSC06954bg.jpg DSC07020bg.jpg
                           
虎視眈々と常任理事国入りを狙いながら、女性差別撤廃委員会にはごり押しのだめ出しを認めさせた。いったい国連というのは日本にとって何なんだろう。同委員会は先日、日本政府に対し慰安婦問題での日韓合意は元慰安婦中心のアプローチではない、夫婦同姓や再婚禁止期間など民法規定の改正勧告、ポルノ規制への努力、国会議員など主導的な立場に立つ女性の割合を20年までに30%にすること、等々の厳しい注文をつけた。スガは早速反発していたがそれだけではなかった。皇室典範の男系継承が女性差別とする記述があったのを日本政府が抗議して削除させたというのだ。審査過程で取り上げられず最終見解案で突如示されたことをもって、中国人主査の意向が働いたのではとの見方が出ているとか。スガは「歴史や伝統が背景にあり、国民の支持を得ている。女性に対する差別を目的としていないのは明らかだ」と語っていたが、世界のどこでも女性差別の歴史と伝統は根深いし、「目的としていない」で済まされるなら苦労はない。大して関心がない私でも皇室典範は差別だと思う。女性が天皇になって何の不都合があるのだろう?
これとは別に、子供の人身売買やポルノ問題を担当する国連のブーアブキッキオ特別報告者は日本に関する報告書を出し、いわゆるJKビジネスの「性的搾取を促進し、搾取につながる商業活動」の禁止を勧告した。この報告者は昨年、日本の女子生徒の13%が援助交際をしていると言ってスガに噛みつかれた人である。後に取り消したというが、その文書は公開されていない。ただ、日本が性差別大国であることがしだいに世界のコンセンサスになりつつある。

DSC06990bg.jpg
                    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

見て読んでためになるFsブログ(笑)

会場に向かうには、「夜明けとともに江戸をた発ねばなるまい」との指摘とともに、その通りと笑ってしまいました
それでも、六郷の渡しを越えてえっちらおっちら出かけたいと思うのは、春ゆえでしょうか


それにしても、昨日・今日の寒いこと…
寒いと言えば(お寒い、と言うべきですが)、「日本で働く女性の三割がセクハラ被害」という記事(http://n.m.livedoor.com/f/c/11280323)
厚労省調査による最新のものだそうで、現在就業中または就業していた25~44歳の日本人女性を対象にし、約10000名からの回答だそう
正規・非正規問わずとは言っても、この年齢設定は微妙ですし、さらに「日本人女性」の括りは何なのかしらと、突っ込みどころ満載です
ついでに設問の詳細がわからないのでうかつな判断はできませんが、官製のアンケートでこの結果ですから、現実には三割どころではなかろう、と推測しています
この記事の文脈は、、セクハラがいつのまにか男女平等にすりかわっていますが、日本が性差別大国であり人権を軽んじる国であることだけは間違いないでしょう┓( ̄∇ ̄;)┏


ガラケー画面なので詳細はわかりませんが、集合住宅の写真が好ましく感じられます(笑)

Re: 見て読んでためになるFsブログ(笑)

屋須展の情報は東京新聞の神奈川版に載ったらしいんですが、こういう大事な情報は江東版にも載せてもらいたいものです。Fs版にあるからいいというわけにはいかないな。エッチらエッチら通りがかり人さんの軒先をかすめる。

過去に何度もセクハラしたことのある私としてはセクハラの話題はちょっと……ね。あくまで性差別です。ま、セクハラされても声を上げられないのは「我が国特有の文化」で国民の支持を得ているとはサスガのスガも言えないでしょうが。

この「集合住宅」は上の方に「ボーイズ何とか」との看板がありますように、新宿3丁目のチト怪しい店がぎっしりのビルのようですよ。

安倍首相、「保育所」を「保健所」と

『11日午前に開かれた参院本会議で、安倍晋三首相が待機児童問題をめぐる答弁で「保育所」を「保健所」と言い間違え、議場が騒然となった。』日経など各紙。共産党の吉良よし子の質問に答えて。

安倍政権ばかりではなく…

自民党政権は、子育てに関心を寄せたことがないのではないかしら
かつて、当時(1990年代半ば頃でしたか)の厚生省が少子化対策としてエンゼルプランを発表した際、「シルバープラン(高齢化対策)と比べた時に、予算の裏付けがまったくない机上の空論だ!!」と児童福祉の専門家(今は亡き高橋重宏先生)が批判していたことを思い出します
高齢者対策は選挙の際に投票に繋がるから予算を充てても、子育て対策では票に繋がらないからプランだけなのだ、とも指摘していましたっけ…
今や、子育て・少子化対策も高齢化対策とも、予算が削られるばかり
先日、子供未来応援基金に関して指摘があったように、ホームページやらなにやらに2億円も費やして世間から寄付を募るなんて、トンチキなことをやらかすのも、無関心ゆえなのでしょうね
税金にたかることしか考えない政府・業界関係者ってことですか

たかるといえば、民・維新党綱領案のうち、「2030年代原発稼働ゼロ」に対して電力総連が猛烈に反発しているそうですね(http://kenuchka.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=434745366)
福一がもたらした惨状や、ついこの前まで、国内の原発が稼働しないままでも国民生活にまったく支障がなかった(再稼働してからトラブってばかり)現状に対して、この人たちはどこの何を見てきたのか…

5年目の福島そして東北 

昨日から喪に服すような気持でいます。

津波の災害だけでも筆舌に尽くしがたいというのに、原発の被害が、これほどまでに人々の暮らしに困難をもたらしている。

何気なくTVを見ていたら、高校の国語教師で詩人の和合亮一という人物に画面でだけどはじめて会うことができた。彼が書いた詩はいくつも読んだけれど、印象に残ったのは彼ではなく、そばにいた臨床心理士という女性が、被災した人々の現在の内面を「曖昧なる喪失」という言葉で表現していた。ここで「曖昧なる」とは、失った故郷に戻ったとしても、そこでの生活は、さみしく、暗く、5年前の故郷とは異なる世界だ。悲惨な出来事を思い出して、もはや幸せな過去は戻ってこない。だから「故郷には戻りたくない」と少なくない人々が感じているのだという。肉親を失い、故郷を失った喪失感だけではなく、戻ったとしてもそこにある「真っ暗闇」の生活。そこにあるのは悲惨な生活であり、未来が見通せず、失った過去の哀しみだけがこみ上げてくる世界だ。そういう複合した感情を「あいまいな喪失感」と表現しているのだ。


今回のダイナー氏の記事で、屋須弘平の一件には興味をそそられた、グアテマラへ行ったことはわかるが、「数奇な運命」が隠されていて、そこが知りたい。幕末まら明治初期にかけて、たくさんの日本人が海外にわたっている。そうしたなかで一人なのだろうか。
 それにしても「写真」という媒体は、1世紀近い後の世をも動かすちからがあるということか。

エンゼルプランと同時期に作られた高齢者対策はシルバープランではなくゴールドプランかな。ちょうどこの時期、はじめて「高齢者施策」に関心をもった時期だったのです。

どっちにしても、家族道徳を説いて子育て・介護の社会化にずっと抵抗してきたのは自民党だからね。今は年間7万円も「介護保険料」を払っている。これは「保険」ではなく、要すれば第2の「税金」だ。その上「社会保障の充実」と称して消費税を上げるという。2重、3重の税金ふんだくり政策。商品券や軽減税率の欺瞞性に怒るのは当然ですが、肝心の毎月引かれている年間7万円~10万円になろうとしている「介護保険料」にもっと怒りをぶっつけようではないか?
天引きされているから実感しない? 

Re: 安倍政権ばかりではなく…

安倍くんなどは今になって慌てていますが、泥縄式もいいとこです。支持率が下がるのが怖いんでしょう。彼は国会で相手を打ち負かすことには一生懸命で、何が問われているのかを考える能力はありませんからね。子供にも老人にもふんだんに使われる軍事費をちょっと回せばいいものを……。

新党綱領はまとめがさぞ大変でしょう。現代日本で業界から労組までかたまった「原子力マフィア」と手を切ることは不可能。電力総連の奴らは30年後もウランを食って生きていくつもりでいるんでしょうか。綱領はともかく、反原発を運動の旗幟に掲げられなかったら絶対ダメだと思いますね。やる気のある人間は逃げ出しますよ。いいのかな、岡田君!

Re: 5年目の福島そして東北 

NHKの週刊ニュース深読みという番組ですね。
くだんの女性は成井香苗さん(ハートフルハート未来を育む会理事長)らしい。
曖昧な喪失……ふるさとがあるのに帰れない、家族がいるのに会えない。曖昧なので完全にないわけではないので希望も持てるという揺れが起きる状態だと。ま、地域は原状回復という考え方だとすぐ予算が出るらしい。だけど人の暮らしの復興となると簡単にはいかないし、場合によってはダメになる可能性もあるわけです。希望がもてるといっても全部が全部そうではないだろうしね……。

屋須弘平についてはこちらをご覧下さい。
https://www.earthplaza.jp/ai1ec_event/yasu_2016_1_23?instance_id=
観にいったらまた報告します。

介護保険はいけませんか? 自民党は米国の悪いところだけをそっくり取り入れようとしてますから何ですが、介護保険の考え方そのものはいいんでしょう? 私は5万円しか払っていませんし。しかし、これから要介護1・2を自己負担にするんでしたっけ。こういう取りっぱなしが進むだろうことは予測できますね。C子を呼んで民間の介護保険にするかな……。

上のコメント

なぜかリンクが生きてなかったので本文に入れました。青くなっている文字をクリックして下さい。

ミンシントウ?ってどこの政党?

まるで漫画だね。ミンシントー
政党がこれほどまで軽くなったのを見ると、政党政治の崩壊の過程をみているような気がしてくる。まったくおどろ木 桃の木、梨の木だ!
聞くたびにノーシント―を起こしそうになるよ。もう冗談はよしてくれよ。

名前を変える前に、実を変えなくてはならないのに、おしゃれ人間の着替え程度の感覚で政党名を変える。

こんなことの度に、敵失で自分党が勢力を広げる。いささかいやな気分になりますね。

Re: ミンシントウ?ってどこの政党?

藤井裕久氏が、名前はどうでもいいけど必ず「立憲」を付けなさいと言っていましたが、伝わらなかったようですね。民進党なんてどこから出てきたのか。よほど「民主」という言葉が嫌いだったらしい。党名も台湾製ユニクロになっちゃったか。

昨日の時事放談で玉木雄一郎が、ダブル選はまず確実、下手すると3/27の新党結成大会に解散をぶつけ、投票を4/24の補欠選挙の日にやることだってあり得る……と。タマキはちと爽やかすぎるきらいがないではありませんが、こうなったら突っ込むしかない。次代の野党をグイグイ引っ張ってほしい。……しかし、せめて民心党、民新党くらいの捻りを利かせてもらいたかったなあ~。

市民対自公 対決だ !

アベという低能政治家は
「民共批判」を続けると言明したという?!
「共」を付けることで、古ぼけた反共意識を掘り出そうというのだろうか。民主党がみんしん党となっても、頭に「民」の字が来たので、この批判の仕方を変えなくてよくなって喜んでいるという。
 日ごろ「レッテル貼りだ」と反撃する男が、この時とばかり低次元の「レッテル張り」をするらしい。「自公」対「市民」という対立図式になるのがそれほど怖いのだろうか。
 
 それにしても経済政策の破綻はますます明らかになってきましたね。保育園、高齢者政策、社会保障の各面で問題噴出状態。このままでは「トりクルダウン」どころか、ノックダウンだ! いや、国民がもう少し賢ければ、トックニダウンしていいはずの政権だ。

Re: 市民対自公 対決だ !

安倍は「民主党」がお望みだったらしい。民主ならとことん叩けるから(だいたいがウソの実績自慢ですが……)。
民共共闘が実現すれば自公にとってその脅威は計り知れませんから、スガ辺りが民進党右派に手を突っ込むことぐらいやりかねませんね。しかし、山尾議員の質問の時、共産党までメールのパネル化に反対したのは解せません。共産党にしては危機感がなさ過ぎです。とはいえ、まず自公が反対したことは間違いない事実ですよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/372-49f8ce6a