置き去りにされるもの 

DSC07072bg.jpg
                          
北海道新幹線が開通して道産子の皆さん泣いて喜んでいたが、朝日新聞によればJR北海道自体が年400億円の赤字で黒字路線は1つもなく、新幹線も年50億円規模の赤字が出るのだという。これは3年間のことらしいが、その先急に黒字になるとは考えられないし、新函館北斗止まりという暫定開業がこたえそうだ。早速、北海道では駅の廃止や在来線の減便が発表されている。青い森鉄道も通過する寝台特急列車はすでに廃止、貨物列車は新型機関車に換えて運行を続けるが、青函トンネル内での新幹線とのすれ違いが新幹線の速度を制約するのがネックで、貨物列車を丸ごと新幹線に載せる方法が検討されている。

DSC07114bg.jpg DSC07088bg.jpg
                          
先日、東大島文化センターで学習会があって行ってきた。航空機騒音問題学習会というもので、江東区上空の飛行計画撤回を求める会が開いた。司会や会長はどういう人物か知らないが、議員の挨拶などを聞くと主体は共産党で、主たる報告も34歳の白石たみお共産党都議が行っている。それによると、20年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた国際競争力強化・日本経済発展のため規制緩和して羽田空港の機能を強化し、発着機数を時間当たり80機から90機に増やし、現在は6,000フィート(1,800メートル)以下では陸地上空を飛行しない原則を撤廃し、都心上空を低空で飛行するルートを導入するというもの。
具体的には北風の6~10時半および15~19時の離陸時に荒川上空を北上、南風の離陸15~19時は悪天候の場合も、都心上空から計器飛行で空港に向かうというルートを導入する。1時間当たり21機、2~3分に1機の割合で通過するという。北風は1年間の約6割に当たり、7か月にも上る。離陸機が東砂・大島付近(1,000~1,600メートル)をエンジン全開で通過する際の騒音は70デシベル前後となる。朝6時に始まる飛行は生活への影響が大きいが、騒音だけではなく落下物やナノ粒子による大気汚染、飛行機そのものの事故も心配だ。国交省はセミの鳴き声は80デシベルだと言ってるとか。

DSC07103bg.jpg DSC07137bg.jpg
                 
運動は4月の院内集会のほか、国会議員への働きかけ、署名活動を行う。品川区ではデモを行った。8月にはルートが決定されることになっているそうで、決まる前に阻止する必要がある。なお、この変更で影響を受ける地域は、これまでの3区から11区に拡大する。
国交省では区内でも説明会を開いているがオープンハウス型の説明会(立ち話程度)では説明にならない。桝添都知事も23区長会もやむを得ないという立場だし、山崎江東区長は騒音は瞬間的・単発的(?)という考えで、事故については国がしっかり対策するだろうと言い、教室型説明会は必要だとするが国に今回のルートの変更は求めない姿勢。だが、国は20年以降もさらなる需要増を見込み、滑走路の増設、新しい飛行場の建設に税金を投じるつもりらしい。過去あれだけの犠牲を払って開港した成田がさっぱり役に立たず、結局羽田に回帰するのは何ゆえか。定見なき行政に引き回されるのはたくさんとの思いが募る。

DSC07080bg.jpg
             

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

ため息しか出ませんね

東洋経済オンラインの北海道新幹線絡みの記事を読む限りでは、貨物新幹線のハードルはかなり高そうです
JR貨物自体が、グループ内ではお荷物に近い存在のようですし…
ただ、その一方で、北海道の海産物などの首都圏への輸送に新幹線を利用できれば、それなりの経済効果が期待できるようです


私の世代ですと、成田空港というのは最初から無理筋と言いますか、ケチがついた物件
三昔前は、京成の駅からバスに乗り、鉄条網の扉を開けてもらい敷地内に入りましたっけ…
今はさすがにこのようなことはないのでしょうが、「新東京国際空港」から「成田国際空港」に名称が変わった時点で、格下げされた印象です
そういえば、羽田を国際空港へと方針変更したのは前回の安倍内閣の時ではなかったかしら
埋め立で拡張されたとは言え、今の羽田のキャパで発着便数を増やすのはかなり危険な気がします

オリンピック開催なんて、今からでも辞退してほしいと本気で思います
目先の思惑と思いつきで場当たり的な政策擬きを打ち出すのは、本当に止めてもらいたい


サバにゃん…いつぞやザクロの木に登ったコでしょうか
香箱風の前脚に隠れた肉球をぷにぷにしたくなりますね(笑)

Re: ため息しか出ませんね

サバはサバでも以前、塀の上でマッタリしていた茶色の一家です。彼らは隣の家の前庭を我が物顔で私物化しています。

さて、貨物の帰趨は青い森鉄道にも大きく関わりますのでやきもきします。貨物のために青い森鉄道は高規格線路を維持しなければならず、保守費用がかさむ。さりとてなくなれば線路使用料は取れないので困ることになります。私としては貨物でも何でもゴウゴウ走ってくれた方が景気がつくという感じですね。

「新東京国際空港」から「成田国際空港」に名前が変った……? なるほど安倍の仕業か? 予想通り需要が上向くと思ってるならおめでたい話です。経済ひいては国家の収縮に備えなければなりませんね。

物語の共同体

コミュニテイとは「物語の共同体」あるいは「歴史の共同体」とも言われる。北海道の「開拓」の歴史は「鉄道」と切り離せない。鉄道によって人々は生産物を輸送し、病を得た人々は病院に通うことができた。網の目のように張り巡らせられた「鉄道」とともに人々の「物語」が作られてきた。

ところが、今得体の知れない「新幹線幻想」に追い立てられて、100年に満たない地域コミュニテイの崩壊に目を向ける余裕すらなくなっている。正確に言えば、巧妙に仕組まれた新幹線幻想に操作され、反論の声すら上げることができなくさせられているといったらよいか。

新幹線が通ると途中駅の町々はどうななるか。過去には地域の経済的衰退や地域崩壊の無数の経験があるのに、それを語る人すらいない。
 数百億円の赤字は一体だれば補てんするのか? 当たり前のことを与えい前に考える人はいないことに心が重くなる。

もし体があと2つほどあったら、新幹線を考える市民運動を立ち上げるのだけれど…。思いだけが膨らみ、やりきれない気持ちが残る。

Re: 物語の共同体

官営幌内鉄道が北海道の鉄道の始まりですが、指導したのが米国人技師だったので当初米国型の様式を採りました。最初の機関車はポーター製2-6-0のテンダー式で義経、弁慶、比羅夫、光圀、信廣、しづかと名付けられています。信廣は武田信廣で蝦夷地に渡りアイヌを弾圧した人物ですが、そういう時代だったんでしょうね。交通博物館に展示されていたものを見ると客車もずいぶん小さく、米国ではナローゲージ(軽便鉄道)の感覚だったように思います。

さて、そういうふうに営々と築きあげられてきた北海道の鉄道ネットワークが民営化でぼろぼろになり、一本の新幹線によって崩壊してゆく様は見るに忍びない。車や飛行機では大きな物語はできず、せいぜいがラノベでしょう。「大いなる旅路」の重厚なドラフト音は聞こえてきそうにありません。

戦争を可能にしたファシスト

今日3,29は日本が再び「戦争が可能となった日」であることを忘れない。自衛隊あるいは日本の若者が戦場で人を殺し、あるいは殺される日が来るとすれば、
今日がその出発点だったと語られるだろう。断じてそれを許してはならない。

 ナチス並みに、憲法9条を改正せず戦争国家に向けてひた走るアベ自民党と公明党。今日は「戦争法」施行の日。このままこのファシストを野放しにするのか、それとも国民がストップするのか。この国の将来がかかっている。

 昨日からまた街頭でのたたかいを始めました。
 今度は少しやり方をかえて、一人ひとりと対話をします。時間がかかってもて、それが戦争を止める最良の手立て。近所、知人、街頭に入る人、あらゆる人と語り合います。自分がもってる絶対的時間の中では限りあるのだけれど。健康上の制約もあるのだけれど、それでも何もしないで生きながらえるより、誇りある死を選びたい。



江東区上空の飛行計画撤回を求める運動。詳しいことはわかりませんが、市民運動は政党が距離感をもって運動を展開することが大事だと思います。要は市民運動の独自の役割を当事者が認めることです。その上で、議会で議席をもつ政党と市民との共同関係を築くこと。政治を軽視しては市民要求は実現しないことは自明なわけだから。

シールズなどのあらたな動きを、「民主主義革命』と呼ぶ「知識人」がいるが、主権者としての「市民」がこの国の主人公になるのはまだまだと思う。今必要なことは、地域の課題や生活課題で「市民」が声をあげ、立ち上がること。この運動がなければ、いくら「政治」が上部で騒いでも、真の意味の変革に至らない。

ところで、2大政党論の先頭に立ってきた男(山口何某)が、平然として目立つところに登場している。いくつかの論文で「反省」を述べているからそれでいいと思っているのだろうか。せめて自弁で反省のための全国行脚をすることだ。そうしたら少しは許そう。政治的な扇動の間違いは、いくつかの論文を書いただけでは済まないのだから。小林節が率直に聴衆に詫びていることと比べると、この男、何を考えているのかわからない。せめて、元いた北海道の全自治体で詫び行脚をせよ。そうした懺悔を示さないかぎり、少なくとも私は許さない。あまりにも軽はずみな「政治学者」を。

Re: 戦争を可能にしたファシスト

長いので山口某先生のことと安保法制自体のことは又にしたい。たかしくんが街頭対話を始めたことに敬意を表します。出だしの反響はいかがでしょうか?

航空騒音反対運動について、市民運動の独自の役割を認め政党が距離感をもって市民運動に対すること。その上で議席をもつ政党との共同関係を築く。重要ですが大変難しい問題です。いろいろとイヤなパターンに陥った例を見てきましたからね。今回の問題は品川区が先行していてデモもやったようですが、江東区ではどうも共産党とその大衆組織が動くかたちになり、民進党や市民の声江東などは今のところ何の気配もありません。共産党の敏感さはさすがですが、それだけでは運動の広がりに限界もありそうです。署名くらいはやってもいいけど、その先をどうするか、学会の多い自治会はどうなのか……。間合いの取りにくい課題です。


高齢者が…

街頭に立っていると、高齢者が熱心に聞いてくれる。積極的に署名するのも高齢者が多い。それも70~80才前後くらいの方々。自分から署名するところを探して近づいてくれる。ま、今や高齢者人口は4人に一人。まして日中人口だと高齢者の占める割合はもっと高いかも知れない。

ちょっと話をすると、戦時中のことから最近の非正規労働者の現状まで、実に話題が豊富だ。ほんとうによく勉強している。「孫」の姿から「今の若い人は可愛そうだ、定職になかなかつけない。昔はこんなことはなかった。10万円くらいの給料でスマホに1万円払っている…困ったもんだ」とか。

それに対して男性は?だ。聞きもしないし、たまに近づいてくると「外国がせめてきたらどうすんの」「攻撃される前に攻撃しないでどうする」とか、まるでTVゲーム感覚だ。頭がはげていたり、深い皺が刻まれているのに、戦後なんで生きてきた?なんて聞きたくなるような話をする。こういう無知・無頼を支持者にしているのが自民・公明というわけだ。

同じマンションンの学会員が、しきりにコウメー党はおかしい、戦争に賛成している、と言ってくる。学会が割れているのか?それでも最後はコウメ―様々になるのだろうか。

「新しい」ミンシントウの代表代行は詐欺政党出身の江田憲司。この男、渡辺の子分になったりハシモトについたり、ばっかじゃないの。これを党の重職につけるミンシントウも、もうだめだね。これや、あ、これは街頭で近づいてきたおばあちゃんの言ったこと。サンデーモーニングを見ているとか。いまどき何がミンシントーだ、とか。こっちがびっくりした。もう足下を見られているね。

Re: 高齢者が…

おばあちゃんたちの話を聞くだけでもやった甲斐があるのでは……。
身体と相談しながら続けてください。

江田憲司は一匹オオカミだった頃はなかなかだったけど、その後がブレましたね。しかし民進党には右翼がいっぱいいるし、彼などましな方だと思いますよ。それより岡田党首が改革って顔じゃないところが気になります。

山口某先生

二大政党の本場イギリスでも連立政権だから、しょうがない状況だと書いてましたね。

朝雲のこと

雲の写真が近頃見ることが少なくなりました。冬の東京には空はないのですか。

ダイナー氏のブログに登場する雲の変化に刺激されて、朝方に<マンション>の窓を開けて、南の空の雲を眺めるのが習慣となった。
朝方の南の窓から見える紫や薄い橙の雲と青い色を見ると、不思議と元気が出てくる。こうしてまた1日の始まりを迎えた…。この雲を見ていることが生きているということだと、新しい覚悟を元気とは言えない我が身に言い聞かせて。
 
楽しいことではなく、やむを得ずやらなければならないことばかりが多くなってきた。できれば逃れたい。しかし逃れたらおしまい、という感覚。最大の元凶はアベファッシズムだ。9条どころか25条、 そしてあらゆる憲法条項なんてくそくらえという政治姿勢。国民を小ばかにしたパフフォーマンス。そえに追随する大量の右翼軍団とマスメデア。
 1日も早く、右翼政治家連中に退場してもらわなければ、このままでは、この国の行くつく先は目に見えてくるではないか。若者は戦争に行かせられ、町はテロに襲われ、あるいは脅かされ、思想の自由は厳しく取り締まられ、暮らしは壊されていく。現実に進行している「危機」に目を凝らそうではないか。もうその兆候はこれほどはっきりと現出しているのに、小さな幸せを追うことで満足するのはよそう。それこそが、ファシズムが望むところなのだから。
こっちは空襲も原爆も貧困も子ども時代からくぐり抜けて、行きぬいてきた筋金入りの闘士だ。あんなアホなアベに負けられるか。あらゆる知恵と力で、この国を破滅に陥れようとする男をつまみだそうではないか!! 


今大事なことは、すべてに優先させて、この男を政治の世界から追い出すこと。そうしなければ健康も暮らしも、美味しい食べ物を食すること、なにも可にも出来なくなる、些細な日常をまずは脇において、数年は 

Re: 朝雲のこと

わが団地が外壁工事に入り黒いメッシュシートで覆われてしまったので、東側のベランダの眺望がシャットアウトされています。布団も干せません。日が射さないので寒いのなんの。これは数ヶ月続く予定です。しかし、平地という地形の関係か東京はいい雲が出ませんね。雲や空の写真は砂島橋歩道橋や丸八橋から撮ることが多かったんですが、こちらもバスに乗ることが多くなって通らなくなりました。いい雲が出ていたら撮ることはやぶさかではありません。

安倍政権との闘いはほんとに鬱陶しい。しかもマヌーバーだけは人一倍長けた連中です。長期展望で体力をつくっていきましょう。北海道5区もいろいろ取りざたされていますが、東京新聞によると、仮に僅差だった場合は安倍の暴走を許すことになりかねないとか。厳しい情勢みたいですね。

北海道5区 

三寒四温は冬の季語と知った。この時期の北の地は朝マイナスで昼は10度台。もちろん桜はまだ固いつぼみのまま。昼は温かいと思っても、夕方から急に冷え込む。だから体調を崩しやすい。


今度は、札幌市議会の最終日で、「戦争法反対」を訴えた共産党の市議に「精神鑑定を受けろ」と自民党席からヤジ。昨日誤りにいったとか伝えられているが、それでは済まない情勢。昨年度は「アイヌはいない」などとバカ発言をした自民党議員がいたが、5区に応援に来た大西議員の「巫女への札幌の夜付き合え口説き発言」と言い。まさにアベ暴言ミックスだ。この政党は近づくだけで腐臭を発している。

北海道5区。この選挙区は亡くなった町村が一度は落選した選挙区だ。その後、民主党の不人気で町村が復活。今でも民主党アレルギーが強い。困ったものだが、なんとして当選させなければ。文字通り立場を超えて、「アベ許さず」の一点で立ち向かわなければ。「鈴木宗男」が民主党から出たことで、やりやすくなったのだ。
全国の注目を浴びているわけだから…。明日この地に行きます。何ができるかわからないけど「戦争反対」を分かりやすく訴えます。
 

Re: 北海道5区 

いやいや、東京も暑かったかと思うと急に寒くなります。私はまだ冬の装いですよ。掛け布団は夏用にしましたが。

安倍一派の暴言は毎日、新聞ダネになってますね。
宗男父娘がいなくなってやりやすくなったらいいけど、親分含めどんな姑息な手を使うか分かりませんからね。油断せずやれることをやるだけでしょう。親分は米国へ行ってオバマに沖縄はどうするんだと脅され、焦って本音をポロリ……しょうがないヤツです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/374-69764eb8