風薫る 

砂町

チラシ配りを始めてから夜が早く眠くなって困った。歳のせいもあるのだろうが、以前は2時に就寝というパターンだったのが、今は1時から1時半就寝の毎日である。その代わり朝は7時半頃目が覚める。悪いことではあるまい。成り行きに任せることにした。昨日は渋谷鶯谷町の古書店で行われている写真展を観に行ったのだが、ハガキの地図が細かい欧文でしかも黒地白抜き。読みにくいこと限りがない。何とかなるだろうと思って出かけたが、夕闇迫る中、余分なウォーキングをさせられてしまった。最近の案内ハガキはこの手のデザインが多く老人には大変つらい。考え直してもらいたいものだ。

今日から連休だが、毎日が連休の身としては何の感銘もない。5月1日には久々に川歩きの会をやることにした。3時に井の頭線・高井戸駅に集合し、吉祥寺まで神田川を歩く予定。気が向いたらぶらりとご参加いただきたい。2日には高校の東京同窓会会報の編集作業を手伝うことになった。初めてなのでどういう段取りかまったくわからない。5~7日は野辺地に帰る予定だ。母の日を前倒しで祝いたい。新幹線は復旧したが青い森鉄道への接続がよくない。しかも新幹線は徐行などでまだ1時間弱余計に掛るという。重厚長大システムのダメージは大きい。
  

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

ゴールデンウイークもシルバーウイークも小生には関係がない・・・と思ったが良く考えて見ると薬をもらうための通院日程が狂って支払いに難儀している!

Re: シルバーウイーク

老人にとっては毎日がシルバーウイークでしたね。痛飲は若者の、通院は老人の特権です。私も休み期間中の薬は貰いましたが、苦慮するほどの支払い? しかし天気予報はぱっとしませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/38-e229b3af