老人が生き難い世界で 

DSC07434bg.jpg DSC07437bg.jpg
                       
前に書いた航空機騒音増大反対で区議会に出す署名活動に上から下まで歩いてみた。こういうことは20年ぶりだが、結果はよくない。反響が非常に悪い。我が棟は確か200戸強だから、署名が取れたのは1割ちょっと(25戸)に留まった。チラシが入って知ったのは私も同じだし、知らない、チラシを見ていないというのはいかに情報に怠慢か分かる。断る口実にもなっている。そもそもこの棟は単身者が多く、他者との接触を拒む傾向にあるが、電灯が点いていて出てこないのはほとんど居留守だろう。ドアスコープで覗いていて無視されたこともあった。それだけに、快く署名をしてくれた人には大感謝している。最近とみに増えた外国人居住者宅には頼まなかった。
20年前に自治会で動いたところだから多少は知っているはずだが、状況はだいぶ悪くなったように感じる。自治会がやるなら署名するという人がいたが、この自治会を牛耳っている勢力が国交省の親分を出しているのだからやるわけがない。ドアを開けてお願いすると急に認知症を装う人、飛行機の便が増えるのはよいことだという人、なぜか反対できないという人、「けっこうです」という人(全然けっこうではないよ)、乱雑な議論に持ち込んでしょうがないと言う人……まあ、よくこれだけの屁理屈が言えるものだ。

DSC07458bg.jpg DSC07444bg.jpg DSC07445bg.jpg
                           
1人、手が離せないから後で家へ行くと言う人に部屋番号を教えたが来ない。よくあるお断りの手だと思ったら、後日エレベーターの中で会ったご婦人から「署名集めている人ですか?」と声を掛けられた。それがその時の人で、わざわざエレベーターを降りて署名してくれた。こちらは顔を知らなかったが、署名のバインダーを持っていたから分かったのだろう。感謝感激である。隣のおばさんにも署名していただき、話しをすることができた。結果はよくなかったとはいえ、団地の様子が色々と分かったのは収穫だ。

DSC07459bg.jpg
                          
某日、昔の会社の同僚(実は上司)で2つ下のY君と錦糸町で会って少し飲む。静岡の男で向こうに帰っていたが父親が亡くなって家も親戚に取られ、再度上京して不安定な日雇い仕事で苦労している。一緒に住んでいる女性も引きこもり気味だと聞いた。彼から連絡があるときは必ず借金の申し込みだ。私より多い組合年金を受けていたはずなのに、いつの間にか負債がかさんで年金を前借りし、4割減になってしまったようだ。収入もさることながら、しばらくぶりに会って痩せているのに驚いた。今、高齢者が東京で生きていくのは大変なのだ。仕事とてノルマが厳しく、ちょっと体調を崩せば簡単にお終いになってしまう。あまり飲めなくなったと言っていたが、大丈夫なのか。身体が心配だ。
         

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

溲瓶の話し

「老人が生き難い世界で」については後ほどにして、前段とも言うべきあれこれの続きなんだけど、ネスカフェの空き瓶がリサイクルされているなんてコーヒーメーカーにとって有り難い話しだね。
ボクが昨年入院したとき、はじめの四日は両腕、両腹脇から点滴やら何やらがぶら下がっていて、固形物は一切食べないから出ないが水分は豊富に出るのに全く記憶がない。
五日目あたりからそろそろ管を抜きますか?歩いて自力で排尿する訓練もしないと出なくなるとか。まさか尿道から膀胱まで管が入っていて自動で排尿していたなんて知らなかったし、いま思えば気持ちよかったな。くだを抜く時期になったとき、ベッドで寝ていて午前の回診の時、股間をあらわに出してスーッと抜いたのを黙ってみていた。それからは日中は点滴をぶらさげた棒にすがってトイレに行くけど、深夜は足もとも覚束ないし、終日の点滴で小便の回数はただ事でない回数で、夜なんか寝てる時間がないくらい辛いから、若くて可愛い看護師さんに「シビン」を頼んだら一瞬、?がついたような顔をして「排尿器」ですかと聞き返された。ボクも返事に困った。

子どもの頃は枕元に「おまる」があったのは覚えているが「溲瓶」は親父が使っていた記憶があるだけで、今回の入院まで全く記憶になかった。それにしても今の病院は「シビン」とはいわないんだなと思いつつも聞き返すのも気が引けて、モジモジしていたら分かってくれて夕方には持ってきてくれるようになった。でも夕食時間と同じ頃に持ってくるのにはどうも具合が悪かったな。
それと午前2時頃には看護師さんは患者の状態を見廻ってくれるんだが、ボクはちょうどその時ベッドの脇につかまり立ちして、片手に「シビン」をもってさかんに出しているところをまともに見られてしまった。彼女は懐中電灯でまともに照らしくれたっけナ。今となっては妙に懐かしいのはなぜなんだろう、これもネスカフェのせいだね。
ダイナー氏は50グラムで一晩間に合うの?通りがかり人氏は中、小瓶で2、3回使えるそうだけどサイズは大丈夫なのかな?。量の問題だけでなく・・・その・・・ビンのクチのサイスが合うのかどうかと思ってサ。(小さな親切大きなお世話か――)
・ネスカフェもうれし涙の捨てどころ
・ネスカフェや溲瓶にもなる型にせよ
・ネスカフェや取っ手をつけりやなお便利
・紙おむつまだ使わずにネスカフェ瓶
・暗がりでネスカフェ瓶のくち探し
・ネスカフェや我が意を得たり広口瓶      
                       ~~どんどはれ~~(彰)

Re: 溲瓶の話し

溲瓶と書くのは知りませんでした。尿瓶とも。しゅびんの変化したものとありました。若い看護師には何のことか分からなかったんでしょうね。私が「愛用」と書いたのはあくまで珈琲の粉の話です。念のため。

返句……ネスカフェの瓶にくっきり目盛書き
    

排尿器?

「排尿器」というのですか? それははじめて聞きました。なるほど、ふむふむ。ハイニョウ器ですね。今はそう言うんだ。なんだかあまりにそのもので、味気がないなあ。

「おまる」昔は「かわや」が遠くにあったから、行くのにしんどかったんですね。それで近くにおいてのが「おまる」。とくに冬の夜はこれで助かったんでしょうね。考えると、齢を重ねているはずですね。生活スタイルの変化とともに、身の回りの道具の名称が死語になってくる。

ダイナーさん。行動すると、人のいろんな考え方がわかるんですね。わがマンション150世帯ですが、署名なんぞしたら、翌日にはいろんな人に伝言ゲームされてしまう。だんだん尾ひれがついて。めげずに続けて下さい。私は戦争法でがんばります。2千万人署名ですからね。国民の5人に1人から集めなくてはならない。

もっと見るかい‥とミルナ言い

立派だろ‥とミルナ言い。

‥まずいですな。いくらなんでも品格を問われそうだ。申し訳ない。ミルナさん。

ネスカフェの瓶で一番使いやすいのはゴールドブレンドの90グラムの角瓶です。角瓶はただの円柱の瓶より、指の力の入り方が、いいのです。円柱の175グラムはたまってくると、重くなり、滑って取り落としそうになります。寝ぼけているのと、握力が弱くなってきているのも事実です。やはり握力のうまく伝わる90グラム角瓶ゴールとブレンドがナイス溲瓶です。

ほーらね、おじさん一杯出るんだよ

 ‥おっと、どうも、このネタ、はまりそうで困った。瓶の径についてですが、余って余って余裕綽々です。自慢にはなりません。
 この次、老いについて書きます。申し訳ない、ダイナー氏。

Re: 排尿器?

> 「排尿器」というのですか? 

即物的と言いますか、何となくしっくりこない言い方。
尿瓶の方がいいな。

> ダイナーさん。行動すると、人のいろんな考え方がわかるんですね。

あまりにささやかな行動でしたが……。顔を見て話をする、意見を言い合う、対立があってもいいじゃないの。居留守など使わず出てきなさいよと言いたい。

Re: もっと見るかい‥とミルナ言い

通りがかり人さんのコメントはセクハラと言うより、わいせつに近い。私がよく見ているアダルトサイトにはこういうフレーズが随所に出て来ます。90グラムの角瓶ね。こりゃためになります。でも、ゴールドブレンドなど買ったことないぞ。通りがかり人さんにこんなこと言えばまたへんな文句にしかねない。おじさんのゴールドブレンドなどと……。

どうもそこまで指摘されると‥

あまりに真実ですのでね、昔、何とかエロ作家で食えないかと、出版社に持ち込んだ話をしましたが、あの時の美人の受付の女性の小馬鹿にした微笑を思い出します。

出そうか? 見るかい! まあ、何事も思っているだけで、すますことが大事ですな。

まじめにひと言‥溲瓶も悪くはないですが、たらたらでもいいから、暖か便座に腰掛けゆっくり排尿を楽しむことが大事。「まだ入ってんの」といわれた日にゃ、やんなってしまう。だんだんすっきりしていく過程を体が自覚していくことは大事であります。生きるために必要です。

 ダイナー氏、見過ぎぬように。これも‥お節介ですかな。

がんばれ如月の人々。

Re: どうもそこまで指摘されると‥

暖か便座……贅沢な物を使ってますな。
私のところはそんな贅沢はできません。風呂・トイレ・台所はすごく寒い。
完全装備で風呂に入ります(意味なっしー)。

見すぎ……反省しています。
半世紀藩政に関わった彼ならではの(´-ω-`)です。

老いはおいおい

書いてやらねばと思いはしますが、気が重い。これ、かなりの課題です。重すぎてどうにもこうにも。このブログでも突き詰めれば老いが、必ずひっかかっている。突き詰めればみな戦っている。ダイナー氏が前、書いていたので、引っかかったのは思わぬことが突如降りかかり、それが他の事項に作用し、足を引っ張るというか、影響を及ぼすというか、連関して抜け出せぬと言うか、そのまま引きずり込まれるというか、だから、細心の注意で行くとか、要するにつまづきの禁=つまづき禁止令。を、説いていた。‥? のような文面があった。
 ダイナー氏の団地で、人々が大なり小なり、気を遣っているのは結局はかかわり恐れの心だよね。回避したいのは誰でもそうだが、それが強過ぎて、あさましくて、と、言うところですよね。それが若い人にも多い。隣にいながら、わからない人ばかり。たまに血が通う挨拶でもあれば、暖かいものも流れるが、滅多にもない。
 ダイナー氏は昔、自治会でも踏ん張ったが、そこもやはり様々にうごめく人間関係に疲れるとこだった。‥‥溲瓶やアダルトなら続くが、このテーマは重い。私の頭の中にもそれがのしている。多分、ブログ仲間(勝手にそう呼ばせてもらいますが)は、皆そうなんだ。このテーマは重くて深くて、さて、こんなに書き進めぬことはないです。ごめん、また書きます。

Re: 老いはおいおい

ブラックホールのような「個」の呪縛に囚われた人々。
他者との関わりを怖れ戦々恐々たる一般ピープルよ。
本当は飛行機が増えることなど大した問題ではないんだよ。
あなたの顔が見たかったのさ。あなたの声が聞きたかった。
顔と顔を付き合わせ言葉を交わすことが、どんなに大切か。
私は物見の塔ではないし丸八やわたでもない。
ましてや読捨新聞でもない。
何の損得なくメリットもなく一個の人間として回っている。
断るなら断るでも一向にかまわないさ。
まずは自分の顔を向け自分の肉声で断ってくれないか。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/382-6d2bfc5b