食えない女のワイドショー 

朝が暑いーっ! ベランダの工事用シートが取り外され、日除けシートやすだれは工事で外したので朝日が直撃しはじめた。早く何とかしないと……。

昼のワイドショーは過去の都知事や都知事選の模様を振り返って見せていた。悪い意味で印象的なのは鈴木俊一の前屈ポーズだ。鈴木は蠍座の内務官僚。身体頑強で悪いところは一つもない、3日3晩飲まず食わずでも大丈夫と言いかねない御仁だ(事実99歳まで生きた)。弱者の痛みなど分かるわけがない。美濃部都政の放漫経営を正すとして福祉政策を切り捨て、上り詰めて都市博を打ち上げたが債務は累積。幻想は青島幸男に辛くもくつがえされた。

DSC07602bg.jpg DSC07663bg.jpg
        
今月5日の日曜日、TBSの「時事放談」に出たのは引退した古賀誠と自民党を離党した野中広務。ともに安倍政治には批判的と言われる2人だが、野中は憲法9条を守ってほしいと発言したものの、安倍が手続きなく消費税増税を撤回したことには理解を示した。桝添には辞めるべきではないと言いつつも、過去の交流の濃やかさを挙げて、なぜ彼がこうなったのか分からない、原点に返ってほしいと強調した。野中の態度には何やらスッキリしないものを感じた。野中が自民党に復帰したという報道が流れたのはその数日後だった。
週刊ポストによれば、野中は「全国土地改良事業団体連合会(全土連)」の名誉会長だ。全土連は全国の土地改良区を束ねる自民党最強の集票マシンだったが、民主党政権になると裏を知り尽くした小沢は土地改良予算を3分の1に減らし、全土連つぶしに動いた。野中が全土連の政治的中立を宣言し自らも離党したのはその時だ。後に自民党が政権に返り咲き、全土連との仲は修復されてきたがまだまだだと言う。野中が復党する意味は限りなく大きいわけである。

DSC07620bg.jpg DSC07668bg.jpg
            
かと思うと、小沢がスカウトした元柔道選手の女議員が党を去り、自民党から立候補するという。右派マスコミは小沢に愛想を尽かしたと書いていたが、国会で質問もできず煮ても焼いても食えない女が、去ろうが何しようが関係ない。辣腕の小沢もこの女ばかりは失敗こいたと思っているんじゃないだろうか。小沢君ガンバレ、失敗に負けるな、オレが付いている(?) 
もう1人の食えない女、稲田朋美は、5月15日の「日曜討論」で「安倍政権はトリクルダウンなどと一言も言ってませんよ」と仰天の発言。うそだと思うならこちらを見てください。親分が親分なら子分も子分だ。上からしたたり落ちるまで我慢しなさいと言ってきたのは安倍親分ではなかったの? 国会答弁で何度かそういう発言を聞いた覚えがあるが、違うのか。稲田もまた消費税10パーセントへの増税は間違いなく実施すると明言していた。

DSC07639bg.jpg
             

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

トリクルダウンするのはアベ自身だ !

野中氏は、自民党はダメだと繰り返し言っていた。それがなぜ「復党」するのだろうか?再転向でもする気かな。今の「自民党」への復党は、何かウラがあるんでしょうねえ。

ウソは大きい方がいい。それも百回繰り返すと大衆を信じされることができる。アベ政治。稲田のような小人物もすっかり詐欺師になってきましたね。まさに本格的にヒトラー流の政治になってきました。これが戦争への大きな接近とすれば、今は戦前「前夜」ということになる。

 ダイナー氏のブログも検閲の対象になるのは間近ですね。いやいや老いた身で牢獄に入る日が近いですぞ。「緊急事態条項」によって、基本的人権がすべて停止される日も遠くはない。ブログを検閲するくらいは朝飯前のことだから。小林多喜二時代のように雨の日に傘で顔を隠して警察の目を逃れて「ブログ」の紙包みを運ばなければならない日が、またやって来るかもしれない、と本気て考えている。

トリクルダウン理論 トリクルダウンするのは安倍自身だ。その予兆が舛添だ。バカなトーダイ政治学者が権力にすり寄って、しがみついた挙句の果てに「使い捨てられ」ていく。まあ、無残な姿を見て、自業自得、学者の良心を捨てて権力側に付くと、こんなふうな憐れな結末になるんだねえ。同類の人間はわんさといるから、いい教材だ。自民党にとっては痛くもかゆくもない。本人は、ま、人生を失敗したと、あきらめるのですな。ざまあみろだ。

次は、いよいよアベを権力の座から落とすことだ。さあ、いよいよアベ退治の陣だぞ~。

Re: トリクルダウンするのはアベ自身だ !

ともちんもいっぱしの詐欺師になりましたかね。だて眼鏡とおちょぼ口、京都弁で日本をかき乱す一人前の詐欺師に……。詐欺のイロハから手に手を取って私を育ててくれたのは安倍先生です。このご恩は死んでも忘れません。包丁一本詐欺師にまいて旅に出るのも国会修業、月も未練な永田町だーーーーっ!

んで、トリクルダウンでしたね。暑くて暑くて汗がトリクルダウンしてます。庶民の皆さんもそうだと思いますよ。

能面の女

豪腕で鳴らした小沢一郎も「ヤワラちゃん」の得意技、背負い投げで見事にぶん投げられてしまった。谷亮子とかいった女だったか、アスリートとしてはそこそこの名声を得て全国区の顔だが、だからといって政治・経済の発する悪臭紛々たる泥沼のなかでメダルを取れるとでも思ったのだろうか。
6年前に初当選したくらいで”先生ズラ”し、議会で発言させてもらえず出番がないからという理由で、小沢君を袖してしまったからスゴイ女だよね。そういえば滋賀県だったかの女知事にも振られてしまった小沢君かわいそうだよね。それだけ力が落ちてきたのは時代の流れか、最近ボクは同情するようになってきた。

もう一匹の女狐・稲田朋美も又(こっちの股か・・・)すごいヤツだね、テレビに見る鉄面皮・無表情・能面ズラは、まともに見られない。テレビ画面から見つめられたボクは、「ヘビに睨まれた哀れなカエル」で、思わずションベンを漏らしてしまった。
小泉八雲の「雪おんな」や雨月物語の「蛇性の婬」の女でさえもう少し可愛げがあるのに、国会の中にいるのは、もはやオンナではなく淫魔女そのものだ。

中国や北朝鮮の広報担当オンナも見ていても、反吐がでると同様の稲田政調会長を国政に出している、どこかの田舎の庶民の方々、いい加減目を覚ませよ。それと安倍晋三を支持している国民の一部のおバカさん、アンタが支持しているせいで、ボクは首を絞められているのだ!アンタ自身が自分の首を絞めるだけならまだガマンするけどネ・・・いい加減目を覚ませよ。(どんどはれ~)(彰)

Re: 能面の女

ともちんもさることながら、もう1人、高石早苗もすごい。ヘンな色目で与野党の男たちをたぶらかす蜘蛛女です。安倍政権の女はみんな妖怪だと思って間違いなっしー。これに自主憲法の中山恭子を付け加えればバミューダトライアングルのできあがり。

バカ面の女

能面の女に追加だ。高石早苗!このオンナもすごい。蟻地獄の主だ。こいつのツラをぶら下げりゃ「ムシコナーズ」の何百倍も効き目があるというモノだね。中山恭子か!こんな奴らに年金くすねられたり税金ちょろまかされたりされても投票するバカ者が、いつかはまたボクたちを非国民と呼ぶ時代が来るんだろうな。(おおお~~サブ!わがムスコすっかり引っ込んでしまったゼヨ)。それにしても安倍晋三というヤツはゲテモノ好きなんだ。(どんどはれ~)(彰)

淫魔女と蜘蛛女ですか

淫魔女と蜘蛛女。いやはやアベ自民のオンナたちのなんと醜いことか。これに「中山」の鬼老婆が入るとウルトラ右翼女三羽ガラスだ。

朝日で「日本会議の研究」なる特集。1回目は「憲法24条」だった。日本会議は「両性の本質的平等」(憲24)が戦後社会をダメにした、という論陣をはっている。アベの本音はそこにあるだろうが、それなら、なぜ悪の要職にオンナを付けるのか?秘密保護法のときもそうだが、憲法破壊をするときは高市や稲田を正面に立てる。これも「女性蔑視」と逆説的には言えるのでしょうかねえ。むちゃくちゃでござりまするがな。

大阪維新の会はキモチワルイねえ。あの党にこそヒトラーの影を感じるのは私だけだろうか。
大阪維新と自民公明は手を打ったようだが、ますます面妖なことで。自民はいうまでもなく公明も末期的ですな。NHKでTV討論でただただアベを擁護するこの党の「ヤマグチ」なる男を見ていると、この党はまもなく滅ぶだろうと直感する。さんざん利用され弄ばれて。いっそ自民党公明派にもでなったら。え、もうなっている…ですか。それとも合体して自公明党と名称を変えるとか。え、とっくにもうそうなっているんですか?
佐高信さんが新しい本を出したようで。自民党と創価学会 (集英社新書)

Re: 淫魔女と蜘蛛女ですか

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016062090070558.html
ついにきたか。表向きは経済経済と言いながら、ネットでこういう本音を打ち明ける。なめられたものです。

日曜討論は後半しか観ませんでしたが、野党が負けるのは仕方がないと思いましたよ。相手は人間じゃなくて化け物なんですから。両手両足をゾンビに絡みつかれてもがく姿を見てしまいました。野党と言いながらゾンビの仲間入りしている、新党改革という桝添政治の残骸みたいなやつもいます。

女で言えば秘密保護法の時に頻繁に登場した有村治子なんてへんなのもいましたね。

山口くんちのコウメイさん

山口くんちのコ―メイさん 
このごろずっとへんよ。
どうしたのかな?
平和守ろうといっても
ふくしまもろうといっても
いつもこたえはおなじ
いやーだ

いつの間に~か
戦争好きに なったのか
いつのまにか 
ふくしがいやになったの
いくらきいてもこたえはおなじ
ヘンだなあ

どうせ甘い汁を吸うなら
毒を食らえばさらまでさ
国民なんていくらでも
学会だって平気で誤魔化して
あとは選挙でかつんだ
どうせ国民はバカだからさ~

山口さんちのコウメイさん
この頃ずっとへんよ どうしたのかな
何を聞いても右向け右!
いつもこたえは同じ 変わっていません
へんだなあ





Re: 山口くんちのコウメイさん

我が党は権力のうまみを吸ったのでもう後戻りできないのだよ。うまみといっても社民や民主が嗅がされたうまみ調味料なんかじゃないよ。モノホンの葉っぱだ。誰だってこれを吸ったらいちころだ。もはや一般会員のことなんか目じゃないやね。ホラホラ、君もどうかね。~~~~~~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/385-24d57b41