人生の再起動は無理 

                  
DSC07670bg.jpg
            
参った。パソコンがおかしくなった。頻繁に再起動され仕事ができないのだ。マウスコンピューターに電話して訊くと、どこかの情報を開けさせてみて、これはWindowsでは把握できないトラブルであると言う。Windows自体の不具合か、さもなくばハードウェア(電源ユニットやマザーボードなど)の故障であろうと言う。修理になると5営業日掛かり、3年保証をつけたので修理費用は要らないが、およそ1週間の空白をどうするかだ。前のパソコン(XP)をネットに繋ぐのはリスクが大きいかな。26日の昼過ぎに回収される予定だが、今日の今の時点では正常に動いている。

DSC07674bg.jpg DSC07721bg.jpg
                  
19日、新宿で清水邦夫作『楽屋』を観る。『楽屋』は日本で最多の公演回数を誇る名作だそうで、ここでは20代から60代まで公募の女優4チーム13人が、哀しくもおかしい物語を演ずる。清水邦夫の芝居は初めて観たがすごく面白い。出演者の1人Tさんは、私のような年金暮らしの老人に次々に公演案内を送ってくる。しかし今回が面白かったから許そう。
22日、新中野のギャラリー冬青で、以前冬青に勤めカナダに移住したMさんが一時帰国し、写真展をやるとの情報を得る。麻布十番に出てアラーキーの写真展「写狂老人A 76齢」を観る。23日は中野駅近くのMOMOZONOでMさんの写真展。Mさんは髪を切り身振り手振りも大きくなってすっかりカナダ化したようだ。なおMさんの前に冬青にいたFさんも写真で活躍しているから大したものだ。同じ日、Photographers’ galleryでNさんにも会う。Nさんは自分で03というギャラリーを作って写真を展示していたこともあるが、今ではすっかりメジャー作家の仲間入りしている。20年ぶりに会ったらそれなりの作家の顔になっていた。

DSC07688bg.jpg DSC07700bg.jpg DSC07740bg.jpg
               
珍しくH氏から電話。昔の同僚だが一緒に仕事をしたことはなく、川歩きのメンバーとしての方がつきあいが長くなった。数年、脊柱管狭窄症で呻吟しており手術前提で大学病院を紹介されたが、そっちでは手術する必要はないという雰囲気だとか。私も手術はしないに越したことはないと思う。しかし、情報通で頭の回転もいい彼の欠点は、学生活動家特有の優越感たっぷりの話法だ。「そんなことも知らないのか! ちちち、バッカじゃねーの」という感嘆文が随所に付く返し方では先が思いやられる。もっとも話し方を別にすれば当たっていないこともない。事務所の情報に疎かったのは事実だろう。

追記:パソコンのトラブルは解消した。思った通り帯電(静電気)のせいだったようだ。すべてのケーブルを抜き、数時間放置したらぴたりと止まった。したがって修理の予約はキャンセルした。家にいる間ほとんどの時間つけっぱなしというのは、パソコンにとってよくない習慣だったらしい。これからは適度にリフレッシュさせてやりたい。

DSC07662bg.jpg DSC07744bg.jpg
  

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

人生のリカバリー

年甲斐もなく少々擦りすぎじゃないのかい?使う方も使われる方もいい加減くたびれているんだよ。
ボクだってそうなんだけど、今年になって妙に気になってるんだが、午前5時ころから9時頃までの時間帯に血圧が高くなる傾向の頻度が高いのだ。160/90台だが5、6回測っているうちに下がって平均値は140台前後に落ち着いてはくる。

ものの本によれば午前6時から11時までが血圧が一番上がる時間帯なそうだ。むろん若い連中や一応健康な連中でも同じなんだそうだ。だからこの時間帯にトイレの大で気張ったり、夜更かしで飲み過ぎたりストレスが溜まりすぎているのに急に起床して、ろくに朝食も摂らずバタバタと出勤する連中は、やがて成人病の塊と化し、早期大病または御昇天の憂き目に遭うそうだ。
人間も機械も一時的にトラブルは解消するだろうが、根幹の原因を見つけてリカバリーなり修理しないといずれはダメになるんだよナ。経年劣化はビッグバンが始まった瞬間から終末に向かって始まっているのだ。

ところで参議院選挙が公示された翌日の新聞には、早くも自公政権過半数確保、衆参安定、安倍内閣の独裁続く!という予想が出たが、多分そうなるだろうな。マスコミも野党も全くの及び腰で、明確な反体制の旗を振らないのは何故なんだ?いよいよ世も末だね。(南無阿弥陀仏・・・)

叛旗派よ立ち上がれ!杖をついて曲がった腰をささえ、ヨタヨタ歩きながらでもいいから、国会や自公民本部に紙オムツに溜まった糞尿爆弾もって殴り込めよ。(どんどはれ~)(彰)

トラブル解消

そう言えば、我がガラケーに不具合が生じた時にドコモショップで相談したら、一旦電源を切り、一分ほど後に電源を入れて…と言われましたっけ
この頃は、働かせ過ぎると、勝手に電源を落としてくれるので、賢くなったなぁ、と思うことにしています(←違うかしら!?)

再起動………少なくとも、首相官邸に蠢く輩を再起動させてはいけなかった!!
人に関しては、よくよく吟味せねばなりますまい


唯一のネコショット、車の下から飛び出している尻尾がカワイイですね(笑)
尾だけで十分な存在感です

Re: 人生のリカバリー

人聞きの悪い突っ込みはなしですよ。
経年変化というのとは別でして、静電気(帯電)の怖さはなかなか認知されません。モニター、キーボード、ヘッドフォン、プリンターやLANケーブルまで何本も繋ぎっぱなし、しかも梅雨時で湿気がこもるとこういうことに……。人間も時々性電気を放電させてやらないと爆発しますよ(なに? そういうエネルギーはない?)。血圧は毎日測るもんなんですか? 誰かいたな、そういう人……。

今朝も食えない女ナンバーワン・稲田ともちんがテレビに出てましたが、野党の発言を笑い流したり小さなことにも目くじら立てたり、誰かさんとそっくりです。彼らが3分の2を超えたら憲法改悪して反体制デモは弾圧。今から亡命先を見つけておいた方がいいかもしれませんね、パナマあたりに。糞尿はいっぱいあるが投げる気力なっしー。

Re: トラブル解消

電子機器トラブル時の解決法は、何はともあれまず再起動ですね。
私の場合はケーブルを外して電源を切り、たまった電気を逃がしてから……という手順が完全でなかった。

官邸にうごめいているのはゾンビですから……。
野党も噛まれるとゾンビ化します。下地・中山・荒井・和田政宗あたりはもう噛まれたくちですな。野党の足にとりついて引き下ろそう、噛み付こうとするゾンビの群れを想像します。今朝の日曜討論などはまさにそんな雰囲気。やりきれない。

こんどは山本一太か

LITERAの記事 http://lite-ra.com/2016/06/post-2367.html

少し画像増やしました。

糞尿と政党

>静電気の帯電でコンピュータがダウン、という現象ははじめて知りました。なるべく電気を貯めないで放電しましょ。ダイナーさん。

>自公民本部に紙オムツに溜まった糞尿爆弾を
 ほんまですね。ここまで腐敗すると糞尿でもかけないと帯電しちゃうよ。ねえ、再起動したら、もっと性質(たち)が悪くなったりして。

昨日のNHK討論会 某党の若手政策委員長が「人を殺す軍事費…」という趣旨の発言。正確には、「憲法違反の戦争法が強行された現在は、防衛費は他国で「殺し殺される」戦争のための予算だ」というべきでだったのでしょう。放送後に訂正したようだが、それよりもこの発言を真っ先に攻撃したのが「コウメ―」党の人相の悪い男。なるほど。人はもっとも弱いところを指摘されると相手に反撃する。この党がとっくに「平和の党」ならぬ「戦争推進党」「フクシ破壊党」になっていることは、歴史が証明するでしょう。
 
そして、この発言がリアリテーあるものになるであろうことは、選挙後に予想される「安保法」(戦争法)の発動という歴史的事実でわかるでしょうねえ。そのときは必ず自衛隊員は殺し、殺すことになる。戦争とは人を殺すこと以外の何物ではない。このことに目を背ける「ヘイワの党」は、糞尿とともに去れだ。
 

Re: 糞尿と政党

人相の悪い男、石田祝稔ですね。自分から正体ばらすとは、いい度胸だ。
ともちん女は鳩山由紀夫の「日本は日本人だけのものじゃない」という発言も取り上げていましたが、日本人以外の外国人が多数いることは事実でしょう。こういう女はいざとなったら何をするやら、伊達メガネが不気味きわまりない。

山尾志桜里はだいぶ声がかすれて気の毒でしたね。ゾンビを相手に、ちと気合いが入らない体調とみました。

試してみましょう

http://vote.mainichi.jp/24san/
冷やかしでもOK。

「コーメー用心棒党」に党名変更だ

このところのコーメー党なる政党を見ると、自民党右派を買って出ている。ヤクザは「やさしいコトバで獲物に近づく」という。「加憲」の方向で改正するんだという?うそを平気でつく。「環境権」は、すでに現行憲法の解釈と法律で十分法的には整備され得るのが常識。あ~いえばこう言う。学会員の学力の低さを舐めてかかる上層部の意図が透けて見える。
 アベ右翼も、ここまで応援されると、公共事業でしっかりと御礼返しをするのがヤクザの仁義というものだ。

こんな社会的不正義は、長くは続かない、というのが歴史の教訓だ。

憲法改正をひた隠すアベ。街頭演説で話題にすることもないという。もっぱら「野党統一」攻撃のアジ演説。アベノミクスに都合のよい数字を並べて「道半ば」と訴える。こっちは一円でも安いものをさがしてスーパーをはしごしているのに、バッカにすんな。
毎日新聞代を取りに来る学会員が「私たちは9条改正にだけは反対です!」と言う。しかし、9条改正への道をひた走っているのが現実ではないか。

最近、夜はパソコンの電源を切ることにしました。その方が低周波を発しなくて健康にいいかも。

Re: 「コーメー用心棒党」に党名変更だ

今日はADSLの切り替えでちょっと手間取りましたが、無事開通しました。アッカからSBへの切り替えを強いられまして、一式交換です。

学会は戦時下の宗教弾圧でひどい目に遭ったはずなのにちっとも懲りませんね。もっとも連中は戦争反対ではなかったようですが、それでも徹底的に弾圧されたわけですから。忘れては困ります。君たち時効政権のもくろんでるのはその再現ではないのかね。それとも学会は見逃しにするとでも……? 加憲なんて言い訳も空気抜き的ですね。ま、結局安倍に引きずられてしまうんでしょうが。

現世利益宗教の当然の結末でしょう。蟻みたいなものです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/386-cc2c8dd3