船番所資料館がおすすめ 

土曜日は平井・養老乃瀧で写団かげろうのメンバーW君と飲む。1年ぶりだ。彼は酒が強いのでペースを合わせると必ず二日酔いになる。この日は慎重の上に慎重を期したので、それほどでもなくて済んだ。電器店経営の彼は今エアコンの取り付けで書き入れ時。昔かげろうで撮影会のモデルを務めたこともあるお嬢さんが一流会社の社員と結婚したそうで、心からお祝いさせてもらう。岩手の花泉から出てきた苦労人、働き者の彼に弱点はない。
                       
DSC08022bg.jpg DSC08050bg.jpg
                 
月曜日は中川船番所資料館へ行く。企画展『江東育ちの町工場』が始まったばかりで、明治以降、水運を生かして工場の町として発展し、戦後復興と高度成長も支えた江東区の歴史を展観する。私たちの団地が精製糖工業発祥の地であったことは前に書いたが、現在も稼働中の企業として電線・鋼線用ドラムなどを造る伊東鉄工所、ほうろう製品の野田琺瑯、介護に強いパラマウントベッド、合併してLIXILとなったトステムが紹介されている。野田琺瑯は砂町銀座へ行く途中にあるので昔からよく知る会社だ。
同資料館は中川大橋の袂に建てられており、中川と小名木川の合流点という元々の場所ではないが、旧中川を見下ろす眺望がなかなか。常設展ではかつての船番所と川の風景を再現(水はないが)し、ジオラマで移りゆく一日を見せる。川を中心にした歴史と暮らしがよく分かるようになっている。
                   
DSC08038bg.jpg DSC08039bg.jpg DSC08040bg.jpg
                     
参院選の勝利でニタニタ顔の安倍政権に冷水を浴びせるかのように、NHKは天皇陛下が生前退位の意向と報じた。LITERAによるとスクープの元はNHKの秋篠宮に近い記者で、実は参院選前に報道しようとしたが官邸からストップがかかり断念した。普通ならそれで立ち消えになるところ公になった裏には、天皇サイドの絶対的な後押しがあったのではとLITERAは書いている。宮内庁関係者の間には、生前退位こそ天皇が安倍政権のもくろむ改憲に対して身を挺して示した抵抗の姿勢という見方が広がっているとか。自民改憲案では天皇を元首化し、国防軍を創設するほか、立憲主義の天地をひっくり返した前近代的な国家観があからさまに示されている。生前退位するならば天皇は定年退職もあり得る地位となり、元首という神格化したシンボルにはなり得ない。安倍も菅もこの報道に判断停止したのは当然である(官邸はNHKの担当者を激しく叱責したという)。玉音放送を阻止しようとする輩はしぶとく生き残っていたのである。
                    
DSC07946bg.jpg DSC07976bg.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

猫がいない…

平井、聖天様へ一度は詣でたいと思っているのですが、JRの駅は通過するのみ(苦笑)
先ほど地図を見ながら、東武亀戸線からアクセスすればいいのか、と気付いたものの、涼風の頃には忘れているはず(ーー;)

池波正太郎の作品では船番所への言及はなかった気がしますが(気付かなかっただけかも)、平岩弓枝『御宿かわせみ』シリーズや佐伯泰英『鎌倉河岸捕物控』シリーズには、時たま登場していたような…
当時のお江戸の人々にとって水上交通は当たり前の選択だったことは、頭の片隅に入れておかねばなりますまい
水辺は猫には鬼門ゆえ、今回は写真がなかったのかしら(笑)


今朝、都知事選の公報を受けとりました
国政選挙では我が家に届かなかった公報が知事選で届くのは、どのような判断によるものか…区の選管とシルバー事業団のどちらの怠慢かしら、とつらつら考えています
もっとも、こちらがそっぽを向きたくなる候補者ばかりで、公報があろうとなかろうと棄権したい気分しかありませんが┓( ̄∇ ̄;)┏


今上天皇の生前退位については、皇室典範の行方が気になりますね
生前退位~皇太子の即位まではすんなり決まっても(もっとも、山折哲雄は今の皇太子を廃嫡して秋篠宮を皇太子にと提言していましたし、秋篠宮を担ぎたい勢力も少なからず存在するのでしょう)、次の皇太子は秋篠宮なのか悠仁親王なのか…女性皇族のメは200%ないでしょう
どちらにしても、現状のままでは遠からず皇室は自然消滅するでしょう
それを防ぐべく、トンデモ系の元皇族とやらを復活させるのは阻止したいところです

それから、五輪五輪と相変わらず騒いでいますが、五輪と崩御とがブッキングしたら、政府はどうするのでしょうね
昭和の終わりから大喪の礼にかけてのあの空気を思い出し、今の行き当たりばったりな感じを思うにつけげんなりするばかりです

Re: 猫がいない…

猫の写真は撮れませんでした。ブレたりボケたりしたのはありますが、そういうのは基本的に出さないことにしているもので。

平井聖天はだいぶ昔に川歩きで立ち寄りました。W君によると、隣の諏訪神社でもお祭りが行われるようです。時代小説の世界のことはとんと存じません。たまーに引っかかることがあるくらいですね。江戸明治東京重ね地図には池波正太郎の作品インデックスがあるんですが、私にとっては無用の長物。こんなものを付けるなんてあまりに私的趣味にこだわりすぎです。

皇室自体についての知識はありませんが、今度の話が皇太子とも秋篠宮とも了解が取れているとすると何ですよね。

天賦人権説

東北5県の自民党の敗北は、白井聡と内田樹の対談「日本戦後史論」で明確に予言されていた。日本政府のTPPへの対応など、ある意味破滅的な政策は、かつて負けると理解しながら対米戦争に突入していった戦前の破滅的な暴走と類似しており、さらに、それは明治維新の戊辰戦争で賊軍となってしまった東北の藩のルサンチマンをルーツとしているのではないかと考察している。

白河以北の選民はある意味、A級戦犯の祖父・岸信介を神のごとく盲信する安倍晋三のツラに、見事に泥を塗ったのだから、これほど痛快なことはない。特に福島県の現職敗北はアベにとって内心忸怩たる思いで、沖縄県の敗北とあわせ煮えくり返る思いだろう。

自民党議員の片山さつきが数年前にとんでもないことをほざいた。「天賦人権説」の真っ向否定である。「人権は、人が生まれながらにして持つ当然の権利であり、いかなる場合も剥奪されない」という、人類が長い歴史の中で、幾多の闘争を経てようやく獲得してきた人権思想そのものを否定し、日本を近代以前に戻そうという考えなのだ。憲法改正で基本的人権を骨抜きにする自民党の公式見解でもある。

憲法改正に突き進むカルト集団「日本会議」が参院選後にわかに表立ってきた。もちろんその実態は奥深く隠れていて分からないが、彼らの中枢は狂信的な宗教団体であるという。安倍政権と一体となって憲法を変え、日本を再び暗黒の世界へと引きずり込もうとしているのだ。

明治維新という過ちを犯したその源流は、日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト達なのはもはや明白で、それが現代に受け継がれている長州のDNAとして、安倍晋三にも脈々と流れているのである。もちろん岸信介、佐藤栄作にも狂気の血が流れていたことは政権の歴史を語るまでもない。

幕末動乱の多くの人物は、明治の世に脚色されたが、その最たる例は「維新の精神的支柱となった偉大な思想家、教育者」とされている吉田松陰であるが、その実像は長州人も恐れた狂気の暗殺主義者であり過激なアジテーターでもあったのだという。そんなヤツを尊敬してやまない安倍晋三は祖父・岸信介を超えようと、なにやら企んでいるが、憲法を改悪し「統帥権」を掌中に収める狂気が臭い始めてきた。

ボクは今、日本の歴史、世界の歴史の嘘を教えられてきた学生の時代が、今となっては取り返しできないだけに、幾ばくもない余命のうちに、歴史の書物を必死になって読み漁っている。事実と真実を自分なりに分かりたいと思うからである。

東京都知事選挙に投票できないけど、選挙権のある善意の皆さんはぜひとも反ジコートウの旗を高く掲げてほしいね。(彰)

Re: 天賦人権説

天賦人権説が間違いという片山さつき、そもそも国民に主権があることがおかしいという西田昌司。こういう連中が書いてるから自民改憲案が目も当てられないんですね。これをたたき台にと本気で思っているとしたら……、
もう、お手上げ┓( ̄∇ ̄;)┏ですな。

ミルナくん、歴史の真実を知ろうという気迫は買うとして、まさか『明治維新はなかった』なんてのを読んでないでしょうね。この著者は曰く付きの××らしい。へそにツバをつけた方がいいかも。東京都知事選も日本会議の某女子が優勢ってのが気になります。「NHKから国民を守る党」の某氏が立候補してますが、NHKは彼の主張をちゃんと報道してほしいね。

争点が明確なら自民は負けた

争点が明確なら、自民党は負けるから、選挙中はほとんどふれなかった。東北、北海道では、自民党は2勝七敗でしたね。TPPや震災復興、さらには憲法問題などは、意外これらの地域では「争点」となった。とりわけTPPに対しては、農村部では不振が渦巻いている。山形などの票差を見ればわかる。しかしマスコミは意図的に取り上げない。河北新報などの東北のブロック紙は例外として。

ミルナくん ぼくは今一生懸命「日本会議」につて読んでいる。青木理氏の著書『日本会議の正体』は必読書。最近このジャーナリストに注目している。日本会議の誕生過程とカルト集団化と国政への浸透。彼らは反安保闘争の実践から学んでいるから、あなどってはならない。安倍の言う「政治技術」=国民騙しの高度なテクニックを有しているだ。負けてはならない。Σ(σ`・ω・´)σ 

  • [2016/07/21 19:39]
  • URL |
  • 東北北海道選挙区では2勝7敗
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

名無しのお詫び

前の投稿

 名前を入れませんでした。失礼。

Re: 争点が明確なら自民は負けた

やっぱりたかしくんでしたか……?
東北は秋田以外は自民が敗れ、新潟も共闘派が取りましたね。
日本会議という秘密結社が日本を牛耳っているというのはまことにもってふざけた話で、それが60年代学生右翼のなれの果てと聞けばね。確か会長は元最高裁の判事か何かでは?

ところで言わんこっちゃない、鳥越俊太郎の女性「淫行」疑惑が週刊文春に載ったようです。安倍が内調と密談したと聞いてまさかと思っていましたが、やはりやりましたね。官邸の差し金です。反対派おろしにマスコミや公的組織を使い、自分たちのスキャンダルはもみ消しなんて民主主義は完全に死んでます。がんばれ鳥越!
  

第3次アーミテージレポート アメリカの属国化とアベ右翼政権

9条破壊を一貫して日本に要求してきたアメリカのアーミテージ元国務副長官のレポート(第3次アーミテージレポート2013/02/03)を全文コピーして読もうとしている。ついでに原文も。ざっと見ても、この文書がすべて下敷きになってアベが動いていることがわかる。
 多分野にわたっているので、少し子細に注意深く時間をかけて読もう。ミルナくんに負けずに勉強します。

Re: 第3次アーミテージレポート アメリカの属国化とアベ右翼政権

アーミテージの要求に戦後レジームからの脱却を謳う安倍らがなぜ従うのか、その辺から追究してください。

首都を日本会議に渡さない

 極右カルトの日本会議が東京都知事選挙の背後にいるのは確実。小池は経歴に日本会議系の議員団体所属の経歴を削除したとか。
 日本人が雑誌のスキャンダラスな「報道」に影響されやすい、メデアリテラシーが弱いことを見透かして、選挙中に曖昧な記事を書く。大半の人はデカデカと書かれた新聞広告に惑わされる。これが公選法違反でなくて何か。こんなことが許されるなら、民主国家ではない。
 候補者カー、街宣カーなど以外での宣伝は禁止、マイクを使えない。今どきメガホンで街頭に立つしかない。個別に住民が訪問して訴えることも禁止。まるで独裁国家の「選挙」だ。

 一人ひとりに口伝で訴えることが大事だと思う。地道な一人ひとりの「政治参加」だけが、民主主義を守る最後の手段だと思う。時にはブログを捨てて街に出けよう。一人でも多くの知人と対話しよう。首都を「極右」の支配拠点にしてはならない。

 

Re: 首都を日本会議に渡さない

小池百合子が代表を務める「自民党東京都第十選挙区支部」の金の使い方はメチャクチャらしい。切手を年間5千円分も買っているとか。たとえ都知事になっても長続きしないのでは? 在特会との関係も釈明ないまま。一方、安倍は自公公認の増田の応援には行かず、勝った方に乗ればいいという日和見を決め込んでいるようです。謀略報道への同情票をゲットするくらいでないと鳥越は危ない。増田は直前の時事放談で、都知事に出る気はない、御厨の後(時事放談の司会者)を狙っていると話していたばかりなのに……。

小池は女性の敵だってさ

http://lite-ra.com/2016/07/post-2436.html

ジャンヌ・ダルクを気取っているが、内面はたんなる上昇志向と権力欲で膨れあがった昭和ジジイ……と喝破しています。

極右を首都の顔にしてはならない

序盤から伝えられる小池優勢(?*´Д`*?)。カルト集団「日本会議」と深いつながりをもつこの女史に対して、なぜ都民は素性も深く知ろうともせずに「雰囲気」で親和性を抱くのだろうか(序・中盤の情勢なのだが)。この右翼と繋がり深い元防衛大臣が「首都」の顔になると、東京はテロの危険にさらされると考えないのだろうか。3代続けて自民党が推す候補者がひどい政治腐敗、退廃をもたらしたのに、なぜ続けて「ジコーメート―」を選ぼうとするのだろうか。

岩手県で大型公共事業優先で1兆円を超す赤字を残して知事をやめた増田、原発推進とのつながり男の素性もよく知られていない。

権力はヤクザ週刊誌をフル活用して中傷、誹謗をしている。

今、衆愚政治化しているこの状況打破を考えないと、このまま「戦前」→「戦時体制」に直行することを深く憂慮する。
 
残された6日間で情勢を打開することが求められている。2週間で作られた世論は、1週間で逆転できる。右翼に都政は渡せない。

Re: 極右を首都の顔にしてはならない

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/186107

ピンとこない点がないわけではありませんが、真摯にと答えているという印象です。同じように他の候補に訊いてみたいところですね。小池には都議の補選に出た元秘書の問題も浮上しました。強硬原発再稼働を主張し続ける増田は、原発事故から何を学んだのか。東京新聞などは鳥越の「疑惑」を報道しませんが、週刊誌は単なる文春の拡声器に成り下がっています。タイミング的にも書かされていることに気がつかないものでしょうか。

タカ派改憲派に都民はほんまに賛成か?

都民は小池のことほんま知らないのか!?

都知事候補の小池百合子氏は、現在でも自民党員であり、舛添問題へなんら反省がないだけでなく、舛添都政の大型開発路線を引き継ごうとしている。さらに、自主憲法制定を主張、核武装すら検討すべきといい靖国参拝を繰り返してきた超タカ派ですね。
 都民のみなさん、こんな人がトップになったら福祉なんて飛んでしまいますよ! 

「女性だから」「舛添よりはよさそう」「増田よりは…」ではすまない。ほんまにたいへんなことでっせ。

しつこくてすまんですが、これだけは何回でも叫びたい。「小池の本質を見抜いて下さい」と。今度は、また舛添以上に都民が苦しみますぞ。

あ~疲れた!


一都民として…

今までの傾向からすると、投票する都民の多くは、フェミへの抵抗感が強くミソジニストに共感しやすいから、彼女にはハードルが高かろうと当初は思っていました
ところがどっこい…
彼女は、在特会に日本会議の他、前回の改選時には幸福実現党とも関係を持っていましたよね
今どきの「政治に目覚めた」人々には、ポイントが高いと認識されているのかもしれません
防衛大臣だったことは、アンチ・フェミやミソジニストの抵抗感を薄める効果があったでしょう
おまけに立候補の経緯では、伸晃の不手際もあり無党派層の同情を集め、女性ならば『女性スキャンダル』とは無縁(スキャンダル自体は山ほど抱えていても先週の「文春砲」が目眩ましになり)
すっかり波に乗ってしまった感があります
官邸からすれば、元岩手県知事と彼女とどちらが当選しても、万々歳でしょうね
彼女との二強から一転、苦戦を強いられることになった候補者は、元々筑紫哲也の亜流の電波芸者との認識でしたし(TVに出る「ジャーナリスト」には昔から偏見しかありません)、そもそも破廉恥ジジイは生理的に受け入れ難いのですが┓( ̄∇ ̄;)┏

投票日の文月末日はオフの日曜日ゆえ、期日前投票はしないつもり
今回は、どの候補者とも遭遇していないことだけが心残りです

Re: 一都民として…

ミソジニストの言葉に躓き、寝てしまいました。

亜流の電波芸者、破廉恥ジジイとはなかなかの何ですが、ま、その辺は大人の政治力学ってな感じで……。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/389-2f25b933