花柳老人もありか 

このところどうも身体の調子が悪い。6時間眠っても眠気がとれない。特にお昼ご飯の後の2時前後と、夕食後9時半から1時間ぐらいが眠く、実際眠ってしまっている。昼夕食の量を半分くらいに減らしているが効き目がない。消化力も落ちていることは間違いないようだ。ところが、先日のテレビで紹介された藤田紘一郎という大学教授の食事には参った。腸内フローラを増やすとか言って10品以上のおかずを食べて平気で仕事をしている。夕食もまた同じくらいの品を食べるのだ。77歳だそうだが、どういう体質なんだろう。
                     
DSC08368bg.jpg DSC08369bg.jpg DSC08193bg.jpg
                 
オリンピックの喧噪が止み何となくほっとしている。安倍は土管の中から這いだし五輪憲章無視の露骨な政治宣伝を行ったが、咎める者はいない。国内では20年に向け北朝鮮ばりの国威高揚ムードが醸成されそうだ。総裁任期の延長もほとんど決まりみたいだが、そうなれば五輪はともかく19年の消費税税率の再々UPに直面する。景気はとても回復しそうにないし、またG7で危機を演出し「新しい判断」で延期するつもりか。もう1人の出しゃばり人は小池百合子。和服のことを知らない私にも珍妙に見えたあのシーン。日刊ゲンダイによると、着付師がついて行ったのに何やってたんだろうということらしい。
        
DSC08367bg.jpg DSC08373bg2.jpg DSC08391bg.jpg
                
木曜日はベストセラー『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』を著した藤田孝典氏の講演(主催:市民の声江東)を聴きに行った。藤田氏は現在34歳と若く、私学の客員准教授を務める傍ら対貧困NPOを経営している。『下流老人』に続き、今年続篇とも言える『貧困世代』を上梓した。下流老人とは65歳以上で、1)収入が少ない、2)十分な貯蓄がない、3)頼れる人がいない、の3要素だという。収入は年金の受給額が生活保護基準に満たない状態だそうだ。高齢者世帯の16.8%が貯蓄なしで、4割以上が500万円未満とされる。頼れる人がいないというのは一人暮らしのことで、推定約600万人だが20年後には5人に1人が独居となる。反対に年寄りがいつまでも働いているのは日本だけだ、とも……。
一方、貧困世代は日本社会から強いられた貧困に直面し、貧困であることを生涯宿命づけられた若者世代で、15歳から39歳までを想定するとその数は約3,600万人とか。非正規雇用とブラック企業、教育機会の喪失、パラサイトシングル、住宅の貧困、ありがちな「若者」論等に翻弄されるこの世代はそのまま下流老人に直結する。担税能力のないこういう世代がずり上がっていけば、年金にしろ健保にしろどうなるかは目に見えている。終身雇用と年功賃金という日本型社会が急激に崩壊したことが、どれだけ大きな衝撃だったか分かる。非正規雇用を増やしたが社会保障を全く増やさなかった(むしろ縮小)のだから。話は多岐に渉ったが、厳しい実例もあり予告どおり大変暗い話であった。
貧困を増やさないためにどうするか。自虐的な貧困観から脱しソーシャルアクションを続けることで「暮らしにくさ」は変えられる。キーは発信と参加だ。
                    
DSC08280bg.jpg DSC08370bg.jpg
DSC08387bg.jpg
                                     

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

ついにコメントなしか……

私は山姥宅でダベってます、なんちゃって。

花柳老人であったか、どうか‥

話はふくらましてありますので、差し引いて聞いて下され。

祖父は横浜の中心地で大工のまとめ役をしてました。戦前の話で、関東大震災から、昭和20年の1月に、亡くなるまで、羽振りがよかったようで、大磯に別宅をもち、おめかけさんを住まわせ、東海道線で、往復を重ねていた。
 祖父の趣味は地元の漁師さんを雇い、小舟を出させての魚釣り。まだ戦争前の話だが、釣った魚をおめかけさんにさばかせて、
海を見ながら、1杯やっていたのだろう。そういう時、祖母は自宅の裏の作業場で、若い大工たちの昼飯を作っていたという話だ。棟梁だけがいい思いをしていたらしい。子供の頃、祖父が大事にしていた手作りの釣り箱で、よく遊んだ。重しの鉛とか、釣り針、金色のリールなど、子供心に宝物のような感じがした。

 リールはいい音を出し、いつまでもジージー回したものだ。祖父は子供を作っていなかったのか? 祖母からはあまり祖父の話を聞いたこともない。祖父は60ちょっとで終戦の半年前に亡くなるが、にわかに厳しさを増した戦局を乗り切れなかったのか‥大磯のないだ海で釣り糸をたれ、おめかけさんには食わせたろうが、その獲物を横浜の祖母にまで、運べたか否かは、知らない。

Re: 花柳老人であったか、どうか‥

わお! せっかくのコメントなのに思い切り寝坊してしまいました。

風柳老人一代記……その人が通りがかり人さんのお父さんのお父さんですか? 大磯に別宅なんて吉田茂並みですね。震災で大儲けし戦局ただならぬ時に優雅に釣り糸を垂れ女と戯れる。その根性はお孫さんにも脈々と流れている……かどうかわかりませんが、孫が釣り糸を垂れたのは魚じゃなくて女学生。お祖父さんも苦笑いしてたでしょう、よくやったと。

残暑お見舞い申し上げます。皆さんどうしてるかな?
  

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/394-cba2d560