猫を見捨てた訳 

明大唐組赤テント公演
dscb00033bg.jpg dscb00029bg.jpg

このところ右肩が痛くてかなわない。肩というより首だ。もともと首と肩の骨が接近しており、痛みが出やすいタイプなのだそうだが、枕の下にタオルを入れて高さを調節したりもしているが、うまくない。そこで四十肩の時に世話になった足の裏に膏薬を貼る方法を始めた。小指の下、肩の反射区に貼る。最近の薄い膏薬は剥がれやすいのが難点だ。しかし今のところ効いた気配はない。
昔この団地に住んでいた軍事評論家の神浦元彰氏が、肝臓がんで亡くなる前に肩が猛烈に痛いと言っていたと聞いて心配になった。彼は糖尿病も患っていたが、血液検査で肝臓はスルーされていたのだそうだ。
病と言えば私の宿痾は陰部のかゆみだが、一時股まで赤くなりものすごく痛痒かった。先生はステロイドの副作用らしいと判断しヒスタミン軟膏に切り替えた。ところがもっと悪くなった。私は以前ヒスタミン混合剤を使って同じ副作用が出たことがあったので、止めてくれと言ったのだが聞いてくれない。真っ赤になって初めて「副作用確認しました」と言って元に戻してくれた。こういうところがいかにも牡牛座らしい。しかし実際ステロイドの副作用は怖く、Dr.藪だと強いもの強いものとなりやすいようだ。私の最近の経験では陰部の炎症は薬だけでは治せない。保冷剤を当てて冷やすことと、ウルトラCはブリーフをはかずに寝ること(パジャマの下ははく)である。熱が大敵なのだ。
                     
                        

dscb00004bg.jpg dscb00012bg.jpg
                       
もう1つ、今日同じ皮膚科で診てもらったのは右手の親指の爪にできた黒い小さな変色だ。これは3、4か月、あるいはそれ以上続いているか、爪の先が割れたときできた黒ずみである。先生は血豆か爪の下のほくろだが、前者なら爪が延びると動いて消失するという。麻酔をかけて切り取るのが一番だが、もう少し様子を見たらどうかと言う。そしてPENTAXのデジタル一眼レフにリングストロボの付いたものを持ち出して爪の写真を撮ってくれた。機種は分からなかったがピカピカの新品で、レンズは長さからしていわゆるデンタルマクロではないようだった。画像の拡大率は1.5~2倍程度と見た。


dscB00001bg.jpg dscb00009bg.jpg

秋が急速に深まる四谷愛住町の暗い坂道で猫に呼び止められた。いつもは喜んでお相手するのだが、この夜の猫はあまりにマジで余裕がなさげ。つい「引いて」しまった。何もないよ、ごめんな~と言って足早に通り過ぎた。首輪はついていないが、毛並みはきれいだった。当方の早とちりだったか……。

14日から野辺地へ帰省することにしている。ところがイレーネの風水占いによると15日は今年後半最大級の厄日だという。先日同じことが書いてあった日にはネットが通じなくなり、大変だった。しかし一度延ばしているのでこれ以上延ばすのは難しい。それに東京にいたとて厄は厄なのだ。15日……弟と喧嘩か、肩の痛みがMAXになるか、それとも交通事故? 楽しみだ(ウソ)。


dscb00019bg.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

これはですねぇ

試し声かけですな。短縮しますと、試み声(こころみごえ)ですな。気もないけど、声だけかけてみる。人もそうです。猫の声に力がないのが、わかるのですな。人間同士でもそうです。軽い流し目で、本気でない眼ですな。猫も寂しいので、習慣的にこころみごえをしているのです。縁が薄いのですな。結局のところ。
 股引あるいはすててこの下に、私はブリーフははきません。股引とステテコはパンツと同じ。毎日取り替え。ゴムでの締め付けはきついです。よくない。ノーブリーフisグーーー。
 肩は部位的にはドライヤー灸ですが、いやですか? ツボ再び勉強。

弟さんに一本、買ってゆくのはいかがですか?介護というのは始めたばかりの私が言うのは、気が引けますが、つれえもんです。自分も一気に老化させられます。胃も痛みます。弟さんは引き込まれていたのかも知れません。もう、何々をせい、とはいわず、静かに時を過ごしてきて下さい。弟さんが、家にいるだけで、ふるさとが成り立っています。ケンカせずに。
 うるさくてスイマセン。お節介でした。

これは珍しい……。

ためしごえがけですか?
天城越え、みたいな……? なに、ちがう?

試しにしては凜とした声でしたな。
「ちょいと、そこのお爺さん」
「何者だ!?……き、貴様は通りがかり人、女装なんかしやがって……血迷ったか」
てな一場面もよろしゅうござんすね、秋の夜長は……。

ステテコははきませんし、股引は冬はきますが、寝るときは脱ぎます。モコモコするのでね。しかし猿股ははきます。が、ここへ来て温暖化が問題になり、夜ははかない方がいいという結論に。

そうですね。介護の大変さはやってみないと分からないでしょうね。弟はヘンなこともだいぶやらかしてくれましたが、彼にも私にも分からないストレスの影響がどこへどう出てくるか心配です。
通りがかり人さんのお母さんは施設に入れたんでしたっけ? 入ったら入ったで問題は多いでしょうが、蟹座は基本的にファミリーの星ですから、上手く乗り切れると思います。

ミルナくん退院

だそうですので、また毒舌が読めると思います。体調が戻るのを待ちましょう。

ミルナ様の退院

先ずは、良かった…
入院前と比べ、一気に冬に近付いたように感じておられるのではないかしら
入院中の凝りを、ご自宅でゆっくりほぐすことができますように…


最後の写真のサビにゃんが可愛らしいですね
ちょっと短く見える前足が、ご愛敬です
見付けたら、絶対に話しかけてしまいそう(笑)

Re: ミルナ様の退院

さっき帰ってきました。
都営新宿線が人身事故で遅れ、1時間近く足止め。
詳しいことは記事にします。月曜日になりそうですが。

最後の画像は北砂五丁目の半飼い猫。愛嬌があるし人なつこいんですが、カメラがそれについていかない。足が短く見えるのは例によってレンズのマジックです。

肩(首)が痛くて更新できず

肩の痛みがますますひどくなって、ブログの更新が出来ません。膨大な写真を編集するのも大変ですし……。火曜日になっても痛みが引かないなら整形外科へ行かKnight。お待たせします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/400-0b0320c8