神田川中流域を歩く 

大久保の忘年会は来月の2日だそうだ。早めだが当方は昨年に引き続き欠席だ。この1年で断絶は更に大きくなってしまった。修復(があるとして)には少なくとも数年を要する感じだ。私は八十に手が届く歳になってしまう。
    
    

DSC_4804bh.jpg DSC_4838bh.jpg

さて、13日は久々に川歩きを行った。コースは井の頭線の高井戸から京王本線の下高井戸まで、神田川の中流域3.7キロ。メンバーはYさん、Oさん、Mさんの3女史、H、Sの両君と山姥さんに私を加えた7人である。コースを引いて地図をつくるのに以前はデジタルミリオンを使っていたが、Windows10に対応していないし情報も古いので、前回からルートラボというサイトでつくっている。慣れないこともあって、適切なサイズのプリントアウトが難しい
高井戸駅の改札で待ち合わせ、午後3時過ぎ、環八を渡って井の頭線に沿って流れる神田川を歩き始める。風のないポカポカ陽気は暑いほど。川は両側に手すりの付いた歩道が完備しているが、車は来ないものの、ジョギングの人たちや自転車がひっきりなしに通るのでいささか煩わしい。右岸に白兎珈琲店という店があり、何と読むのか話題になったが正解はシロウサギだとか。
         
          

DSC_4796bh.jpg DSC_4803bh.jpg DSC_4810bh.jpg
DSC_4817bh.jpg DSC_4812bh.jpg DSC_4830bh.jpg

東京の川はどこもコンクリートの護岸、しっかりした手すりと街路樹、工夫を凝らした橋……と同じような風景が続く。短い橋のデザインの違いを見たり、川沿いの民家の樹木や花を眺めたりするのも楽しみの一つ。したがっていちいち解説しないので画像を見て想像願いたい。途中休憩した塚山公園は、縄文時代中期の住居跡が発見された塚山遺跡が復元保存されているという。小高い台地に大きな池がありベンチやトイレがあったので、遺跡などに興味がない我々はお菓子を分け合い飲み食いしただけであった。
               
                 

DSC_4848bh.jpg

しかしそこはまだコースの3分の1の地点で、既に日が落ちかけている。始まりが遅すぎたのである。あとはしゃかりきで歩き、下高井戸に着いたときには真っ暗になっていた。下高井戸は事前に調べたとおり手頃な飲み屋(チェーン店)がない。山姥さんはここで帰った。残りのメンバーで電車で明大前に移り、改札を出ると目の前につぼ八と仙やがあったのは奇跡的だった。
                   
                      

DSC_4840bh.jpg DSC_4844bh.jpg DSC_4859bh.jpg
DSC_4872bh.jpg DSC_4891bh.jpg DSC_4883bh.jpg

今回は腰の悪いH君に配慮してコースを短めにしたが、闘病中の山姥さんが歩くのにもちょうどよかったようだ。みんな5キロ以上は無理になってきている。集合が3時では遅いことも学んだ。闘病といえば私の肩の痛みはリハビリのおかげでだいぶよくなった。今日は兄さんに姿勢がまだよくないと言われた。
                 

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

その節は…

大納言様はじめ、参加された皆様にはお世話になりました<(_ _)>


沿道で一軒、シェパードを飼っているお宅が記憶に残っています
よく訓練されて、無駄吠えもしませんでしたが、庭先を歩き回る姿は半端ない威圧感でした


日没の時間を考えると遅めの開始時間ですが、幸い気温が高めだったことと、途中でスーパームーン前日の月を愛でることができたこととで、結果オーライだったように思います
歩行距離と予定所要時間とをかんがえれば、まずまずだったのではないでしょうか

本当に楽しいひと時でした(笑)
ご縁がございましたら、次回も宜しくお願い申し上げます

Re: その節は…

こちらこそありがとうございました。
スタートをあと30分早くすればベターだったかもしれませんが……。プレスーパームーンはなかなかでしたね。電線が邪魔で写真は撮りませんでした。高圧線の下を歩いていたのかもしれません。

シェパードは気がつきませんでした。それより今回は猫に会いませんでしたね。その代わり、訪ね猫のポスターが全域に貼られていたのが飼い主の真剣さを物語っています。Qちゃん、どこへいったのかな?


豊かに病む

ご無沙汰です!数日前に出ました。
外気は北国の寒さです。インフルエンザが流行りはじめ、入院中の後半は部屋から出られず面会も禁止という「戒厳令」でした。
お二人のブログをコピーし、入院時にじっくり楽しみました。そのうち、旧聞ブログにリメーク版として入院中のメモをコメントします。

てなわけで・・・ 
2度目の退院後は、妙に倦怠感が酷くて気力が萎え、何も手つかずの日々、2人のブログは都度開いて見ていたが、碌に読むことさえかったるくて、コメントも気持ちだけはあるのだが出せなかった。読書さえもすることができなかった。

 今年3回目の入院だ。神無月最後の月曜日、娘に送ってもらう。2週間分の荷物を持って所定の部屋へ入る。6人部屋で今回もすでに5人が悶々としてベッドに横たわっている。第一印象は悪くない連中のようだ。軽く挨拶をする。
 2回目と同じ南向きの窓側のベッドがゲットできていたので、内心ホクホク気分で自分の〝部屋〟つくりをする。畳2枚分の広さに窓側のスチーム暖房器具と窓幅分で約50センチのひろがりが加わるから〝マイルーム〟としては一番いい位置なのだ。
 5階でもあるし景色はいい。初冬の日差しはたっぷり入り、ベッドいっぱいを覆う。ともすれば暑いくらいだ。眼前には広い駐車場があって解放感いっぱいの2週間の我が家だ。

 午前中は入院書類、問診、各種の検査であわただしくすぐ昼になる。さっそく味気のない冷めたまずい食事をするが、見ただけで食欲が減退してしまう。3度目で慣れがあるとはいえ、一気に気分までもが患者になってしまう。
 今回は、激しいせき込み、痰を吐くさまが前回に比べて少ないのでたすかったけど、午後9時消灯、朝までの長い長い時刻(とき)は、神経が昂ぶって眠ることができない。

 経年劣化のわが身に、「胃癌」に続いてまたあらたな病歴が記録された。今度のヤツは「悪性リンパ腫」という病名だ。昨年胃癌が見つかったとき、こちらの方も見つかったので切除したけど、治療はしなかったという。わずか1年ちょっとで再発したことになる。長い闘いがはじまったのだ。「2週間入院、3週間在宅療養」を6回繰り返すという。順調ならばそれで治療はおわる。しかし、完治はしないという。数年たてば再再発するそうだ。
 いちど身体内に巣食った「悪性リンパ腫」というやつは、まさに「不治の病」なのだ。それでも、医学の進歩で再発期間が長くなるから、一度は治ったと言えるんだろう。
 「癌」だけに特化すればそうなんだろうが、再発しない間にも別口の病名が冠せられる事態にならないとも限らないから、わが身の「経年劣化」具合を早め早めに点検し、軽度のうちに修理するのが、死ぬまで生きるコツかもしれない。

 「病気とか死」という縁起の悪い話、暗い話も人生のエピローグを迎えつつあるころになると、楽しくはないが努めて明るい話に置き換えられ、深刻に語ることはなくなった。大病すれば、その多くはどんなものにしろ、人生観は変わってしまうものだろうと思うからだ。

 村上昭夫の詩にこんなのがあった。「病」から引用してみた。
「病んで光よりも早いものを知った 病んで金剛石よりも固いものを知った        病んで花よりも美しいものを知った 病んで 海よりも遠い過去を知った 病んでまた その海よりも遠い未来を知った 病いは金剛石よりも十倍も固い金剛石なのだ 病いは 花よりも百倍も華麗な花なのだ 病いは 光よりも千倍も速い光なのだ 病いはおそらく 一千億光年以上の ひとつの宇宙なのだ」。
 そして彼は大村孝子に宛てた手紙の中で、「今は病気という事実も大変スバラシイものだと思っています。やっぱりどんなものでもよくよく考えてみますと、グチを言ったり憎んでみたりするものはひとつもないようです」とさえ書いている。

 正岡子規は、弱気、陰気に支配されず最後まで実に明るく、人々とにぎやかに付き合い人生を全うした。しかし、子規の「文学」には「絶叫、号泣」も見られるからこれが普通の人生なんだろう。

 「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」を読んだ芭蕉の「観」は、どんなものだったろう。人生の終焉を目前にしてその心は「達観」だったんだろうか、「心残り」だったんだろうか。

 この3人の「病い」の受けとめかたをどれにする?と聞かれたらボクはなんと答えるんだろう。経年劣化による不治の病だからこそ、村上昭夫の「詩」のようにありたいとも思うし、外面的には子規のように振舞って生きたいとも思う。もしも芭蕉の「観」が「心残り」だったとすれば、ボクも身体にガタがきて病床に苦しむことになっても「明日も生き続けたい」、と人生の旅の途中で思い悩むだろう。
 病窓から差し込む初冬の日差しをたっぷりと浴びつつ、はからずも思い悩んでしまった。(彰)

Re: 豊かに病む

おお、出ましたか! 2週間だったね。
悪性リンパ腫……やっかいなものが加わったようで……。しかも完治せず数年で再発とは、なんともはや言葉もありません。

村上昭夫は知りませんでしたが、岩手県に山羊座の星の下に生まれる、結核で郵便局を退職し闘病に入るが、41歳で死去。詩集『動物哀歌』。病を「スバラシイもの」「一千億光年以上の ひとつの宇宙」と捉える境地にはなかなか至りえません。意識が澄むことの多かったらしい結核の時代と違い、がんの現代は壮絶な体験ばかりがクローズアップされがちです。はたして現代の詩はこれに追随(救済)し切れているでしょうか?

同期会も終わりましたので、写真を送ります。

村上氏の詩もすごいが、ミルナ氏のこの文章もすごすぎる

2週間の約束の地の小さなうれしさが、子供の頃のすみかのようだ。林の中に何十本の笹を刺して囲った束の間の安楽空間だ。
 芭蕉も子規もありきたりでつまらない。村上氏の詩が圧巻だ。そしてミルナ氏の今に重なり合う。
 ミルナ氏、よく帰ってきたぞ。えらいぞ。調子のいいときは、顔を出して欲しい。
 病に負けるな、なんて、言えないのがわかる。病を知りもしないで、笑わせるんじゃない。とりつかれたら、その世界へ運ばれていくのがわかる。生と死の間にある空間だ。そこでの心の持ちようなのだな。心の持ちようで、空間色も決まる。ミルナ氏、とてもいい色調だ。絶妙と言えるほどだ。腐っていない。村上氏以上だな。今、ここに、このような生き方をしている私は、ふうむ、ふうむ、している。それしかない。朝はまだしばらく先だ。ミルナ氏、応援していますぞ。

Re: 村上氏の詩もすごいが、ミルナ氏のこの文章もすごすぎる

どうもこのところ、朝が早くていけない。6時に起きてしまいました。肩が凝る、身体がかゆい、脚がかゆい、、トイレにも行きたくなった。前夜おちょこ1杯のお湯割り焼酎を飲んだのがいけなかったか。

通りがかり人さん、ありがとうございます。
ミルナくんもゆっくりして下さい。写真はちょっと遅れます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/405-f509390a