自家本ミステリーを肴に 

DSC00642bh.jpg DSC00638bh.jpg DSC00672bh2.jpg

先日、東京新聞の「反響」欄(テレビ・ラジオの感想や批判の投稿欄)にTBSニュースキャスターのゲスト池谷先生への批判を書いたが、後で冷静に考えてみると彼の言っていたことはまっとうで、私の方がチト野党ボケだったかもしれない。難しいもので、どうしても局面では「イカンイカン!」という怒りに同調してしまう。小さな投稿欄だが、意外に人の目に留まるところなので後悔している。
               
                

DSC00604bh.jpg DSC00669bh.jpg

さて、最近知り合ったS氏から一冊の本が送られてきた。源氏物語を下敷きにしたミステリーで、安倍晴明を探偵役に陰陽道がらみの事件が展開される。話それ自体は新鮮だし、S氏のペダントリーも遺憾なく発揮されていると思うのだが、彼が一人でつくったらしい本の体裁が問題である。体裁といっても装丁などのことではない。私自身、本づくりで失敗し仕事でも失敗を重ねてきたので失敗には自信がある。だから自信を持って言えるのである。麻布でミステリー雑誌づくりの超末端に関わったこともあり、作家の生テキストが複数の編集者・校閲者との対話によっていかに作品へ整序されていくものかを知った。自分ではどんなに完璧な作品であると思っても、プロの目で見るとヘンなところが何か所も出てくる。それを1つひとつ潰して直してようやく一個の作品が陽の目を見るのである。
S氏の場合はメイン作品の完成度は高いので、あとは細部、仕上げと他の作品の盛り合わせ、組版原則の適用如何が問われるが、たとえば行頭字下げのようなお約束が統一され守られていないと読みにくくなる。全体に凡庸なフォントを使ってしまったこと、言い訳めいた後書きがごちゃごちゃしすぎた点も興をそぐ要因だ。せっかくの新鮮なテーマとペダンティックな世界像が十分生かされなかったのはまことに惜しい。もったいないと言わざるをえない。
なお、ミステリーではないが、中島たい子『ぐるぐる七福神』(幻冬舎文庫)に出てくる亀戸天神近くの喫茶店は、くらもち珈琲がモデルになっているらしい。この小説は「東京に御座す、さまざまな七福神をめぐりながら、恋と人生を思索する新感覚“プチロード小説”」とのこと。プチロードって何だ?
               
                

DSC00612bh.jpg DSC00632bh.jpg

三戸郡・八戸市をサービスエリアとする南部バスが11月28日民事再生法適用を申請、受理され、事実上倒産したというニュースが飛び込んできた。南部バスは南部鉄道を前身とし、八戸-五戸を結ぶ鉄道路線が十勝沖地震で壊滅的被害を受けて再建を断念、バスに転換した。負債総額は26億8000円。路線バス・高速バスの運行は継続するという。南部地方の公共交通に厳しい冬が到来しそうだ。
               
               

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

偉人伝心

【偉人伝心】
凡人のシンポは偉人といわれる凡人から学ぶ。そして伝承していく。その仕方にはいろいろあるだろうが、遺徳を偲ぶ銅像もあれば、歴史の資料となる蔵書や遺品を集めた記念館は、凡人にとって目に見える価値ある知識の塊だ。

地域シンポジウム「新渡戸稲造の精神をどう活かすか」を十和田市民は「新渡戸稲造の精神をどう抹殺するか」の道を選んだ。世界の歴史遺産の偶像をタリバンが破壊したように、十和田市議会が文化遺産の破壊を決めたという。
地域博物館のシンポジウムでファーストレディ・安倍昭恵がどんな挨拶をしたかは知らないが、亭主が「美しい日本」とか「地方創生」とかを念仏してたので、こうした地方の文化遺産への関心はあると信じたい。この暴挙を止めてほしい。それができたら少しは亭主の罵詈雑言を減らしてあげるというものだ。

富山市議会の大量の議員が政治資金を半ば私的に不正使用した事件と「新渡戸記念館」破壊はその根っこにおいて同じものであり、それは田舎の因習とはいえ、表立って不正行為を告発したり、反対すれば「村八分」の逆恨みを被るからではないか。

これらとそっくりな自己主張を持たない日本人が、すぐ「付和雷同」してしまうようすが、「総力戦体制の正体(小林啓治・著)」の書評から《村八分、非国民》の成り立ちみたいなものをを感じたので、かいつまんで紹介する。
戦争は軍隊だけでは遂行できない。地方行政の末端や、国民一人ひとりの内面までを、軍の論理に染め上げる過程をとおして、地域社会がついに総力戦を支える存在になったかがつまびらかされている。
総力戦体制は、いきなり国家主導で形成されたのではなかった。選挙運動に象徴されるある程度の民主化の基盤が高められ、地方自治の機運や能力が戦争国家に摩り替えられてきたのだという。
 富山県議会の事件も十和田市議会のバカさかげんも、かつての戦争支援同様のための地方組織がその根っこにあって、反対を言わせない環境つくりが、もの言わぬ民の思想を“善導”していくのだ。
各級議会の見え隠れする犯罪は、昔も今も変わらない日本人の民族性であり、本能的でもあるのではないか。つくづく気持ちを強くした。

地方に一体なにを創生すると言うのだろう。原発を再稼動したりするのが地域住民の活性化に繋がるから創生か。一方では大震災を契機にますます地域住民の足がなくなっていく。南部バスもなくなったら十和田市へいくにも不便だろう。ますます地方の文化遺産が忘れられ陸の孤島が増えていく。そしてやがて地方が消滅していく。

こうしていつのまにか国家にすべてを呑みこまれた地域は昔も今もなんら変わっていない。

【シンポがなければ忘れられる】(2016.9.8)から







Re: 偉人伝心

「総力戦体制の正体」は柏書房の書籍ですね。
なるほど。議会制民主主義や地方自治が総力戦体制の形成にスライドしていくとしたらまことに恐ろしい話ですが、さもありなんと思われます。安倍政権が無茶をやるごとに支持率が上がっていくのを見れば、同じ道を辿る危険性は小さくない。付和雷同つまり同調圧力の強い因習の社会が総動員されたときの怖さは半端じゃありません。

地方創成など絵に描いた餅さえ示していません。TPPは農家を選別し、一握りの農家に国際競争力を付けようというもので、安倍の言う「美しい農村風景を守る」ことの対極にあります。TPPを米国が抜けようがなにしようが強行採決したのは、農業対策の予算を付けてしまったので退却できないという、インパール作戦並みの硬直さです。

南部縦貫鉄道、十和田観光電鉄、南部鉄道と南部地方の鉄道の苦難は、すべて十勝沖地震のときの負債が遠因になっています。南部バスは岩手のバス会社に身売りされるということですが、地方経済への打撃は大きいのではないでしょうか。田んぼの中で波打つ南鉄の線路の無残な姿がいまも目に浮かびます。

第二のふるさとの町地図は

楽しいですな。北砂中央整骨院、文化湯、丸八そば、鉄板焼き秋、など、楽しいですな。入りたいです。仙台堀公園あたりで、一服しているのですかな。今ココマークも楽しかりけれ。ラーメン花月‥名前からではわからないが、並み味か‥こういう町地図は気持ちが潤うものだ。コピーしましたぞ。

Re: 第二のふるさとの町地図は

今日も寝坊。昨夜2時前に寝て10時まで寝たので8時間睡眠か。でも「起きなきゃ」と思い寝返りを打ったのを覚えています。かゆみ止めのエバステル5㎎の効果は絶大です。飲むと急に眠くなるのが難。

地図がお目に留まって恐縮です。よく見ると情報が古いし間違いも多い。たぶん5年ぐらい前のでしょうね。クスリのシンワはなくなって、今は学習塾に、ファミリーマートと時間Pは一緒にマンションに建て替えられ、またファミマが入りました。ナウビルは正しくはナゥブル、喫茶店です。文化湯の隣のピザハットが載っていない……などなど。更地になったところも多い。

聞いた話では、この手の地図は店を全部書いてから売り込みに行くんだそうです。お金を出さないところを消すんでしょうか。それにしては詳しいな。マンションなどは載せてもメリットはない。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/407-4b179cdf