人生いろいろでござる 

DSC00675bh.jpg DSC08803bh.jpg DSC08802bh.jpg

11月末の東京新聞コラムに斎藤美奈子がこんなことを書いていた。09年酒井法子氏逮捕は衆院解散で政権交代への期待高まる直前、14年ASKA氏逮捕は、安倍が集団的自衛権を一部容認したいと発表した直後、今年2月、清原和博氏が逮捕されたのは、甘利明が辞任し野党が追及しようという矢先だった。同6月、高知東生氏が逮捕されたのは参院選公示の2日後、ASKA氏の二度目の逮捕の裏で国会会期が延長され重要法案が成立させられる。「警察も検察もメディアも、桶屋の一味じゃないでしょうね」と。事実、お昼のワイドショーは連日ASKAでもちきりだ。
桶屋さんといえば、甘利明の辞任劇はどうなんだろう。蜂の一突きに見えた告発の録音は何の役にも立たず、職権の行使はない、法律に違反していないとされた。甘利は大臣を辞め睡眠障害やらで入院しTPP議論の肝心な部分は封印。もし仮にこの告発がなければ、甘利を立ち往生させられたのではと思うと……考えすぎかもしれないが、現政権はこのくらいのことを簡単にやってしまいそうだからね。
              
                 

DSC00704bh.jpg DSC00712bh.jpg

写真ギャラリーの嚆矢となったツァイト・フォト・サロンが今月38年の歴史を閉じるというので、3月に亡くなったオーナー石原悦郎氏ゆかりの作家100人以上の作品を集めた壮大な規模の回顧展「le bal」が3回にわたって開かれた。le balとは舞踏会、ダンスパーティーの意味だそうだ。1年ほど前、久々に石原氏の顔を見たら思いの外老け込んでいて驚いた記憶がある。石原氏といえば声が大きい(口も大きい)のが特徴で、広いとはいえないギャラリーの中にいつも彼の声が響き渡っていた。
フォト・ギャラリー・インターナショナル(現PGI)が医療機器の輸入販売を営む企業の一部門として、79年虎ノ門につくられたのに対し、石原氏はヨーロッパに遊学して写真市場の実情を知り尽くしたのであろう。帰国後の78年、日本橋室町八木長ビル5階にツァイト・フォト・サロンをオープンする。写真作品発表の場といえばメーカー系ギャラリーしかなかった日本に、相前後して本格的なオリジナルプリント展示・売買の拠点が出来たのである。石原氏なくして日本の現代写真はないというのは本当だ。
つくば万博に合わせ、石原氏は日本初の写真美術館であるつくば写真美術館'85を期間限定で開館したが、地の利が悪く多額の負債を抱え込んだと聞く。しかし、その時の仲間であった飯沢耕太郎、伊藤俊治、金子隆一、谷口雅、平木収、横江文憲の各氏はその後の写真界をひっぱるエンジンとなり、東京都写真美術館(現TOP)や川崎市市民ミュージアム、横浜美術館の開設につながってゆくのだからすごい。ツァイト・フォト・サロンはその後、日本橋から京橋に移転し、さらに女性オーナーの自殺が波紋を起こした白石ギャラリーの後に移って現在に至る。
         
            

DSC08808bh.jpg
     
関西写真界の先駆者・安井仲治(なかじ)の写真集『仲治への旅』が出た時のこと、石原氏は例の大きな声で「ちゅうじ」「ちゅうじ」と連呼していた。ところで、石原氏に八木長ビルを紹介したのは、私の仕事仲間のS氏だったという。当時不動産屋に勤めていたのだが、なぜか辞めて宅建持ちのフリーターになった。彼にもしばらく会っていない。私は石原氏との接点は何もないが、彼の膨大な人脈のどこかできっとお世話になっていると思う。蠍座の石原悦郎氏、享年74であった。冥福を祈る。
             

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

これほどとりとめもないタイトルはnightいえます

nightよnightとりとめnight
おまえがあるから楽しくて
おまえがあるから悲しくて
とりとめないまま老いてゆき
行き止まりかもしれnight

今夜寂しく汽車ひろう
ひろう汽車とてあればよし
ないないnight
あしらいひどく
nightもろくに
ままならnight

終りにしnight
こんなnightは
死んでまうぜよ
ぜよぜよnight
ここらでそろそろ
退散night

Re: これほどとりとめもないタイトルはnightいえます

今頃は汽車の窓かな冬の旅

走り行くnighttrain灯を点し

股引や悲喜交々の暮れとなり

運河には運河つながる番所橋

仕事仕事仕事が待ってるまた明日!

股引や、ももひきや

股引やいろんな染みがあと引く股間かな

股引や悲しみうれしみ残らず引き受け股間かな

股関節やわらかくせねば生きられぬ頼むぜ股引

股間は大事女より ひとりでOK人妻不要

人妻よ野辺地で待ってろ必ず果てる

見ぬ妻よこの世で会えるか野辺地の妻よ

Re: 股引や、ももひきや

匂い怪しい股引の 染みているよなあの股間
思い出すのは 思い出すのは 人妻がらみの尽きの夜

うーーん、なんだか臭ってきそうなシーンが目に浮かびますな。
これでは巌鷲山さんも絶句するしかないでしょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/408-259f5ff4