北千住・谷中・平井 

仕事の夢を見た。仕事の夢だがなぜか同期生のM君が出てきた。窓のない部屋に4、5人集まって久々の作業。向かい側に座った先輩S氏はいつものように黙々と仕事を続けている。M君は時間を間違えたかでずいぶん早く来たらしい。その話を縷々している。私も久しく仕事をしていなかったので、目が疲れるわ内容が頭に入らないわ。大げさにこぼしてみるが先輩は仕事に集中し完全無視である。しかし、なぜ今仕事の夢をみなきゃいけないんだろう……。

                         
DSC08013bh.jpg DSC08015bh.jpg DSC08017bh.jpg
DSC08021bh.jpg

23日は午後から、運転免許更新のための高齢者講習で北千住の足立自動車教習所へ行く。ここしか空いていなかったのだ。雨催いの天気。スクールバスで荒川を越え20分ぐらいかかる東六月という所だが、まるで土地勘がない。梅島や竹の塚、つくばエクスプレスの六町が近いといえば近い。地図で見ると教習所の回りは、どうすればこんなにグチャグチャなるんだろうというほど道路が錯綜している。途中バスの車窓から通り沿いにおいしそうな廃屋も幾つか見えたが、ガラス窓はスモークが濃くて写真は撮れない。
講習は気のいい若い講師が冗談交じりの話を1時間余り、それから機械での適性検査、反応力などの検査、動体視力、夜間視力の検査、そして実車での検査がある。実車は1回りコースを走るのだが、私は30年乗っていないというと見学だけで勘弁してくれた。視力類の検査は試験場でもう一度やるんだろうと思う。それは来年回しだ。
しかし、計3時間の講習がいけなかったようだ。乾燥した風の循環は大敵なのだ。頭痛が始まったかと思うとゾクゾクする寒気がやってきた。治りかけた風邪気味が風邪になった。6時に終わってまたスクールバスで北千住へ戻り、駅前で薬を買ったが外食をとる気にならないので、帰ってから食べて薬を飲んだ。次の日は少しよくなっていたが、まだまだ本物ではない。

                             
DSC08026bh.jpg DSC08028bh.jpg DSC08035bh.jpg
DSC08039bh.jpg DSC08025bh.jpg
                          
風邪は抜けないが、25日は今年唯一の忘年会で平井「一平」へ行く。同人誌に短歌を載せてもらったお礼もある。短歌は改めて20年分を纏めてみてこんなものかと思う半面、愕然とするのは私自身の孤独の強固さである。うっかり近寄ってくる女性など数百光年先へ弾き飛ばしてしまいかねない、編集長のM氏曰く、読者から「暗い」という感想が寄せられたとのこと。今さら暗い程度で驚きはしない。中川三郎氏から同人誌の論考を纏めた小冊子『禁忌と侵犯―志賀直哉の夢と現実―』(造形舎)を購入。読むのが楽しみだ。
谷中の寺町美術館で川歩きのメンバーTさんを含むグループの「BRICOLAGE」展が開かれており、最終日のこの日、忘年会の前にやっと行くことができた。小さなギャラリーにペーパーワーク、友禅、シャドーボックスの作品が展示されている。この辺は初めて通ったが、街づくりの雰囲気には感心してしまう。

平井
DSC08052bh.jpg
                    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

見慣れた景色の登場に…

内心、ヲヲ!!といったところ(笑)
足立自動車教習所は、アクセスポイントが北千住というだけで、実際には東武スカイツリーライン竹ノ塚駅とTX六町駅の中間くらいになりましょうか(どちらからも、決して歩きたくはありませんが…苦笑)
車なら日光街道を北上し、環七を過ぎてすぐ
ついでに申すと、この赤いスクールバスは、北千住駅前の乗降位置が、初めての方にはちょっとわかりにくいですね
時々、教習生にしてはご年配の方からバス停を聞かれるのですが(そもそも専用のバス停はなく、都バスと東武バスのバス停の間の路上で乗降させている)、高齢者講習とは知りませんでした
御近所の方々も利用しているのかしら、なんて呑気なことを考えていました(苦笑)


風邪、ぶり返しましたか
病医院は年内の診察は今日明日まででしょうから、早めの準備を怠りなく…
お大事になさってくださいませ<(_ _)>

Re: 見慣れた景色の登場に…

山姥さんは北千住でしたか!

私はたまたま北千住を教えられて行っただけですが、スクールバスは5つぐらいの駅に出ているようでした。北千住に限らず、スクールバスは私企業のものなのでバス停を明示できず、教習所が指示する場所で待つしかないのでしょう。高齢者講習だけではなく一般教習の生徒も多いはずです。ご近所さんは乗れないかと……。

風邪はぶり返したり治りかけたり忙しい。病院はもう閉まったも同然で心配です。しかし風邪に関しては市販薬の効果も侮れません。これから年賀状作成です。

老人の夢

夢見る乙女ならロマンチックでエロっぽいが、「としょり(老人)の夢」はなぜかはかない物語が多い、とボクの見る夢を振り返ってみて思うのだ。いい夢の方が少ないけど、たまには興奮する夢もある。でも起きてしまうとその夢もうたかたのごとくで、もう少し見たかった、続きが見たいなどと独りごちたものだ。

D氏はときおり夢物語を語り部する。よく記憶しているものだと感心している。
そこで試みに今回の夢判断をしてみると、押し詰まった今年最後の夢回帰感情が非常に強いと出た。
「仕事の夢」「同期生」「窓のない部屋」「目が疲れる」「内容が頭に入らない」「完全無視」これらの文言から見えてくるのは、この一年はけっしてよい年ではなかった、という思いからくる強い「胎内回帰願望」である。ふる里の御両親の仏前で甘えることを進める。安らけき母のふところに安寧を求めているからなのだ。
たかが風邪とあなどってはいけない。体調は思っているほどよくないと思うべし。

・孤独ならそれもまたよし新玉は夢の続きを楽しみて見る

・居心地の万年床に見る夢もやがてむなしきうたかたの露

沢庵のつけものに賛同いただき通りがかり人氏に感謝です。三浦大根ってどんなだか知らないけどやってたんだ!。冷たい水で大根を洗いそれを吊るして干すところからやってたんですか。いいね、いいね。本格派ですな。自分好みの味は日本酒の熱燗に合いますな。
ついでにいえば炊き立てのご飯をおにぎりにして、中には筋子かタラコなんか入れ、沢庵と一緒に食べるんだよ。今では手に入らなくなった経木って知ってるかい?これに熱々してにぎったおにぎりを包むんだ。少しの時間置いてから食べるんだけど、経木の仄かな香りがなんともいいようのない味を醸しだしてくれるのですゾ。

もうひとつ紹介したい漬物に、「ガックラ漬け」というのがある。こやつもたまらなく旨いのだ。かすかな記憶しかないが、大根をナタで一口大、そうですな写真の里芋大くらいかな。にんじんの千切り、昆布、そして本命は身欠き鰊を入れるんだよ。糠は入れないで塩だけだ。麹もはいってたかな。南部藩の北部地方では、それぞれの家で具はさまざまだけど、身欠き鰊は必ず入る。これが旨いんだよね。(涎がでてきてたまらん!)子供のころの一番のおかずだったよ。

東北人が高い脳卒中の原因は、しょっぱい漬物なんだけど、貧乏でいろんなおかずが買えないから、漬物と味噌汁が唯一のおかずだった。まさに貧困格差の窮みだった時代だよ。

腹には50センチになろうという回虫を飼い、頭に毛じらみ、からだを這い回るしらみの団体、とそんな時代をD氏はよく生きて、明後日には73回目の誕生日を迎えるそうな。黴菌、雑菌のなかで育ったからこそ生きながらえているのであって、なんでもかんでも「抗菌、抗菌」と騒いでいるが、生物は無菌だと生きられないことを「抗菌」の前に教えるべきじゃないのか。インベーダーが地球侵略しても最後は黴菌・雑菌にやられてしまうのをご存知か?
(彰)

大本営発表

臨時ニュースを申し上げます。
大本営陸海軍部、12月8日午前6時発表。
帝国陸海軍ハ今八日未明、西太平洋に於いてアメリカ、イギリス軍ト戦闘状態に入れり。

今朝早朝からNHK放送のハワイからの報道は、75年前の太平洋戦争の開戦の報道を彷彿させるものだった。まさにNHKが「大本営発表」放送局化した日と言うべきか

あの日からわずか4年少しの間に、350万人を超す人々が死にました。アジア人が3,500万人も死にました。日本軍の6割は餓死でした。南海の島で、あるいはアジアの奥地で、食料の補給すらなされずに餓死させられたのです。これは戦争史上では例をみないことだったそうな。

 75年後の、真珠湾でのでの日米の合同の猿芝居とそれを大々的に報じたNHKの放送の不気味さを聞いて、背筋が凍った。この日が、未曽有の戦禍への第一歩であったとは、何年後の人が気づくのだろうか。
 と、批評していただけでは、世の中は変わらない。あの暗黒の時代が戻ってきたとき、自分は根性を据えて生きれるのだろうか。考えるといささか憂鬱になる。しかし、やることはやらなければなるまい。

ともかく、今年も終わりですね。。皆さま1年間、たいへんお世話になりました。

ダイナーコミュニテイのみなさん、とりわけミルナくんの冴えた投稿を拝見して一安心。
小生は心身の状態と抜けれない仕事と重なってなかなか登場できずにいました。別にサヨナラしたわけではありません。

来年もお元気でおられることを祈っています。

Re: 老人の夢

胎内回帰願望とな。それよりもすっかり閉塞した時代にて、仕事をしていた頃がまだましだったという過去への回帰願望ではなかろうかと思っているところです。ま、いずれにせ前向きな夢ではありませんね。

さて、がっくら漬けですか。これもなかなか難しいようで、クックパッドには「失敗しました」というコメントが出ていました。身欠きニシンはほとんどが入れないレシピですが、東京では身欠きニシンが高い高い。貧乏人には手が出ません。

Re: 大本営発表

おおおっ、たかしくん生きてたか!
大手術でもしたのかと思いましたが、仕事だとはね……。
うるさいジジイが2人も帰ってきて、こりゃ賑やかになるぞ。正月は大変だ~。

と書いてるときにぐらぐらガタガタ。地震だ、地震にはめっきり弱い私です。安倍の猿芝居もいよいよ収拾がつかなくなってますね。最近はNHKを観ないのでよく分かりませんが、想像つきます。オバマもいささかうんざりしてるんではないでしょうか。彼は安倍のことが大っ嫌いですから。著名人たちからの公開質問状にどう答えるつもりなのか。ネグレクトするつもり見え見えです。

これから年賀状づくりです。

運転について

免許は私から見たダイナー氏の生活ですが、不要だとは思えない。今後運転しなくても、生活的に、総合的に持っていた方がいいという気がしました。大変でしたが、えらいと思った。
 ミルナ氏、三浦大根は三浦でとれるから、そういう名がついているだけだと、思います。品種的にはわかりませんが、たくあん用に、いいようです。大根は日本人の大事な食べ物ですな。私は大根おろしが大好きで、少し苦いくらいの方がよくて、中華どんぶりになみなみと、すり下ろします。ほぼデカい大根の2/3くらい。それにさば節のデカ袋からどっさりとりだしたる削り節をどっかりとまぶし、醤油をどばどばと、かけます。これが酒の肴です。そして飯のおかずです。昔から大根おろしが大好きで、父も大根おろしで一杯やってました。ミルナ氏は熱燗なのですな。私は焼酎はお湯割りで、日本酒は控えてますが、たまらず飲みたくなるときは、ストーブの前に陣取ります。大根おろしも冷酒もcoldですので、寒くなる。この辺が情けない。ニシンはいまいち経験がナッシーです。ビントロが安いので、これもcoldですが、好きです。
 たかしさん、お帰りなさい。と、私に言われても、うれしくないか‥秋口、私のコメントだけというのが、何度かあり、ダイナー氏は寂しかったかもしれません。たかし君、たかし君、と、連呼されておりました。よかった。少し肩の荷がおりました。
 ミルナ氏も、体に無理しないで、綴っていって下さい。絶対治して欲しい。
それでは、大納言さん、誕生日、おめでとう! 

Re: 運転について

只今年賀状作成難航中……。

免許はいつ何時必要になるか分からないので、持ち続けています。しかし、一緒のグループには個人タクシーやってるという人もいましたが、ガシガシと縁石に乗り上げてましたな。大丈夫かな? 車が違うとは言え……。ともあれ、免許更新は来年になります。

身欠きニシンは北国の風物詩で、冬はよくかじっていたような気がします。脂の乗ったニシンです。しかし東京ではスーパーでも400円以上しますので二の足を踏んでしまいます。アメ横など安いのかな? 叔母は身欠きを使ってうまいコンブ巻きをつくってくれましたが、叔母亡き後は誰もつくらない。いつか挑戦したいものです。

オロシはいいけど醤油ドバドバはやりすぎでは? 酒はぬる燗がいいな。誕生日はまだだよ。

身欠きニシン

野辺地では身欠きニシン10本ぐらいの木箱入りが600円だそうです。生食用か……。
思いつきですが、コンブ巻き作りたいな。

出来合いのコンブ巻きは味が濃すぎて敬遠です。

どちらさんもめでたい

大納言殿。本日は73年の人生を刻んできてお疲れさん!そしてまずはおめでとう!

それにつけても、「いやぁ~めでたい、めでたい!」たかしくん元気でなによりだ。大本営発表“I shall return”「帰えぇってきたぞ ウルトラマン」か。

ボクも、ともかく年内の身体修理を終えて帰還した。退院するとき、年明け早々に、「またのお越しを・・・!」と病院からお誘いがあって「行かざぁ~なるめぇ~」てな感じだけは少々辛かったな。

6人満室の異人達と監禁もどきの生活は、ストレスが溜まってしまい苦痛なのだ。だからそれがない自宅での、年内にできる「断捨離的」バタバタ雑用は健康快復の良薬になっている。これに加えてたかしくんの大局的見地からの辛口コメントもいいクスリになっているよ。

それから全国のごくごく一部に生息する「如月より」のコメンテーターのみなさん、この一年間お世話になりました。入院への励ましは何よりの刺激で元気の源泉ですよ。今年のトリにご健在のたかしくんからメッセージを拝聴できたのもこれ幸いのひとことだよ。

新年もまたまた励まして下されたく申し上げ候。      (彰)

Re: どちらさんもめでたい

やっと73歳になりました。若輩者です。
ミルナくんは無事出所、たかしくんもカムバックで、娑婆は大賑やかです。
中にはコメント欄は見るのも書くのもイヤ、そんなことをしたら生きて帰れないと思っている人がいるようですが、ま、コメントの楽しみは秘密にしておくに限りますね。73になったからといって、どうということはない。75になると後期高齢者で医療費は2倍になりますがね……。

来年も引き続きよろしくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/411-0a56050b