やっぱり猫が気にかかる 

DSC08170bh.jpg DSC08128bh4.jpg
                          
3日は神社を探しついでに歩き、旧葛西橋まで行ってしまった。いつも夕方は釣り船が帰ってきて賑やかになるのだが、三が日は休みのようで人はまばら。旧葛西橋といっても橋があるわけではなく、旧葛西橋跡が正確なところ。新しい葛西橋は荒川のもっと下流に架けかえられている(2段目の写真、屋形船の向こうに見える)。「旧葛西橋」は清洲橋通りのどん詰まり、都バスの停留所名として、交差点の名前として、かつての都電の始終点名として親しまれている。広い河川敷と堤防に夕陽が落ちかけていた。一家で凧揚げに興じる若い家族がうまい。しかしコンパクトデジカメで撮ろうとすると液晶に凧が全く見えず、当てずっぽうに撮るしかない。お年寄りが支えて凧を揚げようとしてるのを捉え待っていたが、次の瞬間、凧はボトッと落ちた。

                       
DSC08096bh.jpg DSC08105bh.jpg DSC08111bh.jpg
DSC08101bh.jpg DSC08113bh.jpg
                             
正月早々ポカをやってしまった。いつも日曜日は早朝の「時事放談」から「サンデーモーニング」、「日曜討論」と録画しておくのだが、8日はそれが上手くいかなかった。前夜、ディスクを入れるとデッキが読み取ってくれない。しかたがないので、ビデオテープに録るようセットして寝たのだが、なぜかテープは全然録画してくれなかった。起きたのが10時前だったから「日曜討論」の蓮舫のところからは観られたが、それ以前はパーだ。概要はTVでた蔵で観られるが、細かいところは分からない。なお、TVでた蔵の無料版には検索機能がなかったが、今年になって観たらそれができていた。以前メールで質問したことがあったが、実現してくれたのか。このサイトは放映内容がテレビを観ずに分かり重宝している。「ためしてガッテン」などは結論が分かればいいので、でた蔵を観ればOKである。
ところで録画のトラブルだが、DVDデッキにブルーレイディスクを入れたためのミスだったようだ。錦糸町ヨドバシまで出かけてレンズクリーナーを買ってきてしまったが、レンズをクリーニングできてよかったとも言える。
ところで、ヨドバシからの帰りのこと、バスを待つ間に隣の列などをデジカメで撮っていたら、後からいきなり「それはカメラですか?」との声あり。「はいそうです」と答えると「ずいぶん小さいね」と言う人は80代くらいのお爺さんだ。うーん、現今のカメラの進歩を知らない人が存在したか……。しかし孫でもいなきゃ老夫婦がカメラを使う場面はないかもしれない。

                  
DSC08160bh.jpg DSC08115bh.jpg DSC08122bh.jpg
                    
新聞で天皇陛下の誕生日のお言葉を見てびっくりした人は少なくないだろう。質問は冒頭の一つに集約され、例年の細かな一問一答はなくなった。元日の「新年の感想」も負担軽減という名目で廃止された。どうやら政権は陛下の発言機会を完全に奪ってしまったようだ。退位問題も特例法で決着させられそうだ。これらについては『置文』最新号の桜井論文「平成の玉音放送」を含め、言及したいことは多いが、いまいち気力が湧かない。
            
   

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

ええじゃないか、えじゃないか!

とうとうか、ようやくか、やっぱりかは知らねども、北上川河畔に雪が降り出した。自然の営みは、今日から襟を正して本格的な冬の時季を始めたようだ。

成人式は日にちが変わってから久しいが、北国は毎年雪や吹雪の荒天に恵まれる?加えて「人に成り損なった」連中が成人の式典で暴れている。そんなに暴れたきゃ北国の熊の出る山懐深くに入って「マサカリ」担いで熊と戯れろッうの!(バカたれどもめ、くまったもんだ…)

人生は短いがコメントは長い・・・・・・ボクの元気なときの2週間分の吐露だ。ガマンしてけろじゃ。
そんじゃぁ又、明日からドッグじゃなくてドックさ行ってくる。24日すぎまで長っ尻の毒舌は「お・や・す・み」ダ!!  (彰)

猫じゃ猫じゃ…

前回記事は、飾り窓の猫ならぬ窓を背景に枯野に佇むお猫様の1枚のみで寂しかったから、今回の猫ショット大サービスは嬉しい(笑)
自転車の横を通りすぎるサビ子猫が可愛いですし、カメラを見る黒にゃんや白地に茶ブチの三毛ならぬ二毛にゃんも愛らしいですね

凧上げ…荒川河川敷でも、タイミングがあわなかったのか今年は目にしていないような
和凧はインテリアと化し、空に浮かぶは洋凧バージョンばかりになってしまいましたが…揚げやすければそれも良し、でしょうか


皇室廃止の立場に立つ者としては、「退位」を含めコメントし難いものがあります
今上天皇(をはじめとする皇室)は、現行憲法によりその地位を保障されていますから、憲法遵守は大前提
そこに「退位」という憲法に規定がないアクションが出てきてしまうと、どこにどう突っ込んだら良いのやら、と思います
ただ仮に、今上天皇が退位したら、国民の喪失感は何をもってしてもカバーできないでしょうね
皇太子夫妻がこの穴を埋められるとは思えませんし、今上天皇夫妻のように一つ一つ積み重ねる姿を見守る、あるいは新たな皇室像を受け容れるだけの余裕が今の国民にはないでしょうから…

ところで、天皇をどこまでも蔑ろにする安倍一派は、結局のところ何をしたいのでしょうね

トラの威を借る・・・

[天皇をどこまでも蔑ろにする安倍一派は、結局のところ何をしたいのでしょうね]。つまるところまたぞろ統帥権を握りたいのではないか。

皇室の存否についてどうあればいいのかボクにはわからない。でも嘗ての敗戦以降天皇陛下は「人間宣言」したのではなかったかな。その立場を思えば、公務、公務と称してあまりにもこき使いすぎる。健康管理に全国の医師が万全の体制で常に構えているとしても「神じゃなく、人間」なのだからいつかは落葉の季節がやってくる。

昨年、自ら生前退位のオコトバを発したのはアベシンが自分を利用していることにガマンできず、また嘗てのような悲劇を繰り返そうとしている政権に危惧しているからではないだろうか。現天皇の生前退位発言は「国民の喪失感は何をもってしてもカバーできない」でしょうが、体力の限界を国民の多くは認めているのだから、憲法とか皇室典範を盾に云々する前にボクらと同じ人間の尊厳を理解してあげてはどうなんでしょうか。  (彰)

Re: ええじゃないか、えじゃないか!

50年前の成人式に出なかった私は何も言えない。が、成人式がケツの穴が疼くような妙な日であることは理解できます。暴れろ若者よ、お前たちの感覚は正しい。でも、ほんとはもっと暴れるべき場所があるはずだよ。それはどこかって? さあ……。

24日まで毒舌はお休みか……その間、十分舌を磨いてきてください。

Re: 猫じゃ猫じゃ…

> ところで、天皇をどこまでも蔑ろにする安倍一派は、結局のところ何をしたいのでしょうね

オレ様のやることに横から正しいいちゃもんを付ける陛下が鬱陶しいんでしょうか。日本会議の連中は陛下に飾りの猫に徹してもらい、それを政治利用して改憲を進めたいと思っているんでは。現にそのようなことを公然と言う有識者もいます。陛下には黙っていてもらわにゃな、そのとおりですよ、象徴なんだからね……。どうやら陛下が望む国民的議論にはなりそうもない。

Re: トラの威を借る・・・

天皇を盾に統帥権を握る……岸に加え東條英機が乗り移ったような恐ろしさですな。

国民は暮らしが良くならないのでますます一強安倍政権への支持を強めていくらしい。中南米の古代国家みたいに、人身御供をどんどん捧げてついに国が滅んだ例を思い出します。こっちはデフレスパイラルより怖いぞ。

私個人は

今の天皇と皇后を好ましく思っております。テレビに映れば、お元気でいて欲しいと思います。でも、私自身、政治を勉強してきた人間でない。いろいろな考えがあることも事実。違う考えの人とも、話を出来る人間でありたい。そう思っています。

 ところで、なぜやっこが上がらないのか。何で今のタコは尻尾がないのか?子供の頃は安定感を出すため、長い尻尾にしたものだ。たこ糸が目一杯に張って、気持ちよかった。あの喜びは今、ほとんどの子は知らずにいるのだろう。

また自転車の車輪の脇の猫は可愛い。

Re: 私個人は

天皇陛下の退位より安倍晋三の生前退位が先ではないかな。


凧の尻尾はなぜなくなったのか? 気づきませんでしたが本当ですね。尻尾があればこそ音も出たし迫力があったんです。洋風化したからでしょうか。カメラで狙いにくいのもそのためだったのか。尻尾切り反対です。尻尾を復活せよ!

気がついたかな?

上段右側の猫は修正しましたが調子が出ずに、別カットに差し替え更に修正しました。フーッ、今度は大丈夫だろうな。気を緩めるとミルナくんに突っ込まれるのでね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/413-d8954a30