手を切った男 

DSC08244bh2.jpg DSC08251bh.jpg DSC08227bh.jpg

11日、運転免許の書き換えで江東試験場へ行く。新年開けの平日はがら空きである。昔は警官上がりの陰険なジジイが無茶な指示を出しイヤだったが、今は妙齢のお姉さんがやさしくやってくれる。免許証の写真撮影はDNPのカメラで行っていた。しかし、視力が0.7ぎりぎりで焦った。前の晩、遅くまで新聞のスキャンをしていたせいか、ランドルト環の切れ目がよく見えなかった。3年後はだめかもしれない。眼科でも毎月の視力測定は鬱陶しいが、検査結果はそんなに悪くないのだ。
30~40分ほど待って出来たものを受け取り、木場へ出て新田橋界隈を歩く。近所には従妹と従弟一家が住んでいるが、敬遠され気味なのでめったに立ち寄ることはない。須崎神社の前に、昔従弟とよく行ったプラモ屋があったけど、今はどうなっているのか。この日、黒猫の姿も見えなかった。

                   
DSC08209bh2.jpg DSC08223bh.jpg DSC08217bh.jpg

木場から三ツ目通りをバスで都現代美術館前まで行き、TAPギャラリーで今年最初の個展・佐久間元の『のすり』を観る。カラーによる『そこへゆけ』のシリーズに対し、こちらは6×6でのB/W作品。ノスリとは小型の猛禽類で、捕食の際、野を摺るように飛ぶことからその名前が付いた。ノスリの気分で撮り集めた光景は諧謔味とも言える。次に新宿三丁目のサードディストリクトギャラリーへ立ち寄り、関薫『白い息』を観る。同ギャラリーのメンバーはみな一筋縄ではいかない野武士タイプだが、関作品もある種パラノイア的な視線を貫くものだ。
別の日に観たものも挙げておくと、トーテムポールフォトギャラリー・宛超凡『水辺にて』は若い中国人作家の作品。重慶近郊の河の岸辺に寄る人々の姿を時間の断片として捉えている。この河原は殺風景で整備されているとは言えず、眺望もすっきりしない。とてもリフレッシュできる場所とは思えないのだが、中国人の考えは違うようだ。立ち寄っては去って行く人々を川の流れの喩のように撮ったその意図は伝わる。新宿エプサイト・みうら のりこ『Found Scenes』はピントがすごく浅い。と言ってボケがはっきり分かるような撮り方ではない。その曖昧さがどことない違和感につながる。本人と話をしてみたが、逃げをうつような受け答えが曖昧さに輪を掛け、いささか後味が悪かった。絞りはF11近辺だと言っていた。
今回の展示を最後に営業を終える新宿東口のコニカミノルタプラザ。思えば甲州街道沿いの島津ビルからだから私も二十数年お世話になったわけだ。最終回の3つの写真展では蔵人『さるく長崎-猫街散策II-』と、小池英文『瀬戸内家族』が印象に残った。蔵人の写真は猫をほとんど添景として扱い、猫がどこにいるか分からないようなものもあったが……。小池展はレンズの選択か画像処理の上手さか絵作りが絶妙である。


DSC08190bh2.jpg DSC08204bh.jpg DSC08262bh4.jpg

誕生日プレゼントというわけではないが、セゾンカードのポイントでジョゼフジョゼフ三徳ナイフをゲットした。イギリスのキッチン・テーブルウェアブランドだとのこと。刃渡り約13.5センチ、グレーコーティングのステンレス刃でケース先端にシャープナーが付いている。切れ味は抜群。早速指を切ってしまった。


DSC08263bh.jpg DSC08218bh.jpg

                 

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

悪縁や腐れ縁ではなく…

大納言様が、ご自分の手の指を切ってしまったのですね
ちょっとワクワクしながら読み進めて、最後であらら…と思ってしまった不謹慎な姥です(笑)
でも、「SAIYA」入口脇のお知らせに「ケガのため云々…」なんてあるから、関係が?と一瞬勘繰りそうになりました
入院の日々は刺激もなく、退屈で退屈で、ヨウツベで「欠伸指南」を聴こうかな、なんて気になるこの頃です


現美は、まだ改修工事で休館中でしたね
なんちゃらコーヒーやら何やら、界隈がお洒落スポットになって足が遠退いていますが、リハビリがてらのウォーキングには、起伏が少ないあのあたりは上野や谷根千より適しているかも…

猫たちは、変わらず可愛らしい(笑)!!


せっかく切れ味が良いナイフを手に入れたのですから、いつまでも抜けない風邪や不調をバッサリ切り捨てたいもの


太平洋の向こうでは、いよいよ次の大統領の就任式
Twitterで恫喝されたくらいで尻尾を丸める自動車メーカー御曹司もどうかと思いますが、それ以前にABEポチが尻尾振ってすり寄っていますから…

1月解散説は消え、都議選とのダブルは公明党次第
本番はこの秋か、なんて話もあるようです
先行きは明るくないけど、僅かでも楽しみを見つけて日々を過ごしたいものです

Re: 悪縁や腐れ縁ではなく…

遅くなりました。時々ネットにつながらない時間があるのが困ります。

そうです、私が指を切りました! 切れがよすぎる。
ま、当方としては、読者が画像と文章を組み合わせて自由に物語を作って下されば御の字です。SAIYAという飲み屋?はかなりの場末にあり心配なほどですが、昼間しか通らないので実態は不明です。この前行くとこんな貼り紙があり「桜の咲く頃」なんて最近誰かが書いてたなと思い掲載しました。ちゃんと固定客がいたんですね。

駐車場の3兄弟はこのところ行かなかったら今日は姿を現しませんでした。別の猫はいたけど……。あんずはだいぶ年老いてお昼寝タイムには面倒くさそう。でももう少ししたら起き出してしゃかりきで毛繕いしますよ。

明日はトランプ大統領のあれでしたね。
米英そろって保護主義に突入、中国が自由貿易を叫ぶご時世です。硬直した思考を捨てないと日本は置き去りにされてしまいます。ピコ太郎に新しいネタを作ってもらわなきゃ。ドナルドの孫娘に受ければバンジーOK┓( ̄∇ ̄;)┏

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/414-19f61fca