ハイシャ復活戦 

DSC08897bh.jpg DSC08938bh.jpg DSC08884bh.jpg

土曜日、眼科へ行く。主訴は左目のかすみが強いことだが、視力検査ではある程度数値が出るためか先生の危機感は薄い。昨年は白内障が右目にあるとのことだったが、今年は両目にあると言われた。そのせいだろうというのだが、ではなぜ右にも症状が出ないのか納得のいく説明はない。それ以上聞くと切れそうな雰囲気なのでとりあえずは引き下がった。何とか病院の何とか部長をやったとの経歴がサイトに載っており、確かに診察は緻密で丁寧だが器が小さい。限界かもしれない。来週は数年ぶりに以前の歯科クリニックで歯を診てもらうことにしている。

                          
DSC08915bh.jpg DSC08941bh.jpg

松方弘樹に続き渡瀬恒彦が胆嚢がんで亡くなった。享年72。獅子座の生まれだ。いろんな作品に出ていたようでつぶさには知らないが、テレビの十津川警部シリーズ(TBS)は亀井刑事を伊東四朗が演じ、高橋英樹-愛川欽也コンビで30年続いたテレビ朝日の同シリーズともども楽しませてもらった。彼の映画で忘れられないのは巨匠山本薩夫の『皇帝のいない八月』である。確か名画座で『新幹線大爆破』と二本立てだったような気がする。渡瀬はクーデターを画策する若きリーダーを演じ、これが役者としての飛躍の契機になったという。当初の主役の想定は兄の渡哲也だったが、スケジュールの都合が付かず渡瀬にお鉢が回った。しかし三島由紀夫ばりのアジテーションをぶつ場面など、常識人の渡瀬に狂信的なカリスマ性は出せず、いささか残念な結果に終わった。むしろサブを務める三上真一郎がよい。
小林久三の同名小説を映画化。現体制に不満を抱く自衛隊の過激分子が三々五々首都をめざし、主力の渡瀬隊は寝台特急さくらを列車ジャックするのだが、当時の国鉄にも自衛隊にも協力を拒まれ、列車のシーンはセットとミニチュアで撮っている。そのため特急の疾走感が全然感じられず、銃撃戦の指揮の拙劣さと相まってフラストレーションが溜まった。『白い巨塔』の山薩ならではのオールスターキャスト大作だが完成度はイマイチ。象徴となるはずの交響曲「皇帝のいない八月」(佐藤勝作曲)もメリハリを欠いた。ラストはロボミーを施された三國連太郎の表情が不気味だった。

                            
DSC08950bh.jpg DSC08947bh.jpg DSC08946bh.jpg

大久保辺りでは、60年安保世代の自死が取りざたされたらしい。仄聞する限りでは生活苦からの焼身自殺だったとか。おそらくは80歳前後。国家(行政)の施しは要らない、生活保護は受けないという自恃であったのか。かつて共同的営為が除外した生活――家族や老いや貧困や死という極私(きょくし)的なものがそれぞれに立ち塞がっているようだ。少し前に書いた友人Y君も全共闘の端くれだったらしいが……。
     

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

昨日…

「アンコン」という言葉を目にしました
アッキーの100万円ではなく、国有地問題が本筋のはずなのに、メディアはもとより野党も雲行きが怪しい…
これもアンコンゆえか、と疑いたくなってきます

さて、猫ショット
威嚇するかのような黒にゃんも愛らしいけど、昇天したかのように爆睡する茶にゃんに軍配をあげたくなりますね
触りたい、でも、邪魔したらいかん…目の前にいたら、ジレンマに陥りそうです

我が母校?

今月初めにさっそく母校へ行ってきた。と言っても学校ではない。一昨年から在籍している某総合病院だ。今回は眼科で、半年前からの経過観察だ。D君ほどではなく、良くはなっていないが悪化はない、と一体どっちなんだヨ、はっきりしてくれと聞くと、年齢のわりには良い方だってさ。前回の女医よりは今回のほうが受け答えが明るくてよかった。何しろ検査室はまるで暗室のようで、女医の声だけで良し悪しを判断しなければならないので気を使う。切れられると当方もそうなるからね。常駐医じゃないから、半年も経つと二度と会えないから切れてもいいとは思うが、興奮のあまりボクのアタマが切れると怖いので忍従のひと時だった。今週末には歯医者だヨ!誰かとおんなじだぁ~

Re: 昨日…

> 「アンコン」という言葉を目にしました

アンダーコントロールの略とか。アンコンしたつもりがメチャクチャとなり秋の風。ご本人はさっさと海外逃亡、今回はアッキーは付いていかないのかな、私人だからかな?

猫ショット。茶猫は爆睡じゃなくて撫でて欲しくてゴロゴロしているところ。拡大すると目はちゃんと開いているんですが……。そういう受け止め方が出るだろうとは思いましたが、なかなかいいカットがなくてね。

Re: 我が母校?

病院を母校としつつ春来る――


完全卒業はまだまだですな。
医者殿もそうですが、受付の女史がまた行くたびにとんちんかんなことを聞くので困ってしまう。慢性病なんだからそうそう毎月変わることはないんですがね。

視力検査にしても昔ながらのランドルト環だけに頼るのではなく、カメラのレンズのようにコントラストやMTF、球面収差、歪曲収差、非点収差を調べるべきはないのかな。医者殿はコントラストという言葉さえ知らないみたいです┓( ̄∇ ̄;)┏

歯医者も変えようかとあちこち調べましたが、どうもピンとくるところがない。不満ですが知らない天使より勝手知った悪魔の方がまだましという考え方で……。

おかげさまで延べ22,000人の

訪問者が……。
友好的なものばかりではないのが残念ですが、世の中そんなもの。いいじゃないかい、皆の衆♪


引き続きよろしくお願いします。

ええじゃないか、えじゃないか!

22000人もの訪問者があっただなんて、ええじゃないか、えじゃないか!大納言殿はワルの権化、安倍晋三くんや籠池君、ともちん達よりも善良な市井の人なんだから、逆にそれを妬む訪問者がいても可笑しくない。それだけ「如月より」は世のためひとのためになっているってこった!ボクはこれからもグチグチとコメントするゼ。

Re: ええじゃないか、えじゃないか!

>ボクはこれからもグチグチとコメントするゼ。

ありがとうございます。よろしくお願いします。

このブログはアンコンじゃないぜ

このブログ 22000人の訪問者とはすごいぜ。
何物にも掣肘されず、自由で自立した言論機関だからねえ。

東京は総無責任体制ですな。昨日一日吐き気が収まらなかった。ペラペラよ~くしゃべるくせに、肝心なことになると、「記憶にありません」と。あの男のワルの本質が良く見えましたね。その点ではたけた戦術家だ。
 何べんでも呼び出してやればいい。最後まで。その際には、ジミント―は質問を遠慮すべきですねえ。同じ穴のむじななんだから。

ただ、小池が石原以上に狡猾な戦略をもって東京支配を画策していることから目をそらしてはいけない。大阪維新の二の舞にならないように。都民は何度学習したら「本質」を学ぶんだろう。

都議会をみていると、まるで戦後の戦争責任の取り方みたい。やがて、安保法制で大量の戦死者が出ても、「私は議会の議論にしたがってハンコを押しただけ。有権者の支持もあった」なあんて、無責任を気取るんでしょうねえ。だけど、そんなこちゃ許しませんぞ。アベ倒せ。ともかく倒せ。何としても倒せ。共謀法をつぶせ。そうしないとこの国の未来はない。

Re: このブログはアンコンじゃないぜ

> 何物にも掣肘されず、自由で自立した言論機関だからねえ。

いえ、掣肘を受けておりますが、ま、それはそれとして……皆様にはお世話になっていることを感謝申し上げます。

さて、慎太郎の証言。片山善博は「その時その時の手順を踏むべき段階に議会がきちんと検証すべきで、今になって百条委員会を開いても遅すぎる」と語っていましたが、そういうオレ様的雰囲気をつくって独走してきたのが慎太郎なんですから、議会の無作為こそ追及されるべきでしょうね。それは都民の責任でもありますが。
最高裁は景観を護ろうとした国立の上原元市長個人に何千万円の賠償(市の実質的被害はゼロ)を命じました。その例に照らせば、新銀行東京でも海外出張でも私物化で都民に多大な損害を与えた石原が賠償するのは当然とも言えますが、世論が盛り上がらないとね。

今日は朝から雨で、腸の具合もよくない。病院から診断書が出来たと言ってきましたが足止め。なにせ厄日です。

ついに共謀法だ!

コーモリ党は自民党とともに都議会の確たる「与党」だったんではないか。ところが、小池がが出て、自民党と組むのが具合が悪くなると、さっと小池党に身をすり寄せる。選挙でも候補者調整をするとか。これまで都議会与党で甘い汁を吸って来たからねえ。昨日の小池党の若造が冒頭に「ボードは公明党さんから借りています」ときた。この2つが手を握ったことを公表したわけだ。大阪もそうだ。常に勝ち組に乗ろうとする。

ところで、アンコンとはunder control (コントロール下にある)という意味と、uncontrolable(統御できない)の両方があるのかねえ。だとすれば、まったく違う意味だが。
何でもご存知のダイナーさん。どうなんですかな。説明をして下さい。

とうとう共謀法が出た。ついにだ。これで民主主義に止めをさすつもりだろう。
安部は絶対許せない。許せない。許してはならない。あらゆる知恵を尽くして、この極右内閣を潰そうではないか。

Re: ついに共謀法だ!

アンダー・コントロールだそうです。アベの五輪演説から来ているようです。
これが転じて安倍政権による圧力、メディアコントロールを揶揄する言葉として使われるとか。政権に不利な情報を伝えない姿勢のメディアを「アンコンされている」などと使うようです。

公明は戦前に教祖が治安維持法で獄死した歴史を忘れたようです。余程政権の温もりが忘れがたいと見える。当然、学会員から突き上げが激しくなるでしょう。楽しみですね。

牧口常三郎 ですね

公明党の開祖 いや創価学会の創始者とされているの牧口常三郎は、実は北海道で育ち、北海道の師範学校(現北海道教育大学)を卒業したんだ。北海道の空の玄関口の千歳市で妙にコーモリ党が強いと思っていたら、あの近辺にゆかりがあったらしい。なんでも全国から信者が転居しているとか。例の「野党統一発祥の地 衆議院北海道五区ですよ。牧口は最後まで転向せずに獄死したとか。(1944年)。
 今は、世俗の欲にどっぷりと漬かって、お題目だけはきれいごとを並べている。常に勝ち組に乗っている。
 東京都の公共事業の入札も、コーモリ党筋の支援を欠くと、落札できない?とかのうわさも。

 今日の地元の新聞では、石原の絶対多数が作り出した腐敗堕落を、小池新党支持の都民は、繰り返すつもりか、と警鐘をならしていました。小池の本質を暴け。あの厚化粧の下の素顔は、ブラックな右翼だよ。
 小池の厚化粧の下に隠されている素顔を暴け。





 

Re: 牧口常三郎 ですね

牧口常三郎初代会長。道産子でしたか。
学会は戒律で縛る砂漠の宗教とも違い、単なる現世利益の宗教ですから、土建屋ともくっつきますしクリーンな政治にほど遠いのではないでしょうか。一時期、学会と共産党が政策協定を結んでいたことなど忘れられているのではないかな。

小池百合子は自民党にいながら政界を揺さぶっていますが、新党ができたら旗幟鮮明になるのではないでしょうか。豊洲問題では住民投票まで考えているような声もあります。靖国は参拝しますし、日本会議国会議員懇談会の副会長を務めた人ですから、推して知るべし。

学生運動派は何をすべきか

60年安保世代の生活苦による自死ですか。それぞれの壮絶な人生があったのでしょう。生活ないところに文化も政治もないわけで、彼らはすべてを投げ捨てて、運動に関わってきたのでしょうか。それとも普通の人間が持っている生活術、当たり前の生活のための「軟着陸」方法の術も持っていなかったのか。

寺島実郎の「シルバー・デモクラシー――戦後世代の覚悟と責任 」(岩波新書)を取り寄せて読んでみました。三井物産の最高幹部だったこの人の人間的な誠実さが伝わって来る。戦前ー戦後世代をくぐった人間は(戦後はも含めて)、今何を考え、何をすべきか。ひしひしと伝わって来る。他方、生活苦に喘いで、不道徳な方法で生活手段を得ている「元学生運動派」もいるし、完全にノンポリになって、去勢された野良犬よりみじめな生活をしている輩も大勢いる。

今日の籠池証言、普通だったらアベ内閣はダウンだね。どんどん真実を暴け。自民党の質問はすべて墓穴を掘る質問になっていた。あんな調子だと、質問権を野党に譲れ!

Re: 学生運動派は何をすべきか

人生いろいろ……で済まされるものかどうか。
クローズアップされる事件の裏には、無数の野垂れ死にがあったりするんですよね。生き延びたからいいというのではないんですが……。


籠池理事長ガンバレ……と、つい言ってしまいたくなるような独演でしたね。彼、ナイツの塙宣之に似てませんか? なかなかのキャラクターだと思いました。アベの留守中に喚問が行われたのはどういう配慮か知りませんが、ここまで暴露されちゃギャフンでしょう。

2025年X月X日

2025年X月X日 
この日、「共謀法」が発動され、全国でおよそ100,000人が一斉に検挙された。前年、すでに緊急事態法に基づいて政党活動は停止されていた。自公党のみが活動を許され、それ以外の一切の政党の活動は禁止されていた。新聞も「産読み新聞」一紙だけで毎日政府報道のみを流し続けていた。だれが逮捕されたがは一切報道しなかった。ダイナー氏の愛用新聞はすでに廃刊されて3年経過していた。「ニュースJCP」を地下ルートで入手する以外に、世界で何が起こっているかはわからなくなっていた。ネット通信は許可制になり、当局の検閲のないブログ、ツイッターその他のSNSはすべて国家情報統制局による検閲下に入っていた。違反するとたちまち投獄だ。密告が奨励されているから、飲み屋で話もできない。電話も盗聴だ。ネットは完全に権力に掌握されているから、危なっかしくて使えやしない。海外派兵法によって、徴兵制が施行され、常時5万人の部隊が世界各地の紛争地区に派遣され、すでに戦死者は5千人を超えた。昨年度からは、戦死者は靖国神社に国葬されていた。

フランスでは、極右のルペンが政権をとったときの将来を描く映画が上映されているとか。映画館は満員の盛況とか。

共謀法の動きをみながら、ほんとうに、このブログの「過去」が検閲にかけられ、罰せられる日が近い、と戦慄をすら感じるこのごろです。

籠池証人喚問で質問したジミント―のオトコは、先週の衆議院の質問では「これはフェイクニュースの類」と言っていたが、籠池のリアルな証言が明らかになっても、なお「首相が否定しているのだからこれ以上調べることは不要だ」の一点張り。まるでゴロツキの論理だ。国会の腐敗、堕落がすさまじい。

「戦闘と言うのは憲法に違反するから、現地で起こっているのは衝突に過ぎないと」いう。現実より「コトバ」が優位に立つ。この恐るべき倒錯。アメリカ以上の「POST TROUTH」の蔓延。
 この頃、妙に体調が悪い。重苦しい時代の雰囲気が体調を悪くしているように思えるのだが。冗談を言うのもはばかれるほどの「独裁国家」が目前に近づいている。アンポ世代は、この時代に何をなすべきか。

籠池は、アベの犠牲者。さらに言えばアベが理想とした「学校」の歴史的早産。ただこの学校が「未来のニッポンの学校」だと教えてくれているように思える。

アベの妻を国会に呼べ!!  




 

Re: 2025年X月X日 だからあ~

そんなことになったら経済は完全にストップ。GDPはがた減りでしょうよ。


よくアベシンは岸の孫だからあんなことを考えてるという人がいますが、なぜ岸の性格だけがそんなに隔世遺伝するんでしょうか。政治思想が遺伝するなんて与太話もいいとこです。父・安倍晋太郎はそれなりに定見のある政治家でしたし、晋太郎の父、アベシンのもう1人の祖父・安倍寛は東条内閣を批判し戦争終結を主張していました。ゴッドマザー洋子の影響としても面妖な話です。アベシンがどこからそのような栄養を得て自己形成してきたのか、調べたら面白いのでは。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/422-be79b427