続ハイシャ復活戦 

DSC08966bh.jpg DSC08967bh.jpg DSC08963bh.jpg

22日、歯科クリニックへ行く。10年ぶりなので改めて歯のX線写真を撮り、歯科衛生士にチェックしてもらう。すると意外なことが分かった。左上のかぶせた歯でデンタルフロスが切れるのは虫歯になっているからだという。かぶせ物の中で虫歯が進んでいたことになる。X線でも分かるくらいだから軽度のものではなかろう。右上には根っこがむき出しになっている歯もあるが、そこも虫歯ができているという。その他指摘されたのは、歯の表面が削れている部分がある(不適切なブラッシング)ことと、歯を食いしばったり歯ぎしりをしたりしていないかということだ。夜中のことは分からないものの、起きているときに歯を食いしばることはよくあるような気がする。歯を食いしばったりすると歯茎の中の骨がこぶみたいに出っ張るのだという。そういう個所がいくつかあった。これが進むとブラッシングがやりにくくなるのだ。
しかし全般的に親知らず以外の歯がほとんど残っていて優秀だと言われた。失った1本はやはりかぶせ物の中で虫歯が進行していたケースで、こちらは根管治療も全然やっていなかったのでしかたがない。子供の時の歯科医が悪いのだが、それ以上に甘いものを食べすぎた自分のせいだ。これは今ブリッジになっているが、将来の耐久性にいささか不安がある。ともあれ、今回は歯石をすっかり取ってもらいすっきり。次回の診察は4月5日の予定だ。

                              
DSC08871bh.jpg DSC08910bh.jpg DSC08943bh.jpg

久々に本を2冊読み終えることができた。まず、光人社NF文庫の新刊『本土空襲を阻止せよ!』。著者の益井康一は元毎日新聞記者。陸軍報道班員として終戦まで中国にて取材を続けた。一号作戦をはじめB29の本土来襲を阻止すべく大陸で戦った日本軍の克明な戦闘記録。渡辺洋二『本土防空戦』の主要なネタ本の1つと見た。
もう1冊は高安国世歌集『光沁む雲』'75(現代歌人叢書)。高安は関西アララギから独立して「塔」創刊。弟子の永田和宏による後書きにこうある。「見える以上のものを見ていこうという意志を持続することは、真実が幾重にもカモフラージュされつつ隠蔽されている現在の情況にあって、何よりも必要なことであろう」(太字は原文傍点)。
                        
  夜に移る群衆か濃く流れつつ迷路地下街のいずこに果つる
  トランジスカンチア・アルビフローラ・アルボビッタータ呟けば小
  さき祈りのごとし
  燃えきわまる炎のごとき夕ぐれの一樹の声を聴きそびれたる
  薔薇の青き蕾鬱々と群れ立てりにがき歓びといえど遠しも
  湖に出て風は舞うらし繋がれし白きヨットの向き変わりゆく
                           
高安の歌は好きだが、短歌において見える以上のものを表現することはなかなか簡単ではない。

                       
DSC08858bh.jpg DSC08944bh.jpg
                        

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

現代版治安維持法 岸井さんが去っていく?

共謀罪 提案過程は戦前の治安維持法と全く似ていると思う。そんなことするはずない。そこまで取り締まるはずがない。この安易な考え方があの未曽有の戦争を生み出した。共産主義者、自由主義者、果てはすべての人間が監視対象とされた。あの悪夢を繰り返したはならない。

あの時代と違うんだから…なんてのんきに構えている根拠なんてどこにもない。
しばらく、この法案を阻止するために、私はできることの最大限をする。

ネットで「いいね!」を押すだけで「共謀」したことになるとするなら、ネット上の配信は委縮してしまう。そして発信する人がいなくなる。極右内閣が目指しているのは、まさに徹底した警察国家だということを直視しなければならない。

今日のサンデーモーニング。岸井の動向がネットで流れている。権力に少しでも都合の悪い番組のキャスターが一人そしてまた一人と消えていく。
これをどうみるか。
 岸井がサンデーモーニングから去ると、あの「広告」を出した極右勢力はみずからの運動の成果だと大喜びするだろう。
 かくして、時代は「戦争」へと近づいていく。

戦争法が国会に上程されたとき、「まさかそこまでするはずないだろう」と言われた。しかし今は自衛隊は「自営」とは関係ない南スーダンに派遣された。戦争法の実績を作るためだけに。戦死者が現に出たら、「まさか…」と述べていた人間の安易さが問われる。東京の豊洲もなにもかにも。つまるところ、あなた自身が、傍観者ではなく、主体的に行動することが求められている。行動なき評論は、無責任なたわ言に過ぎない。

平和のないところには、文化も芸術創造もない。音楽も美術もない。

歯の治療

すっかりサボっています
今、連絡しても二週間後には入院だし、時間や金銭よりも先に、通院に要する体力がない…
可能な限り地元医院で対応してもらうのが賢明だった、と思うこの頃です

最後の写真、総武線に乗って神田川を眺めたくなりました(笑)

Re: 現代版治安維持法 岸井さんが去っていく?

民主主義は性悪説に立たねばなりませんね。
今日の「日曜討論」でも斉藤鉄夫がマヌケ面を曝してましたが、今まで国交相の座を占めてうまい汁を吸ってきた公明党に籠池氏を追及することはできませんよ。共謀罪では横浜事件を思い出してもらいたいものです。

岸井氏は今日も休み……。やはり外されたんでしょうか?
根性のないTBSが忖度する可能性はありますね。言論陣が安倍3法を先取りしてしまっては話にならない。 

Re: 歯の治療

> すっかりサボっています

なんだ、さぼっちゃったんですか? イカンイカン!
私が大学病院を止めたのは、仕事が減って先のスケジュールが入れにくくなったのが原因でした。難しい治療は大学病院も仕方ありませんが、そうでなければ小回りのきく地元がいいかも。山姥さんのハイシャ復活記を待っています。


最後のカットは市ヶ谷。お茶の水に清流が復活するのは当分先ですね。

渡辺洋二『本土防空戦』

この本は文春文庫に入るとき『死闘の本土上空』という、全くインパクトのないタイトルに変えられてしまいました。編集者の仕業らしいが、タイトルによって本は生き死にを決められてしまいます。

お寒うございます

花冷えと呼ぶには、ちと寒すぎる週末になりましたね
猫にも人にもありがたくない寒さです


さて…
森友学園の新理事長は、「旧教育基本法」に立ち返る声明を発表したそうです
どのようなことがきっかけであっても、改悪される前の教育基本法(姥にとって「教育基本法」はこれのみですが)が注目され、評価・支持が集まり、「改正」されることを願ってやみません

それにしても、お隣の国では(前)大統領が逮捕されたというのに、我が国では総理夫人の証人喚問すら実現できない…
秘書役だった官僚に責任を押し付けて、オシマイのつもりなのでしょうか
歯がゆいばかりです

タニガキ君があんなことになっていなければ、事態の収集と後継の流れができた可能性もあったでしょうに、とふと思ってしまいました

Re: お寒うございます

新理事長は籠池の長女……なかなか賢そうな女性ですが、一家そろって妄想にとりつかれているという声もあり、心配ですね。


谷垣禎一氏が健在でも何ができたか……。その後さっぱり情報が出ないところを見ると、芳しくないんでしょうね。自転車事故とはついていないというか、ダメージコントロールがなってなかったというべきか。

このところ寒けがきつくて猫町には足が向きません。次の更新に猫はナッシー┓( ̄∇ ̄;)┏

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/423-82daae30