牡羊座と蟹座のカップルは不吉 

DSC09565bh.jpg
               
連休中の一日、目黒美術館で「よみがえる画家-板倉鼎・須美子展」を、次の日は世田谷美術館分館・清川泰次記念ギャラリーで「清川泰次の写したパリ」を観る。
目黒は28歳でパリに客死した板倉鼎と、25歳で他界した妻須美子の画業を紹介していた。夫婦で渡仏して先端的な思想を吸収し、羽ばたき始めようとした矢先の鼎の急逝は無念。鼎が牡羊座の生まれ、須美子が蟹座で、その結婚は不吉な前途を予感させた。帰国した須美子と幼い子供2人も相次いで世を去っている。
世田谷は、画家の枠にとどまらない清川泰次が1954年にパリを撮った作品を展示する。もともと、立体カメラStereo Realistで2カットずつ撮影されたものだが、展示はその1カットをプリントしている。パリ裏通りのスナップが味わい深い。親交を深めた藤田嗣治がアトリエで裸のモデルを描く様子も撮影しており、帰国後その1枚が『アサヒカメラ』(1955年2月号)の表紙を飾った。なお、立体カメラの撮影画像を変換し、数カットを赤・青のメガネで見られるようにしたものが置いてあったが、私の左目は色覚が弱いのでうまく立体視できないものもあった。

                        
DSC09532bh.jpg DSC09551bh.jpg DSC09541bh.jpg

「ウォーターゲーム」にはいろいろご意見をいただいたが、私自身内容をよく把握できなかった部分もあり、たまたま届いた元江東区議・前田かおるさんの区政レポートがうまく纏めていたので、その要約を引用する。
①水道事業での国と自治体の役割を事業計画の策定と実施から「水道基盤強化」へと変更し、事業の経営主体は水道事業者等とする。②水道事業に公共施設等運営権を新設する、等の内容となっている。この法案は公的責任を大幅に縮小し、計画と実施の責任を民間の株式会社が持つようにできる、民営化のための法案になっている。参照法であるPFI法を水道事業に適用する法案と言える。公共事業等運営権は自治体が施設の賃貸借兼は持つが、事業内容については運営する民間企業が決めるというもの。民営化すれば料金値上げもほぼ確実ではないか。PFI法では運営企業に破綻や不正があった場合、自治体が企業に損失補塡するとまで定められている。あまりにも露骨な企業の利益優先の法案ではないだろうか……。

                            
DSC09567bh.jpg DSC09533bh.jpg

高円寺北口でH君が営むバー鳥渡(ちょっと)に掛かっている林剛平写真展「雪の山、ブナの落ち葉、足の裏の肉球が弾む」は意外な拾いものだった。山形と新潟にまたがる山をテリトリーにするマタギの1グループにつごう5年間同行した記録だ。林は東北大の研究者で、3.11以降の放射線の影響を調査してきたという。この地域は日本の原発事故の放射線は極小となる代わりにチェルノブイリの放射線がまだ残っている。それを熊の肉と糞で調べるのだそうだが、淡々とした記録写真に凄みがある。何となく甲斐啓二郎のシリーズ作品を連想してしまったのは、タイトルの熊という字のせいばかりではなさそうだ。15日まで。

団地東側の工事内容が判明した。真ん中に道路を引き、両脇に2階建ての木造アパートが数棟できる由。2階建ては元が池で地盤が緩いせいではという声あり。
                             
                        

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

ゆとりのない日々

時間に追われるような日々が続き、やっと休みになったら、今日は通院で半日潰れました┓( ̄∇ ̄;)┏

大型連休が明け、国内はキナ臭い動きがあちこちで蠢いているにも関わらず、反対する側は今一つ気勢が上がらないような…
近い将来の共謀罪よりも今日の仕事で明日の御飯かパンか、なんて感じなのでしょうね
共謀罪に改憲に、と、アメポチは本来ならば圧倒的に不利な立場であるはずの我が身を自覚せず、やたらと攻めまくる………
物事の理を知らない・理解できないって、ここまで無敵なのですね


ところで、猫がいない…と思っていたら、招き猫に狂喜乱舞(笑)
この招き猫のお店も、高円寺にあるのですか?

Re: ゆとりのない日々

> 時間に追われるような日々が続き、やっと休みになったら、今日は通院で半日潰れました┓( ̄∇ ̄;)┏

通院でゆっくりリフレッシュして下さい……?

> ところで、猫がいない…と思っていたら、招き猫に狂喜乱舞(笑)
> この招き猫のお店も、高円寺にあるのですか?

このウインドウは新宿御苑の駅近くです。
猫はちょっとこのところ不作ですね。タイミングが合わなかったり、顔見知りの猫を訪ねるチャンスがなかったり……。そのうちまたUPします。

図書館戦争

いつだったかこんなタイトルの邦画をテレビで観た。ドンパチの戦争ごっこを楽しんでいるような軽い内容だったような気がして、ボクの記憶メモリから消えていた。
新年度になってから、断捨離ごっこを始めた。以前から「本」は一切ゴミに出すことなく保存しているので置き所がなくなってしまったのだ。
今回分別してみて、どうしたものか思いあぐね、買い取り書店に持っていくか図書館に寄贈するか資源ごみにしようか思い煩いながら整理し始めたのだ。

公共図書館が新設されたので寄贈しようと思い、相談しにいったときの話である。気軽に受けてもらえるような雰囲気の対応が、話してるうちに意思疎通にずれが出てきた。そのうちボクはイライラしてきた。
「どんな本なら受けてもらえるのか」。原則的には「単行本に限る。そのうえ発行年の新しいもの、シミのついてないもので既にあるものはいらない」、選り分けてみて条件に合ってもお返しすることもある。と言う。
文庫本サイズや雑誌系もいらないと言う。

昭和の4分の3以前に生まれたボクの時代、本はものすごく貴重だった。その思いが染み付いているので、図書館並みの自宅があれば全部保存しておきたい気持ちが溢れでるのだ。ゴミにだすのは何としても忍びない。

図書館と意思疎通が図れないのは、どんな本でも大切に可愛がってあげたい気持ちのボクと、上から目線のお役所仕事的発想との大きな段差のせいだ。
しかし、解せないのは、一冊あればいいという考え方が分らない。なぜ文庫本サイズは要らないのかもだ。

新しい本を揃えると言っても、ボクらの町民税から購入しているわけだから、さほど目立たない汚れなどがあってもどしどし寄贈してもらい、充実させたらどうなんだろうと思っている。やっぱりお役所なんだな。

地元のためにと思えばこその寄贈は大きなすれ違いで、(必要なら購入するし、受けた本の整理に時間がかかる、面倒だ)そんな声が聞こえてきそうだ。本を読まない、大切にしない世代が現世をしめている限り、本は単なる紙くずなんだろうな。

いまのボクの気持ちは、『古いヤツだとお思いでしょうが、古いヤツこそ古いものをほしがるもんでございます・・・・・・』(「傷だらけの人生」を参照)なんてね。(彰)

Re: 図書館戦争

断捨離……どうもあまり好きになれない言葉ですな。
ま、それはそれとして、図書館に……すんなり受け入れて貰えないと。

おっしゃる通りで、価値観ががらりと変わってしまいましたよね。
知識に価値を求めない、求められない(価値がない)社会が現出しました。
いまや古本屋でも買い取りはいい顔しない。「本読む人なんかいませんからね」と言っているくらいです。本がだぶついているようです。どうしたらいいか迷いながらそのままにしているのが現状です。

首都圏ならば「もやい」がやっている「チャリボン」で、バーコードの付いている本・DVDを対象に、宅配便で回収し買い取り額がもやいに寄付されるシステムがありますし、東京メトロでもメトロ文庫ということろに寄付可能ですがね……。

本の数は皆さんのざっと1/50くらい

読んだ数も、蔵書の数も。私の読んでいるブログの管理者さんは、ほんとうにすごい量の本を読んでいるし、知識量も豊富。政治も経済も、社会情勢も、恥ずかしさ通り越して、私には今さらどうにも世界であります。
 本はろくに本屋にも行かないが、ブックオフにはたまに寄ります。
 「ありがとう、楽しめました」と、本出しの日に、束ねて出してます。百五円の本ばかり。butミルナ氏の気持ちはわかります。思い入れた本は捨てられない。いとおしい。私は基準は、「もう、」おまえをとって置いても、おそらく、もう一度手にするだけの「ちから」が残ってそうにない。すまんな。そうお辞儀して、束ねるようにしております。ポイポイ、平気で捨てる人も居れば、持ち続けている人も居る。ただ心の中に、すっきりした感情は起こる。残りの人生を測って、すまんな。と、いいながら、束ねる。そのうち0冊か? 命尽きる時か‥なんちって。
 でも、このような、味わい文をのせてくれるミルナ氏に、ホッとする。さあ、今日も生きnight。昨日は焼酎が切れて養命酒をずいぶん飲んでしまった。よく眠れるが、あれは飲み過ぎるのもよくない。なんちって。

Re: 本の数は皆さんのざっと1/50くらい

お早うございます。これから野辺地へ旅立ちます。天気が悪い。


ところで、本出しの日とはどういうシステムか詳しく……。


また養命酒は朝鮮人参が入っているので、血圧が高い人は要注意だって!
焼酎代わりに養命酒は危険。

古新聞と

段ボール、雑誌類も文庫本も、毎水曜日。本出しという言葉は私の造語。反省してます。そもそも出す本も滅多にない。新聞も母が朝だけとっているのを月に一度くらい、出す程度。隔週で子供会が独自に市のシステムとは別にやっているらしいが、こんど、そっちに協力してやろうと、妻が言っていますが、そのシステムがようわからん。ただ、決められた日に、出しとけば、必ず持って行ってくれる。それですんでいます。あっ、もしかして、古紙回収のこと? そりゃあ、ダイナー氏が近所なら、協力するがな。説明にならずスイマセン。野辺地。差し出がましいが、弟さんとは、普通に仲良く。いい季節なんだろう。写真、頼みますぞえ。希望が湧くの、撮ってきて欲しい。

養命酒ね、見たら、ニンジン、確かにはいってます。そおか、血圧か、うへえ、で、1.8リットルの芋と、麦、まとめて三本、買ってきた。それにしても、老いの進行の深さと速さばかりに気持ちがなえている。老いていないのはダイナー氏だけだな。

狂暴罪・・・

それにしても安倍晋三にケツの穴までほじくり回されている野党の諸君!どうなってんの?実に情けないよ。大労組の諸君もケツの毛を抜かれっぱなしじゃないか。公労協時代に燃えたぎった民主的な戦闘は、いったいどこへ行ってしまったのだ。

五輪ピックにかこつけた共謀罪が数日中に可決されようとしている。世論の盛り上がりはいまひとつで野党の戦う姿勢もよく見えない。
この中に処罰対象となる『組織的犯罪集団』に業務妨害罪なるものがある。これは労働運動をターゲットにしたものだ。しかし、町内会の集会だって角度を変えてみればターゲットになる。近所の公園などで数人がヒソヒソ話をしただけでも、会社帰りに居酒屋へ行っただけでも標的だ。
安倍晋三が『一般人は対象にならない(しないだったか・・・)』とほざいたが、それなら「料亭や総裁室、閣議室」でおまえらがやってるのは《国民反逆罪》だろう?りっぱな共謀罪じゃないかね。
われわれ国民にも、革命や維新をする権利があるということを何よりも恐れているのが無能政治家、徳のないのに不徳をのたまう政治家なんだろう。

戦前は二人が立ち話をしただけでパクられた。しかしもっと恐ろしいのは『人権擁護法』案だが、これよりも更に凶悪な『人権侵害救済法』案というのが、またぞろモグラ叩きの如く出てきた。廃案のたびに名前を変えて何度でもでてくる。
どんな法律でも「何もしない一般人には関係ない」、その何もしない者でさえ罪人にできるのがこれらの法案だ。
マスコミは何故騒がないのか?それは今のところ「こっちの水は甘いぞ」の甘言にたぶらかされているからであるという。ジャーナリストのいう真実なんて、しょせんは《屁のつっぱり》にもならねえッてことか。

反体制の烙印をおされた大労組や野党の最後は、結局自己保身のため大政翼賛会に飲まれるんだろうな。そしてボクらは国家総動員法でもってカゴの鳥になってしまうんだよ。

『・・・今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。―― 何から何まで 真っ暗闇よ すじの通らぬ ことばかり 右を向いても 左を見ても ばかと阿呆の からみあい どこに男の 夢がある)・・・』(彰)




Re: 古新聞と

何だかよくわかりませんが、毎水曜日にやってるのは市の回収で、今度からは子供会の回収に協力しようと奥さんが言っている、そういうことでしょうか?

Re: 狂暴罪・・・

人権擁護法……とは、どういうものでしたかな?

月曜日…

思い立って、亀戸へ
北口のスロットの前を通過し、魅力的な路地をひたすら北上、蔵前橋通りの一本手前を右折すると、目的地の浄心寺
「亀戸事件犠牲者之碑」を確認し、思ったのは、異なる存在に対して抱く感覚について、です
自分と他者とは当然に異なるわけですが、例えば、言語(母語)や価値観が異なる人々を見かけた時に、自分はどのような気持ちを抱きどう反応するか………
肯定するつもりはないけれど、関東大震災当時の人々の感覚が想像できるような気がして、以来、あれこれ考えています
今の差別的価値観と、当時中国人や朝鮮人や「主義者」と見なされた人々を虐殺した価値観とは明らかに結びついていますよね(当時に倣っているつもりなのでしょうか)
共謀罪やアメポチ憲法私案のこともありますし、理論面とは別の面からのアプローチも必要かな、と思うこの頃です



ところで、亀戸餃子に後ろ髪をひかれているのですが…笑

Re: 月曜日…

ほほう、亀戸ですか……。


しかし、亀戸事件の碑が建てられたなら朝鮮人等虐殺の記念碑はなぜできないのでしょうね。大島なども現場の1つだったということを最近の報道で知りましたが、住民が加害者になった事件へのこだわりがあるのでしょうか……。

追悼碑

ネット情報によると………
朝鮮・韓国人虐殺では、両国・横網町公園の慰霊堂脇に『朝鮮人犠牲者追悼の碑』が、墨田区八広6-31-8に『関東大震災時 韓国・朝鮮人殉難者追悼之碑』があるそうです
一方、中国人は亀戸周辺で459名が虐殺されたそうで、中でも今の東大島センターのあたりが最も多く334名だったと…
但し、中国人犠牲者の追悼碑はないようです

物を知らないことを反省するばかりですが、当時、朝鮮人ばかりではなく中国人も虐殺の対象とされていたことは全く知りませんでした(ちょっと考えを廻らせばわかることなのですが…)
姥を基準にしてはいけませんが、中国人の犠牲者はもしかしたら朝鮮人犠牲者ほどは広く認知されていないのかもしれません
自分の無知や差別意識と向き合いながら、共謀罪の行方に注目しています


それにしても、婚約の発表ではなく婚約見通しの報道って何なのかしら
もしも破談になったら、この男性は日本中を敵にまわしそうですね
宮内庁や皇室関係者がアメポチの援護射撃をしているとは思いたくないけど、あんまりにもあんまりなタイミングに、言葉もありません┓( ̄∇ ̄;)┏

Re: 追悼碑

追悼碑がありましたか!

この前、中国人遺族か誰かが来たということを新聞で読みました。
大島のあたりを訪ねたと……。
東大島センターというのは東大島文化センターでしょうね。

なんだなんだ、婚約見通しですか。
破談になっても……婚約してなければ破談はないな。
眞子はどうでもよいと思う。佳子様は独身を貫いて欲しいな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/429-ae67acaa