布団は冷たいが町は温かい 

                           
DSC_5132bh.jpg DSC_5173bh.jpg DSC_5200bh.jpg
思い出の松浦食堂。右の酒屋はお休み
DSC_5118bh.jpg

いやはや、今回の帰省(墓参)は雨風に祟られて散々であった。1日目(13日)は東京も雨で駅まで行くうちに手提げ袋の上に載せた新聞がビショビショになった。雨風が強いので墓参は中止、草取りも写真撮影もできないので、ローソンでカーネーション1本を買い仏壇にお土産と伴に供える。カーネーションは土の代わりに消臭剤と似たようなビーズが入っている。どのくらい持つものであろうか。夕食を食べ、飲んでいるうちに弟が絡み出したので、まだ6時だが早々に引き上げる。風呂は面倒だし私が入った後のお湯は捨てることになり、もったいないのでシャワーにするが当然寒い。ベッドは冬布団を掛けたので大丈夫だろうと思っていたが、夜中に風が強くなり、身体が温まらない。毛布を追加したがまだ寒く、PETボトルにお湯を入れて湯たんぽ代わりにしたが効かず、熱いお湯を入れてやっと寝付けた。

                    
DSC_5121bh.jpg DSC_5183bh.jpg DSC_5193bh.jpg
DSC_5167bh.jpg DSC_5245bh.jpg

次の日は寝坊したので、昼ご飯を食べてから墓参りに行く。周りを掃除して花を供えるが、線香やろうそくは風が強いので立てられない。写真を撮り歩きついでに、本町の旧姓Aさんの薬局に寄り四方山話。中学のN先生が亡くなったという。N先生は音楽の担当で私をコーラスメンバーから降ろした事件の恨みが忘れられない。顛末についてはこちら(たかしくんに言わせると生徒虐待だという)。ついでに大根のど飴を1つ買う。家のまわりの草取りをするが、地面が濡れているので靴が泥だらけになってしまった。ダイエーのアイディアショップで買った狭いところの草が取れるという器具を使ってみたが、屈んでやるので膝と腰がけっこう痛くなる。結局、3分の1ほどはやり残した。
さて下町の途中に脇へ入る二股道があり、いつも歩いて撮っている道だが何となく気になっていた。今回たまたまそこにいた男性と話をしたところ、この道が江戸期の旧道だと聞かされた。道は川で途切れているが、かつては橋で川向こうの道につながっていたのだという。意外な情報だった。藤川旅館の横の道は新しい道だということになる。

真ん中の写真、右の道が江戸時代の旧道だという
DSC_5060bh.jpg DSC_5099bh.jpg DSC_5085bh.jpg

3日目も烏帽子のお山は姿を見せない。親戚のHさんのところへお土産を届け、写真を撮って歩くが天気が悪く遠出する気にならない。鳥居が壊れた石神様へ行ってみた。再度近所のYさんやUさんと話をする。石神様が財務省の土地であること、Uさんの本家(在北海道)から毎年しめ縄が送られてきていること、石神様は軽石なので年々小さくなってきていること(屋根を掛けるのが望ましい)、鳥居の廃材で賽銭箱を作ってもらったらお賽銭ごと盗まれたことなどの話を聞かされる。塩ビの鳥居が安価なので本家の人の意向も聞き、何とかご近所を纏めてもらえないだろうかなどと話していると、Uさんが私には荷が重すぎてできないと言い出した。とりあえず本家の電話と住所を聞いて置いてもらうことにする。確かに高齢のUさんに負担を掛けるべき案件ではない。帰り際にYさんはこっそり「(ご近所は)みんなこうなんですよ」と打ち明けてくれた。石神様の存続に責任を負わされたくないという思いらしい。

                
DSC_5202bh.jpg DSC_5204bh.jpg
DSC_5112bh.jpg DSC_5137bh.jpg DSC_5119bh.jpg DSC_5225bh.jpg

もう一度お墓に寄り灯明だけ点けて懇ろに拝んでおく。帰り道、偶然役場の近くにGARDEN CAFEという小洒落た喫茶&雑貨の店を発見したので入って珈琲を飲む。広い店内はログハウスふうでテーブルやイスも手造りで纏められ、カントリーウエスタンが掛かっている。弟に聞くと彼の同級生の娘さん達がやっている店だそうだ。女性向けだというが、野辺地は喫茶店が少ないので続いてほしいと思う。

                    
DSC_5215bh.jpg DSC_5224bh.jpg DSC_5128bh.jpg
DSC_5256bh.jpg DSC_5280bh2.jpg
                           
                      

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

石神様の存在を

人任せにしてはいけないが、みんな煩いから逃げたがるのは、どこも同じだ。逃げられぬ人が、押しつけられる。少しずつでも分担したり、出来ぬものか。この町で生きていきたいなら、その位すべきだ。
 私はダイナー氏の記事の中で一番好きなのが、この野辺地記事である。布団は詰めたくても、町は温かいのだな。だから、何度も出かけてゆく。家も町も気になるが、墓も気になるが、結局、弟さんも気になっているのだな。ダイナー氏が、無自覚なだけだ。松浦食堂は寂しいですな。写真、過去に載せてなかったっけ? 知り合いがコーヒー店やっているのがホッとします。気の毒なのが、天候でしたな。ミルナ氏とは野辺地で共に過ごした一時期があるのですか? 今回、また、野辺地への大きな旅路夢が広がりました。お疲れさま。そして、ありがとう。

追伸

詰めたくても→冷たくても

Re: 石神様の存在を

早速のコメントありがとうございます。
ミルナくんとは中学・高校と同級生ですし親も知り合いでしたからね。88年にも野辺地で会って写真を撮り歩きました。

珈琲店をやっているのは弟の同級生の娘さん達だということで……。野辺地人は商売っ気がなくて店ができてもすぐなくなったり、この店のことではありませんが、いい意味でのおべっかが足りないと思いますね。
「繁盛してますね」
「おかげさまで……」
この切り返しができないんです、残念ながら。
オヤジさん、たのむよ(どこのオヤジだ)。

風雲急…ではないけれど

森友を上回るキナ臭さの加計問題がクローズアップされる中、共謀罪が衆院法務委員会で自公維により強硬採決されました

同じ日には参院創設70周年記念式典があり、アメポチソーリは「常に良識の府としての役割を果たし、憲政の確立と発展に尽力されてきたことに敬意を表する」と述べたそうな
どの口が言うか、と捻りあげたくなってきます

どうせ、官僚作成のふりがなつき作文を読むだけで、内容は理解していないし、理解する気もないのでしょうけどね

加計も、文書があるのないの、と本末転倒の議論になりそうな流れで、ここで退陣させなければ、共謀罪とアメポチ憲法を阻止できないと思うのですが…

夕方、薬局でTVを見ていたら、ニュースのトップが天皇退位特例法案の閣議決定
マスコミがこうだから、アメポチがつけあがるのですよね
餌付けの効果が大きすぎます┓( ̄∇ ̄;)┏

Re: 風雲急…ではないけれど

うーーーーん、何と申しましょうか。
おっしゃる通りではあるんですが……。

天皇退位特例法は天皇の意向に添うと憲法に抵触するそうで、では改憲を「総理」の名で披露するのはかまわんのかな?

帰京後に確かめると……

左足にマメが出来ていました。

町のどこかで

・故郷は 寂しからずや 哀しみの 夜風の底に ざぶり雨ふる
・ふる里に ざぶり雨ふり 狂う風 うすき蒲団の 冷たさに哭く
・父母の 墓濡るるらん ざぶり雨 焚く線香に 横あらし吹く

写真の右手「野一旅館」辺りから野辺地川まで一気に下る町並みに人影は見えない。
正面の小高い山並みのように見える杉林の辺りを右に追うと、駅方面だと思うがどうなんだろう?しかし、よくわからない。まるで初めて見る光景のようだからか。(防雪原林ではないと思うが・・・)

坂を下りきったところの野辺地川は、この町の一番の低地になっている。橋を渡って直ぐを右に曲がると、また上り坂になっていて駅方面につながる。(この部分の写真は、いつだったかの『如月より』に載っている。ボクの大好きな写真だ)

「野一旅館」の写っている写真の町並みをそのまま引いて見ると、右側手前に酒蔵があって銘酒「陸鶴」を造っていたと思う。今でもあるんだろうか。

鄙びた居酒屋で一番安い二級酒しか呑めなかった時代、昭和の40年代にかけての安い酒には防腐剤(酸化防止剤)がたっぷり入っていて、翌日はほとんど、頭痛が終日ついて回ったものだ。
今でも安い清酒のラベルを見ると、小さな文字で酸化防止剤入りとあるけど、こいつが頭をガンガンさせる元凶だ、とボクは今でも信じている。
当時の酒は、ほとんど防腐剤が入っていた。しかし、「睦鶴」はこれが入っていないので、「長持ちしないが旨いはずだ」と居酒屋のママが言ってたのを今でも覚えている。飲みすぎても頭が痛くならないそうだ。
この時代このころ、毎夜友人たちと飲んで駄弁を繰り返すことだけが、唯一の楽しみでもあったから、二日酔いなぞ気にしていられなかった

今度は、下り坂の町並みを背にして、当時の繁華街である町並みを歩く。今は櫛の歯がボロボロ掛けたようで見る影もない。まさに栄枯盛衰だ。
こちらも人通りはない。(猫の子一匹歩いていない・・・かもしれない)
通りがかり人くんに行ったり来たりしてもらったら、少しは繁華街らしく見えるかもしれない妄想がわく。

しかしこの下町の風景写真も良いね。これが冬の曇天した寒々なら、もっと良いだろうな。日本で一番寂しい町なれるかもしれないな。(現在は通説で二番になっている)

江戸時代の旧道があっただなんて初耳だ!写真だけでは全く分からないがどの辺だろう?ぜひ詳しい情報を頼みたいものだ。

それから昔の郵便局があった十字路の東西は新町通りだが、向かい側の南方面に行くと八木橋わた屋、安達商店、逸見寿司店があり、小学校の同期生の実家だ。寿司店の隣は映画館だったけどおぼえているかな。
今度帰省したら歩いてみてほしいものだ。「北英堂書店」も懐かしいネ。著書狂いのボクにとってはオアシスだったね。

ボクの人生を、時の流れに 身をまかせていたら、この寂しい町でどんな生活をしてたんだろうかを考えると、なんか息が詰まるような気がしてならない。
同期生が何人もこの町で生活しているし、ボクの実家があったところだから、本当は息が詰まったらダメなんだろうけど、今ある人生の分岐点がこの町の何処かにあるから、どんなに寂しい町でも拘りが消し難くあるんだろうな。

ありきたりだけど「故郷は遠きに有りて思う」からこそ、ダイナくんの撮ってくる写真に、激しい思い入れがこみあげて来るのかもしれない。
(彰)









(彰)

うーーむ、これは

野辺地愛でしょうな。心深く、消し去ることも出来ず、三つの歌も、もう、no感想です。no評論です。どうか88を30年ぶりに、やっていただきたいですな。ミルナ氏、これはダイナー氏に託すのではなく、自ら旅でしょうな。野辺地が立体的になりますな。こりゃあなかなかのコメントですな。ううむ。ふるさとはすっかり消えても消えてない。なんだこれはむつつるとでも読むのかな。ちと、検索かけてみます。

これは睦み合う鶴ですな。申し込みました。

これはめでたいので、この会社は2009年に廃業しているのですな、しかし同じ名前ですので、青森ですので、継承しているのでしょうな。純米吟醸ですな。三千八百円。1.8リットル。よおおおし、これで、心の中で野辺地旅が出来ますぞえ。来るまで数日間は、養命酒でも飲んで桝添。おお、桝添さんが出てきた。ずいぶん遠い人になってもうた。野辺地の居酒屋の女将と、飲みたい。野一旅館の仲居さんでもよし。なあんちて。駄目だ、少し飲み過ぎた。お休みなさいまし。

Re: 町のどこかで

線香は焚けませんでしたね、今回。
すぎもとまさと「吾亦紅」の歌詞みたいです。
A氏にいわせると墓参が年2回は多いとか。日頃弟が拝んでくれないのでその分です。

野一旅館、向かいはO君の実家です。向こうの林は松の木平でしょうか。
「睦鶴」は杜氏が急死して廃業したと聞きました。黒ラベルの「地吹雪」が懐かしい。現在あるのは名義借りみたいなものですから、あまり有り難みがない……といっては、せっかく注文した通りがかり人さんに申し訳ないが……。敷地はドラッグストアになってます。

>八木橋わた屋、安達商店、逸見寿司店があり、小学校の同期生の実家だ。寿司店の隣は映画館……

この辺は全然知りません。たぶんなくなっているでしょう。北栄堂書店も10年くらい前に店を閉め、現在中はがらんどうです。昔の店がどんどん消えていくので、淋しくて仕方がありません。皆さん野辺地へふるさと納税してください。

Re: これは睦み合う鶴ですな。申し込みました。

そうですか、睦鶴……ありましたか。
注文までしてくださるとは……。横浜に足を向けて眠れません。


養命酒はいけません、陶陶酒ならいいそうです。

ふる里納税!

ではないけれど、みたいなもんでスナ。(ありがたや~ありがたや。ナンマイダ、ナンマイダ)通りがかり人くんのような方々が大勢いてくれると町人(まちびと)の石高(こくだか)も少しは増えようというもの。
町長さんボク達に感謝してくれ。何の資源も観光もない鄙びた町だけが売り物の田舎町でも、歴史のある酒蔵があり続けているなんて泣けてくるヨ。
「・・・ほんにそだにし花が咲く・・・」ッてが(これ野辺地音頭の一節)こうなりゃダイナくんもボクも協力しないとならないね。
たっぷり冷やして飲んだらウマイんだろうな。(ダメだこりゃ!涎が止まらんワ)(彰)

Re: ふる里納税!

睦鶴酒造は廃業しました。後にはドラッグストアが建っています。


「睦鶴」「地吹雪」はその後、睦鶴の従業員だった工藤さんという人が工藤商事で販売しているようですがはっきりしません。どこかのサイトにはむつつるではなくむつづると表記してあるものもあり、違和感があります。

後で知人に聞いておきます。

Re: 町のどこかで

> ・故郷は 寂しからずや 哀しみの 夜風の底に ざぶり雨ふる
> ・ふる里に ざぶり雨ふり 狂う風 うすき蒲団の 冷たさに哭く
> ・父母の 墓濡るるらん ざぶり雨 焚く線香に 横あらし吹く
>
> 写真の右手「野一旅館」辺りから野辺地川まで一気に下る町並みに人影は見えない。
> 正面の小高い山並みのように見える杉林の辺りを右に追うと、駅方面だと思うがどうなんだろう?しかし、よくわからない。まるで初めて見る光景のようだからか。(防雪原林ではないと思うが・・・)
>
> 坂を下りきったところの野辺地川は、この町の一番の低地になっている。橋を渡って直ぐを右に曲がると、また上り坂になっていて駅方面につながる。(この部分の写真は、いつだったかの『如月より』に載っている。ボクの大好きな写真だ)
>
> 「野一旅館」の写っている写真の町並みをそのまま引いて見ると、右側手前に酒蔵があって銘酒「陸鶴」を造っていたと思う。今でもあるんだろうか。
>
> 鄙びた居酒屋で一番安い二級酒しか呑めなかった時代、昭和の40年代にかけての安い酒には防腐剤(酸化防止剤)がたっぷり入っていて、翌日はほとんど、頭痛が終日ついて回ったものだ。
> 今でも安い清酒のラベルを見ると、小さな文字で酸化防止剤入りとあるけど、こいつが頭をガンガンさせる元凶だ、とボクは今でも信じている。
> 当時の酒は、ほとんど防腐剤が入っていた。しかし、「睦鶴」はこれが入っていないので、「長持ちしないが旨いはずだ」と居酒屋のママが言ってたのを今でも覚えている。飲みすぎても頭が痛くならないそうだ。
> この時代このころ、毎夜友人たちと飲んで駄弁を繰り返すことだけが、唯一の楽しみでもあったから、二日酔いなぞ気にしていられなかった
>
> 今度は、下り坂の町並みを背にして、当時の繁華街である町並みを歩く。今は櫛の歯がボロボロ掛けたようで見る影もない。まさに栄枯盛衰だ。
> こちらも人通りはない。(猫の子一匹歩いていない・・・かもしれない)
> 通りがかり人くんに行ったり来たりしてもらったら、少しは繁華街らしく見えるかもしれない妄想がわく。
>
> しかしこの下町の風景写真も良いね。これが冬の曇天した寒々なら、もっと良いだろうな。日本で一番寂しい町なれるかもしれないな。(現在は通説で二番になっている)
>
> 江戸時代の旧道があっただなんて初耳だ!写真だけでは全く分からないがどの辺だろう?ぜひ詳しい情報を頼みたいものだ。
>
> それから昔の郵便局があった十字路の東西は新町通りだが、向かい側の南方面に行くと八木橋わた屋、安達商店、逸見寿司店があり、小学校の同期生の実家だ。寿司店の隣は映画館だったけどおぼえているかな。
> 今度帰省したら歩いてみてほしいものだ。「北英堂書店」も懐かしいネ。著書狂いのボクにとってはオアシスだったね。
>
> ボクの人生を、時の流れに 身をまかせていたら、この寂しい町でどんな生活をしてたんだろうかを考えると、なんか息が詰まるような気がしてならない。
> 同期生が何人もこの町で生活しているし、ボクの実家があったところだから、本当は息が詰まったらダメなんだろうけど、今ある人生の分岐点がこの町の何処かにあるから、どんなに寂しい町でも拘りが消し難くあるんだろうな。
>
> ありきたりだけど「故郷は遠きに有りて思う」からこそ、ダイナくんの撮ってくる写真に、激しい思い入れがこみあげて来るのかもしれない。
> (彰)
>
>
>
>
>
>
>
>
>
> (彰)

Re: 町のどこかで(旧道について)

『野辺地町史』を繙いたが何とも分かりにくい本ですね。
構成がなっていないと言えます。

ところで旧道ですが、写真は下町、坂を下って鳴沢橋へ行く途中です。写真に写ってませんが左側に若山燃料店があります。二股の道の角にはむかし鍛冶屋があったそうです。ブロックの小屋の辺りでしょう。クボタ用品店の手前にはクボタの和服(晴れ着)の店がありましたが、だいぶ前に閉め今は誰も知りません。

さてここを入っていくと野辺地川に突き当たります。旧道は川を渡り鳴沢(川向)の中程の道へつながっていたようです。鳴沢橋はこちらに掛かっていたのでしょう。国道が整備されて移ったのだと思います。

来た来た来た来た,北から南、南から北

野辺地町の酒「睦鶴」。開けました添え。桝添もびっくり。酒の中の酒。これが酒の中の酒でなくて、どこの酒が、酒だああああああああああああ。長崎いいいわわわわ、なんてもんじゃない。酒は上北郡だわわわわわ。野辺地町字だわわわわわ。鶴のおもてなし。と、ある。もてなし言葉が、気にはなるが、そもそも、もてなしというものなどには縁もなく、このとしになっているが、こうなったなら、この身をもてなすものは、この身しかない。生まれてきた自分自身を、その身がたどり着いた今この場を、そして、ブログなどというどうしょもなく、くだらない道楽ツールにより、こうして、知りもしなくていい人たちと知り合えているこの現実に、あ、あ、ありがとうだ。野辺地の人さえ、なかなか高価なthis酒を飲めることの知り合えたことの幸せだわ。ミルナ氏に、なみなみとついでやりたいthis酒はお世辞、まったく抜きにして、うまい。介護に明け暮れて、そのための人生のような、黄昏迎え氏我が子のみの、間違え、いや、我が子の捧げている人生だが、かといって、母にまで、奪われすり減らすこの人生ではあるが、これは、それらの日々のしがらみを覆してアマリリス、間違え、あまりあるうまさ。このために、この時のために、わが人生はあったのではないかと、思わずにはおられぬくらいののど越しの確かさ、のどを通り抜ける水というたぐいの心地よさのありったけを探し続けた真北の杜氏の人たちの切ない思いよ、一生よ、ミルナ氏、飲もうぞ。720もあるでな。今ここにおれば、ついであげるのに。よおーーーーし、行くぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。だいぶ廻ってきた時の、お世辞する必要が失せた時こそ、本当の評価が出来る時だ。こいつはのど越しだわ。山姥さんが扁桃腺をとる前に、のばせればよかった。ほんとの400がかなうとこだった。俺が杜氏ならば山姥400を編み出せてみせるのに。なんちって。で、肴不要とはこのことだ。指だけか、思いを綴ってくれるわ。至高よ。これが至高だわ。「青森の正直」とも書いてある。ううむ、野辺地の二人は正直か? 関係ねえよな。不正直と正直もこれまた紙一重だ。それにしても、ミルナ氏、この酒の水はダイナー氏の写真の水からか。野辺地でも、微妙に違うか? なんちって。どうでもいいのだ。野辺地の水に、いま、たどり着いたのだわ。旅不可能環境の今を打破してくれるこの水。this water。さあ、ミルナ氏、飲みましょうぞ。ダイナー氏、故郷を知られよ。だめだわ。その知りきれないところが、私が、ダイナー氏を嫌いになれない理由だわ。肴不要の酒など、出会っていない。伏見の酒など、問題じゃない、とは、言えるほど、わかっていない私だが、こりゃあ、くせっけのない、血のにじんだ酒だわ。私の客観の見方で言うと、金額は思っていたより大事で、2000を越えて、なおかつ4000を越えるか、微妙なラインに、うまいのが居並ぶ印象か。松浦酒店むこうにレンタカーがある。なんだか申し込みたくなってきたが、睦みの鶴が、私を呼ぶのだわ。で、タクシーしかないのだろうな。堪能です。お二人の野辺地立体交差点により、人生の至高ですな。生きているうちに、女はともかく、酒だけは、その時味わえる限りのでいいので、その最高を味わおうとすることは大切だ。いつも飲んでいる焼酎では味わえぬ至福だ。ありがとう野辺地ライン。深酔いのため、これにてお終いです。

Re: 来た来た来た来た,北から南、南から北

ききききききききききききききましたかーっっっっっ!!!
官能小説的感動!

なーんてね、酔っ払ってオシッコ洩らさないように┓( ̄∇ ̄;)┏

お騒がせしました

ダイナー氏、やや、飲み過ぎてもうて、申し訳ない。しかし、よい朝です。ささやか旅でありましたが、後悔はナッシーです。お医者さん通い、気をつけて。

ミルナ氏、振り返れば私も何十年と、酸化防止剤の安酒ばかりで、二日酔いの出勤を繰り返してました。苦しかったが、飲まずにはいられなかった。提案としては、体にいいお酒をごく軽く行くのがいいと、結論しました。八海山という酒が、ありますが、印象としては、あれとよく似ているか? 高いのはほとんど買った経験、ナッシー。どおか、体を大事にして下さい。良い野辺地でした。

Re: お騒がせしました

ところで、製造元はどこになっていましたか?

えーーーと。あちゃ,質問魔のダイナー氏だわ。

家族起こさぬように1階の冷蔵庫から瓶を取り出し、2階にのぼてきた。販売者は有限会社工藤商事。 
 製造元はなくて、企画元は 清酒゛睦鶴゛保存会 住所は 字赤坂23

 昨日も飲みました。今、この時間も飲みたいが、運転するので駄目。

 これ以上の酒、この世に無し。ただし私の日本酒経験は、初心者かつ素人レベルですが。

それでいいのだ

通りがかり人くんは、淫手じゃなかった、淫酒でもなく、飲酒の初心者とおっしゃる。それでいいのだ!妙に通ぶって、あれこれ言う奴に限ってホンモノを知らない連中なのだ。
官能小説的感動か、はたまた永井荷風が向島・玉の井にある銘酒屋街(私娼窟)の探訪を始めたような感動じゃないかね。
しかし、まっ!まっ!落ち着いて、落ち着いてね、通りがかり人くん。ションベン禿る前に霊性に(こっちの冷静か)銘酒の味を教えてくれたまえ。
でも興奮の極みに浸っている間は何を聞いてもダメか!。「酒は静かに飲むべ借りけり・・・」だよ~~ん。
なんだかボクまでが興奮して酔っ払ってきてしまった。これが本当のタダ酒か・・・(彰)

Re: えーーーと。あちゃ,質問魔のダイナー氏だわ。

あ、ありごとうございます。

野辺地の工藤商事ですね。
睦鶴は「地吹雪」という黒ラベルの酒が人気でした。
でも、睦鶴にしろ最近野辺地では見かけないという話です。
   

Re: それでいいのだ

昼間から酔っ払ってしまったようですね。何が何だか……。
類は友を呼ぶ、酔いはネットを伝わる秋の風。

コメントはありがたいけど、更新ができません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/431-23f58497