中野・阿佐ヶ谷・高円寺 

何だか妙に忙しない。原因のひとつはギャラリー回りだ。毎日夕方には出かけて1か所か2か所は必ず回るついでに、電車の中で新聞を読むのが日課になっている。以前は適当に取捨選択していた(せざるを得なかった)ものを、最近は都合の付く限り有料以外のほとんどを回るようになってしまった。これでは身がもたない。電車で新聞を読むのも目に良くはないと思う。

                  
DSC09768bh.jpg DSC09783bh.jpg DSC09765bh.jpg

2日、荒井眞治の写真展『アメリカを好きですか?』が最終日なので西荻まで出向く。荒井は毎日の出版写真部長を務めたが10月に定年を控えるという。展示は在日米軍基地の街を撮ったもの。最後に付け足し(心情的にはこちらがメインかも)のように写真とともに掲げてあった伝説のロックバンド「村八分」の結成メンバー、山口冨士夫への追悼文がチト気になった。山口は2013年に福生駅前で他人に殴りかかるアメリカ人男性を止めようとして突き飛ばされ、脳挫傷のため死去。享年64。「村八分」はメンバーが入れ替わりつつ現在も続いているという。
会場のSAWYER CAFEはゆったり目のスペースでジャズのレコードが揃い、酒も飲めて深夜までやっている。西荻は漫画家などが多く、ミュージシャンは腐るほどいるとか。確か北尾トロも西荻ではなかったか。北尾は数々の裁判ルポで知られるが、最近は自身のインプラントの失敗を本にしていたようだ。中央線沿線のこうしたインテリ文化圏は独特の雰囲気があり、それがまた物語を生み出す分厚い舞台にもなっているのだが、私はついにそこへ入り込めなかった一人だ。そういえば昔、男女デュオの歌う「中野・阿佐ヶ谷・高円寺」という歌謡曲があったな……と、暮れゆく車窓を見ながら思い出していた。

    
DSC09781bh.jpg DSC09772bh.jpg DSC09784bh.jpg

たまたま某君のブログを見ると道浦母都子『無援の抒情』を取り上げていた。彼のブログは1日の閲覧数何百人とMyブログとは比べものにならないが、俳句や短歌などの記事にはコメントがほとんどつかない。でも、彼が取り上げている詩歌はしっかりしたものばかりだ。さて、道浦の人口に膾炙した「カルチェラタン」の一首は、このところ連絡の取れない友人N君が「つまらない」と言下に切り捨てて以来、私もあまり評価していなかったが、某君はその「音楽性」を買っているようだ。仲間内では亡くなったI君が評価していた以外評判はイマイチだったように思う。何となく「マジ」な詠いぶりが気に入らなかったのかも知れない。しかし、歌人の評価は少なくとも一冊の歌集を読んでかからなければ公平ではない。東京新聞の「一首のものがたり」でも道浦を取り上げ、「われらがわれに還りゆくとき」という彼女の歌集の言葉を引いて論評していた。

                   
DSC09800bh.jpg DSC09802bh.jpg DSC09798bh.jpg

                             

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

おお、少し知っている人や街

村八分が出るとは‥すごい奴だと、思ってました。亡くなった記事も、ヤフーのニュースだったか‥数年経ってますな。気の毒だった。私のいた大学祭にも来ましてな、まあ、格好いいステージでした。その大学祭の出店で,昼間、私も歌ってましたが、スケールも、才能も、集客数も桁違いで、ショックでした。確か、3人でやってた気がする。日本のロックの先駆者ですな。間違いなく。
 そうですか、西荻は息子のリハビリによく通いました。あの商店街は行ったり来たりしました。コロッケ買ったことも。古レコード屋さんは、持っていった古レコードをいい値で買い取ってくれました。きっとお金持ち道楽だったのかな、あの店。
 そうですか、某君ですな‥がんばってますな‥もとこと読むのですな。ちゃんと読んであげてない。某君も、このブログ見てくれてたらいいが‥どちらかというと、読むより、書く方かな,彼は。やはり独自の世界を持ってますな。一緒に川歩きしたいですな。山姥さんもともに。北上まで、さかのぼりたし夢の中。

Re: おお、少し知っている人や街

早速のコメントありがとうございます。書いたものが共有されるとホッとしますし、ブロガー冥利に尽きる場面でしょうか。

「村八分」……さすが通りがかり人さん、ご存じでしたね。差別用語・禁止ワード連発して今も公共電波では御法度らしいが、オーナー(ママ?)の話ではレコードの歌詞が良く聞き取れないそうです。ところで、通りがかり人さんの大学ってどこでしたっけ?

もとこちゃんも写真はすっかり老年でしたね。
『無援の抒情』は岩波現代文庫に入りました。
北上まで北上したし秋の風

悪質化するNHKへ抗議を

共謀法、もり・かけ問題 意図的に過小報道しているNHKに抗議電話を集中させよう。

ナビダイアル NHKお客様センター
0570066066 NHKはただちにアベ広報部を止めよ NHK会長上田良一は会長職を辞任せよ。NHK報道局は解散せよ。
ナビダイアル NHKお客様センター


0570066066 NHKはただちにアベ広報部を止めよ NHK会長上田良一は会長職を辞任せよ。NHK報道局は解散せよ。

1回10円です。NHKの大本営化を防ごう。



Re: 悪質化するNHKへ抗議を

なんだなんだ、いきなり。
誰かと思えばたかしくんじゃありませんか……┓( ̄∇ ̄;)┏


分かりました、何も言わなくてオッケーです。
毎日共謀罪反対の辻説法で大忙し、私の昔語りなど読んでいられないよというんでしょう。確かに今が天王山。共謀罪が通れば日本の政治も経済もメチャクチャになるでしょう。外側は立派でも中身は空っぽの平壌のビルみたいに……。国連も危機感を募らせているようです。
たかしくん、身体を労りつつ頑張ってください。

御用繁多とか

忙しない、慌ただしいをこなせるんだから年相応に健康なんだね。
水無月になった途端、曇り・雨そして寒いのだ。天気が悪いと確かに体調は良くない。腰痛が肩がコリコリだ。今日こそ写真展示を見に行こうと思ったが腰の蝶番が落ち着かない。家の中なら壁、柱などに掴まれば歩けるが外に出てしまうと非常にヤバイから、結局は今日が最終日の展示会は見損ねてしまった。

運動不足解消のため、なんとか頑張って「東京人7月号」買ってきた。今月号は『土木地形散歩』の他に『東京の地酒再発見』など豊富な中身で見応えがありそうだ。姥さん入院中に読むとか言ってたけど、ボクも今夜は寝床で読んで見ようと思う。ストーブたけば熱いが焚かなきゃ寒い北国の初夏だ(彰)

Re: 御用繁多とか

寒い……そうですか、寒さの夏の始まりでしょうか?
もっとも、東京も今日は風がちと涼しいかな。
野辺地などはストーブをしまう暇がないとか。

写真展とはどなたの写真展でしょう。
今や情報は東京も岩手も関係なく入手できますね。

東京人7月号「土木地形散歩」……土木地形とはどういうものか。
読んだら解説を。

NHK報道局を解体せよ

NHKは前川喜平前文部次官にインタビューを行いながら、局の政治的判断で放映を中止した。
そこまでやるかよ、NHK。籾井が辞めてから、さらにさらにアベ放送局化するNHKはこれ以上放置できない。
何から何まで、アベ隠しだ。ここまでくると、NHK解体、少なくとも報道局を解体させるしかない。
 重ねて、真実隠しのNHKの社会的責任を問おう。これは共謀法の先取り以外の何物でもない。

 皆さんにお願い!!
ナビダイアル0570-066‐066 へ抗議電話を殺到させよう。
 NHKはアベ広報部をやめよ。上田会長は直ちに辞任せよ。真実隠しはやめよ!


 

Re: NHK報道局を解体せよ

ちょちょちょ、ちょっと待って!

少しは私のブログを読んでくださいよ。
それから呼びかけてくだされば、NHKに電話する人もいるんではないでしょうか? 官邸に電話するのもありだと思います。

日本酒は文化だ!

通りがかり人くんに是非見聞してほしいものがある。ネットの「ユーチューブ」から日本酒CMソングを検索する。『岩手川の唄』や『岩手川CM』を聞いてほしいのだ。今はない蔵元だが岩手の代表する銘酒「岩手川」の歌だ。
現存していれば「睦鶴」の次に味わってほしかったからだ・・・・・・。

北の酒場、でなくてもいい・・・
年齢を重ねるごとに酒が旨いと感じる。
自分の舌が大人になったからなのか
いい酒場を知ったからなのか ――。  

 飲み歩きたい路地裏が恋しくなった。薄汚れた暖簾、その横には赤提灯がぶら下がっている。暖簾をかき分け「ガラガラッ!」、硝子戸をあける時のさびれた音が心地いい。疲れた身体を癒やしてくれる音だ。  
 
無色透明に澄み切った雫のなかに込められたこだわり。米と水と自然の恵みから生み出された究極の飲み物、それが日本酒だ。
年季の入った縄暖簾をくぐると、昭和の風情が漂う店内の懐かしいコの字カウンターの隅に座る。

チエーン店の売りは、たいていが「二時間飲み放題」と称しているが、注文の品が来るのが遅い。ようやくきたのに「冷たいものはより冷たく、暖かいものはより暖かく」の基本を無視して投げやり的にでてくる。居酒屋の良心というものがない。こんな風情のない店には旨い酒があるはずがない。文化としての日本酒をないがしろにするから「日本酒離れの若者」が増えるのだ。

 今夜は、独り呑みしたい気分。
 いつもの席が空いているのか気がかりで、開店時間を待ちきれずに暖簾をくぐり、だれもいない店内を見てホッとしながら、勝手に決めた自分専用の席に陣どる。
他愛のない話をしながら、これもまた愛用のぐい呑みで、まず冷や酒を一口か二口を舌でころがして口の内になじませたら一気にぐい呑みを干す。
店主を相手に酒の感想を言い合える"自分の店"になるためには数年かかる。やがて自分専用の「ぐい呑み」が、座っただけで出てくるようになれば、ひとかどの自他共に認める呑ん兵衛の称号がもらえるというものだ。
通ぶって「とりあえずはビ-ル!」などというヤツは外道だ。(彰)




Re: 日本酒は文化だ!

ほほう、これですな……。
https://www.youtube.com/watch?v=aE-apiTrw5Q
おじさんバンドが歌っているようですね。

いやー、私はもっぱらチェーン店です。チェーン店こそ日本の文化です。個人酒場でボラレたりとんでもない客あしらいをされた経験から、もっぱら明朗会計のチェーン店を愛用しております。

確かに日本酒についてはヘンなのが多い。出所不明の合成酒だ。だからこそ深酒を控えるようになります。どちらが健康にいいか一目瞭然でしょう。

ミルナくんは酒場選びの名人らしい。私はどうもそれが苦手。手持ち無沙汰で一人で酒場には入れない。話が下手なので間が持たない。そういうわけで、付きあえないが悪しからず。

おお、そして、さらに、オオオッ

居酒屋などと、言ってはいけない居酒屋は今や、7割がそれでしょう。その7割を選んでしまうか、なんとか、3割に入れるかは、自分の触手が夜のちまたを冷静に見つめられているか、ためらいと、不安と、諦念で、流しちまおうか、と、弱気に傾いているかによる。私はこのところ、自信が無い。夜に飛び出す時間も無いのですが、今、すでに飲み終えておりますが、「睦鶴」レベルは,外で味わったとして、冷静分析、非妥協分析に入れる心持ちになり、その分析を持続していられるかによります。そこが甘くて、気楽に相づち打って、おりますと、ただの人の良い酒になってしまうのですな。私は大体それです。おお、いい、いい、と、グビグビと同調同和ですな。やはり、そうならないためには、ひとりがいいですな。自分の席も、ぐい飲みも,確保するには時間と根気とある程度の金落としの度胸も要ります。私はそれが築けずこの歳になりました。無念です。
 私は風鈴、吊します。この夏は、風鈴を吊す。私も、ビールなんぞは、もったいない。最初っから、冷たい汗の浮いた冷酒ですな。butミルナ氏、決して体に負担のかからぬよう願います。で、岩手の、なんだあ‥‥

Re: おお、そして、さらに、オオオッ

私もどちらかといえば通りがかり人さんの境遇に近いな。
数年掛けて自分好みの酒場に育てるなんて気が遠くなります。投資額も半端じゃないでしょう。

チェーン店の利点はつまみの種類が豊富なこと。つまみ(肴)主体の私はチェーン店になりますね。でもミルナくん、通りがかり人さんの言うとおりです。くれぐれも飲み過ぎないようにね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/433-f3cb65dc