歯医者通いは特定秘密 

DSC09808bh.jpg DSC09809bh.jpg

団塊の世代のS君が脳梗塞で入院したというので、早速見舞いにと思ったら「誰とも会いたくない」と頑固を言っているそうなので見舞いは諦め、代わりに昔のモノクロ写真をプリントし直して送った。彼と彼の息子を立川のレストランで撮ったものと、もう1枚は有志で足尾へ行ったときの写真で、彼の娘と息子が足尾の道ばたで遊んでいる。いずれも86年の秋冬のものだ。S君からは「孫がこの年頃になっている」という返事が来た。手術はしなかったが延べ3か月、80日の入院とは長い。独り身ならば完全にアウトであろう。彼は退院後の今も右手右足と発音にマヒが残り、車の運転も自転車もダメだそうだ。好きなビールは御法度となった由。インド旅行も控えざるをえないだろう。

                       
DSC09845bh.jpg DSC09875bh.jpg DSC09879bh.jpg

追い詰められても悪巧みは止めない安倍晋三が、国会で無自覚の裡に仰天の発言をしていた。6月5日の衆院決算行政監視委員会の質疑で山田宏がこう聞いたのだ。歯と健康の話で、定期的に歯医者へ行く人と歯が痛くなってから行く人がいるが、総理はどっちか……と。するとアベはお仲間の質問だからか気を許し笑いながら、基本的に痛くなってから行くが、しょっちゅう痛くなるので定期的に行くようになっている、と答えた。政治家は風邪を引いたというだけで重病を疑われる商売である。ましてや総理大臣だ。そうペラペラと身体の不調を言うものか。子供じゃあるまいし、あの歳でしょっちゅう歯が痛くなるなんておかしくないだろうか。彼は前歯の乱ぐいが目立ち、それだけで欧米の指導者には見られないような幼児性を感じさせる。まさか歯痛のせいで悪巧みに拍車が掛かっているわけではあるまいが、ひょんなところでアベチンの急所を知らされたような気がした。

                         
DSC09849bh.jpg DSC09883bh.jpg DSC09852bh.jpg

先々月の記事(こちら)に魚屋が閉店した写真を載せたように、このところ北砂地区は閉店・廃業がすこぶる多い。いつも使っていたクリーニング店が跡継ぎがいなくて廃業閉店、写真店が閉店、米屋が閉店、お年寄りがやっていた寸法直しの店が廃業、赤札堂前の青果スーパーが閉店、自転車屋が……おっと、こちらは建て換えのため空き店舗にて仮営業であった。なにしろ、砂銀を挟む北砂3・4・5丁目は官民挙げての木密不燃化10年プロジェクトが動き出している地域ではあるが、店舗や店主の代替わり期にも当たっていたのか。閉めた方がよさそうな酒屋はいつまでもやっている。

                      
DSC09824bh.jpg DSC09840bh.jpg DSC09885bh.jpg

さて、土曜日は短い散歩から帰って串団子を1串食べたら急に眠気が兆し、1時間ほど居眠りして出遅れた。串団子恐るべし。最終日のイー・エムは断念したので観たのはZEN PhotoGallery(加納典明 写真展「絶夜」)とギャラリー冬青(渡邊博史『顔、顔、顔、』)のみ。疲れが激しいので夜の予定は諦めた。忙しいばかりで得るところ少ない1週間だった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

しょっちゅう痛くなる…

アメポチ………腹痛ではなくて歯痛だから、軽い気持ちで答えたのでしょう
本人的には、「定期的に行くようになっている」がポイント
ちゃんとメンテナンスをしているぞ、と暗に言いたかったのだと≪忖度≫します
きっと、ドヤ顔だったに違いない…苦笑
呆れはしても、褒める人はいないと思いますけどね┓( ̄∇ ̄;)┏
歯痛の原因は、基本的生活習慣が身に付いていないからだと想像できます
なりは大きいけど、中身は幼稚園児
だから、自身の発言にも地位に伴う責任を負うこともなく、無知であることも気付かず、当然恥じることもなく、堂々と居座れる…
本来、森友で辞めて、加計とアッキーとでやめて、共謀罪でやめて、憲法9条でやめて、国会の場での読売新聞贔屓でやめて…総理どころか国会議員をやめても済まない話です
そのような人間を国会議員にしてしまった地元有権者も、総理大臣に選んでしまった国会議員も、結局は彼と同レベルなのでしょうね


扉の前で待機するブチにゃんと、去っていく(通り過ぎていく)サバにゃん?と…
二匹の間で、何かドラマがあったのかしら(笑)

Re: しょっちゅう痛くなる…

> 歯痛の原因は、基本的生活習慣が身に付いていないからだと想像できます

前歯を見るだけでそれは一目瞭然。矯正して当然の状態です。G7の首脳達はどういう気持ちで彼の歯を見ていることやら。幼児期の生活習慣・生活環境、少年期の生活環境、青年期のそれ、皆分かってしまうのが歯です。私も同じような状態だから言ってるんです。私は政治家じゃないから矯正などしないけど……。

想い出の香りだ!

前回、「酒は文化だ!」などと気取って、通ぶってうんちくを傾けたが、それほど遠くはない昔の、本格的呑兵衛時代の物語だったかもしれない。

通りがかり人くんが、「八海山」を飲んだことがあり「睦鶴」と並べたコメントを書いていたのがボクの呑兵衛魂に火をつけたのだ。

大病を患ってしまった今となっては、飲み歩きたくなった路地裏の居酒屋を恋せど、歩ける身体は二度と戻らないから、せめて「昔はよかった、懐かしいよ」、と盛んに呑み歩いた頃の想い出をよすがとしたくなったのだ。

ところで通りがかり人くん、「神亀」という酒を知っているかな?
武蔵野の面影が残る埼玉県蓮田市に蔵元がある。酒の品質にこだわり、税務署の圧力を跳ね返し、全量の酒を純米酒にしてしまった蔵元である。
ここの社長の追想メモリアルが地方紙に載ったとき、「神亀」が鮮やかに思い出されたのだ。

二十数年も前のこと、或るきっかけで友人が飲ませてくれた。その旨さが今でも忘れることができないでいる。(と想う程度かな)
北国の地方の酒屋では、あまり見かけないのは価格がかなり高いせいで、ボクレベルの日本酒愛好家が行く酒店では置けないのかもしれない。

「神亀」について言えば、ありきたりの表現だが、さらっとして薄い香り、すっきり感、辛みの方が甘さを抑えている感じだ。酸味も舌に残らずストレートに胃の腑を刺激する。
この酒は冷や(常温)だと旨みを感じさせないから、もの足りないかもしれない。熱燗の方が旨さをもろに出す。ぬる燗(40℃)では冷やと変わらぬ飲み口だが熱燗(55℃以上)にすると辛み主役となって、全く逆らわずほんわか全身を酔わせてくれる。燗酒にして飲む純米酒は聞いたことがないから、燗が冴える純米酒はこの「神亀」くらいではないか。

二十数年前の舌触りを今でも覚えているほどツウじゃないから、何かの広告からパクッてきたんだろうが、味わった旨い酒のラベルを忘れないのは、初恋の彼女の舌の味同様仄かな想い出として、頭の中のどっかの隅っこに、微かにまだこびりついているからかもしれない。    (彰)




Re: 想い出の香りだ!

こらーっ、戦時中に女と接吻などしおって……。
ナニ、違う? どうでもよろしい。ケシカラン。

今から出かけるので続きはあとでね。

神亀!!

知ってます!!
飲んだこともあります(^^;;
子どもたちの父親が無類の酒好きだったので、学生時代から30年少々付き合わされました
熊本の美少年、大分の西の関、広島の酔心や竹鶴、奈良の春鹿、伏見の蒼空や招徳や玉乃光、長野の真澄、福井の黒龍、富山の銀盤、石川の加賀鳶や菊姫、新潟の八海山や〆張鶴、山形の出羽桜や初孫、宮城の一ノ蔵…あたりが記憶にありますが、さすがに味までは覚えていません
他にも、高知の酔鯨や司牡丹、静岡の臥龍梅、東京の多摩自慢や澤乃井…
ああ、獺祭も出始めの頃に飲みましたっけ
下戸なので、覚えていても何の役にもたちゃしない(;-_-)=3
初恋の味カルピスのほうが、よっぽど健全でしょう(苦笑)

そうそう、八海山は、ビールも美味しいですよ(笑)
ミルナ様が、僅かでもビールがOKであれば、父の日のにご家族とご一緒に…

Re: 神亀!!

なんだなんだ、このブログの管理人は私、大納言しかいないと思っていたのに、別の管理人が現れたぞ。混乱してます。大混乱です。


ところで神亀はしんかめと読むんだそうですね。知りませんでした。酒ももちろん知らない。私の日頃のご愛用はもっぱらまいばすけっとの安酒です。

さ、さ、さ、さ、さ、けけけけけ、へのためらい

このブログにこれだけの酒飲みが‥これらのうち、私がマイマネーで、(いっときですが)買ったのは、玉之光と一の蔵のふたっつだけ。あとはイマイチ記憶不鮮明。のんでも酒屋でコップ一杯くらいか‥
 ミルナさんと、話が弾んで、岩手の酒の酔仙(震災でひどい目に遭った街にボランティアしてやっていない後ろめたさもある)に目をつけた数日後、急にそういう気持ちが萎えたのは、やはり糖尿病。数値までは言わぬが、それがやはり長い。先日、医師から、少し、本気でとりくまんかね、といわれました。老いもあるけど、酒はこのところ白鹿の2000パックが癖になってしまっていた。白鹿のせいにしたくはないが、びびり風、臆病風に吹かれ初めていたが、まさかたったひとつの楽しみをなくすわけには行かず、4リットルの焼酎を買ってきた情けなさ。なんちって、体調好転のおりは、神の亀のその頭、及び南部美人などを手玉にとりて、「初恋舌の味わい」などの新酒に必ずや手を染めたき。なあんちっちの「糖尿美人」。

串団子ひと串1時間の眠りかな

新管理人について

わかった、新管理人は現在、病室にいる人だ。そうか、酒のラベルは指標ですな。玉之光を知っているとは‥それと一の蔵。ううむ、すごい。

連れ合いの顔忘れても酒の名忘れず

酒瓶に元連れ合いの写真貼ったら不味くなり

これだけ酒の名羅列して下戸とのたまう人の平然

Re: さ、さ、さ、さ、さ、けけけけけ、へのためらい

私のブログのコメント欄で盛り上がるのは小歓迎ですが、少しは記事の内容にも絡めていただきたいものですね。


糖尿でそんなに酒を飲んでちゃ治るものも治りませんぞ。

Re: 新管理人について

管理人ジャックに遇ったようです。片目のジャックです。こちらから見えない片目は何を見ているのか、人生の裏側を見ているのだ……という意味が込められているそうです、トランプのジャックの絵柄には……。

当時は…

主に家飲みで、一升瓶が2日で空になりました┓( ̄∇ ̄;)┏
一時期、ラベルのコレクションもして、幼い我が子が茶の間の襖を穴だらけにした時は、そのラベルを貼って塞いでいましたっけ
毎日ラベルを眺めていれば、嫌でも名前を覚えます(苦笑)

昔話はここまで

姥は真っ先に、ブログ内容へ言及していますよ、と言い訳を(笑)


北砂商店街は、シャッター商店街になりつつありますか
今のご時世、後継問題もありましょうが、建設バブルで建材も人件費も上昇中では、気持ちが閉店に傾いてしまうのも無理ないかもしれません


そうそう、金魚の写真
金魚の赤と岩(モーター?)の黒のコントラストもですが、気泡で色味が柔らかくなるのが、良い感じに見えます
部屋に飾りたいな、と思いました(笑)

それから、洋服の写真の次の、空の写真
似たような雲を、入院当日だったか前日だったかに見たなぁーと思いながら眺めています
病室の窓を見上げると、ネコどころかネズミの額ほどの空しか
見下ろせば、エアコンの室外機の行列
それでも、カーテンで四方を遮られたベッドに比べれば、よっぽどましですけど

あと3~4時間のうちには、退院です(^^)v

Re: 当時は…

山姥さんには虫歯のコメントをいただいていましたね。


しかし、「管理人」に言及がないところからみると山姥さんではないようだ。では誰なんでしょう。謎の管理人、名乗り出てください。

Re: さ、さ、さ、さ、さ、けけけけけ、へのためらい

目の写真をボトルに貼れば節酒になりそう。

十割蕎麦

ぼくは蕎麦が大ッ好きなんだ!とアベシンゾウがニタ・ニタ、ニヤニヤしながら小判鮫のカンにいった。側にいた金魚のウンコらも一斉に頷いて、どちらがお好きなんですか?と聞きました。
決まってるじゃないか「モリ」も「カケ」もぜ~んぶ好きなんだよ。こんなうまいものほかにないもんね。君たちにはあげないからね。
ところでマエカワくんは蕎麦が嫌いなのか?本当に困ったやつだね。
「腐ったソバでも、皆んなで食えば怖くないッていうじゃないか」エッ、そうだろう皆んな!金魚のウンコ達がそうだ、そうだと頷きました。
ぼくたちは1強独裁なんだから。バカな国民からお墨付きを貰ってんだから何してもいいんだよ。エッ、そうだろう?
皆んなは、またまたニヤニヤしながらうなずき合いました。もっともっと御相伴にあずからしてくださいな。
ところでソーリ、巷の平民どもも気がついたようで「モリそば食わせろ、かけそば食わせろ」と騒ぎ始めましたよ。
な~に心配ないよ、残りもんはヤトウにくれてやれや!それでおさまるよ。
「蕎麦の次に旨いもん考えてるから心配ないよ、イッヒヒ!」酒の肴にもってこいのつまみなんだ。

【ホヤ・海鞘】
殻に入ったままの姿は、まるでむかしの機雷のようだ。最近ではビニ袋に入ったままで売っているから、姿かたちを見たことがない呑ん兵衛も多いことだろう。
うらぶれた場末の飲み屋で食う酒の肴だがもちろん殻付きはでない。気取った居酒屋や寿司屋、和風旅館などでは海鮮の盛り付けに、少しだけの殻を皿代わりにしていれて出すところもある。

前置きが長くなった。
独特のクセゆえに好き嫌いがはっきりする。新鮮なものは臭わないが、鮮度の落ちが早いので、首都圏で出回る頃は鮮度が悪く全体に独特の匂いが強まってしまう場合もあるので無理をしない方がいい。
北国の初夏の肴としてこれに優るものはないかもしれない。濃密な香り、強過ぎる磯の風味、あくが強くて舌をすぼませるえぐい味は後を引く味わいだが、あまりにも強烈な個性は初心者を寄せつけない。
しかし、これが冷やでも燗でも日本酒と最高の相性なので、何の抵抗もなく食える奴になると、ようやくいっぱしの《飲んべえ》になる。磯の風味にホロ苦さが交じって、酒が静かに進む。

初心者に「どんな味なんだ?」と問われたら、「個性的だぜ」、「東北の夏の味だ、食えばわかる」としか答えられない。  (彰)

うわぁぁぁ…

これはしまったしくじった( ̄▽ ̄;)
いや、全く気が付かなんだ「管理人」!!
たいへんたいへん、失礼いたしました
ガラケーの写メでオタオタしている姥に、如月ブログの管理人はつとまりません


出始めの頃の獺祭は取扱店が少なく、幻の酒のような扱いでした
それが今では、大手スーパーでも購入できるようになりました
ま、値下げはしていないようですが


麺類のうち、酒のアテになるのは蕎麦だけのような気がします
個人的には、蕎麦より蕎麦がきが好ましい…

どんな高級店も、所詮はマスコミ餌付けに利用しているだけのアメポチ
実は、アッキーの実家の菓子類が一番好きなのかもしれませんね

Re: 十割蕎麦

うーーん、どこまでが前置きでしょうね。

ホヤは食べたことがありませんが、生で食するんでしょうか?
ホヤの塩辛が旨いという人もいますね。

Re: うわぁぁぁ…

越乃寒梅などは最近さっぱり話題に上りませんね。
確かミルナくんの情報では八海山だかなんだかの樽買いだと聞きましたが、違ったかな?


いずれにしても、日本酒は銘柄に頓着しない私です。まいばすけっとのお酒、スーパー日本酒が一番いいや。珈琲もソリュブルの90グラム瓶でしあわせだ。

ホヤとの出会い

あれは勤め先近くの居酒屋だった。ホヤをがんがん食べれる人がいた。私は石油の臭いがするので、食えなかった。もう一度くらい出会ったが、やはり駄目だった。いかの塩辛も、サザエも、生牡蠣も大好きなのだが、あれらは鮮度が落ちていて、本来のものではなかったか? 確か白クマ氏は彼は平気らしい。若い頃仙台にいたからだろうか。それほど酒に合うというものを食えないはずはないのだが、横浜高島屋の食品売り場の金沢のイカのげその塩辛が急に食いたくなった。で、あるからホヤには劣等感が残ったままである。

Re: ホヤとの出会い

生きているホヤはなかなかエッチな動き方をするらしいね。


ホヤは脊索動物で好き嫌いがはっきり分かれ、それが逆転することは9割方ないそうです。料理法やさばき方の上手い下手にもよるのでは。ホヤのバター焼きなどは食べてみたいけど、どうでしょう。白クマ氏からコメントが貰えないのは残念ですが、これもあと90年くらいは変わりそうにありません。

アベの体調ピンチ

虫歯どころではない。アベが急な体調不良を訴え医者が官邸に呼ばれたそうです。日刊ゲンダイデジタルが報じています。かねてから頻繁なジム通いは極秘に治療を受けているのではとの憶測があり、共謀罪を政権が小幅延長で乗り切ろうとしているのも、アベの体調がそんなだからというのです。

昨日「ひるおび!」で伊藤惇夫氏が洩らした「また別の問題が出てきた」というのはそのことか、それとも別の何かの事実が発覚したのか……気になります。「ひるおび!」での田崎ー伊藤の対決はいつも息をのむような緊張が漲っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/434-56c4ec31