前川発言の誠実な破壊力 

DSC00078bj2.jpg DSC00079bj.jpg

どうもここ3日ほど下痢気味で困った。いったんこうなると長引く傾向がある。冷えたスイカを少々食べたことや、市販の甘酒を飲んだことが関係してるのかな? おまけに身体がだるくて更新意欲が湧かない。下痢は一応治まったが……。

S君の脳梗塞のことを書いた後で亀戸のくらもち珈琲へ行くと、夫婦2人の写真展が開かれていた。夫は各地で行われるよさこい祭りを、妻は祇園の舞妓や芸妓などを撮っているのだが、よさこいの迫力に感服し聞いたところ、現在50代の夫は、31歳のとき脳梗塞で1か月間意識不明の状態になり、奇跡的に回復した後、医者に言われたのが「リハビリのために写真でもやりなさい」という一言だった由。この人は不自由が残りつつも職場に復帰し現在に至るが、ダイナミックな作品づくりの陰には妻の並々ならぬサポートがあるように感じた。S君も写真をリハビリに取り入れ気があるならば多少はアドバイスができるかと思う。

今回の都議選は悩ましい。昼前、自民党のY候補がベランダの下で演説する。父親が区長の彼は、住民税10パーセントオフの公約(?)の他、「都と区の連携がいいのは誰でしょうか」と脅した後、「5号棟の皆さん、7号棟の皆さん」と来た。6号棟は抜きかい。落選しろ。2時間後、今度は公明党のHが演説。団地住民が出て聴いたふり。やはり都区の連携を言い、なんとも気味の悪い絶叫で終わる。民進党は当てにしたKが都民ファースト(推薦)に寝返ったので、以前の都議Oを引っ張り出したが正統でも勝算は薄い。都民ファーストに投票するほどの意欲も義理もないので、選択肢は自ずと限られてしまう。ただ、築地がすんなり移転するようなことになり、豊洲の不明朗な取得手続きがスルーされてはかなわない。

                       
DSC00028bj.jpg DSC00095bj.jpg DSC09931bj.jpg
DSC00022bj.jpg DSC00100bj.jpg ←サンゴシトウ(珊瑚刺桐)の花

                        
前川喜平氏が記者クラブの申し入れで二度目の会見を行った。確かに新事実というようなものはなかったが、淡々とした慎重な語り口ながら内容は結構重いものがあった(詳細はこちら)。司会の倉重氏は、重大な問題であるにもかかゎらず解明の場がないことを考え前川氏の会見を用意したが、逆の当事者である内閣府のしかるべき人にも来てもらおうと思っていると話していた。それは是非実現されるよう願いたいものだ。
会見の趣旨は既に報道されているとおりだが、前川氏が権力とメディアの関係で不安を覚えるとして挙げていた事例が不気味である。前川氏の出会い系バー通いの読売記事が出る直前に、総理補佐官から間接的にアプローチがあったという事実だ。記事の差し止めもできるぞという囁きは、権力が個人の行動を全て把握しているという脅しでもある。また、前川氏は今のテレビコメンテーターについて、時事通信社の特別解説委員・田崎史郎を実名を出さないまでもはっきり分かるように「どんな状況証拠や文書が出ても官邸の擁護しかしない方」として断罪。同様に「官邸を擁護する発言を続けている人の中には性犯罪が警察によってもみ消されたと噂される人物もいる」と山口敬之にほとんど名指しで言及したのである。前川氏を最初に取材しながら放映しなかったNHKについても疑念を呈した。この夜のニュースウオッチ9がこの会見を一言も報じなかったのは当然として、今後、田崎史郎はどんな顔でテレビに出るのか楽しみである。

猫の画像はジジイたちの評判が悪いので下に纏めます。
DSC00058bj.jpg DSC00074bj.jpg DSC00082bj.jpg
DSC00084bj.jpg
             

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

もどきじゃないのか?

「共謀罪」法が7月11日される。とうとう暴虐の“嵐”がお墨付きをもらった。
幕末の長州人はテロリストである、と現代の歴史認識では公認されている。その長州人がまたしても国会で共謀し、歴史に残る犯罪を強行した。オリンピックを錦の御旗にしたててのやり方は、徳川幕府の政権をニセものの錦の御旗をかざし、起こした戊辰戦争と同様、テロリズムそのものではないか。五輪ピックが終わったら「共謀罪」法を廃止するならそれまでボクはガマンしてやる。

テロを防止すると称する連中がテロを起こしたのだ。国連人権理事会の特別報告でも「プライバシーや表現の自由を制約する恐れがある」と批判している。当然だろう。在住の外国人も中国、北朝鮮同様ちょっとした体制批判をしただけで拘束されるのが、目に見えているからであろう。

産経新聞はこれに噛みついて、「お門違いの批判は撤回を」と激しく主張しているが笑止千万だ。ちなみに同新聞の見出しは「テロ準備罪」としている。なんか変だ。テロだけ強調しているが対象犯罪は277もあり、これを応用すればほぼ全てが対象になるのは見え見えだ。これを機に内務省が復活するだろう。公安は今でも秘密警察だが、これに加えて一般の警察官も岡っ引きに成り下がって完全に”権力のイヌ”になり巷を徘徊する狂犬となる。「袖の下の小銭」の“お目こぼし”で済めば良いのだが・・・。(なさけないなぁ~)

なんだかクチの中がジャリジャリしてきた。せめて旨い日本酒と肴で癒やさないと殺される。ホヤの旨さを紹介したが、まだまだマイナーなつまみなんだな。東北地方が好みの南限なのかな。

ダイナくん、またですか?ゲリゲリゲリッ。入院中、マスク美人の看護師さんは、便秘するより下痢の方がいいといってたよ。腸内の細菌など出し切るからなんだそうだ。その代わり出したぶんの水は飲むことだとさ。「出しては飲み、出しては呑み」のマッチポンプだね。3日も続けば体力はかなり落ちるから要注意だ。

前川くん、孤軍奮闘だね。選挙選のどさくさに丸めこまれてしまった感じじゃないか。
いっその事、都議会選挙に便乗して小池派の誰でもいいから応援演説してみりゃよかったんじゃないか?今後どれだけの切り札を持っているのか分からないが G13の標的にならないでくれ。

ダイナくん「ホタテと野菜のマヨネーズ焼き」とかいうやつ「もどき」じゃないのか。
みたところホタテの貝柱そっくりで、食ってみたらなんか変?多分それってカマボコで作ったやつで、レストランなんかのショーケースにある見本みたいなやつなんだろう。「ホタテもどき」といって本物じゃないね。カニやアワビもあるんだよな。

小池女史が垂らしこんだ連中も「思想信条」は全くない。寄らば大樹の陰、自信がないから、小池のフンのようにぶら下がって何とか当選したいと思っているだろうが、現住所だけ小池派で本籍は自民党と言う隠れ自民党じゃないか。これも言ってみれば「自民党もどき」というやつだろう。(彰)

Re: もどきじゃないのか?

共謀罪がいよいよ施行ですか……。
テロとは名付けてみたが内容は無関係。国連の特別報告者も言ってましたが、重要なのはテロという言葉の定義がはっきりしないことです。はっきり書くと大変なことになるからです。テロは横暴な政府に立ち向かう最後の手段でもあります。日本人はテロというとオウム真理教や連合赤軍しか思い浮かびませんから、すぐ同意しますが、世界を見渡せばとんでもないことがすぐ分かります。テロという言葉は人を恐れさせ、また立ちすくませるマジックワードです。オリンピックという名前も同じ。政権はそれを上手く使ったわけです。
おっしゃる通り、オリンピックが終わったら共謀罪は廃止してもらいたいね。

ホタテはもどきではないようですが、くずホタテを使ったのかも知れません。これならホタテかまぼこの方がまだましだったか。
先日、おつまみのパック入り陸奥湾ホタテの塩焼きとかいうのを買ったら、こちらはかなりホタテでした。ひもが多くて実は少なかったけど。こういうふうに、もどきの方が本物の味覚に肉薄しているケースは少なくない。政治も同じかも知れません。

前川氏。「政治的意図はありません、安倍内閣を倒そうなど微塵も考えてません」と言ってましたっけ。政治には関わらず分を弁えて言うべきことを言う姿勢は、どぶの中の蓮のようにさわやかです。さらに混乱を極めるアベの前では特にね……。

このブログの中では

私は依然、保守派です(定義はよくわかっていませんが)。でも、取り上げられている、いろんな人々は、わからない人が多いです。田崎氏は検索して、ああ、この人、テレビで見たことはありました。そうなんだ‥私も、この内閣は、支持できないです。大臣も、しょうがない人が多いです。食べられないホヤのようです。では、また出直します。

ホヤはほやほやされても南進せず

Re: このブログの中では

保守派……そうですか? 保守反動ですね。反動一利……なんちゃって。

田崎は昨日、平気な顔してひるおび!に出て政権擁護してました。煮ても焼いても食えないホヤみたいなヤツだ(ホヤさんごめんなさい)。稲田ともちんがまたイレギュラー発言をかまして十字砲火を浴びてます。こらーっ、防衛大臣なら反撃せんか! なに、違う?

ところで「南進せず」って何ですか? 
開戦前に議論がありましたね。北進、つまりソ連を攻めるか、南進、つまり南方諸国の資源を奪うか。どっちにしても侵略・略奪です。結局、海軍に引きずられるまま南進論を採って戦争に突入するんですが、本当は陸軍は中国で身動き取れなくなっていたんですね。対米開戦は陸軍の同意を得ていたんでしょうか。ホヤさんに訊いてみたいな秋の風。

ミルナ学説

ホヤはマイナーなつまみ。東北地方が南限か?が、ホヤ自ら、東北に留まりたいと、主張しているのかも,しれません。ホヤは硬派の食い物で、南の奴らには食われたくない。ホヤの主張であり、矜持であります。

おお、半藤一利という人がいたんですな、検索しました。てな、具合に、どうにも通じないので、がっかりしたでしょう。それほど、不勉な私です。

反動がやって来る困った歳になり、こりゃ異反動。意に反して違犯を繰り返す異なりの反動。ホヤの北進に似たり、なんちちち。

このところ、私も調子が上がらず。人の心は無反動。無反動になりすぎて、無感動もびっくり。それでは異反動、でなく、違犯道。違犯道に際限はなく、半藤一利どころか、遙かな過去にまで、違犯どぉ、と、叫ぶなり。ホヤ、南進ためらい、東北に留まれり。なあんちって、くだらなさの限界。

Re: ミルナ学説

84ミリ“カールグスタフ”無反動砲、いかがですか?

戊申戦争時に

これ一砲あれば、どうなってたか。武器の歴史にも順番はあるのですな。うう、むん、無反動過ぎて、だめん、カールったら,グスタフにしてん、もっと、もっと、うんと、反動が必要なのよん、反動してん‥グスタフなタイムにしてん。

Re: 戊申戦争時に

こらーっ!
戊辰戦争だろ。
戊辰戦争はガトリング砲だ。河井継之助さ。

相馬大作と同じ時代か?

長谷川伸の戸並長八郎を読んでいます。この人、面白い。相馬大作も書いているらしい。相馬大作が無反動砲を持っていたら、変わってたろうと、ふと、思いました。

Re: 相馬大作と同じ時代か?

戸並長八郎のことは知りませんでしたが、フィクションでしょうか?

相馬大作が無反動砲を持ったら……しかし殿様がやって来ないんじゃ撃ちようがない┓( ̄∇ ̄;)┏

長谷川伸は赤報隊を取り上げた中公文庫『相楽総三とその同志』上・下がよかった。ただしいささか長い。

枝豆の季節

今年も半年が過ぎた。恐ろしいまでの早さで歳月は巡る。長い長い闘病生活が始まったのが昨年の来月で、8ヶ月の入退院からはや一年になろうとしている。
7日には3ヶ月目の検診が予定されている。卯月下旬にPET-CTで全身検査て、以上がなければ連絡しないと言われていたが、連休を過ぎても連絡がないから、一応の安心をもらったと思っている。

最後の退院から4ヶ月間で体重が約6㎏も増えた。入院中は栄養ある食事なのに、なぜか痩せ気味のままだった。副作用のせいで、食べても太らないようになっていたのかもしれない。55㎏、58㎏と上限値が何度か決められ、超えたら腎臓を刺激する利尿剤を飲ませられた。
退院してから2ヶ月目には3度目の上限値が59.5㎏に変更され、それに加えて浮腫がでたら服用、の指示であった。現在ギリギリだが浮腫が出ないのでセーフ状態だ。
利尿促進ならビールがいいとは昔からの言い伝えと心得ているので、毎晩酌は350ml一本をチビチビやっている。そのチビチビにふさわしいつまみは、ご存じ知る人ぞ知る「枝豆」がある。

汗ばむ季節、冷えたビールにぴったりなのが塩ゆでした枝豆だ。採れたては、驚くほど味が濃い。栽培中の「豆」には、常にたっぷりの水分や養分が蓄えられているからだ。たかが豆というなかれ。シンプルながらいろんなつまみに簡単に変身するのが枝豆のいいところだ。酒盗と炒めたり、まぐろの中落ちと醤油で炒めたりなど、どんなものにも相性がよく、たとえて言えば「呑ん兵衛」と「ションベン臭いうらぶれた場末の飲み屋」が合うのと同じだ。

この枝豆、わりと簡単に作れるところがミソで、家庭菜園とまではいかないプランターで十分育てられる。手もかからず肥料もほとんどいらないで、ビールのつまみが一品増えるのだから、栽培してみる価値はある。
昨今では年中売ってるが季節外れの枝豆のまずさよ、全く食えたもんじゃない。それもそのはず、収穫直後から加速度的に豆の本分が失われていくからで、コンビニなどで売っているレトルト食品の豆なんかは、新鮮さ、味、養分、香りの抜けた形ばかりの、豆の抜け殻でしかないのだから当然だ。もしこんなのが居酒屋で出されたら、ケツをまくって店のイスを蹴飛ばし、飛び出して行こう。

それからもう二品を出してみる。もう季節は過ぎてしまったが【タラの芽】がある。
山菜のてんぷらといえば定番中の定番だろう。スーパーなどでも売っているから気軽に「春の味」を満喫できる。山菜の中でもアクがほとんどないのでその分香りもないから淡白だ。酢味噌和えでもさっぱりとした酒の肴になる。

【あざみ】はスーパーなどではない。よほどの田舎の産直か道の駅になら、あるかも知れないと思うが期待できない。山野に出かけて自分で見分けて採ってくる方が早い。「呑ん兵衛」でなくても、ほうれん草並みのおひたしとして、食事に春をもたらしてくれるからいいと思うよ。
葉には棘があるので採る際には気をつける。花は食べない。葉と茎を茹でてアク抜きし海苔をかけて醤油で食べる。
茹でても葉の棘はあるので、多少は気になるが歯触りもよく独特の味がして酒のつまみにもなる。
食べられないアザミもあるので採るときは注意が必要だ。全体に細かい産毛が生えているのは毒があって食さない。食べられるアザミと隣同士で生えていることはないので、産毛をきちんと見分ければ大丈夫だ。
鬼アザミは遠慮しておこう。(彰)

コメント数が10にとどまっていた

誰か、とどめを打てと、思っていたが、来たぁ、来たぁ、北上河原の山菜男、いや、山菜オヤジ、肴が先か、酒が先か、わからぬが、ついに、書いてきた、山姥さんのコメントで、「睦鶴」で、乾杯すべきと、北、北、来たぁ。ミルナ氏よ、絶対完全回復せよ。今のペースでいいですぞ。ううむ、私は冷凍枝豆でも、一応枝豆なので、おお、凍らした枝豆も、悪かないと、気まぐれ食卓にのれば、きまぐれに枝豆モードになれるのですな。枝豆は不思議なモードを作り出す食物ですな。今はエシャレットか、谷中ショウガですな。うちの息子は、障害者ですが、谷中と、エシャレットが大好きで、1/3くらいは、彼が食べます。焼酎は飲ませれば飲みますが、再びせがむことはありません。こんな4リットル焼酎でなく、「睦鶴」を飲ませてやろうと、ひそかに考えています。ううむ、ミルナ氏とはぜひとも北上河原で、青いシートを敷き詰め、一杯やりたいものです。北上河原を歩ける、時には走れる体を作らnight。ダイナー氏も、ともにまいろう。山姥さんにも、来てもらいたい。いや、きてくれnight。

Re: 枝豆の季節

むくみ防止を口実に飲みすぎはイカンね。
獅子座の注意すべきは海の幸山の幸の魅力にはまり込み、ついつい酒の量が増えてしまうという悪魔のパターン。

クマが人里に出てくるのは山菜を採りすぎたからだと、昨日の東京新聞の投書欄に載ってましたよ。本当でしょうかね。

枝豆はいくら採っても大丈夫でしょうけど……枝豆はもっぱら飲み屋で真っ先にたのむ物で、家では食べません。しかし自家栽培は楽しそうですね。

Re: コメント数が10にとどまっていた

枝豆はいいね。冷凍でも自家製でも何でもいいや。
エシャレットとは……とっさにイメージが出てこないところをみるとあまり食べないものだな。オクラを茹でて刻み、鰹節をどっさり掛けてもいいんでは? 私は美食じゃありませんで、実用的、質実剛健がモットーです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/436-4e5f22d1