写経老人入門 

DSC00260bj.jpg DSC00261bj.jpg
   
朝方こんな夢を見てしまった。旧い仕事仲間の一人と飲んでいる。彼は寿司屋の見習いをしているそうで苦労話を聞かされる。個人的な付き合いはないが、よく寿司屋などできるものだと感心する。もっと話していたい気がするが、私はなぜか今夜故郷へ帰ることにしている……。どうやら、先日久々に会った某君がシルバー人材センターの仕事で立派に食いつないでいる話(これは現実)とごっちゃになったようだ。

夏に入った途端、冷蔵庫がおシャカになった。回りっぱなしで野菜が凍るのだ。以前同じ症状で部品を交換したが、今回は部品もなくダメだという。領収書を引っ張り出すと、この冷蔵庫は35年前に石丸電気で7万9千円なにがしで買っている。今の団地に引っ越した時の話だが、よくあの時思い切ってそんな高い買い物をしたものだ。なにしろ、その後1年も経たずして会社を追い出されるのだから……。以来35年もの間、黙々と働いて私の暮らしを支えた女房みたいな冷蔵庫だった。心からありがとうを言おう。

                      
DSC00227bj.jpg DSC00259bj.jpg DSC00307bj.jpg

新しい冷蔵庫はヨドバシで5万円ちょっとだった。シャープ製でほぼ同じ大きさだが、冷蔵室が狭くなり冷凍庫が広くなっている。冷凍食品をそんなに利用しない私には余計なお世話だ。いやに狭くなったな、という印象である。もう一つの減点は庫内灯が暗いということ。ネット上でも別の機種で指摘されているから最近の傾向なのだろう。前のは白熱電球が煌々と灯ったが、今度はLEDで位置も悪く細々と照る感じ。色温度が高い(つまり青っぽい)ので食品が旨そうに見えないのが欠点だ。

土曜日は写真の会の授賞パーティーでプレイスMへ行く。今年は太田順一『遺された家 家族の記憶』(海風社)と名越啓介『Familia 保見団地』(Vice Media Japan)、特別賞としてオンライン書店shashasha(写々者)の活動が受賞した。私は会員でも何でもないのだが、年1回の情報交換の場として利用させてもらっている。ただし今年は知った顔が少なく、つまみも肉や鮨ばかりなので1時間で帰った。受賞作はなぜか似たような傾向のものとなり、ちょっと小振りだったかなと思う。写真では他に東京オペラシティでの荒木経惟展『写狂老人A』が圧巻だった。入場料1,200円。

左から禅フォトギャラリー/エモン・フォトギャラリー/東京オペラシティ
DSC00257bj.jpg DSC00234bj.jpg DSC00263bj.jpg

毎年楽しみにしていた河馬壱の公演が今年は都合によりスキップされ、代わりに吉祥寺曼荼羅での朗読『MANDALA PRESENTS READING LIVE 2017 岸田國士を読む in 吉祥寺』の通知が送られてきた。今年は13グループが参加し、河馬壱は8月17日1日限り、15:00~と19:30~、当日2,500円、前売り2,000円。岸田國士のことはまったく知らないが、文学座を創立した3人の1人で岸田今日子の父……というから斯界の偉いさんであろう。暑気払いに出かけてみるのも一興かと思う。吉祥寺曼荼羅では福島泰樹の短歌絶叫コンサートも行われているので、本当はこちらに惹かれる。

                        
DSC00219bj.jpg DSC00208bj.jpg DSC00221bj.jpg
DSC00209bj.jpg DSC00246bj.jpg DSC00324bj.jpg
               

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

夢が呼んでる?

ダイナくんのかつてのサンクチュアリの工事も進んでいるね。そんなに高い建物ではないと聞いたが、それでも出来上がってしまうとそれだけ空間がなくなるから、なんか息苦しくなりそうだね。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。写経に凝りだしたか!そうか、お盆も近くなったからな。夢にも出てきた北への旅、両親のお墓が呼んでいるのかもしれないね。

本体は74年、冷蔵庫は35年か、お互いよくもっていたな。石丸電気って聞いたことがある。モーター関係の技術レベルが高かったような気がする。それにしても35年はすごいね。まさに第一夫人といっても良いかもしれないよ。

近代の家電は、実用的なのか見てくれだけなのかよくわからんものが多い。修理するより買い替えた方が安い、と平然とのたまわる従業員の態度は苦々しく思うことがよくある。それになんと見積もり料金も取る。高すぎるからと修理依頼をやめても見積もり料金は返ってこないのだ。

昔の家電製品はわりと頑丈だったし回路も単調だから故障が少ないのだ。ボクは家電関係の仕事をやってたからよく分かる。テレビだって真空管を交換すれば治るし電気釜だって電熱器だってニクロム線を取り替えればいい。そんな時代の方が結果として今よりサービスがよかったと思う。

今回の猫の写真についてひとこと・・・笑った顔の犬は見るけど、ねこクンは無表情で付き合いにくい。ところが今回の表情みて思わず和んだよ。しっぺさがりの恥じらい顔がいい。今まで随分登場してきた中には可愛いいのも、いくつかあったけど、なんかぶりっこ顔していてお嬢様気取りがボクには苦手なのだ。

忘れてたけど干鱈なつかしいね。今はどこにも「棒鱈」は置いてない。つまみとして袋に入ったものは見るけど、あのしょっぱいボータラは安酒によく合うつまみだった。まるで塩の塊を食ってるようなものもあれば、さっぱり味のないものがあったりしてたけど、ちょっぴり醤油をかけてゴハンのおかずで食べたね。その頃の影響が今の高血圧につながっているのかもしれない。

祭りの夜店はいつみても郷愁を誘うような気がして癒される。近所の神社でもささやかにやってるが、呼び声代わりの古い歌謡曲や民謡の音色がさっぱり聞こえなくなった。
こんな田舎でも音がウルサイ!とほざくやからがいるようになってしまったのだ。たった一晩のしかもたったの3~4時間がなぜそんなに煩いと思うのだろう。
右翼の街宣や選挙カーほどうるさくないのに、何故なんだろう。

無機質な都会の文化がテレビや雑誌で容赦なく降り注ぎ、やがて地方の文化が廃れ、村や町が消滅し空き家、空き地が増えていく。それを狙った中国に買い取られている。北海道などのかなりの土地が中国人(政府)に買収されている方が、真夏の夜の怪談よりも現実的な恐怖を感じるのだ。(彰)

Re: 夢が呼んでる?

家電は格段にヤワになってますね。使い捨て文化で壊れてくれなければ経済は発展しないとばかりに壊れます。デジカメなど修理して使う人はいないでしょう。家だって何百年も保たせる発想はありませんしね。なんとかしなくちゃダメですな。

そうそう、お目に留まりましたか。この猫、はにかんだ表情が独特ですね。呼んでも来なかったけど……。
猫ばあさんなどは近所の迷惑になっているケースも多いようですが、今は猫との共生、むしろ猫への拝跪が必要ですよ。猫様に這いつくばることです。猫から学ぶことは多いとも言われます。

この画像の夜店は隣町・大島四丁目のですが、昔はここで盆踊りをやっていたんですが、公園が整備されてできなくなったようです。ヘンな話ですよね。
わが団地でも自治会が団地の真ん中で盆踊りを計画すると苦情が来て、結局小学校の校庭でやらざるをえなくなった時期がありました。それは自治会反対派がいちゃもんを付けていただけだったのですが……。今は某宗教が中心なので大丈夫です(?)。

棒鱈……ってどういうやつかな? 干し鱈はとんと見かけませんがあるんでしょうか。東京では飲み屋のつまみにも出ませんね。おやつ代わりに食べていた時代もありましたが……。ツブはその後スーパーで殻付き、茹での両方を確認しました。ただし、値段はけっこう高い。

たら・たら・たら

いわゆる干し鱈の事なんだ。今ようのように小さな袋に、切って入っているのではなく、鱈くんの生きてる時のサイズ(頭と尾はない)で40~50センチくらいかな。これを称し「棒鱈」と元実家のあるところで呼んでたよ(我が家は元魚屋だったからね)むしろ、コマイ(氷下魚)の干したものの方がつまみになるけど超硬いから僕たちの世代人は間違いなく歯が欠けるね。
今時食う若者は絶滅したのかもしれないな。(彰)

冷子

ありがとうな、35年。よく仕えてくれたな。行っちまったか。俺が40くらいだったっけ。うぶなおまえだったし、俺も若かった。おまえが来てから色々あった。石丸電気は秋葉原、でっかいわーー。2代目の冷子はなんだかなあ。そっけないわなあ。ひとりぼっちをいやと言うほど、感じさせやがる。温かみがねえわ。もっとも冷蔵庫だから、ま、いいか。でも、やはり、訳もなく、寂しいわ。れ、れ、れ、冷子ぉぉぉぉぉ。金冷法でもやってみるか‥冷子2は受け止め方も、冷ややかだわ。冷たくて温かかった冷子1とはあきらかに違う。亀頭への肌触り一つでも,違うものだ。この世からは、たとえ機械でさえも、合うものが消滅していくよな、ひとりぼっちさだわ。れ、れ、れ、冷コォォォォ。冷たくぎんぎらにしてくれぃぃぃぃぃぃ。

Re: たら・たら・たら

棒鱈ね、それならば味噌を付けてよく食べたものかも知れない。でも、東京に来てからはとんとお目にかからない。東京人はこういうのは好きじゃないのかも。コマイとなるとさらに縁遠い。今時の若者はフライドチキンとかばっかりだね。長生きできんな。

Re: 冷子

まったくです。いいやつだったが冷たいのが玉に瑕。AB型血液のC子より冷たかったかも知れない。通りがかり人さんにかかると、冷蔵庫もラブドール並の妄想源になっちゃいますね。冷蔵庫に廃熱利用のラブドール機能を付けると売れそうです。4K液晶パネルに好みの動画を流そう。

しかし、冷子2も捨てたもんじゃありません。若いだけあって肌がピカピカしてます。

それで…

冷子2号の写真は?

冷子にぃ、みんな見たいと言ってるぞぉ

さあ、見せてミイ、はいピース。見るなあ、‥あれっ、どこからか、そんな声もする。暑いわ,いのち萎えそう‥

Re: 冷子にぃ、みんな見たいと言ってるぞぉ

山姥さんからのコメントにどう答えたものかと悩んでいたところに、通りがかり人さんもか……。何だか知りませんが1時に寝たら5時に目が覚めてしまった。最近こういうことが多いんです。べつにトイレに行きたくなったわけじゃありません。しかし目が覚めた以上はトイレに行きます。水が飲みたい。朝、飲んだり食べたりする前に必ず歯磨きするので、ますます目が覚めてしまいます。

冷子2が冷たい訳が分かった。
前を少し持ち上げて、ドアが自然に閉まる体勢にしなきゃいけなかったんだ。忘れていました。

美人は伊達藩にもいた

やっぱり南部藩は美人の里だった。ボクの言い分は間違いではなかったのだ。
《南部美人チャンピオン 世界的品評会(IWC)日本酒部門 深み、滑らかさに評価》
あいにく諸用でボクは行けなかったが、6日夜、IWCの授賞式が英国ロンドンのホテルで開かれ、日本酒部門の最優秀賞「チャンピオン・サケ」に南部美人 特別純米」が選ばれた。この他、高品質で適度な価格の「グレート・バリュー・サケ・アワード」に「一ノ蔵 無鑑査本醸造 甘口」が輝いたのだ。

山姥殿よりはるかに遥かに若かりしころ伊達藩に在職中、ボクも「一ノ蔵無鑑査、浦霞」を嗜んだよ。あのころはまだ酒に級別が付けられていて、妄信的に特級酒が二級酒より神がかり的に旨い、とマインドコントールされていた時代だから、(無鑑査)の酒は二級酒以下だと頑なに思い込んでいた。
それと仙台藩には美人はいない、水が美味しくないから。したがって酒も美味しくない、と思い込ませられていたのも確かだった。だから「一ノ蔵無鑑査、浦霞」などは安くて酔えばそれでいい、という時代に相応しいと思っていたのだ。

何の事はない、級別制度は政府が多額の税金を取るためと、蔵元が儲けるためだけに三増酒にランク付けしてもらい売りつけていたのだ。級別制度が廃止された後でも、蔵元は何の基準もない『特選、上撰、佳撰』などと勝手に付けて暴利を貪っているのだ。それにしても、ボクたち国民はどうも肩書に弱い民族なんだろうね。

[無鑑査]に関する知識がなかったボクは二級酒で満足していたんだ。極々ほんのたまに、一級酒を上司に奢られるとヨイショしたもんだ。ましてや特級酒をゴチになるなんて、天にものぼる思いだったな。(記憶にないからゴチする上司はいなかった・・・)

[無鑑査の二級酒]の方が大メーカーの特級酒よりも、マイナーメーカーの無鑑査・二級酒の方が遥かに美味いというのが当たり前になってしまい、時の政権は沈黙絶句、法外な税金を取っていた政府とボロ儲けをした蔵元も、その事実を認めざるを得なくなってやがて級別制度を廃止した。

今にして思えばボクなんか、ただの呑ん兵衛でしかなかったんだな。(今では物理テキに限りなく下戸に近いが・・・)
下戸の姥さまでさえ「一ノ蔵無鑑査、浦霞」の旨さが分かるくらいだからボクもまた飲み直してみよう。(お酒は温めの燗がいい~肴はあぶったイカでいい~)か・・・・・・

こうして無鑑査、等級の知識がボクをして量から質へと変えてくれ、酒の旨さを改めて知ることになったのだ。(どんどはれぇ~)   (彰)

 

Re: 美人は伊達藩にもいた

「南部美人 特別純米」が世界一に? そりゃめでたい。
しかし、等級制度がなくなったのに「無鑑査」は残ってるというのが面妖です。

当方、適度に酔うための会話が主眼なので、等級にはこだわりません。さくら水産の青いボトルの熱燗は勘弁してもらいたいが……。

白鶴を飲んでいます

母が不調で、はっきりしない正月でしたが、半年押し入れで保管されていた白鶴飲んでます。上撰 金冠 白鶴。室温は○。冷やして飲むのは◎とある。そうか、野菜室にスペースがありそうなので、明日から、冷酒にしていこう。

ううむ、今ここで飲んでいるのは、ダイナー氏の薦めない養命酒。でも、眠れる時間が増えているのは事実。ぜひ飲んでみて欲しい。ただ、値上がり甚だしい。もう少し安くしてくれnight。

ううむ、眠い。私は三助になりたかった。ダイナー氏に言われて、納得した。

したの膨らみ隠しつつ湯はねる白き背流す我は

そこまでは結構よといわれ図星しおれる三助の宿

ここまでとします

Re: 白鶴を飲んでいます

お早うございます。
今、国会中継を観ています。出た、トップはマムシの小野寺五典。ねちねちと攻めて黒を白にしてしまう。前川氏旗色悪し。ガンバレ。オレが付いている?

で、何でしたっけ?

養命酒ね。陶陶酒が安いかも知れない。どちらも反鼻(マムシ)が入ってます。

酒にもいろいろか

養命酒や陶陶酒は飲んだことはない。しかしまむし酒や中国ツアーでは蝮よりもさらに強烈で何んの蛇かわからないが、まるでエイリアンのような姿のままの瓶を見ながら飲んだ。これだけは中国の言うとおり正直だった。ものすごく効く!(何に効くかは通りがかり人くんの妄想にまちたい)
蝮でも種類があって【赤蝮】の方が効くそうだ。寝つきが悪いからボクも養命酒のんでみるかな。(彰)

Re: 酒にもいろいろか

赤マムシ……赤マムシ酒ってのは聞いたことがあるけど、ハブ酒も砂銀に沖縄ショップがあって展示してるから知っている。とても飲む気にならないね。

養命酒や陶陶酒は朝鮮人参が入っていて血圧が高い人はうまくないらしい。

ところで、市役所(住民税の督促)の件はどうなりましたか?

ものすごくきく酒はもう要らない

私が求めていますのは三助そそりだちの効果ではありません。さすがに、昨日も、ものすごいミニ姉ちゃんを見ましたが、それは、少し1,2秒は見ましたが、それだけですな。私が求めていますのは、そそり立ちではなく、穏やか延命ですな。蕩蕩酒には興味ナッシー。養命酒は甘ったるく飲み慣れが少し大変。でも、血管はあきらかに広がり、血圧にもヨッシー。ま、次々に出てくる新サプリとは違い、臥薪嘗胆してきた伝統薬ですわな。ただ、高いですわな。たまたまきのう一の蔵のんだ。うまい。一杯900円でした。それでも、養命酒。一の蔵の方が、旨くても養命酒。ダイナー氏も、も一度だけ、飲んでみなはれ。700ccのもあるから。まむしにも蛇にも、興味はナッシー。ミルナ氏、穏やか睡眠、出来ると思えます。

Re: ものすごくきく酒はもう要らない

準草食系の私がマムシを飲めるわけがないでしょう。
三助そそり立ちかなんか知りませんが、御勘弁を。なお、養命酒も陶陶酒もその意味では同じものです。

そろそろ更新したいんですが、臥薪嘗胆中。

酷暑も中休み

時折聞こえる雨音と心地よい風に、二度寝どころか三度寝に陥りそうなオフの昼下り………
大納言様は、「がしんしょーたん」中ですか
一体何があったのか、お聞きしたいですね(笑)


岸田國士………どういう訳だか、一時期、巖谷小波と混同していました(ーー;)
子どもができて、絵本をあれこれ選んでいた時に気付いたという御粗末さでした
岸田國士は、10年位前に『暖流』という病院を舞台にした昼メロを見ただけです
ま、記憶に残っているのだから、しっかりした作りの脚本・ドラマだったのでしょう
個人的には、岸田姉妹(衿子・今日子)の父親の印象のほうが強いですね


マムシ酒…昭和の頃は、山でマムシを捕まえ一升瓶に放り込み、焼酎漬けにする人の話を時たま聞きましたね(焼酎を飲もうと蓋を開けたら、アルコールで酔っただけで絶命していなかったマムシが飛び出してきて咬まれた、なんてことも珍しくなかったようです)
脱皮後の皮を、御守りにと財布にいれている人も時折目にしました

群馬県の薮塚にスネークセンターという蛇類研究専門の施設があります
昔々、真夏に行ったので、展示室ではどの蛇も涼しげな日陰に避難していましたっけ…苦笑
売店ではマムシやハブが入った酒瓶が並んでいたことを思い出します
四十数年前の話ですから、今は違っているでしょうね

Re: 酷暑も中休み

うーーーん、昨日、一昨日は国会中継、今日はひるおび!を観ていますが、安倍政権はどうにもならない。ひるおび!の取材陣はものすごい陣容で攻勢を掛けていることはよくわかります。相変わらず田崎スシ郎と八代英輝は最悪だな。

岸田國士、巖谷小波……ははあ、何故でしょうね。私は巌谷國士と混同してました。

そういうことか!!

学齢期前に、父から『巖谷小波 歴史物語』(日吉丸や俵藤太・渡辺綱の話が、記憶に残っています)という絵本を与えられたのがきっかけ
小学生になり、「小波 歴史物語」は読めたものの(それでも「小波」は大波・小波の「こなみ」と読むものだと思っていた)、巖谷は苗字とまではわかっても読めなかった…笑
そんなこんなで成長し、何かの本の背表紙で見かけた巖谷國士(巖谷小波の孫)の名前と混同→更に岸田國士の名前と混同………だったのでしょう
巖谷小波変格活用の顛末で、謎がとけました(ーー;)



ポチ政権がどうしようもないのは、最初からわかっていたことです
問題なのは、ここまで末期状態にありながら尚も政権を維持しようとするものどもがいて、ポチも前回の轍を踏むまいとひたすらにしがみついている中で、ポチに引導を渡す者があらわれないことではないでしょうか
一国の総理大臣や関係者(世が世ならば一族郎党)が、閉会中といえ、国会の場で恥ずかしげもなくここまでの茶番を演じる…この国は終わっています
才能・技能ある若者には、国外逃亡することを本気で勧めます

横浜市長選挙で官房長官の「ご威光」が翳るのが先か、ポチの退陣が先か………期待値3割で見ています

Re: そういうことか!!

「最初からわかっていた」ではいけません。1つひとつツブしていかなくては。「ひるおび!」はこのところ寺脇研氏が出ずっぱりで冷静なコメントをしてくれるので救われます。どっちつかずで思いついたように野党攻撃を繰り出す国際弁護士はB型だと思う。

野良猫の復讐

数日前の新聞に衝撃的な記事を見た。すでにダイナ氏は存じおりのことだろう。
[猫にかまれ女性死亡 マダニ感染症 哺乳類から世界初]の大きな見出しは猫が苦手なボクにとって興味以上の関心を持って読んだ。
マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」という長ったらしい病名だという。「ヒアリ」が突然デビューしてきて全国に覇権を広げようと画策しているが、それ以前では「どくぐも」がほぼ全国に縄張りを築いていて、人類滅亡をもくろんでいる。北国にも既に生息しているそうだ。

話題の「ヒアリ」はまだ来ていないようだが、あまり気にはしていなかった分、自宅の庭で気持ちが悪くなるほどの「黒いアリ」の群生を見た時、鳥肌がたった。桜の木の根元には「赤いアリ」がやはり群生していて、まさか!と思ったが、よく見ると大きさが違うようなので、取りあえずは「アリ用殺虫剤」を散布しておいたが効果があるのかどうか。数日立ったらその散布薬のところから以前と変わらずでてきた。

薄着の夏のカメラ散歩では、半袖、半ズボンで草むらなどに入っているが、ダニがもたらす感染症でも六種類もあるという凶刃!カメラを担いでリハビリ散歩と称して歩いている己の無頓着さに改めて寒気がした。

人間を殺したこの野良猫も、いってみれば被害者なんだろうけど、しかしこのネコはその後どうなったんだろう。まだ生きているとすれば「のらねこ愛猫家」にとって次なる犠牲者がでる心配があるのではないのか。
愛猫家の親切がアダとなったが、屋内で飼っている犬やネコのペットにもリスクはあるという。

一時期「蚊」も話題になったが、今頃の日比谷公園や新宿公園に屯するノラネコもどきのイチャイチャ連中の若者とそれを覗く中年のオッサン達大丈夫かいな。(どちらも気をつけてやりな!)     (彰)

Re: 野良猫の復讐

猫に噛まれておだぶつというのは確かに衝撃的ですな。
愛猫家は絶句したでしょう。抗生物質も何も効かなかったんでしょうね。怖いことです。

マダニ感染症に毒グモ、毒ヒアリ……温暖化の影響ではないでしょうか。温暖化で熱帯性の生物が日本にも押し寄せてくることは想像に難くありません。コブラやサソリ、ワニ、ヒルなど、わけの分からん生物がはびこったらアウトです。目に見えるものならまだいいが、人食いウイルスとかなんかでは手に負えません。

とりあえず草むらのHを覗くときは防虫スプレーを忘れずに……。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/438-faa98f68