「黒革の手帳」を見せろ 

DSC00411bj.jpg DSC00412bj.jpg DSC00413bj.jpg

みんな観てますかぁ、国会中継。夏はこれに限るね。なんて……。

新しい冷蔵庫(本名:新妻冷子)に慣れつつある時に、今度はエアコンのリモコンがおかしくなった。ピッ……ピピッ……などと勝手に信号を送ったかと思うと、温度の上下ボタンが効かなくなったり、モードにないはずの送風になったりする。これも25年は使っているから結構な年代物で、当然代わりのリモコンは売っていない。汎用リモコンを買ってみたが風向が反応しない。リモコンがダメになったから本体を買うなんて本末転倒はいただけない。やむなく、今日アマゾンで中古を注文した。送料込みで¥1,500弱。仮に新品だと¥3,500以上するようだ。汎用リモコンは返品が利くらしいので試してみるつもり。
             
                                       
DSC00364bj.jpg DSC00360bj.jpg DSC00384bj.jpg

メルマガが続け様に入ってきて身動きが取れない。どれもそれなりに面倒なものばかりだ。この仕事はやらなければ金にならないが、やったからといってそのまま反映されるわけではなく、配信されて初めてお金が貰える仕組み。配信は基本的に平日のみだから上限は自ずと決まる。身動きが取れないとはいえギャラリー回りはルーティンであり、イベントも逃したくない。
この日曜日は池尻大橋のRAINで行われた久保卓治氏のエングレービング実演に参加した。銅板にビュランという彫刻刀みたいな道具で筋を彫り、そこにインクを入れてローラーで刷る。実演は製版過程だけだが、久保氏の手法は写真を鉛筆でなぞり、銅板に転写して下絵にするもので、リアルな絵柄が得られる。久保氏が気さくなので「1ミリ内によく4本や5本の筋が彫れますね」などと話しかけたら「作家に対する侮辱です! もっと評価すべきですよ」と怒られてしまった。イカンイカン。作家は誇り高い。評価しているからこそ参加したつもりだったのだが……。久保氏は団塊の世代、美大で教えていたそうだ。

                          
DSC00331bj.jpg DSC00385bj.jpg DSC00404bj.jpg

2日にわたる予算委員会の閉会中審査。真相はちっとも分からなかったから無駄だった……と捉えるかどうかは観た人次第であろうが、加計学園に対する政権を挙げてのバックアップの実態が明らかになったのは大きい。安倍はひたすら低姿勢で丁寧な物言いに終始したが、関係官僚が「記憶にない」を連発して逆に関係大ありであることを証明してしまったかたち。参考人には前川喜平氏と並んでまたしても元愛媛県知事の加戸守行氏が、今治タオルのマフラーを巻いて登場した。青山繁晴参院議員などは加戸氏に好き放題言わせる一方、前川氏の証言には加計という言葉が一度も出てこないから彼の思い込みだ、と決めつけたが、それだけ加計の存在が最深部に潜むテーマだったことの証左ではないだろうか。
菅官房長官をして「地位に恋々として」と言わしめた前川氏が、前回に続いていとも爽やかに全てを語り、現職官僚が「地位に恋々として」知らぬ存ぜぬと口をつぐむ姿は見苦しい限りである。国民は全てを見ている。

                         
DSC00359bj.jpg DSC00405bj.jpg DSC00415bj.jpg

            

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

世の中、森と林を家にしてしまってるから

真夜中3時あたり。軒下においた老猫チェリーの餌と、水を残らず食い散らす。こんもりと盛り上がった背中、子犬くらいの体格のが2匹。竹箒をスライドさせて最短距離で投げつけたが、届かず、笹をガサゴソ。もう一匹が躍り出た。タヌキはここいらにまだいたか。ハクビシンかもしれない。わが家の背後には、私が刈らない笹や草が茂みになっている。先日は2回にわたり、リスがやって来て、それを追う山鳩が急降下していた。カラスではなかったが、生存する場を探して彼らも必死だ。飼い猫がいなければ、リスどころかハクビシンもほっぽらかしで良いのだが、猫が怯えていけない。もう、床に飛び上がれないほど、老いている。ハクビシンの尾で、張り倒されそうだ。そこら中に家が建ち、わずかに残る物置の裏側のブッシュに動物たちが、逃げ込んでいる。ミルナさんの話と、どこか似てきた。私の老いも同時にやって来ている。彼らをいつまで追いかけられるか。かわいそうなのは承知している。

Re: 世の中、森と林を家にしてしまってるから

通りがかり人さんのコメントと推測します。

老猫チェリー……そうか、しばらく登場しないので忘れていました。
リスにハクビシン、山鳩……通りがかり人さんはどんな山奥に住んでいるのかと思ってしまいますけど、横浜も色々ありますからね。

パチンコ(弾を飛ばす方)やエアガンのターゲットにしてやると面白そうですが、現在、ご主人は奮闘中か。

冷子さんと末永くハッピーに

お 長年耐えに耐えてきた生活と ついに決別ですか。いやあ、人間って、予期せぬときに 素敵な 出会いを するもんですね。
 そうですか とうとう 冷子さん と 同居を始めましたか? さぞかし 毎日冷たさに耐えていることでしょう。晩年の冷たさは 骨身にこたえるというものです。
 どうか、末永く お幸せに。

この国で二大政党制の幻想を振りまいた山口二郎をはじめとする政治学者を標榜する者たち、一部大新聞 大いに反省すべし。まして、民心からはなれてミンシントーが、極右欺瞞党のコイケ私党と合同すべしとか、とんでもない輩がまたぞろ。要は、戦前の天皇制を絶対と妄想する自民トーという極右を退治するかどうか、が対決軸なのでしょう。二大政党なんていう、幻想を先行させてモノを考える人間には、結局局面を変えることなんてできないことはわかってるでしょ。

Re: 冷子さんと末永くハッピーに

いやー、ありがとうございます。冷たい肌が何とも言えませんな。

それはともかく……民進党は民進党で、野田も蓮舫も投げ出したんではどうすりゃいいのか。そんなに魅力がないならいさぎよく解体するのが筋でしょう。小池新党がいいなら乗り込んで進路を変えさせるくらいやってみなさい。横浜市長選もあるし青森の補選もある、衆院選だってどうなるか分からないって時に右往左往してどうなる。

たかしくんの嫌いな田中秀征がサンデーモーニングで政界再編が起きそうだと言ってましたが、あれはどういう話でしたかね。やっぱり小池?

ついでに書くと、この間「ドクトル・ジバゴ」をyoutubeで観てました。ロシア革命と粛清の動乱下、ジバゴの二股愛がデビッド・リーン監督の重厚な映像に織り上げられます。流麗な「ララのテーマ」もよろしい。自民党対民進党、女優が小池ではデビット・リーンもお手上げでしょうね。

小池新党の正体は「極右」

何べんも言うけど小池の正体は極右です。小池の後任の野田代表は「現憲法は無効。大日本帝国憲法が現に生きている」という日本会議の決議案の提案者だったではありませんか。「日本新党」と比較されるけど、ぜんぜん違う。
田中秀征が?そうでしたか。あの男は、無能かつ無節操。興味関心まったくありません。「福山大学」のなんとかを詐称しているだけ。学問的業績はゼロ。

サンデーモーニング いろいろあって 面白くなくなった。大宅なんとかいう、これまた二世評論家が、頓馬なことをいっているすがたは耐えられない。
視聴者がずっと賢くなってしまった。まさに「知の逆転」です。

Re: 小池新党の正体は「極右」

小池の代表辞任で民主主義はないことがはっきりしましたね。
候補者が政策を訴えずに当選した奇怪な選挙。それに今のところ右派の期待に添える政策は出していないようです。これから出すのかな?

サンデーモーニングは日曜の楽しみの1つ。大宅だって毎回出るわけじゃなし、女性写真家や青木理氏も本質的なことを言ってくれますよ。NHKの日曜討論は全くつまらなくなりましたので全然観てません。

「李下に冠を正さずどころか、スモモをとっちゃったかもしれない」。前川前文科次官の「報道特集での発言」。まったく同感。1月20日に初めて知った、といったことに「耳を疑った」「一瞬、何を話しているのか、びっくりした」とも。
 詐欺師が国会で大手を振ってのさばっている。これに黙ったいるNHKも、さらに許せない。

三浦瑠璃 このほとんど見るべき業績もないネトウヨが何故東京大学政策ビジョン研究センター講師になったのか。総長直轄のシンクタンクの一員 そのメンバーに藤原帰一の名も。この女性と藤原とは、いったいどういう「私的関係」なんだ。ほとんど悪臭を放つようなこの右翼オンナは、次の選挙で「稲田2世」として安倍から担ぎ出されそうだ。
このオンナのネット上の発言は、およそ政治学をきちんと学んだ者とは言えないものばかり。

近頃、東大法学部の人材養成とは何なのか。「記憶にありません」を繰り返す官僚連中は、多数派が東大法学部卒。この学部とは、いったいどんな人材を育成しているのか。
 そういえば、豊田なんとかもトー大法学部→ハーバードだったっけ。

それにしても、政治の劣化が「老いづらさ」を生んでいる。この政治を変えずして死ねるか。



Re: タイトルなし

三浦瑠麗だってばさ。名前の方が間違ってます。藤原帰一とどうだろうと関係ないけど、東京大学政策ビジョン研究センターってのは何のための組織なんですかね。藤原以外名前を聞いたことのない人間ばかりがずらり。三浦は農学部出だって。

それから、老いづらさとはどういうことでしょう。自然過程の老いを誰かが妨げているということかな。もう少し説明してください。


老いづらい ということ

21世紀は、なんとなくイメージしていた「平安な老後」どころか、どんでもない老後不安に満ち満ちている時代だと思う。老いづらさとは、近頃ともに感じる鬱々とした気分の総体についての表現。経済的な見通しのなさ。社会的不安と重なる自分の老いに対する不安。静かな日々を過ごそうとしても、到底できそうもない時代状況、次から次にふりかかる社会的な難問題。まるで、戦時下に生きているような緊張感が襲い掛かってくる(少なくとも私には)。本来人生の最終段階で享受したいと考えていた静かな気分などは日々ふっとばされてしまう。老成の平安な日々を過ごすことなんて許されないような状況になどなど。
 そんな状態や気分を指しています。

三浦るり(瑠麗)、まあ、ネットで彼女が使っている言葉は、豊田何とか議員顔負けだ。相手を罵倒する言葉は、豊田某以上かも。このオンナ、不思議なことに共同配信の地方新聞によく顔を出してきた。アメリカの隠れスパイなんじゃないか。田原総一郎にむかって「眠たくなる」なんて悪罵を投げつける下品極まりないアカウヨの類だ。

Re: 老いづらい ということ

生活上の問題もあるのかしれませんが、老いづらさの本質はもっと別なところと見ました。
世の中の動きに人一倍過敏に反応するたかしくんであれば、それをメンタル的に過剰に背負い込んでいる嫌いもあるでしょう。安倍だのなんだのは所詮一過性の現象であるという突き放した歴史家のような見方も必要ではないでしょうか。

今日は市民の声・江東の区政報告会に行ってきました。築地移転問題では都側は豊洲無害化方針の撤回を決めたが、それには根本的な見直しを求めていく。いわゆる「賑わい施設」は業者撤退が相次ぎ混迷しているとのことでした。ほかに、江東区で起きた香山リカ講演会中止事件のことが報告されました。20件の講義が寄せられただけで、あっけなく中止を決めた社協の対応の問題や、これは大学で百田直樹の講演中止が起こったことへの意趣返しみたいな見方もあるらしい。明日は仙台堀整備計画問題の報告を聞きに行くつもりです。

あめでらじぁ!

夏定番の会談物語(正しくは怪談物語)が国会の中でおどろおどろしく展開されている。しかし、どうも涼しくならない。「言った、言わない。紙に書いてある!公式文書じゃない。記憶にない」ガキの喧嘩じゃあるまいし、全くぞっとしない茶番劇だ。
新妻冷子の方がよっぽど気が利いている。でも、こっちばかりかわいがるからエアコンがむんつけてしまったんだな。

稲田明美防衛大臣がやめた。国民の多くはほっとしている。フィレンツの政治家、マキャベリはトップの資質を論考した『君主論』で「人はただ結果だけで見てしまう」といっている。
安倍晋三の資質はまさにこのとおりで、自分の言うことならなんでも聞くうわべだけの可愛らしさにぞっこんだから、今でも内心は未練たらしく稲田くんには辞めないでほしかったのだ。

先般、米国から、国防長官が来た際、稲田と並んだ記念撮影を見たが、覇気のあまりの違いに、その写真からは防衛大臣の国防に対する品格がひとかけらも見えなかった。
防衛大臣の隠れた人間的パワーや、人並みはずれた疑い深さや深慮を示すエピソードもなく、どうしてこういう人物が、「戦略」も「圧(お)し」もいる防衛大臣になったのか。やがて歴史は大きな謎を引きずって後世の歴史認識に混乱を招く事だろう。その原因を作ったのはほかでもない、安倍晋三の人を見る目がないことに尽きるのだ。我が子を溺愛するあまりの晋三は、独断で要職につけたが当の本人は能天気なのか無知蒙昧なのか、たんなる専門バカなのか。お嬢様気分そのままだから、「自分はなにも悪いことはしていないのになぜいじめるの」、となにかにつけてはパパに泣きついて尻ぬぐいをしてもらっていたのだ。

この稲田朋美というオンナ、寝覚めの悪い人か、打てど響かぬ人なのか。しかしさすがの晋三も人気のバロメーターが下がり始めると、自己保身に方向転換せざるを得なくなったから、いっとき身を隠すように諭したのだ。
「ぼくの任期はあと四年もあるんだから心配しなくっていいよ」「必ずまた可愛がってあげるからおとなしく待っていなさいよ、いい子だからね」

安倍晋三の「黒革の手帳」にはこんなことしか書いていないのだろう。裏表紙にまで未練たらしく「いつまでも愛しているからね!」とも書いてあるに違いない・・・・・・とボクは忖度するのだ。(彰)

注釈:「あめでらじぁ」= 「腐っている」 の意味

Re: あめでらじぁ!

「あめる」(=腐る)という言葉は前にもここに書きましたが、伊達藩へ行くともう通じないようです。津軽ではどうでしょうね。

ところで、ともちんのことですが……サンデーモーニングの岸井氏によるとどうも違うらしい。最後の「空(くう)ですね」発言と晴れ晴れとしたような笑顔を足し合わせると、南スーダンの危機的な状況にあってよく政権を守り抜いた(我ながらよくやった、すごいでしょ)という心境だというのです。品格がなかろうが気迫がなかろうが、やったもん勝ちだという思いかも知れません。ばかっぽい受け答えは演技かも知れないのです。なんだか空恐ろしくなってきますね。

ほんつけなしメ!

稲田が辞めた。しかも全くの謝罪がないままである。離任式で「風通しの良い意組織文化を醸成し、一層の連携強化を図り、いっかなる困難な状況にも対応してほしい」と強調。ハレバレとした笑顔でバイバイした写真が載っていた。バガでねえの、何言ってんだが自分で分かっているのかね。

「空(くう)ですね」とはよく言ったもんだ。己のノー天気、空っぽの脳ミソぶりを丸出しにした公言をよくも恥ずかしげもなく言えたものだ。「バカ丸出し」とはこの事をずばり言い当てている。(ヘドが出る!)

陸自のメンツをつぶし幹部の辞職まで広げた無責任な態度は絶対許せない。バカむすめに要職を任せたアベシンゾウも結局は無能管理者でしかなかったというわけだな。
しかし、ダイナくんが言うように〈大石内蔵助〉をやっているとしたら真夏の怪談なみの恐怖ですな。

「あめでらじゃ」は死後にはなっていいないよ。もともと伊達地方では使わない方言で、津軽や南部地方では今でも使っているよ。

「あめでらじゃ」も「ほんつけなし」も稲田朋美のためにある由緒正しい方言だ。  (彰)

Re: ほんつけなしメ!

死語だとは言ってません。伊達藩では通じない方言であると言ったまでです。「もう」とは「そこへ来ると」という地域性の意味です。

「ほんつけなし」のことも前に書いたような気がしますが、「ほんじなし」は本地垂迹説からきているようです。本地がないということは根本がなっていないということではないでしょうかね。

Re: ほんつけなしメ!

> 稲田が辞めた。しかも全くの謝罪がないままである。

イヤ失敬。今日は慌ただしく出かけたので、やっつけコメントになってしまいました。
29日は市民の声・江東の区政報告会、30日は仙台堀公園改修工事の反対集会、今日はベーシックインカムについての講演会で衆議院議員会館へ。2時から5時まで。疲れた。途中で居眠りしました。講師は加藤晋介弁護士。

稲田ともちん、辞めさせられたくせに偉そうに説教たれるなんてね。離任式は断るのが常識だという声もあります。自民党が国会への招致も拒否したので、あの女は無罪放免か。実にケシカラン。大石内蔵助なんていい役じゃありませんよ。

大石殿、申し訳ない

大石内蔵助殿、あなたと比べて申し訳ない。アタマが空っぽの稲田君本人も自覚?しているのか「空ですね」。まさにそのとおり!常識の欠けるやや普通の人でさえ恥ずかしくて離任式には出ないと思うけどね。
その辺のところが仮面の下では意図的にほくそ笑んでいるサマに見え、『ばかっぽい受け答えは演技かも知れないのです。なんだか空恐ろしくなってきますね。』だとすれば大石殿のような深謀遠慮かと思ったのでくらべてしまったのだ。
浅はかなボクの忖度?が大石殿にご迷惑をおかけした。(ここに謹んでお詫びし政界から引退いたします・・・・・くらいは言えよ!稲田のほんつけなしメ)。

本日まことに素晴らしい爽やかな快晴!最低気温が16度だから涼しすぎる。でも気持ちいいね。関東地方は悪天候のようだね。地震の余韻に浸って2度、3度寝てくだされ。ボクは「さんさ踊り」の祭りの余韻をさがしにカメラ散策に行ってくるよ。

Re: 大石殿、申し訳ない

くらのすけはくらのすけでも佐々木蔵之介ていどか?(超高速内閣改造!)
新内閣は茂木・小野寺のうるさい二人組が復活。甘利の入閣はないようですが、高石の後釜に有村治子なんてことになれば、完全に元の木阿弥。待機組が黙っていないぞ。

寝入りばなにぐらぐらぐらと来てどでんしました(『遠野ことば』より)。7時過ぎにも震度2が来てまた起こされた。

アメデマッテラネ わだきゃ まいねじゃ

議会制民主主義も憲法順守義務もみんなアメデマッテラネ(腐りきってしまってる)はんで、ナンモマイね(全部だめ)。マンズ ミンナ コマッテラネ。

 かせと金木の間の川っこ  石コ流れデ 木の葉沈んでラネ
 ハンカクセエンデネエガ!! 

 政治を返せ 民主主義を返せ 国を返せ 人間を返せ までに(丁寧に)嘘つくな アホツボケ(安倍ツボケ=バカ)このっ !! 
 
 こなれば やってまねバマイねべサ。わだきゃ やるはんでなあ

 ンデデガ ミルナくん

Re: アメデマッテラネ わだきゃ まいねじゃ

きましたね、津軽弁の第一人者、ってことはないか……。
マイネ・ダーメならドイツでも通じますぞ。

どう思います? 内閣改造……、今日「ひるおび!」で、もったい付けて田崎が言ってましたけど、サプライズ入閣があるらしいではないの。橋下でも入れる気でしょうか。待機組が60人もいるってのにどうするんでしょうね。麻生・菅・二階がそのままじゃどうにもなりませんね。

人心一新なんて 意味不明

田崎すしろー
 あのバカのコメントをたまに聞くが、よくもまあ 権力者のごみ溜めをあさってドブガラスのようにサイテーの情報をキャッチして、ギャーギャーと騒いでいる。あの男ジャーナリストのかけらもない史上サイテーの「元ジャーナリスト」くらだん情報をメデアに提供してわずかばかりに出演料を稼いでいるんだろうね。あの程度じゃ、たいした収入もないだろうし、寿司は自民トーのおごりか。腐った政治屋に巣食う寄生虫より汚らしい。あんな人間を重用しているTBSも朝日も、メデアに巣食う同じ穴のドブねずみだあ。

NHKが肝心の共謀、もり・かけ ろくな報道もしないくせに、さかんに改造内閣の宣伝をしている。NHKは、渋谷じゃなくって永田町に放送局を移転したらしいよ。

岸井発言に関連した大納言氏の言及。なるほど。政治の言語は、裏の裏の裏まで読んで、それでも真実に達しないのかも。あの不敵な笑い顔は「うまく逃げた」っていうことか?

騒ぎの間に、高市のバカが総務大臣の席から逃げてしまった。先日離婚したらしいが、バレちゃ困ることでもあったんじゃないか。安倍、稲田、高市が愛してやまない「教育勅語」では「夫婦相和シ」とある。教育勅語の精神に反しているんじゃないの。そもそも旧憲法時代の政治家は、当たり前のように「妾」を囲い、伊藤博文のように数十人の子どもをなしていたではないか。最近の自民トー議員の「ふりん」は、教育勅語礼賛者からみれば、どうなんだあ。

Re: 人心一新なんて 意味不明

1月20日のことですが、安倍の切り札は「正式には」というものだって!

田崎は確かにスシ代は自分で払っていたようですが、1年ぐらい前に自民党から政党助成金が回っているという話が出ましたね。時事通信も時事通信だ。
http://lite-ra.com/2016/07/post-2379.html

そういえば高市がフェードアウトしましたね。マスコミもほとんど言及しない。
「夫婦相和シ」……か、権力者が偉そうに国民に説教して本人たちは好きなことをやっているという典型ですな。しかし、不倫という語は日本語だけではないのか。なぜそこだけ倫理が出てくる? 恋愛でいいでしょう、恋愛で。不倫と追究するヤツがどれだけ倫理を守っているか……マスコミしかりです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/439-fd2881f0