猫屋敷の怪 

左右とも工事はだいぶ進んだ
DSC00781bj.jpg DSC00782bj.jpg

シルバーパスを得てあまり通らなくなった駅への小路に、窓によく猫の姿を見る二階建ての家があった。いつも数匹の白猫がテーブルの上を歩き回ったり寝そべったりし、その前で中年の奥さん(?)が黙ってスマホを見ているのである。部屋は生活の臭いが全然なく、奥さん以外の人影を見たことも声を聞いたこともない。殺風景な部屋の窓ガラスは汚れきっている……。覗いたわけではないが、直に道に面した一階の部屋でカーテンがないので、通り過ぎるときにイヤでも見えてしまうのだ。その家がこの夏、急に取り壊された。猫たちはどこへ行ったのか、そして奥さんの運命は……。気になる。(続く)

                                   
DSC00689bj.jpg DSC00695bj.jpg DSC00678bj.jpg

国際ジャーナリストの木村太郎は、かつて東京新聞の連載コラム「太郎の国際通信」で、当時の海部俊樹総理が誰か外国の大統領と会った際、いきなりファーストネームで呼びかけたので卒倒しそうなくらい驚いたと書いていた。ロン-ヤスのような例外はあっても、大統領への呼びかけはあくまで「プレジデント」(総理ならばプライムミニスターか)でなければならないと木村はいう。
その忠告を端から無視しているのが東京新聞を取っていない安倍晋三だ。1日にも英国の首相と会い、恥ずかしげもなく「テリーザ」と呼んだと新聞は報じている。ロシア大統領と会ったときは確かに「ウラジーミル」と呼んでいた。ウラジ氏は神妙な顔をしていた。トランプの時は「ドナルド」と呼んだのだろうか。ドナルドは絶句し、やむなく手を握って見つめ合った。そんなところだろう。外国首脳は皆、アベのファーストネーム攻撃に戦戦兢兢のようだ。

                        
DSC00742bj2.jpg DSC00762bj.jpg DSC00755bj.jpg

民進党新代表が前原誠司に決まったものの、いい反応が一つも聞こえないのは困ったね。2日の朝日新聞(デジタル)に前原のブレーンである井手英策のインタビューが載っていたが、自己責任社会になった日本から「私たち」を取り戻すために、皆が少しずつ負担し支え合う合意形成、それを「All for All」というキーワードに込めているようだ。国民的議論を呼びかけるにしても、始まりが制度的な欠陥の多い消費税に偏りすぎなのが気になるが……。
一方、日刊ゲンダイは、前原が小沢一郎とのパイプをつくったこと、推薦人に小沢寄りの名前が多かったことなどを見た上で、野党共闘の見直しは否定ではなく、共産との選挙協力+自由・社民・民進の解体合併という小沢の構想に、前原が乗れるかどうかだと説く。今度の新役員人事は意外なほど現実的だが、一部ヘンな顔も見えるから、ガラガラポンにならないように頼みたい。
             

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

うっかりコメ返し気が付いた

たかしくんときたら、「猫屋敷の怪」へのコメントを「ケーサツまだか?」に書き込んだようです。今更直しようがないのでそのままにしておきます。

Yah!ダイナちゃん

テリーザならぬ、いきなりダイナちゃんというわけですな。ダイナちゃん、すっかり失礼! 覆水盆に返らずですね。今度はきちんとコメント書きますので、併せて大納言殿と呼びますので…失敬。

二階建ての家の奥さん(否猫?)はどうなったのか。続きが期待されます。

東京都知事の件、今日の「朝日」の社説でも、女狐の豊洲移転、築地市場の機能についての説明をめぐってかなりつっこんだ批判をしている。なにしろ移転の検討過程は文書に残していない、「回顧録に残すことはできる」などと、とんでもない言い訳をしているのだから。

ナルシスト前原に言わせれば、靖国派や国民会議派などの極右も「理念」が共通しているという判断が可能ということになるのでしょうかね。ある新聞の読者欄によると、田舎に行くと、「野党」で顔の見える政党は共産党だという。民進党なんて見えないのだと。たしかに、この政党がどこに立脚しているのか「見えない」のだ。少数政党でも「見える政党」が獲得する票は無視できないのだ。

この政党は、政治原論、たとえばマキャベリの「君主論」でのしっかりと学んで、リアルな政治行動に苦悩することの意味、つまり政治学の初歩を一から学ぶ必要がある。それから出直したらどうだろう。急がば回れだ。         

 

Re: Yah!ダイナちゃん

小池や前原のことは忘れて猫たちの可愛さをじっくり見てくださいよ。猫嫌いのジジイたちにはお手上げです。

とはいえ、小池の発言に振り回される都民はたまったもんじゃありませんね。慰霊碑問題では完全に馬脚を現したからむしろよかったかも。歴史家が決めるなんてつまらん言い訳はよしこちゃんです。
前原くんも色々言われるでしょうが、決めたらそれで行くしかないわけで。政権を目指す野党の代表であることを忘れずにね。オレが付いてるぞ。

猫屋敷はあやかしばかりか(笑)

ガラケーの小さい画面では、コインパーキングの写真が姥にはホラーに見えます(苦笑)
ま、世の中はホラーなことばかり

民進党の幹事長人事は、アニー女史から急遽変更とか…
支持グループへの忖度か何かわかりませんが、口先番長の面目躍如といったところでしょうか
無知にして無恥なポチのほうがよほどリーダーシップがあるわ、と思ってしった我が身が情けない(;´д`)
経験不足は、周囲がサポートすれば良いことだと思うのですが…
この党に期待はしていないし、アニー女史も横浜市長選での振舞いを疑問に感じています
でも、この党の議員連中の「出たがり」と「嫉妬心」と「他人の足を引っ張りたがり」と「大局観や有権者視線の欠如」には改めて呆れますね
ついでに、支持母体のフリをしている連合にも…
民進党はポチの応援団に成り下がる前にさっさと分裂し、連合は大政翼賛会に加わればよろしい
ポチの方針に反対し、ポチの応援団になりたくない人々が集まらなければ、なんの意味もないのですから


猫は良い…
目撃したりすれ違うだけで嬉しいし、呼び掛けた時に反応してくれればもっと嬉しい
返事をしてくれれば、小躍りしたくなります

Re: 猫屋敷はあやかしばかりか(笑)

うーーーーん、姜 尚中氏も評価したんですが……。
根回し不足か、出端でつまずいた格好ですね。
それにしても、あの反発は半端じゃない。民進党はこのレベルか。


女性の受難で言えば、眞子様の結婚に右派の攻撃が……。
保阪正康も乗ってるようですよ。

ポチ以下じゃね 前原のにわか勉強にびっくり

前原の「代表」受諾演説を聞いて、実ははじめて「経過」を知ったのだけれど、井手なんとかいう財政経済学者と2年半くらい前出会って「オールフォーオール」の政治理念に覚醒したんだって?え、うそでしょう。そんなににわか勉強で一党の党首の政治理念た作られ、国民に発信されるんだあ。インスタント政治理念じゃないか。よくもまあ、「理念、政策が共通する、しない」と言うもんだ。「理念」なんて、2年半くらいでできるもんじゃないよ。びっくりひょんだあ。こんなことは、研究者のはしくれにある者の立場からしてもあり得ない。ちなみに、論文に行き詰ってたった数行の(概念の解釈)に6か月間、たくさんの先行研究を学んだことがある。井手信仰がインスタントなら、人事もインスタント。こりゃ参った、参った。
 理念も政治戦略もインスタントだったら、すぐ「やめました」となるわなあ。どこまで素人政党なんだ。この政党は。だから、あのことばの軽さが生まれてくるんだ。前原さん。、悪いことは言わない。あなたは「リーダーの器」ではないんだから、せいぜい一議員でいなさい。出しゃばっちゃだめだよ。わかった?

まさにポチ以下だね。

それでも、安倍自民党を退治するにはがんばってほしいんだけどね。

猫、別に大嫌いではありませんよ、ただ、昔畑で大被害を受けた「負の体験」をいまだに克服できないだけ。犬は野放しできないのに、猫だけはそこらへんで野放し状態。しかし、見方を変えれば、それが「共生」という本来のあり方かも。いけない、いけない。これ以上言ったら、前原並みのインスタント「共生論」に堕ちてしまいそうだから、この辺で、大納言さん、お許しを。


Re: ポチ以下じゃね 前原のにわか勉強にびっくり

はははは、いかにも新興宗教にかぶれる若旦那風ですね。
しかし、それを大多数の民進党員・サポーターが支持した事実。
そして彼が推した幹事長候補をよってたかって引きずり下ろす。
どうなってるんでしょうね……。

自由放任(共生)と隔離束縛(規制)も人間優位の擬制の区別でしかない。
たかしくんちの畑を荒らした猫に代わってお詫びします。

怪談佐賀屋敷か

真夏の夜の怪談ですか。いいですね。
「あの夏の恋」のように燃えた熱さもどこえやら、暑さの夏らしさは無く、むしろ寒さに近い涼しさの葉月もそそくさと去っていき、湘南海岸の露店も全く商売にならなかった。路地裏の線香花火や迎え火・送り火も見ることがないまま、早々と長月になってしまった。

久しく通ってなかった某駅への小路も、ともすれば居酒屋へ誘う小路をすぐ思い浮かぶところだが、しかし、その二階建ての屋敷と老婆と白猫は、なにやら怪談めいた雰囲気ではないか。「生活の臭いがない。カーテンのない汚れきった窓ガラス」、ひょっとしたら窓の障子戸は破れ、庭の雑草は生え放題かな。
玄関には蜘蛛の巣が張っていて、生き血を吸われた蜻蛉や名もない虫の殻がびっしり絡まっている。
その白猫は夜な夜な行灯の油をなめなめしてるような、まるで「怪猫有馬御殿」的な感じじゃないか?
「ある日突然取り壊されてしまい」老婆と白猫はどこへいったのか気になる・・・けど・・・ でもこれってダイナくんの白日夢かもしれないゾ。何しろ最近めまいがしたり、足のゆびに激痛が走るなどの身体不調のご様子だから夢幻の如くではなかったのかな。
ま、どちらにしても季節外れの真夏の夜の怪談ものがたり・・・だな。
思い出したけど「白い猫も黒い猫もネズミを取るネコはいい猫だ」なんて感じの文言を誰かがいったけど、ボクはどっちも苦手だよ。たかしくんと同じ目にあってるからな。ねずみを咥えているさまは怪談に相応しく不気味だね。

窓から見えたサンクチュアリの工事現場の進捗はどうなったかな。定点観測の写真楽しみだ。(彰)

Re: 怪談佐賀屋敷か

ありがとうございます。定点観測写真はUPしておきます。

いたのは老婆ではなく中年女性。庭らしい庭はなく、障子もないんじゃご期待には添えませんね。今日はすっかり取り壊されていました。白日夢……かもしれませんが、見るのはいつも夜ですから。夏なんかは窓を開けっ放しにしてました。

議員だって恋をする権利がある 私的世界が権力に監視されること

別に某女子に味方するわけではないけれど、議員だって、恋愛する自由があるでしょう。きちんと議員活動をしていれば。そもそもフリン、フリンと騒ぐが、フリンとはなんだ。日本のエリートがアジアでしている買春は、ある意味では公然のことじゃないか。買春行為を問題にしないで、なぜ本人同士納得している「お付き合い」はいけないんだ。騒ぐほうも内心忸怩たる思いがあるんではないかなあ。

道義的な責任は当人たちの「私的問題」であって、公的な問題ではない。こんなことじゃ、議員は一切の恋愛感情は封印しろということにならないか。問題は政治活動をきちんとするかどうか。そこで判断されるべきこと。


しかし、こうしたレベルの議論はそれほど重要ではない。以下に懸念することと比較すればだが。
 ここで心配するのは、照準を定めた議員には公安当局が国費で徹底的に私生活を調べ上げて(違法な盗聴、GPS装着なんて当たり前?)、週刊誌や新聞に情報が流されている事実や形跡があきらかにあることを脇に置いて、特定の個人を攻撃することに、共謀法の序曲を感じて身震いしているからだ。もちろん、このブログも「検閲」対象になっているだろう。

検事をしたいた御方は、権力のそうした闇をご存じだったのでは。だとしたら、盲目になってしまっていたのか。

読者はどう思われるか。    

Re: 議員だって恋をする権利がある 私的世界が権力に監視されること

おお、いいところに……。

全くその通りで、政治倫理には無頓着なくせに、男女問題になると不倫だ何だと姦通罪時代のモラルを持ち出すのはいい加減にせいや。誰とくっつこうがお前たちマスコミの口出すことじゃないし、不倫だからと言ってプライバシーを事細かに報道するのは倫理にもとるのでは。

しかしこれが権力がらみとなると恐ろしい。公安なり内調なりがマスコミにそれとなく洩らして報道させるなんてことがないとは言えない。特に安倍政権の息が掛かった諜報機関は、東條英機の中野正剛殺しに匹敵する裏情報を握っているかもしれないと思う。野党やジャーナリストの諸君は油断せずがんばれ。民進党はとりあえず恋愛禁止だ。

恋愛「自由党」を立ち上げたら

政治倫理には甘いマスコミは男女問題に関して、壮大な「倫理」を持ち出す。実に滑稽。いや、もう結構。

まさに大納言氏の言う通り。例のTBSの準強姦の男は、辞職だけで真相は闇の中ではないか。合意の恋はなぜかくも大きく取り上げるのか。

大阪には「おばちゃん党」とかいうわけのわからないグループ?があるけど、「政治責任は負いますが、恋愛責任は自己責任」ということを明確にした政党を立ち上げたらどうだろう。

 そもそも初代総理大臣の伊藤博文には何人の子がいたかいたか。そのことで伊藤博文を特集する番組を作れよ。「そんな時代は豊かでした」(三浦瑠麗)と言えばいいんだ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/443-5b3461c9