FC2ブログ

原燃ワガネ 

DSC00963bj.jpg DSC00964bj.jpg DSC00936bj.jpg
                          
                
急に暑くなったのでちょっと外を歩いたらぐったりした。朝7時に目が覚めたので寝不足でもあったが……。それと、夜になって目がやたらしょぼつき文字が見にくい。考えてみると、電車の中で眼鏡を掛け岩波文庫の『窪田空穂歌集』をずっと読んでいたせいだ。
少し前の文庫本は文字が小さく、すこぶる目が疲れることは誰しも感じているだろう(30年以上前の文庫などとても読めない)。もう一つの要因は電車内の照明だ。同じ都営新宿線でも、都営の車両と乗り入れする京王の車両ではかなりの差がある。照明だけでなく、壁材などのグレード感、シートの座り心地などいずれも私鉄に軍配が上がる。新宿線の一つ前の世代、最初のLED照明車両はとても本が読めないほど暗い。新宿線の車両はJR東と同じタイプのようだが、なぜか都営地下鉄にはチープ感が漂う。最近はスマートフォンやタブレットの利用者が多いので、車内照明は重要視されなくなっていくのだろうか。新聞読みには春・秋の強力な送風も煩わしい。

                               
DSC00984bj.jpg DSC00992bj.jpg DSC01018bj.jpg

我が野辺地町は一時人口が2万人に近づき、市への昇格も取り沙汰されたというが、このところ1万3,000人台に留まっている。町から『広報のへじ』を送ってもらい毎月読んでいると、人口や世帯数の推移もさることながら、苦しい小自治体の現状が朧気ながら分かる。ついでに「おくやみ」欄や誤植もチェックし、封筒はありがたく再利用させてもらう。
町では6月下旬に「町長とみんなでしゃべる会」という集会を8会場で実施、町の施策を説明するとともに町民との質疑応答を行った。その内容が公報の9月号に載っているのだが、いささか気になることがある。役場庁舎の建て替え問題である。現在の庁舎は昭和29年落成で築64年、戦前の映画やテレビのロケに使えそうなくらい古い。建て換えはやむを得ないとも言える。一方、熊本地震で災害時の行政の中枢拠点として庁舎の重要性が再認識され、市町村役場機能緊急保全事業が創設された。建設費用の内、最大90パーセントを地方債として借りることができるようになった。ただし、この優遇措置を受けるためには、32年度までに新庁舎が完成することが条件となる。


DSC01024bj.jpg DSC00828bj.jpg DSC00893bj.jpg

そこで目を付けられたのが、年間1世帯当たり約6,000円交付されている原子力立地交付金(いわゆる原発マネー)である。これを減額、つまり本来各世帯に渡るお金の半分または全額を町に入れ建設費の返済に充てようというのだ。新庁舎の規模はまだ固まっていないが、仮に全額町に入れば年約1億3,000万円が返済できる計算になるとか。だがそのためには、六ヶ所村の再処理施設が存在し続けることが絶対条件となる。危なくて脱原発などとても口にできなくなるのではないか。お金はちゃんともらうが口も出す、そのくらいのしたたかさがなくちゃこの世は渡れないぞ。

追記:野辺地ではすでに交付金の半額を減額し庁舎新築の初期投資に回している。また、新庁舎建設予定地は中学校の前の空き地だが、隣接する町長の潰れたガソリンスタンドを、どさくさ紛れに買い取らせるとかいう思惑も囁かれる。ここにも私物化が絡む。

                              
DSC00954bj.jpg DSC01021bj.jpg

                                    

関連記事

コメント:

しおりがワガネ

茶化す訳ではないが「しおりが落ちましたけど」がどうしても分からなかった。初めは読書の際の本に挟める「シオリ」についてのウンチクかとも思ってしたが、どうもそうではないようだ。
そのうち新聞で民進党の政権交代劇を知り、前原君が山尾君を幹事長に内定した情報をマスコミの記事からようやくわかった、彼女の名前だったのだ。そうだったのか。

民進党のカンバンは、しょっちゅう掛け替えられるから困るんだけど、ここぞという場面で一枚岩となれない民主党時代からの「あしき慣習」を今回も露呈してしまった。しかし、このことは別に目新しい事ではない。いってみれば元々から「ティッシュペーパー」のように透けて見えるペラペラの薄い紙が一枚一枚かさなって一つのカタマリになっていたにすぎないから「一枚岩」になれる訳もない。多くの議員は各労組の代表みたいなものだから、とは言えボクも現職中は連合の中枢労組だった組合員だったし、連合を組織した初代会長は我が組織のトップだったから、結構ハバをきかせていて政党を指導していた。今の連合は安倍晋三にタマを完全に握られてしまっているから、民進党の”サポータ”の用をなさなくなってしまった。ここ数年のいわゆる春闘をみても、官制指導のもとでしか闘えないぶざまさだから、野党を指導できる労組は牙のない集団でしかなくなっている。

来週に衆議院は解散するけど、内閣の支持率はまた回復してしまった。悪夢がよぎる。野党の大敗は裏返せば安倍晋三の独裁を許すことになり、今度こそは改憲、軍備増強が強行されるだろう。福祉の切り捨ても目に見えている。軍靴の響きが間近に聞こえてくるようだ。

たかしくんもいってたけど山尾くんだって公私の私があるんだから、公さえボクたち国民サイドでやってくれれば「フリン、うわき」に大騒ぎすることはないとボクは思う。メディアはなぜもこう騒ぐんだろうね。(メディアはもっと海外にアンテナを向けるべきだ。ロヒンギャ難民に関するアウン・サン・スーチーの言行不一致など深層から真相を探ってみる必要はないのか・・・)

バッシングされ最中の斉藤由貴ちゃん、フリン三昧とかで干されてしまいそうだが可哀そうだよ。ボクの好きなタイプだから四度目があるならボクでもいいんだけどな!
山尾くんはタイプが違うからほとんど関心がなかったため「お名前を存じ上げなかったのございますです!」そのせいでダイナくんのブログも「何のこっちゃ」と失礼した次第。どんどはれ!  (彰)

Re: しおりがワガネ

なんだなんだ、ミルナくんもトッポイジージョだね。
タイプが違うから分からなかったなどと……。ま、私としては斉藤由貴の方がタイプ外れですがね。国会中継を毎日観てれば山尾志桜里君のことはイヤでも覚えます。イナダトモミってのもいましたが過去の女ですな。過去といえば佳子様には海の向こうで頑張ってほしいものです。

それはそれとして、三公社五現業……ですな。確かにこれらの労組は強かったが、五十五年体制の一画を為して日本を牛耳っていたのがミルナくんの労組です。国家社会主義ともいわれる政財労の団結が良くも悪くも今の日本をつくったわけです。それが今や総崩れで残ったのがアベ政権とはお釈迦様もビックリでしょう。おっしゃる通り、アウンサンスーチーの少数民族弾圧には、こちらの方が現在進行形の問題であるにもかかわらず、何も言わない。河野がゴチョゴチョ言ってた程度。政権浮揚に関係ないから沈黙とは呆れますね。

観てね、国会中継、といいたいが国会が開かれない。ぎゃふんだ。

安倍は逮捕を逃れたいのか

おお、ミルナ君登場ですね。葦原のお嬢さんはどうされたんでしょうねえ。
健勝なら何よりなのだが・・。

当たり前にいえば、ここまで証拠がそろってくれば、安倍自身と妻を逮捕しなければなるまい。そうでないと真相が明らかにならない。首相の妻とその秘書が単独で財務省に便宜をはかるよう働きかけるなどということはどう見ても考えられない。つまり夫の安倍晋三こそが真のマフィアの親分で、陰で采配を振るっていたことになる。田中まき子は、夫妻の逮捕は当然だと言っている。

ということは「逮捕逃れ解散」ということになるか。彼にとってみれば、トランプ同様で、わが身にふりかかった災いで、本音は北朝鮮などはどうでもいいのだ。

 逮捕は「総理の専権事項」とは憲法上の根拠は何もない。さらにいえば本来は議院内閣制をとっている国で「内閣不信任」に対抗する手段として「議会解散権」があるはずで、自己都合で解散できる根拠などない。このことはTVなどてやっと触れるようになってきている。それほど「どうでもなれ解散」だし、「スーダラ節解散」なのだ。または「自爆解散」ということだ。

Re: 安倍は逮捕を逃れたいのか

自分達夫婦の身が危ないからと言ってガラガラポン解散するとは、語るに落ちたぜ安倍晋三。政権党の矜持・倫理はどこにあるのか。憲法を私物化し行政を私物化し、人事権から解散権まで私物化する。それにあの籠池夫妻ですが、いつまで閉じ込めておくつもりでしょう。犯罪者ってことで世論が沸かないのをいいことに、保釈請求を却下してるんでしょうか。証拠は全て検察が押さえたはずですし逃亡のおそれがあるとは思えません。夫婦二人を同時に逮捕なんて見せしめ意外の何ものでもありませんよ。

あの人は行って行ってしまった

野辺地町の隣村、つまり下北半島の付け根にある六ケ所村は、かっては幻の巨大開発の予定地になっていた。製鉄・アルミ、石油精製など巨大重工業地帯を作り、人口は10万以上。ところが直後のオイルショック(1983年)で計画はすべてオジャン。ただし、土地の先行取得で多くの人が土地を手放した。野辺地町にはキャバレーがたくさんできた。六ケ所の村民が土地を売ったお金で家を建て(建てさせられて)野辺地のキャバレーでお金を使いにきた。しかし、手にしたことがないような巨額のお金も、すぐになくなっていった。少なくない家庭が破壊し、男は女を作って町を去った。ちょうどそこ頃、「五木ひろし」の「あの人は行ってしまった~」の大流行。あの意味不明な歌詞が、野辺地では妙にリアリテイをもって聞こえたものだったっけ。あの歌は六ケ所村のために作ったのでないか、と今でも思い出すことがある。
 あれから40年以上、野辺地の寂れぶりは、大納言氏の嘆く通り。もう街並みを見るのも淋しいほどの変わりようではないか。
 巨大開発という国家的詐欺の責任はだれも取ろうとせず(勿論その責任は自民党と巨大企業=資本にあるのだが)、今や、そっくり「核燃基地」へと様変わり。下北半島は「原子力半島」となり、「核」の都市となったかもしれない野辺地町は「打ち捨てられてしまった」のだ。そこに原子力マネー。庁舎を作るより、町をどう再建するかを考えるほうが先ではないか。そのために、政府と企業から巨大資金を要求せよ。町再興のためのソフト資金を。身体が5つあったら、町長選挙に立候補したいものだ。

戦後延々として続いた「無責任政党」による無責任政治の極まりが、「安倍自民トー」による「スーダラブシ解散」に行きついた。そしてまたぞろ「ファーストなんとか」という詐欺政党の動きが・・・。
 日本人は何を学んできたんだろう。よりによって、こんなときにリアルな政治力学を知らないナルシストの一団が野党第一党の幹部になった。
 「仕事人内閣」が「仕事放棄内閣」となって、得手勝手解散とは。悪夢かね。

「あの人は、行って行ってしまった。もう帰らない」。このまま朝鮮情勢が続けば、ほんとうに危険な情勢に入ってきた。一触即発。
 「老後不安」どころではない。戦場で野垂れ死にを覚悟しなければならない。あのバカ宰相には任せられない。いや、戦争阻止の政治をつくらなければ、次世代に顔向けできない。

Re: よこはま・たそがれ

ままままままま、押さえて押さえて。
日はまた昇る。とにもかくにも人は生きねばならんのですよ。
たかしくんは喧嘩ぱやくていかん。まだまだ青いな。

むつ小川原巨大開発……それがいつしか原子力の村に。
幾星霜、六ヶ所村ではいい人がたくさんツブされてしまったようです。テレビでは昔反対派の男が推進派の議員でやっている例を取り上げたりしてました。野辺地もインフラを支えただけで何も残らず疲弊しました。割を食った口です。

役場改築とは違いますが、町村合併ブームの時、野辺地は相手がいなくて合併しませんでしたが、合併したところは幸せになったんでしょうか。ちなみに野辺地は借金は少ないんだそうです(O君の説)。たぶん役場が遠く不便になったところが多いのでは。合併しなかったのかできなかったのか、独立独歩は一つの見識ではあります。

原発マネーで役場を新築。なんだか六カ所の昔みたいですが、青森県知事の某のような「原燃撤退するなら備蓄を持ってけよ 」などというタチの悪い脅しは止めて、面従腹背で静かに反核を決めたいものです。


あめとムチなんだよな

市への昇格は五万人以上でしかも中心に官庁街みたいなものがあることが条件だったように思う。野辺地の人口が2万人云々で、市の昇格がどうのこうのと語っていたが、単なる言葉のはずみで言ったにすぎないだろうから、そんなことはどうでもいいんだが、原子力立地交付金って、年間たったの6,000円しか交付されないのか?福島みたいになったら、たったそれだけでどこえ逃げろというのだ。

野辺地町役場の新庁舎にいくらかけるかは知らないが、世帯への交付金はいってみれば「放射能汚染ガマン代」なんだろうけど、それを公舎新築に使うというのはできるのか?
仮にそれを全額没収されたとして、その間に福島の二の舞になったらどうなるの?町は消滅しても六カ所再処理施設は無くならないのは、福島を見れば明々白々なんだからね。
それにしても毎月たったの500円で脱原発の口を封じられたんじゃ浮かばれないよな。

別件で、会津藩の歴史がらみで斗南藩について調べてみたら、八戸の西域(五戸や十和田市だったかな)が飛び地で藩庁があったとか。野辺地も斗南藩だったのは知らなかったな――。
新幹線に乗ると「トランヴエール】という冊子がタダで手に入るのだが、これに「野辺地が斗南藩」だったという記事が特集されていたという。残念ながら入手できないがぜひみてみたかった。(かなり以前らしいが)

野辺地のブログも様変わりしたようで、なんとか見られるようになったけど、町の規模が規模だけに載せる内容のハバが狭いのは如何ともし難いのだろう。
斗南藩についての歴史や馬門における戊辰戦争最後の顛末など詳細が知りたくて資料を漁っている。特に会津藩の苦難の歴史は、明治新政府が虐待して最果ての僻地に追いやったのではなく、幕府に忠誠を誓う会津人気質に原因があるそうだ。しかし薩長への恨みは150年経っても変わらないそうだ。まるで中・韓の反日思想みたいなものだ。

野辺地にだって中・近・現代の歴史的偉業はもっとあると思うので掘り起こしてほしいものだ。
写真で見る町の歴史だってたくさんあると思う。紹介してほしいね。
まだあるのかどうか知らないが若葉写真店の野坂千之助さんの写真経歴からすれば相当あると思うので町で写真集を作ったらいいと思うけどね。

今月初めに眼科医の定期検査があって行ってきた。白内障などの進行具合はそれほどでないという理由で検査は半年に一回だったが、次回は三ヶ月後に緑内障や白内障の精密検査をやりましょうといわれてしまった。
医師からすれば何やら思惑があるのだろうが、また新たな病名を貰うことになるのか、と今回は気になる検査だった。近眼の視力は目に見えて落ちてきたと思っていたが、遠くの方は大丈夫だといわれたのでクルマの運転には支障はなさそうだ。
しかし、パソコン画面との距離が中近めがねを作ったときより離れてきていて、現在は中途半端で難儀しているありさまだ。ノートパソコンのサイズはどれも画面との距離がメガネと合わなくなったよ。老眼鏡をかけて読書する距離が今のところ合ってるからタブレットパソコンで手持ちで使えば良いのかも知れないがどうなんだろうね・・・(彰)

Re: あめとムチなんだよな

95年の市町村合併の特例により3万人で可となったため、野辺地も手が届きそうだという話が出たのでは。どこかと合併すれば……ということが前提だったのかもしれません。私が言い出したのではなく、東京野高会の会報に書いてありましたので間違いないでしょう。現に2万人台の市もありますのでね。

迷惑料年6000円が高いか安いかはともかく、十和田市や横浜町では全額を減額していろんな事業に使っているそうです。町長は借金をつくった後、今期で引退し青森に引っ越すつもりらしい。どさくさ紛れに潰れた自分のガソリンスタンドを買い取らせるという噂が本当なら許せないことですが、野辺地の人は寛容ですな。

小池の女狐よ いい加減にしろよ

女狐がバクチを売ってきた。東京の築地問題で大嘘をついて以来、何ら問題を解決しないうちに(舌の根が乾かぬうちに)、「失望の党」と立ち上げた。政党が女党首の売ったバクチで立ち上がるとは、なんと民主主義と政党政治そして国民が軽く見られたもんだ。
女狐よ いい加減にしろよ。この女はカイロ大学に在学したらしいが、イギリスの政党政治史を勉強したんだろうか。こんな「厚化粧の年増女」(以前ボスだった男)が、勝手気ままに動く国ってなんだ。それにのこのこついていくバカ政治家どもは、さらに救いようのないバカだ。

自分勝手解散、解散権が首相にあるのは、本来は議会からの「不信任」に対抗するための手段。勝手に解散してよいとは、憲法上はどこにも書いていない。本家のイギリスは下院の3分の2の賛成なしに解散できないようにしたようだが、イギリスの政治文化圏にあるカナダでも首相の解散権制限の流れだそうだ。つまり先進国中で勝手に議会解散できる国は日本をふくむ少数国に過ぎない。「地球儀俯瞰外交」などと大言壮語いうくせに、一体世界の政治史から何を学んでるんだ。そもそも大学でも政治学の単位をとっていない?ということが話題になるほど、政治音痴がこの国の支配権限を握っているのが間違い。

日本の政治状況を見ていると、いつの間にか「失望」に追い越されてしまいそうだ。だが、あきらめたら負けだ。今度の選挙は、本質的には靖国派・日本会議派と民主主義・立憲主義派との対決だ。負けるわけにはいかないではないか。毎日自分を鼓舞しながら、とにかく、前に進まなくては。

パソコンを取り換えたら、任せた業者が夜逃げしてしまった。来るたびに安倍のミックスをくどいていたが、今もって連絡がとれない。困っている。

大納言氏、日常的サポートはどんな業者に依頼すればいいのでしょうね。

Re: 小池の女狐よ いい加減にしろよ

> 大納言氏、日常的サポートはどんな業者に依頼すればいいのでしょうね。

さあーて、私は大概自分でやってますので……。
業者に逃げられたとは災難ですな。パソコンは取られっぱなしですか?
神奈川県あたりでPCデポという業者が高額解約料だかなんだかで問題を起こしましたが、油断できない時代です。その業者名をググってみたら情報が出るかもしれません。信頼できる業者に頼めとはよく聞く台詞ですが、それをどうやって見分けるのか、難しいところです。

ちなみに、日常的サポートとはどの程度のことでしょう。日頃の点検と何かあったときの対処かな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/445-202daff2