FC2ブログ

大儀な解散総選挙 

               
DSC01220bj.jpg DSC01221bj.jpg

右手を火傷してしまった。ラーメンを作ろうとしてタレを溶くための薬缶の蓋が開き、湯気が薬指と小指を直撃した。保冷剤で冷やし続けたが痛みが取れないので風呂に入らず何とか眠った。次の日、見事に大きな水ぶくれができていた。ところがこの水ぶくれ(水疱というらしい)、なかなかややこしい。小指の1つは潰れて水が出始め、もう1つは自分で潰したが跡がジクジクしてよくない。薬指の2つもいつ潰れるか分からない。やむなく団地の皮膚科の門を潜った。医師は化膿の恐れがあると言い、水を抜いて軟膏を付け、薬指と小指をそれぞれ包帯でぐるぐる巻きにしてくれた。しかしこれだと右手が使えない。特に水仕事は全くできない。パソコンも打ちにくい。風呂に入ったときはゴム手袋をして頭を洗った。

                           
DSC01270bj.jpg DSC01223bj.jpg DSC01281bj.jpg
  
衆院選挙戦前半、改憲勢力の過半数は楽勝だという。ヘリが1つ2つ落ちたくらいではビクともしないようだ。小池は失速だが別に困ることはない。安倍と小池には新党ができる前に「五輪を成功させてくれたら改憲で協力する」という約束ができていたそうだから、その後のじゃれ合いに騙されてはいけない。
8日の日本記者クラブでの党首討論会はなかなかスリリングだったが、自由党小沢一郎の姿はなかった。民進党もそうだが、どういう議論が行われたのか不明のまま公党が1つ消えたのである。まことに不気味な情勢と言える。
党首討論では安倍の居直りとのらくらぶりが目立った。たとえば吉田忠智社民党党首に「モリカケ問題でのキーパーソン、アッキーと加計孝太郎を呼んで証言させるべきでは」と問われた安倍は「妻に代わって私が答えている」ととんでもない男尊女卑の思想を露わにした。妻を私物化し人格を認めず、自由な発言を妨げるのが日本の総理だという現実に愕然とする。しかし今のところこれを問題視する発言や記事は出ていないようだ。

もう1つ気になったのは、倉重幹事からの「北朝鮮の問題で拉致問題は安倍政権で成果が上がっていない。圧力一辺倒でいいのか。水面下での交渉はどうなのか」という質問に、安倍は得意げに「水面下というのは水面下だ。やっているともやっていないとも言えない」と屁理屈をこねた後、こう述べた。「小泉政権下で5人の被害者と家族が帰ってきたのは、米国の軍事的圧力に北朝鮮が狼狽した結果で、圧力に効果がないとは言えない」。これが本当なら、北朝鮮まで出かけていった当時の小泉総理や、水面下でミスターXと交渉したとされる田中均氏などの努力はなかったことになってしまう。安倍は自分の怠慢を覆い隠すために歴史を改竄して平気の平左である。速記テキストはこちら

                              
DSC01212bj.jpg DSC01204bj.jpg DSC01255bj.jpg

12日は根津の喫茶・ギャラリー「りんごや」で開催中の菊地美奈写真展「愁跡」へ行き、夜は劇団FIREBALLの『神津~、箱根でなんか起こるってよ~。』を観た。菊地の作品は務めを終えた古い街や建物など、私好みのしぶい写真。劇の方は今回派手なチャンバラはないが、伝奇物風事件に探偵3人組(“ルパン三世”という声あり)が挑むアップテンポの活劇について行けない。劇場を出ると雨が土砂降り。顔見知りと酒場に潜り込む。

                       
DSC01262bj2.jpg DSC01266bj.jpg
    

関連記事

コメント:

小泉家の自虐史観

純一郎がかつて「自分の家をぶっ壊す、嫌なら出て行け!」と怪気炎をあげ電撃解散をした。大勝して郵政民営化を実行してしまったけど、その後の郵便局の衰退は目に余るようになった。
自民党に棲んでいながら「自民党をぶっ壊す」、その意気にあれよあれよというまに、国民はマインドコントールされてしまった。

その息子の進次郎も街頭演説で、オヤジの遺伝子を色濃く引き継ぎ、自分の住まいの自民党をミソクソにいいだし始めた。巷のジジババはなんのためらいもなく、やんやの喝采をあげては随喜のよだれを垂らしている。
野党の悪口を粗さがしして、徹底的に言いまくる中にモリ・カケの悪行三昧を混ぜ合わせて言ってる。聞いてる方はいつの間にか阿倍のモリ・カケ犯罪を野党のせいだと思ってしまった。

小泉家の自虐史観は見事というしかない。
嘗ての政治分野では核の沖縄配備など、ミエミエなのに徹底的に隠し続け、なにを突っ込まれても「記憶にございません」、を我々に記憶として残してくれた時代の方が、むしろ黒白がはっきりしていてこちらの方がよかった。(ボクの自虐史観か?)
同情を買うような自虐の弁解より、見え透いた弁解の方がシラケ切ってむしろさっぱりする。小泉くんは盛んに小池のバアさんを挑発しているが、近所のどこかの国のバカ大将みたいでヘドがでる。

街頭演説をテレビで見ていて、嘗てのオーム真理教幹部の上祐を思い出した。「ああ言えばこうゆう!」で名を馳せたが、進次郎とオーバーラップしてしまった。
ジジババが慈しみの孫を見るような、若者はあこがれの芸能人を見るような恍惚の眼差しで、進次郎の演説姿を見ているさまが、ボクはなんともやりきれない。
これが今の日本人の生態の現実なんだろうな。

総選挙も序盤を迎え、各紙や一部の週刊誌は早くも安倍政権の大勝をぶちあげた。野党の中にあって改憲を支持する党があるからこれらも飲み込んでしまうだろう。まさに大政翼賛会だ。翼賛政治の始まりだ。

未来の世界は暗い。しかし、暗いだけならまだしも「ディ・アフター・トウモロー」だが、「ターミネーター」の世界になったら地球の破滅だ。そんな世界を安倍晋三は今度の総選挙で達成しようとしている。(彰)

(註;「ディ・アフター・トウモロー」、「ターミネーター」は洋画のタイトル。映画を見てない方には申し訳ない!コメントすると長すぎるので省略です)

Re: 小泉家の自虐史観

「ディ・アフター・トゥモロー」は氷河期に突入した世界で生き延びる人類を、「ターミネーター」は未来で反体制運動のリーダーになる男の祖先を殺すべく、現代に送り込まれた殺人アンドロイドとの壮絶な闘いを描いているといったら間違いですか。それがどうつながるんでしょうかね?

小泉純一郎………嫌いじゃありません。自分の言葉で話す初めての政治家です。ただし、なぜか竹中平蔵という口ペラ男を引っ張り出し、新自由主義を導入して日本をメチャクチャにした罪は重い。郵政民営化は民間委託を進めて値上げし、労働環境もサービスも悪くなっているようです。息子の進次郎はアメリカ帰りで何をやってもそつがない。自虐史観というより自虐演説ですな。自党を適当にいじっていつのまにか自党に票を入れさせる巧みさか。恐ろしい最終兵器が現れたもんです。野党のロボット二等兵ではとても太刀打ちできません。

忖度してください!

2件の洋画を例えに使ったが、本文内容とのつながりが見えない、と指摘されたので、ボクの感想なんだがどちらも未来志向についての例えに使ったのだ。「アフター」は北半球が壊滅するが南半球で何とか生存できるというかすかな希望があるところが、ボクたちが総選挙で大敗しても未来には救いがある例えにしたのだ。「ターミネーター」は2,3作目で人類が核攻撃のため壊滅するシーンをたとえて、安倍政権が続行するなら人類に未来はないというボク自身の悲観主義的性格からの妄想なんだ。

今回の総選挙で負けたら北朝鮮と本気でケンカするかもしれないね。安倍晋三、佐藤栄作、岸信介らは、何しろ長州藩のテロ連中の末裔なんだから・・・(4作目は反体制のリーダーが「窮鼠猫を噛んで」人類の復活に向けて立ち上がったけど・・・本作はあまりあまり面白くなかった。5作目もあるらしいとか)    (彰)

Re: 忖度してください!

野辺地から戻ったら忖度します。でわ!

訂正で~す

【忖度してください】のコメントで後半の「今回の選挙で負けたら・・・」を「だから今回の選挙で勝ったら・・・」云々に訂正です。(彰)

新党成って安倍の悪行が消えた

暗闇選挙

手のやけど。難儀しましたね。流水で病院に行くまで冷やしてというのが原則的対応だと思うけど、時間の関係でできなかったのがアンラッキーでしたね。水ぶくれはたいへんだ。右手が使えないと、生活に不便この上ないだろうと拝察する。高齢者には不慮の事故は大敵。どうぞ、ご自愛下さい。 

ミルナ君の訂正記事をみて、ほっとしました。映画の世界は忙しくて、ほとんど近づいていないので…。いろいろ話題を教えて下さい。

 私の町にも小泉進次郎くんがやってきた。ミーハーが2,300人だろうか集まっていた。
 ここでも小泉流アジ演説に聴衆はコロッと騙されるんだろうか。

 アメリカの選挙情報が盛んに伝えられたのはついこの前だ。各陣営は支持者あるいはそうでない人などが集まって、盛んに議論し、候補者、運動員が直接に市民の住宅を訪問し、議論している。
 日本で同じことがなぜできないんだ。テレビも新聞もいっせいに自主規制。選挙管理委員会の許可がなければ紙一枚もくばれない。街頭での討論会や演説会もできない。個別訪問はなんだかんだ理屈をつけて禁止。選挙期間中は選挙民は盲目にさせられている。まさに暗黒選挙。連呼だけが日本の選挙風景という情けなさ。もし選挙期間中の運動が自由化されたら、情勢は大きく変わっていたでのではないか。各地で安倍の悪行を暴く集会がたくさん開かれるだろう。選挙結果は大きく異なるんではないか。反論を許さない各党の討論会は、平気でうその垂れ流しだ。その後、選挙民によるファクトチエックの集会さえ許されない。
 人のうわさも75日、人の上も100日。多くの人々が沈黙を強いられている間に、安倍のした悪行の数々はどこへ行ったのか、すっかり忘れたかのような選挙民の投票行動をみると、この「真っ暗闇の国営選挙」をやめない限り、民主主義は機能しないと思う。
 
 世論調査の予想では、比例では3割台の議席にもかかわらず、小選挙区では圧倒的勝利だという。こんな偽りの「選挙制度」を礼賛したのは山口二郎ではないか。この状況をみて、また反省をせよ。圧倒的な勝利を予測する声があるが、それでも支持率は3割台であって、決して半数を超えているわけではない。この制度こそが、前原の「希望合流」の理由となった「政権選択選挙」の根拠となっている。

二大政党制と政権交代を作り出すという「小選挙区制」の弊害を直視しよう。世論の絶対的多数が現政権を信任しているわけでもないことは忘れてはならない。
 

やっちゃったあ

やっちゃったあ
 
 昨日、いつもの通りお茶をポットに入れようとしているとき、ガラスポットを湯沸しのガス近くに置いたのを忘れて、ガスの炎で熱せられた柄の部分を左手で掴んでしまった。とたんに熱いというより「痛い」というような衝撃が走って、咄嗟にガラスポットから手を放してしまった。当然、ポットは床下に落ちてばらばらに。
 左手4本を徹底的に冷やした。流水で15分、氷水に15分、その後は氷を入れたビニール袋でひたすら冷やした。柄にふれた指先部分がやや橙色に変色して、氷から離すと痛み出す。それでもしばらく我慢。そうしているうちに、パイオロールを刷り込んだ。

今朝は、ピリピリ痛みがあるが、不思議と水膨れなどの症状がない。指先に皮一枚を被ったような違和感が残っている。日曜日なので病院も休み。この流水→氷水冷却法は正しいかどうかわからないが、ひとまず成功したようだ。

真っ暗闇の選挙だ。ひどい時代になったもんだ。
まだまだ時間がある。最後に逆転ということもできる…。

Re: やっちゃったあ

やりましたか! 南部では「付き合いなら手も焼かねば」と言うことわざがありますが、そこまで付き合わなくてもね。

私も20分位してからですが冷やしましたよ。ちゃんと書いてあります。保冷剤を当てたと……。氷水の方がよかったかな。しかし手の甲側は皮が薄くてひどくなりやすい。いまだに赤むけ状態。今日、起きたら医者へ行きます。東京は野辺地より寒かった。

Re: 忖度してください!

東京へ帰ってきました。東京の方が寒いのは初めてです。

北がダメになっても南がある………現実の北はダメだが南も弱い、日本はもっとダメだ。どうしたらいいんでしょうね。

男は老いてアジアに向かう

東北より東京が寒かった。テレビでは寒い東京を報じていたが、そんな逆転もあるんですね。冗談じゃない…。近頃、冗談じゃないことが多すぎる。

故郷は…ない、といったらよいか。少なくとも懐かしく感じる故郷はない。つらい、いやな故郷があるだけ。帰るという気持ちを持っている大納言氏がうらやましい。しかも、あのいつも曇っている野辺地へ…。老いて男は野辺地へ向かう、ですかね。

今日から、いよいよ米韓合同軍事訓練。物騒なこっちゃ。これは、ひょっとしたらとんでもないことに。戦争は、ほんの些細な軍事衝突からはじまり、一挙に全面戦争になることが少なくない。いや、ほんの些細なきっかけが悲惨な戦争を生み出すことの方が多いのではないか。アメリカの民間人の脱出訓練をするとか。訓練というが、いよいよ。こんなとき、国際的な調整能力のない政権の下にいることは恐ろしい。破滅に向かう安倍を退治せよ。

アジアに脱出しようか。いや、安全地帯なんぞありやしないよ。

昨日こんなじゃれ歌をきいた
「民進 ころころ どんぶらこ 小池にはまって さあ たいへん 女狐がでてきて今日は 前原さんと 一緒に あそびましょ」選挙が終わったら、また分裂でしょうな。前原の馬鹿と女狐詐欺師は、早く政治から足を洗え。
 選挙前の世論調査では、安倍の続投を望んでいるのは少数だ。選挙で勝っても国民の支持はないのでは。自公の中でも、一寸先は闇と声もあるらしい。今回も自民の支持率は3割台で議席は5割~6割近くまで取る可能性がある。小選挙区制とは、とんでもない選挙制度だ。 


恐怖の大魔王か

今日の産経新聞(12版)1面トップの大見出しを見て、驚きとともに背筋に氷を当てられた思いだ「自公3分の2超へ」他紙は見てないので分からないがこれで決まりだろうな。

これが仁義なき大義なんだ!安倍晋三が腹の中で大笑いしているのが見えるようだ。野党一族に「ザマー見ろ」と薄汚いベロをだしながら早くも改憲の準備をしていることだろう。

ノストラダムスが予言したとおり「地球を浄化するために2020年7月に恐怖の大魔王が降臨して人類を消去するだろう」この予言を実行するのが誰あろう、今回見事に快勝した安倍独裁政権が改憲して核兵器をもつ軍事国家にし、米国を守るため尖兵となって北のバカにちょっかいを出すというものだ。なぜ現代の日本民族はこうもノー天気なんだろう。実に情けない!

それはそれとしてふるさとへの帰省いかがかな?ボクは週末に例の病いの定期検査、孫が帰省して何やらの受検、帰りの土産代わりに食料をたかられ予定外の散財、歯科医院でのこれも定期検査とバタついているうちにダイナくんはもう帰っていたのか。

たかしくんもやけどしたって?ホンマかいな!類は友を呼ぶなんてっことマネしなさんな。ボクの方まで飛び火しないよう山姥くん400年の念力で守ってくだされジャ。(彰)

(ノストラダムスの予言は風評です)

Re: 男は老いてアジアに向かう

小選挙区制導入には小沢・山口だけでなく、田原惣一郎や筑紫哲也も旗を振ったそうではないの。私はよく知らなかったから傍観してましたけど……。完全な欠陥制度と言わざるをえませんね。

Re: 恐怖の大魔王か

3分の2制覇、ざまーみろですか……?

ノストラダムスで思い出しますが、麻原彰晃がノストラダムスの原典に俺の名前は載っていないかと、しつこく訊いてたそうです。

それより、明日から3、4日今年後半最大級の厄日とか。先週だかもそう言われました。毎週あるのかな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/448-79221b52