昨日、悲(かなし)辺地にて…… 


DSC_5328bj3.jpg DSC_5305bj.jpg DSC_5308bj.jpg

寒い野辺地から帰って、東京でさらに寒い思いをするとは……。今回は弟が胃が痛いとか何とかで対応が悪く料理は手抜き、天気もイマイチであった。しかも右手が火傷の後とあって、雑草取りは中途半端に終わった。弟は草には無頓着な一方、庭の山桜を切りエントランスのさわらを切り、その他灌木も幾つか切ってしまったようで、父が育てた緑がどんどんなくなっていくのが淋しい。
10月14日は鉄道記念日。12時前の新幹線で上野を経つ。今回は往復とも座席が通路側なので景色は見られない。八戸で青い森鉄道に乗り換え、3時半野辺地着。青い森鉄道701系はJR時代の白鳥などと違い通勤電車であり、台車のせいか揺れ方が激しい。準急「しもきた」はディーゼルエンジンの振動が響くので敬遠している。
野辺地は相変わらずひっそりしている。弟の車で花を買って墓所へ行くが、弟はお寺へは入らないという。やむなく1人で墓の草を取り泥を落としてから、線香を上げて灯明を点す。両手を合わせ目をつぶると父母や弟の笑顔が見えるようであった。お寺から淋しい日暮れの町を徒歩で家へ向かう。

                          
DSC_5328b2j.jpg DSC_5457bj.jpg DSC_5320bj.jpg
DSC_5462bj.jpg DSC_5315bj.jpg DSC_5388bj.jpg  

次の日は寝坊して10時頃起きだし、昼食後の腹ごなしに家の回りの草取りをする。それから母の従弟Tさんの家まで弟と行ってお土産を渡し、弟と別れて写真を撮って歩く。金沢の石神様を訪ねるとYさんが出てきたので話をするが、壊れた鳥居再建に進展はないようだ。後の家のUさんが動かないのでみんな動けないという雰囲気。筋向かいのK建材の奥さんが古くからここにいてよく知っているかもしれないというので、今度はKさん宅へ行き3人で話す。かつて幟を作ったが揉めごとが起こってお蔵入りになったった由。石神様は女の神様だからよく揉めるということだ。そのうち、石神様の祀り主のUさんは私が育った浜町の人であることや、石神様の後のUさんは野辺地の文化人S・Uさんの奥さんであることが分かって驚いた。U・Sさんは『野邊地方言集』の復刊などにも携わっているはずで、早くに亡くなったことが惜しまれる。そんなことを話している間に外は真っ暗になっていた。

                        
DSC_5336bj.jpg DSC_5361bj.jpg DSC_5378bj.jpg
DSC_5441bj.jpg DSC_5479bj.jpg

3日目は枇杷野開拓への淋しい道を途中まで行ってみたら、養豚家のOさんが養豚を止めてしまっていた。「歳で疲れるから」と言っていた。昼食後は旧姓Aさんの薬局に寄って話をし、墓参りついでに写真を撮り歩く。海中寺の中に地蔵堂と稲荷神社があるのを知ったのは収穫だった。前回見つけたガーデンカフェという喫茶店に入って小休止し、帰ろうとすると空が夕日に染まっている。しかし急ぎ足で鳴沢橋の所まで来るともう色は薄れ、写真にはならない。

                    
DSC_5416bj.jpg DSC_5431bj.jpg DSC_5368bj2.jpg
DSC_5488bj.jpg DSC_5493bj.jpg

衆院選がどんな状況か知らないが、Webを見てもテレビをつけてもアベのおぞましい顔が出てくるのはどうしたことか。メディアは全て自民党に乗っ取られた(これは事実)かのようだ。今日の東京新聞で竹田茂夫氏が「安倍政権の本音は強面の国家作りにあり、経済は国民を引き寄せる餌にすぎない」と書いている。消費税で教育の無償化……「赤い羽根」のような詐術になぜ騙される?

                              
DSC_5310bj.jpg DSC_5504bj.jpg

    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

樹木は枯れない程度に短く

日々の生活から、「はりきり」とか「みなぎり」とかが、欠落しているのでしょうな。弟さんはじめ、懐かしい故郷の人々の気持ちにも。生活に追われていますと、いろいろ出来ていたごく普通の日常のことも、きつくなります。無論年齢的なことが一番でしょうが。私の家の庭の柿も今年はひとつもならないようにしてしまってます。職人に頼んで、実はならなくてもいいけれど、枯れない程度に、枝を落としてくれと、依頼していました。うちの柿を楽しみにされていた2,3の方々も、お宅は大変だから、と、言ってくれますが、何もそこまでしなくても、と、思っているかも知れません。夜、柿の枝をなでながら、父に謝りました。植物の生育をコントロールするのも、こういうことをすることの気持ちは複雑であります。ちょうちんの店に入りたいですな。

Re: 樹木は枯れない程度に短く

おや、久しぶり。お元気でしたか?

提灯の店、八代亜紀の「舟歌」か藤圭子の「旅の終わりに」みたいな雰囲気ですが、何という店なのかな? 後で聞いておきます。私は姉妹でやっているらしいガーデンカフェの方がお気に入りです。

庭の樹は枯れない程度に短く……私もそれなら許容します。強剪定でもいいと思う。弟はバサバサ切ってしまいます。私が邪魔だと思う玄関先のヤツデなどは手をつけません。親父や私の意向など省みることもないわけです。それが彼の精神衛生上必要なら仕方ないとは思いますが……。

野の果てに僻地ありて

「昨日、悲別で」・・・粋なタイトルだが、悲(かなし)辺地の写真の現実は、まるで福島原発の核爆発にも似た被害に着の身着のまま逃れ、人っ子ひとり見えないゴーストタウンのようだ。
どの写真にも人影はない。『相変わらずひっそりしている』だけの表現では表しきれないものがひしひしと伝わってくる。ナナカマドと野良猫だけがかろうじて町の形を残しているようにしか見えない。踏切の間際を過ぎたのか越えようとしているのか分からないが、核の被害で止まったままのように見えるのだ。たそかれ迫るバラック建てのような場末の飲み屋、赤提灯はひとつ、のれんも無い。

今回のダイナくんの写真は何かを予感させるようなある種の不気味さを感じさせてくれる。それは何なのか分かるような分からないような・・・ボク自身の心の葛藤かも知れない。
「『北の街ではもう 悲しみを 暖炉で 燃やしはじめているらしい・・・』」だけならまだ少しはほの暖かさも残っていようが、こたびのふるさとの景色はこれ以上無い寒々しさを覚える。

帰省のたびのブログはいつも何かしらの厄日が影響したトラブルを聞かされたのに今回はそれがない。
瞼の裏に父母たちの笑顔が灯明に照らされて見えるという。父君が育てた樹木が帰るたびに痩せ細っていくさまが一段と寂しさをつのらせているという。また、墓所の草むしりも指のやけどで思うようにいかなかった事が父母への申し訳なさとして心にしこりを残していたのかもしれない。

あの山はどの辺から撮ったものだろうか、畑の遙か向こうに見える烏帽子岳はひとりぼっち、寂しげだ。鳴沢橋付近から烏帽子岳に向かう町並みも古の街道を思わせてくれる。

くり返すが写真の中の町には何処にも人影が見えない。意図したシャッターなのか、それともダイナくん自身が無意識に「心の葛藤」を意図しようとした結果なのだろうか。

・寂れたる里に残りし友ありき訪ね訪ねてゆきかたを聞く

・さびれたる里に帰省の哀しきはお墓の花立て花の香もなく

・幾たびか帰りたる里父母眠る墓地の手入れの無きが哀しき

・手入れ無き墓所の氷雨に濡れそぼち父母に無沙汰を詫びるが哀し

(彰)

お寒うございます

暖房器具が欲しくなる気温の中、よりによって投票日に向けて台風襲来とは┓( ̄∇ ̄;)┏
ポチ打倒と緑の貉潰しを目指すなら、是非とも期日前投票を!!

世論調査では、緑の野望は先細りの一方、ポチの命運は悔しいけどまだ尽きていないようです
副総理タローの脳内は相変わらずスナイパーコミックで占められているようですし、昨夜の一関市では、タレント弁護士からの転身組が「相手候補に投票する人は脳がおかしい」と発言
これらの見るも聞くも耐えられない諸々を浴びせられる日々とは、一日も早くおさらばしたいし、このような思考回路の持ち主は政治家をやめてもらいたいものです
でも、実際のところ、ポチが退陣したところでメデタシにはなりませんし、ポチとそのお友達等々(第一次・第二次政権問わず)によってズタボロにされたこの国をまともにする為に、どれだけのビジョンと労力と予算とが必要なのか
個人的には、夕張市再建が国家規模に敷衍されるようなイメージですが、それを見守り協力する心の強さと余裕とを私たちが保持できるか…
これまた試練ですね



石碑の前に佇むのは、鯖にゃんか雉にゃんか
ガラケー画面ではいまいちわかりませんが、凛々しい姿に惚れ惚れします(笑)

Re: 野の果てに僻地ありて

人がいない人がいないと言われるもので、最後に野辺地駅でのスナップを入れておきました。なお、烏帽子岳の姿は元営林署の傍の突端から撮ったものです。

しかし本質的なことはそれではないでしょう。確かに私は人間を避けているのかもしれません。本当は中学生がぞろぞろ通っていくのに、彼等が過ぎてから撮ったりしていました。町に人が少ないのは事実ですが、そんなことも勘案して見てください。厄日を避けて行ったつもりが厄日続きだったと言っていいでしょうか。ヒゲも剃らない弟の状態が少し心配です。

私の心境を代弁するかのような短歌作品をありがとう。私もひねりつつありますが、東京歌壇の壁は厚そうです。

Re: お寒うございます

猫は中学校前でねずみだかもぐらだかを追いかけてひとしきり遊んでいましたっけ。性別は分かりませんが、キリッとしてますね。背景は石碑ではなくタダの石柱です。

明日は期日前投票に行かなきゃ。田原惣一郎が日経ビズに書いているところによると、トランプは日本に寄ってその後習近平と会談する予定ですが、北朝鮮問題は決着しない。戦争突入の確率が高いのだとか。アベはその情報を入手し急いで解散したというのです。公約は全て後付け。日本国民は愚弄されきったものです。アベは明日、秋葉原で締めの演説をするらしいが、親衛隊が守り切れますかな。

啄木のようだ

身に染みいる歌のいくつか。ミルナ氏の悲哀感というか、私などでは言い尽くせない。ダイナー氏の写真と、歌が、本州の果ての地を踏みたい気持ちを倍加させる。久しぶりに感動した。生きながらえよう、少しでも先まで。

哀しみのはてに

福島原発のせいで未だに難民生活を余儀なくされている大勢がいる。各地に散らばり、細々と生活を強いられた上に「いじめ」がまかり通っている。
子供たちの自死、高齢者の孤独死は、まるで日常茶飯事のごとく起こっているが、新聞などの記事はしだいに小さくなってしまっている。やがては紙面からも消える事だろう。
かつて人々が住んでいたことも、ダムの底に沈んでしまったかのように記憶も消されてしまう。
ボクが言った「ある種の不気味さ」とは、先に述べた福島のいわれなき惨状のように、ついさっきまで生活の匂いがあった。しかし、何の事か分からないうちに人々だけが、強制的に避難させられてしまった跡の、残り香だけを見るような感じを、今回の写真から受けたからなのだ。

突然人々が消えてしまったこの「不気味さ」はボク自身の心の哀しみかもしれない。今では野辺地に限らず、どの地方でも同様の抜け殻を廃墟とした写真を多く見るようになった。こんな写真が好きなだけに、ふと「夏草や兵どもが夢の跡」の句を思い出した。

このたびの帰省の写真は、ダイナくんのひとつの心の葛藤を如実に著している様にも思われ、けっして「人間を避けている」のではないと思う。
失礼だが、以前のブログでは弟さんを見る目が厳しかったのに、それがなくなったような気がするのだ。

今回の写真にホームの人影を追加したけど、これまた失礼だがボクにとっては全く不要だ。「昨日、悲(かなし)辺地にて・・・・・・」のタイトルに人影のいないふるさとの写真の絶妙な組み合わせが、ボクの心を痺れさせてくれたのだ。

通りがかり人くんごぶさたです。
日本の酒がおいしくなりました。冷や酒は暖房がないと飲みにくい季節となりました。まだ「熱々のナベ」まではなくても燗酒が恋しくなりました。
伊達藩の専門学校に行ってるマゴが帰ってきたときに、先輩から「獺祭」という名酒を奢られたそうな。コップいっぱいのもっきりが1,000円だとか(コップの大きさはわからないが)この酒は確かに凄いらしい。なにしろ精米歩合が23%だというからどんなものかぜひ飲んで見たいものです。しかし、4合ビンで5,400円とか。(手がでねえ~)
もう一つ手を出したくねえ理由(わけ)は、安倍晋三、佐藤栄作、岸信介らの関係地「長州藩」が蔵元なのだ。そこがどうしても気に食わないのです。
(酒にもこだわりが必要じゃないかと思いまして・・・)

唐突ですが
明日の午後8時を1分も過ぎないうちに当確が出る。自公の大勝が早々と出る。この日この時間に地獄の釜の蓋が開くのだ。
72年前の戦後の始まりが、22日から戦前の始まりとなった。安倍晋三は名実ともに日本国の独裁者となる。
ボクの妄想であってほしい。(彰)

Re: 哀しみのはてに

そうか、私のブログを通して、周辺から壊れゆく日本の現状を透視していたんですな。どこかに底知れぬ恐ろしさ、不気味さがある。本当の恐ろしさは、復興どころか除染さえ進まないうちに帰還を強いられる被災者と、それを視野から消し去って日常を語り始める日本社会でしょう。

ところで、貴兄のお孫さんは未成年ではないのかな。ま、先輩から勧められたら仕方がないな。これから期日前投票へ行きます。

期日前投票

期日前投票はすごかった。30分待ちの行列です。会場が区民センター8階の部屋、ではなく狭い廊下なのにはビックリ。これじゃ混むはナ。急な解散で用意が整わず、みたいな貼り紙がしてあるのがご愛敬でした。

張り子のトラ

みえみえの結果だった。そもそもの発端は、小池のバアさんが都知事選で圧勝したことだ。ひそかに国政を狙っていた本音を若狭に話したんだろうか、おそらく誰にも話さずにいて、都知事になったら次は…と思っていたに違いない。ところがこの都知事選・都議選で思わぬ大勝をしたものだから、このままで行っても国政に一石を投じる事が出来るとばかり急ごしらえの「党」を造った。
前原くんをそそのかして家臣にし、その一部の仲間たちを引っ張ることに成功した小池バアさん、このときこそは石田光成同様天下を間近に見た事だろう。しかし、家康同様アベシンは強かなタヌキだった。

裏では小池・安倍の密約がなっていて、小池には野党を撹乱するよう頼んだことだろう。もし、圧勝したら共に改憲しよう、とでも言いくるめたのではないか。改憲に慎重な公明党が煩わしくなってきたのだろう。
小池のバアさんはみごとに釣られてしまった。前原くんも一緒に吊り上げたのだから安部晋三にとって笑が止らないことだろう。

結局は小池バさんの似非カリスマ性に乗せられた国民だが、ちょっとだけ目が覚め、「希望の党」とは何かを考えた末、国民は自己保身として、烏合の衆の野党よりも、危険と知りつつ寄らば大樹の陰をえらんだのかもしれない。
東京都民も多少の理性は残っていたということか。

この際、たとへ頼りにならなくても枝野くんに何とか頑張ってもらわなければボクの未来は亡国の民だ!。(彰)

Re: 張り子のトラ

前に書いたように、小池とアベは五輪を成功させてくれたら改憲で協力するという密約を交わしていたそうですからね。しかしなんですな、民進が割れず立憲ができてなかったら民進候補はこれだけ受かったかどうか……。どこかの大衆の1人が言ってましたが、「(投票当日に大雨土砂降りなんて)アベはホントに運が強い」。天はアベに味方したのかな? 中山恭子の亭主は受かってしまったけど、小うるさい中野正志がいなくなってせいせいです。

仁義なき大義

アベくんやったね!さすが強心臓のシンゾウくんだ。恥も外聞もなく臨時国会の電撃的冒頭解散、素晴らしいよ。嘗ての真珠湾攻撃を想いだした。先制攻撃がいかに大事か、なんだね。野党への撹乱作戦も実に見事だ。尊敬しちゃうから(真っ赤なウソ)。
ところで早々に改憲するんだろう?来年か再来年にはやってしまわないと五輪ピックのテロ対策に国防軍(今の自衛隊)を動員できないし、北朝鮮のバカアタマのてっぺんにミサイルの先制アタックができないもんね。よかったね、趣味の戦争が出来て・・・

ぼくの長州藩がようやく「蛤御門の変」で負けた屈辱を晴らすことができるから、こんなに嬉しい事はないよ。
「お前ら全国民、よく聞け。今日からぼくに対し、臣下の礼を忘れるでないぞ」。三跪九叩頭の礼を欠いたら『すぐ首だ!』かんな。庶民は非国民として共謀罪でしょっ引くから覚悟しておけ。
本音を言うとね、『習近平総書記は、「毛沢東思想」「鄧小平理論」のように自分の名前を冠した党規約の改正を目論んでいて、更なる権威付けをしようとしているけど、ぼくもやりたいんだよ。戦争できるよう改憲してアベシンゾウの名前を憲法に明記したいと思っているんだよ』、(とアベシンゾウは心の中でひとりニタニタ思うのであった)

これほどの圧勝は喜んでも喜びきれないウハウハだ。小池くんどうした?選挙前の威勢はどこへいってしまったんだい!戦略無き戦術は、いっとき勝ってもうたかたの夢でしかないんだよ。これが仁義なき大義というもんだゼ、都知事になったからといってぼくを「舐めたらアカンゼヨ」
前原くん!もうやめたのかい?まさに「三日天下」だったね。小池バアさんに誑かされなければ少しは救われたかもね、可哀そうに・・・。ぼくが拾ってあげようか?
勝利宣言したシンゾウくんにマイクを向けたらこんな意味のことが忖度できてしまったとサ。(どんどはれ)
 
  なぁ~~~んか虚しくなったよ  (彰)

Re: 仁義なき大義

ふーーーーん、安倍憲法ですか……。「安倍憲法・安倍軍と呼ばれましたがすぐに廃止されました」なーんてね。

今日のひるおび!には若狭勝が出てましたが、相変わらずしどろもどろですな。彼はもうちょっと表現力を鍛えた方がよくないかな。それに田崎志郎がかみついて「補選で自民党は何千万をつぎ込んでるんだ、恩義を忘れたのか!」みたいな……。あいつマジ自民党員か?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/449-4af0e4c7