FC2ブログ

テルという名の女 

                           
DSC01344bj.jpg DSC01397bj.jpg

検査の結果、眼鏡を作り替えることにした。私の目は左が老眼、右が軽い近視で、両方に乱視があり、左には網膜前膜による色抜けや歪みがある。取りあえず眼鏡で補整できる分はやっておきたい。若いうちは目が補正するが、だんだん無理を生じ疲れの原因になるとのこと。現在の眼鏡は20年近く使っているはずだが、なぜか乱視の補整はしていない。検査士に見せるとフレームが大きすぎてレンズや視野に歪みが出るという。実際、外して光を反射させ確かめると周辺が妙に歪むのが分かり最初から気になっていた。そこでフレームごと新調することにした。値段は2万6千円弱。出費だが目にはまだ30年は働いてもらわなくてはならない。

                               
DSC01363bj.jpg

砂銀へ行きついでにテルの様子を見たが、天気がイマイチなせいか行きも帰りも寝ていた。別の日、起きていたので呼ぶと近くまで来るが触らせてくれない。写真を何カットか撮らせてもらうと、つまらなそうに奥へ引っ込んでしまった。砂銀の先にいる白黒ぶちのノラは、喧嘩したのか尻尾の先が使い古しの筆みたいになっていた。よく見えなかったが後ろ足も損傷しているようだった。猫の世界は熾烈だ。
ところで、テルという名前は何だか人間くさくて呼ぶのが照れくさい。過去にテルという名前の女性を2人知っている。1人は弘前の下宿屋の女将。当時は襖で仕切っただけの部屋に怒りあくどいとも思ったが、農場実習の日に別立てで弁当を作ってくれたり、実は大変お世話になったのである。4年の時だったか、清水の舞台から飛び降りるつもりでそこを「脱走」し、自炊に入った経緯は以前ブログに書いた。

                             
DSC01376bj.jpg DSC01428bj.jpg DSC01430bj.jpg 

もう1人はかつて高円寺北口にあったバー・テル(正確な表記は不明)のママである。私は1人でこの手の店に入れない性格なので、行ったのは誰かに連れられていったか誰かを誘っていった場合だろう。何かのイベントの帰りに、今は故郷に引っ込んだT氏と3人、新宿で飲んだこともあった。店では溝のすり減った『ラブユー東京』のB面『涙とともに』をよく掛けてもらった。蟹座の人、テルさんが亡くなってもう二十数年は経つだろうか。お弔いの知らせをもらった時には故あって出られず悔いを残した。テルのあった路地の辺りは再開発で一変し、今や痕跡を探すべくもない。

                    
DSC01391bj.jpg DSC01401bj.jpg
                         

関連記事

コメント:

tell me

どうしてもストーンズのこの曲を思い出します。下宿屋のテルさんは切なかったでしょうな。かなり必死で逃亡されたのでしょうが、そこまでされると、テルさんも、もお追う気力も尽きてしまうでしょう。この私でも、何度か、女性を、そういうつらい目に遭わせたことがあります。振られた女は忘れますが、振った女は心に残ります。
 ダイナー氏が過去を打ち明けてくれますと、そのバックナンバーを知りたくなります。実らなかった男女のそういう、なんというか、苦しい話が私は好きです。ぜひ、弘前の方のテルさんの話をおしえて下さい。やはり亡くなっているのかな‥

追伸

結局、心を尽くしてくれた女性を恋しがっているのだろうと、私は自分のことを思っているということでしょうな。

 すごい高いビルの屋上の非常階段がありまして、そこに二人の若い女性の後ろ姿がありまして、私はそのひとりの肩にしがみついたのですな。すると、右側の女性はスルーしてどこへともなく消えたのですが、左の女性にすがりながら、階段を降りるのですな。階段をともに降りながら、ここいらでいいでしょう、と、いうよなニュアンスの言葉を残して、その女性も消えました。そして夢から覚めたのですな。誰だったかが、わからないのです。後ろ姿だけで、二十代くらいということだけわかるのです。
 ついつい、このような夢がこのごろ増えてきています。夢の中では青年なのでしょうな。

Re: tell me

お早うございます。これです。
http://dynagom.blog.fc2.com/blog-entry-174.html

でも切ない男女の話とは違います。我が母より10歳は上ですから、亡くなっているでしょうね。私の無理難題によく付き合ってくれたと思いますよ。

Re: 追伸

ふーむ、2人の女……ね。A子かB子か、ではないか。
近頃は女性の肩に手を置くのも憚られますからね……。
「すごい高い非常階段」……これはよく夢に見る光景ですが、私の場合は女性は出てこず、一人できりきり舞いします。女性に導かれるのは通りがかり人さんらしいところ。夢は帰るよ鈴掛の径、いつも青年でありたし。

追伸:ローリングストーンのtell meは知りません。すいません。

おお、如月さんにお邪魔してそろそろ

5年ですか。いちど白クマ氏に紹介されて、お会いしましたな。ダイナー氏は、上品な顔立ちの人でした。美男子と言えばそうなる。この時の記事には「なるさん」も昔の名前で、出てました。そうですか、私が初めて、このブログに投稿させていただいた時なのですな。貴重な記事であります。ううむ、まだ3年くらいの気がしていましたが。まいった。しかし、ダイナー氏、よくがんばってますな。今も寄らせていただいて、感謝し直します。
 テルさんは下宿青年が可愛くてたまらなかったのでしょうな。年齢は違っていても、抱きつきたかったのかも知れません。男女は年齢では決めつけられない世界ですな。ううむ、やはりせつないですな。ダイナー氏は可愛い青年だった気がします。ううむ、せつなや、テルさんが。ううむ、身をまかせてもよかったのかも。別の世界がひらけていたかも。ううむ、照美ぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。あっ、違うな‥小学校の同級生です。
 

Re: おお、如月さんにお邪魔してそろそろ

そうですか、5年ね、いずれまた一緒に飲みたいものです。
弘前のテルさんに抱きつかれても困ります。
こんなふうにプチ気取ってますが、実はここに書けないことは一杯あるんです。ホントに私はひどいヤツでした。懺悔……。

今回は

テルさんの話に、深入りし過ぎた私のコメントのため(‥?)、コメント数が6から先に増えません。申し訳ない。すまないです。
 下宿先でわがままをきいてもらいながらも、追い詰められてゆく青春のほろ苦さと、今になったからこそ感じられる、生きられる時間の短さと、ひとりで知ることの出来える限りある空間の小ささが、感じられ、ついつい筆が走りました。テルさんのそれらは母性か、恋情か、なりわい故の必然か、ご本人もわからないまま過ぎてしまった日々だったのでしょう。心の奥底深くに、そういう心温まる引き出しを持ち続けているダイナーブログに参加できてよかった。

Re: 今回は

なぜか増えませんな。フムフム。皆さん忙しいようです。

世間の決まりについて飲み込みが悪いのはこの頃からで、ちっとも変わっていませんね。テルさんはどうでもいいが「れんぼう」に悪いことをしたと思っています。

ところで、昨夜更新しようと記事を書いていたら風呂に入っているうちにWindowsのupdateが行われ、保存していなかったので書きかけがパーになってしまいました。GT氏のようにWordで書くメリットはここでしょうか。Wordなら自動で、ある程度のバックアップが取れますのでね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/452-2b71d921