FC2ブログ

空っぽの街/玉手箱の里 

夜中の0時過ぎ、風呂に入っている間にWindows10のupdateが行われ、書きかけて完成間近のブログ原稿がおシャカになってしまった。もっとも、0時過ぎてからは更新していいように設定したのは私であるが……。

マンションの建築現場と、右端はトークイベントの様子。左から平井・浜・北島の各氏
DSC01489bj.jpg DSC01490bj.jpg DSC01451bj.jpg
 
人も猫もいない空き地の光景、「遠近法の教科書」と平井玄が評した空っぽの東京が延々と続く。これは新宿photographers'galleryで行われている浜昇「VACANT LAND 1989」の印象である。同名の分厚い写真集も出版されている。バブルで地上げされ放置された空っぽの都市は現在巧みに修復されたかに見えるが、多数の自殺者を生み共同体を崩壊させた時間は戻らない。写真家・浜昇に評論家の平井玄とphotographers'galleryを主宰する北島敬三を交えたトークイベントでは、これを津波ならぬカネがもたらした大災害の被災地とする捉え方が共有された。

                 
DSC01477bj.jpg DSC01463bj.jpg DSC01486bj.jpg

浜は70年代後半の自主ギャラリーPUTで活動し沖縄も撮っているが、その辺りのことはよく知らない。「VACANT LAND 1989」を撮るきっかけは、四谷に住む浜が町内会の記念誌か何かを出すために、住民に取材したことにあるらしい。四谷では兵隊から帰って築き上げた街がダメになった。浜は何もできないので写真だけは撮っておこうと思い、つまらない作業だが、裁判に使えるよう場所をきちんと記録することに務めた。葉っぱや草が写ると風景写真になるので夏は撮らないし、転居先や挨拶の記された立て札は画面から外したそうだ。昔、都市論や風景論が流行ったが、生きた人間が存在しない場所では都市論・風景論にならない。これらは個人の歴史が抹消された単なる空き地だという。浜は今、東京の工事現場をデジタルで撮りつづけている。
新宿に育ち今も新宿に暮らす平井は、著書『愛と憎しみの新宿』(ちくま新書)で写真集『VACANT LAND 1989』に一章を割いている。

                    
DSC01434bj.jpg DSC01482bj.jpg DSC01479bj.jpg
 
六本木のストライプハウスギャラリーで行われた塚原琢哉「60年前の記憶 遙かなる遠山郷」はこれはこれで大変印象的な写真展だった。南アルプスの山襞に囲まれた下栗の里 遠山郷は、今でこそ日本のチロルと呼ばれ「にほんの里100選」にも選ばれているが、写真を始めて間もない頃の塚原が訪れたときは、秘境にも近かったのではないか。60年もの間、陽の目を見ることなく眠っていたネガからプリントされた写真は、霜月祭りなど伝統行事を守る当時の山村の暮らしを奇跡のように甦らせる。写真集が信濃毎日新聞社から刊行されている。

                         
DSC01453bj.jpg DSC01455bj.jpg DSC01474bj.jpg

7丁目へ行ってみたが猫には会えず、代わりに東京新聞の兄さんにばったり遭遇した。向こうも「アレ?」という顔をしていた。帰りにテルに挨拶しようと思ったら、寄っては来たがチトご機嫌がよくないようだった。猫の心と秋の空か。そして、ざくろ小路の子猫に襲いかかった過酷な事件のことも取り上げようと思ったが、また来週だ。

                  
DSC01457bj2.jpg
                   

関連記事

コメント:

空っぽの怨嗟

建築中のマンションも次第に成長してきたね。完成したらその先の景色は見えなくなるのかな?もしそうなるとまた空間がなくなって息苦しくなるようだな。

「VACANT LAND1989」のひとコマを見たけど展示作品は全部モノクロ調なのかな。パソコンでみるとデジカメで撮ったようなグレー調だけど、フイルム撮影だろうから黒の色調はもっと締まっているんじゃないかな。
ただよく分からないのは「人もいない空き地の光景、空っぽの東京」という国内なら、その雰囲気にあう日本語でのタイトルではダメなんだろうか、とボクは思う。今をときめく?シャッター商店街や歯っ欠けの商店街など、全国各地で見られるおぞましい風景とオーバーラップするような想像をしているから日本語の題名にこだわるのかな。

何の著書だったか忘れたが土地を私物化し資本物にした明治以降の国家の愚策が全国津々浦々から街並みと人を消し去ったという。ボクには意図的にバブルをつくり意図的に弾けさせた政権の愚かさがこの作品から見えるような気がする。

ブログで見せてくれたふる里の景色もまさに「人も猫もいない空き地の光景」だよな。それにしても都市には、自然風景としての「空っぽ」は許されないのだろうか。
「多数の自殺者を生み共同体を崩壊させた」空っぽの都市は「時間は戻らない」が都市には「空っぽ」が許されないなら、ふたたび愚民政策を意図しているとしか思われない。

19日、氷点下三度~五度のわが地方も、とうとう初積雪が始まった。終日間暖なく降り続いたわけでもないけど、今朝見たら数センチくらいの積雪が一面真っ白に染めていていよいよ来たな、という思いを実感した。昨年は入院中だったので、対岸の火事程度の感覚でしかなかったからである。
それ以前の何十年かを、当たり前のように受け入れていたはずの寒さも、大病の後なのか厳しく身にしみる。(彰)

Re: 空っぽの怨嗟

『VACANT LAND 1989』はモノクロ(B&W)です。たぶん写真集もそうでしょう。題名についても何だか話していたような気がしますが、要するに空き地は空き地でも暴力的なマネー災害の跡地であるという意味で、シャッター街とも違うということでのネーミングかもしれません。現在の東京では空白をつくらないようになっていて、すぐ壊せるような建物で埋めているそうです。税金の関係かな? 空っぽの怨嗟が続いているのでしょう。

江戸川乱歩が書いてますよね。空き地小五郎シリーズ……なーんて。山本周五郎も書いてます。青べかんと物語、ははははは。

雪景色ですか……野辺地もそうでしょう。寒さが身に染みるのはトシだからですよ。厚着をして身体を労ってください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/453-4d1aae1c