FC2ブログ

踊る写真 

DSC01540bj.jpg DSC01541bj.jpg DSC01542bj.jpg

9月に四谷のギャラリーヨクトで行われた西村陽一郎展「踊ル人」は、自主ギャラリーならではの刺激的な試みと言ってもよかろう。踊る人・キベこと木部与巴仁のダンス(キベダンス)を撮った西村のモノクロ写真が展示されているのだが、時間が終わる午後7時からはキベの生ダンスが1か月にわたる会期中毎日披露され、最終日にはピアノ演奏付きの特別公演があった。演目はすべて谷崎潤一郎『過酸化マンガン水の夢』。その踊りはモダン系でも暗黒系でもないと聞いていた。キベは全裸もしくは女性下着を纏う。私は最終日に拝見したが違和感はなく、会場は大入り満員(10人そこそこ)であった。なお、野辺地はモダンダンスの先駆者、江口隆也・乙矢兄弟を輩出している。小学校の頃見せられたがさっぱりであった。

                             
DSC01633bj.jpg DSC01590bj.jpg DSC01548bj.jpg

原美術館で田原圭一の「光合成」with 田中泯 を観る。入館料は1,100円。都市や自然を舞台に踊るダンサー田中泯の裸体は、白黒の陰影の中で都市ではオブジェとなり、田園や自然に対しては人体の祖型を失い大地に同化するかのようだ。展示の中心を成す1978~80年の作品はなぜか未発表のまま眠っていたものだという。70年代からパリで活動していた田原は本展準備中に急逝している。原美術館は品川御殿山の奥にあり、実業家・原邦造氏の私邸だった建物を美術館に再生した、現代美術専門の美術館である。「光合成」は今月24日まで。水曜日は午後8時まで開いている。

                          
DSC01594bj.jpg DSC01621bj.jpg DSC01628bj.jpg
img135.jpg 

Zen Photo Galleryで渡辺眸「香具師」を観る。「香具師」は「テキヤ」と読むが、ATOKでは変換できない。これは60年代後半、祭りや縁日を彩るテキヤの世界を「殺されるよ」と脅されたり「三号が欲しい」と口説かれたりしながら内側から撮った作品である。会場に年配の女性がいたので挨拶するとやはり作家本人であった。渡辺眸といい大石芳野といい命がけですごい写真を撮っているくせに、こういう「女流」写真家はみな小柄でおっとりとした風情。外見だけ一丁前で何もできない私とは大違いである。  

                           
DSC01564bj.jpg DSC01596bj.jpg

イオンが週刊文春を訴えた裁判で、東京高裁は「見出し以外の記事は真実」として1審の賠償金額を大幅に減額した判決を下したという(こちら)。当の見出し〈「中国猛毒米」偽装……〉はまずいとして、リテラの記事が記すように産地偽装した中国米の混入や検査体制の杜撰さ、商品の8割が中国産という文春の指摘が本当なら、私のよく行くまいばすけっとやダイエーも危ないことになるがどうなんだろう。イオンのSLAPP(いやがらせ)訴訟は食い止められたかに見えるが、最高裁に上告すれば逆転の可能性もないとは言えないとか。

はしだのりひこ死去の報道。1945年1月7日生まれの山羊座であった。
                        

関連記事

コメント:

おーーーーーーーーーーい‥‥

亡くなっているのはミュージシャンに限ったことではないのだが。フォーククルセダーズは、加藤和彦が,まあ、格好良かった。あと、北山だけが残ったか‥うーむ、減ってゆく悲しさだ‥どんなに耄碌してでも、生きててもらいたい。それが一世風靡した者たちのつとめである。しかしここで出会った人たちは、生きるつとめがある。私もそうしている‥

Re: おーーーーーーーーーーい‥‥

うーーーーむ、はしだのりひこ、パーキンソン病に白血病と言われていますね。加藤和彦は自殺……ですか。今日も寒い。皆さんどうしたのかなぁ。

ReRe:おーーーーーーーーーーい‥‥

今の時期、プラタナスの黄い葉っぱや、カサコソと音を立てる落ち葉をみると、はしだのりひことシューベルツが歌った「プラタナスの枯葉舞う・・・」という一説を思い浮かべます。もう少し上の世代は「スズカケの径」かもしれませんね。シューベルツは、歌曲王シューベルトにちなんだグループ名かと思っていたら、靴紐という意味なんだそうです。4人グループだったのですが、ウッドベースを弾いていたハンサムな青年が若くして亡くなったことを記憶しています。
まあ、人の死というものは、本人も残された人も、受け入れる以外にやりようがないものですよね。

Re: ReRe:おーーーーーーーーーーい‥‥

シューベルツは靴紐? 靴紐はShoelaceだそうですよ。こじつけ臭い。
「鈴掛の径」……友と語らん鈴掛の径 通い慣れたる学舎の街……私などこっちの方かな。佐伯孝夫でしたか、作詞は。新しいところでは、風に震えるオレンジ色の 枯葉が舞い散る停車場で……(20歳のめぐり会い・シグナル)も好きです。

はしだはシューベルツの後、ずいぶんいろんなグループをつくってますね~。安住の地がなかったみたいに……。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/455-8b406863