宴会は食べる物がない 

DSC01671bj.jpg DSC01670bj.jpg

大久保での忘年会に出た。私は15年・16年と2回休んだのでみんなの顔を見るのは久々だ。面々は、80歳目前で子供相談のNPOに携わるY氏をはじめ、ネット書店を営むS君、吉本氏との座談会DVDを出したM君、45年越しの裁判に勝ったと思ったら控訴されたO君、労組運動で自宅を差し押さえられたK君、自宅で農業と進学塾を営むY君、脳梗塞リハビリ中のH君など多彩。北極地方のF君、建築士現役のG君も頑張る。年齢層が幅広いので現役は少なくない。私も上京して実に44年が過ぎた。K君は日本でも韓国並みの個人訴訟が増えつつあると言っていたし、O君は外車にはねられて足を骨折し、800万円だかの賠償金を取ったが気前よく使い果たして素寒貧たと言っていた。
この日私ははなぜか朝から声が出にくくなり往生した。会はビール主体で刺身や鶏の唐揚げなど生魚と肉ばかり。鍋も出たがこれにも肉(モツ)がたっぷり入っているので食べられるものは皆無。世の中どれほど肉食が多いんだ。終盤になって枝豆やコロッケをオプションで追加したのが唯一のつまみだった。そのおかげで酒も進まず酔いはほとんどなかった。もうもうと立ちこめるタバコの煙が声枯れに悪い。後で見ると離れた場所にカニ鍋がありだいぶ残っていたが、やはり肉が入れてあったんだろうか?
いずれにしてもメンバーは多士済々、みな根性の座ったひとかどの人間ばかりで、軟弱なのは私くらいか。しかし横から見ると腹が出た体型が多いのが気になった。また、N女史が私のブログの記事「猫への伝言」にある白猫の画像は自分の猫だと主張していたが、帰って調べると猫町七丁目で撮ったもので女史の地域とは離れすぎている。似た猫であろう。

                          
DSC01636bj.jpg DSC01639bj.jpg

本郷の文京ふるさと歴史館で「季節のうた-歌人窪田空穂生誕140年・没後50年-」を観る。空穂は50年を超える歳月を目白台で過ごし、全集に載る歌だけでも14,000首以上を詠んだ他、早稲田大学などで教鞭を執りつつ多くの後継者を育てた。空穂のすごいのは「明星」に参加するも退会し、特定の師を持たず自力で流派を創りあげたことだろう。その歌風は「境涯詠」と呼ばれ日常生活の些事を詠んだものが多い。双子座の人らしい飄々としてこだわらない自在な詠み方と思うが、意外にも字余りの破調が少なくないことに気付いた。
なお、展示の中に「漂白(さすらひ)の……」という歌があり、目を疑ったが自信がないので帰って岩波文庫で確かめてから電話したら、やはり「漂泊」の間違いであった。それを除けば展示は空穂記念館の協力を得た丁寧なもので大変ためになった。65歳以上なので入館料はロハである。

                        
DSC01672bj.jpg
                       

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

ビジター25,000人超え

やっとかー。それにしてもコメントがないな┓( ̄∇ ̄;)┏

そうだ、確かに返信がない

もお、みなさん腹筋がないのですな。ぼっこり腹のオンパレード。これは少し期間が空いてしまったので、あれは誰かと、確認をしているのに、懐かしさもあったりして時間がかかり、毎年出席している野菜泥棒たちに,やられたという感じですかな。野菜をとらなくちゃと、高齢者は意識します。白菜とか、大根とか、キノコと、高いけれど、あったはずです。みんな食いたいのは肉ではなく、野菜なのです。二年のブランクを感じてしまったか。そうですか、北極から、来た人もいましたか、gt氏など、懐かしい。
 私は今この時間、八海山の特別醸造720を飲んでます。ミルナ氏の体調は大丈夫か‥がんばれダイナー氏。

Re: そうだ、確かに返信がない

書きにくい話題であっても、通りがかり人さんは隙間を見つけてちゃんとコメントしてくださる。それが何よりですね。ミルナくんはメールは来るがコメントは……腹筋してるのかもしれません。たかしくんはメールも来ないが生きてるのかな? おーい!

そうです、野菜は高いから肉をじゃばじゃば入れちゃおうってやつか。顔は忘れても腹を見ると誰だか分かっちゃうかな。おーーっ、あのときの! なんちゃってね。しかし他にちと気になったのは、人間、歳とともに長所はうすれ短所が増大することも考えなきゃならないってこと。自戒十戒十回し。かるいきびんなこねこでござるよ、秋の風。今日は酒は飲まずトマジュー少々。

極年の極月

宴会は食べるに非ず、ただただひたすらに飲むことなのだ。それから高齢者は野菜系が主となりがちだが、肉をどしどし食うべし、だという。筋肉の衰えを防ぐためには必須だという。
しかし羨ましいよ、食べるものがない宴会でも飲めりゃいいじゃないか。

健康管理のためなのか忘年会などの飲み会が多くなるからなのか、近頃のテレビは「高血圧の恐怖とか偏食の恐怖」を煽る番組が多い。それと「名医」による治療の番組も結構あるね。名医ともなると五年先まで予約でいっぱいとか。そういえば「私、失敗しませんから!」なんてセリフを吐くドラマもあったっけな。

極年はボクの造語である。「ごくねんのごくげつ」と読むことにするが(極月は俳句の季語でもある)短かったこの一年、如月に退院してからどうにか極月を迎えられた。ステロイドの副作用は頑固で、筋力はなかなか普通までにはならないため、腰痛、首・肩の凝りは如何ともし難く、大げさに言えば 物事のそれ以上行く先のない酉年最後だから「極年の極月」とあててみた。

退院したての頃、桜花爛漫の北上川土手を散策して、川岸から入院先を懐かしく眺めた話は以前書いたけど、定期検査のために何回かいくようになってからというもの、しだいに嫌になってきた。その都度検査結果を知らされるが「寛解」の意味合いが次第に重荷としてのしかかってきたのだ。
心身の回復が思い通りにならないため、それがストレスになり血圧の乱高下や食欲不振を引きずっているからでもある。
食べすぎ、食べ不足も小さな胃袋には堪えるらしく、晩酌を断ってから二ヶ月過ぎたらクスリとの飲み合わせもあってか飲酒が怖くなった。また、極月の寒い夜の入浴も血圧との関係で恐る恐るといったありさまだ。ちょっと弱気になった寒い毎日だ。

世情騒然もしかりだ。「Jアラート」もいつの間にか定着してしまい、防空頭巾を被った児童らが、学校の廊下や机の下に潜る様子や、高齢者の避難の様子がテレビで頻繁に映される。ラジオもコマーシャルなみに万一に備えろと頻繁に叫ぶ。
最近、ハワイでも空襲警報がテストされたニュースの中で、インタビューに答えた人は、核攻撃されたら「どこへ逃げろというの?」といってたが、我が国でもアベシンゾウらは防空壕があるからいいけど、ボクたちに避難しろというなら国費でシェルターを作れといいたいね。
そのうち避難訓練も強制的になって、参加しないやつはマイナンバーで管理され、「非国民」のハンコを押されるんだろうな。

【スマホの犯罪】のコメントで言い忘れた件だが、事件事故を平然と撮しそれをアップロードするヤツは絶対に許せない。そんな奴らは《個人情報侵害罪》で即刻市中引き回しにしてしまえ!少しは被害者の立場や気持ちが分かるだろう。ドローンという代物も何やらきな臭さを覚える。模倣犯や愉快犯が手作りの爆弾をこれに付けて飛ばしてくればどうなる?想像したくない近未来だ。(彰)



Re: 極年の極月

寛解とはいえ、なかなか思うようには行きませんね……。
薬の副作用、血圧の上下、血糖値や何やらの数値の振れ、食欲への向き合い方もあります。イヤになるでしょうが、気長に考えましょう。

宴会は食べるものもなかったけど、書いてあるとおり酒もビールしかないのでほとんど飲んでません。でも別に飲みたいとは思いません。酒は体に悪いので……イヤホント。香港ではビールも常温で飲むそうですね。冷えが体に悪いそうです。

「日刊ゲンダイ」に五木寛之が「流されゆく日々」を連載していますが、近藤誠医師が塩分は悪くないという説を発表しているそうで、それに対し他の医者が無視しているのはケシカラン、まともに答えたらどうだと怒っています。どうなんでしょうね、実際。

必ずしも事故事件の映像を流しちゃいけないということはないと思う。テレビや警察の発表だけを鵜呑みにさせられる方が怖いと思います。シチュー引き回しと書くとおいしそうにも見える。

 ――極月やごくごく飲めどごく普通
   

極め月

極めてやるまで死ねるかよ

極めるぞ、くそぉ、きわめるぞぉぉおおおお。

みるなーーーー、負けるんじゃない!

なあに、弱気ならばいい、臆病ならばいい。

極められぬ日々の目白押しだが、なあに、きっと来るぞぉぉぉぉぉぉぉ。極めの月が!

俺は死んでも極めるぞぉぉぉぉぉぉ。

Re: 極め月

これが極めつけだーーーっ!

と言いたいところですが、このところ拍手が「4」で頭打ち。恥ずかしいので拍手カウンターをなくしたいんですが、それだとどれぐらい不人気かが分からない。むしろ拍手じゃなくて「ブーイング」「止めろ」カウンターを付けた方がいいかもしれませんね。ブーイングしたい方はぜひコメントを。

きわめつき・つき!

通りがかり人くんありがとう。多謝、多謝、多謝!終日曇天、寒・寒・寒の北国はこの頃身にこたえるゼヨ。
来月にはもっと厳寒になるが、冬至が過ぎるとだんだん日中の明るさが、12月に比べ長くなるので気分も上向きに向かうでしょうヨ。
だから、というわけじゃないが極月というやつには気がめいるのさ!こいつに勝てないけど負けないようにして『俺は死んでも極めるぞぉぉぉぉぉぉ』だな。
大晦日と元日くらいは飲んでみようと思う。    
(彰)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/456-6d6c1a0f