FC2ブログ

一遍から何を学ぶか? 

DSC01786bj.jpg DSC01794bj.jpg DSC01796bj.jpg

税制改正大綱を受けたメルマガの急ぎの分はUPした。ソンコ・マージュのコンサートは失敬し、後でCDを購入した。ポルトリブレは28日で幕引きとなる。年賀状はやっと出したが、宛名の漢字が間違っていたりコメントを書き間違えたりで大変。何より毎年図案を考えるのが一苦労だ。それと今年は断捨離しすぎて、ハガキがだいぶ余ってしまった。
風邪らしい猛烈な寒けは少し落ち着いたようだ。体温36.2~4度。私としてはまだ高めだが頓服(カロナール300)を飲むほどではない。ところが一方で、真武湯が強すぎるのか風邪の影響か、ひどい下痢になってしまった。真武湯の副作用として下痢は記載されていないが、老人には強すぎるから減量せよとある。これは服用を一時中止するしかない。
それと夜中に痰が出すぎて往生し耳鼻科の最終日に駆け込んだが、先生はいつもの処置だけで何もしてくれない。鼻と喉を診て「乾燥」「充血」という言葉が聞こえたので、忖度して次の夜はお湯を入れたコップを置いて寝たら効果覿面であった。いずれにしても、医療機関全休の年末年始を乗り切る用心が必要になる。

迷路のようなポルトリブレの階段も見納めだ
DSC01793bj.jpg DSC01789bj.jpg DSC01787bj.jpg
DSC01792bj.jpg

年末ギリギリに神宮前のトキアートスペースでちょっと興味深い展示が行われていた。村上慎二の「勝手な巡礼散歩・野にあるように」は、栗田勇『一遍上人 旅の思索者』(新潮文庫)をテキストとして一遍ゆかりの相模原市・無量光寺(旧時宗総本山)から藤沢の清浄光寺(遊行寺・時宗総本山)まで、およそ30キロを歩き写真を撮るというもの。一遍のことはよく知らなかったが、一遍上人、遊行上人、捨て聖と尊称され、踊り念仏を広めた人と言っていいか。南無阿弥陀仏を一遍(一度、一回)唱えるだけで悟りが証されるという教義は、仏教を大衆化する大きな契機となったとされる。踊り念仏は盆踊りの原型になったという説がある一方、尼僧も交え法悦に至る過激(楽しそう)な狂乱状態が非難を浴びたとも伝えられる。
村上の作品は「藤沢今昔まちなかアートめぐり」という例年行われるイベントの一環として撮られたもので、それを暗くなった壁面に投射するようなこともしている。一遍の死後、弟が彼の足跡を辿って『一遍聖絵』という書物にしていることを考えると、村上の営為もそのコンセプトに連なるものと言えなくもない。米軍基地近く起伏の多い地形に旧海軍の横須賀水道みちがあったりする、現代の地誌との重ね合わせがワクワクする。なお、『一遍上人 旅の思索者』は絶版だそうだ。展示は31日まで。

                         
DSC01781bj.jpg

今日74歳の誕生日。一昨日、プレゼント前倒しで手袋を買った。特別な感慨はないが、人生残り少なとの思いが募る。あと20~30年となれば小さなことで悩んでいる暇はないようでもあるが、俗人には小さなことほど悩みが大きいのである。もう踊り念仏の列に加わるしかないか。
                             

関連記事

コメント:

除夜の序曲

今日 魚市場まで行ってタラなどを買ってきた。しけが続いていたせいか、新鮮な魚がない。毎年この時期に浜料理を作って味わう。いつもは「波浪予報」をたしかめ、漁協に連絡するなど、用意周到で出かけるのだが、今日は行き当たりばったりに出かけたせいか、ろくな魚がない。ま、お正月気分を味わうためには、何か買わないといけない。いくつか買ってきて昼食をとったら、すっかり遅くなってしまった。

用意周到、年取るほど「用意周到」の心構えが必要。年末にはとくに健康状態に注意。なにしろかかりつけ医は新年まで休みだし、専門医も救急以外にはやってない。齢を取るとなにかにつけて面倒になるが、健康でいるためには、逆に面倒がらずに、先手を打って、危機管理をすることが大事だと思う。

その点、大納言氏の通院は、一応合格点。(ただし、まだ医師任せなところが減点対象だが)

年末 兄 義兄がそれぞれ 老廃症候群が顕著になり、健康管理のいい加減さにたたられたこともあり・・医者のなすがままに任せているだけだと、健康は守れない。自分の健康状態は自分で把握しないと。あくまでも医師は患者の必要性に奉仕する存在なのだから。

築地を守るをかかげたはずの女狐は、都民をすっかり舐めきって、早々に豊洲移転を決めて・・いったい都民はどうなっているんだ。遠くから見ていると、バッカみたいだ。昨日の首相動向をみていると、橋下、松井と安倍が3時間ほど会って話し合っている。政治を引退した男とこれほど親密に時間をかけて話をするとは。全部を録音して、公開してほしいものだ。悪党3人組、さながらマフイア3人組の悪だくみをしたのだろう。

安倍を背任罪容疑で逮捕しろ。

『一遍上人 旅の思索者』

『一遍上人 旅の思索者』は文庫本で出ているよ。1円くらいだ。文庫本はだめなのかな?

毎日ふとんはあたたかくお休みください。とにかく健康管理を優先して。

Re: 除夜の序曲

北海道は荒れ模様でしょうね。正月の仕込みも大変そうです。

ミルナくんではありませんが、休みが続くと気が気じゃないのはよく分かります。小生の今回の症状(低体温で発熱?)に対して内科医は虚証と診て真武湯を処方しましたが、それ自体は間違いではないと思います。ただ、小生の体質に合わず下痢を引き起こしたのは予想外でした。一時貰っていた下痢止めを続けなかったことは小生の判断ミスでもあります。休み明けにもう一度相談してみます。確かに今回は鼻水も喉の痛みも咳もなく、何ゆえの寒けか決めかねるところではありますが……。

Re: 『一遍上人 旅の思索者』

新潮文庫が絶版(品切れ)だということです。
古本での入手はたぶん可能でしょう。

百八つの煩悩

大晦日の夜、除夜の鐘をつく。年内に107を打ち、年が明けてから最後を打って、この一年に作った罪を懺悔し、罪を作る心を懺悔し、煩悩を除き、清らかな心になって新しい年を迎える。
年内に打ち終えて清浄の身となるなど地方・寺院によって一定ではないそうだが、それはともかく人は108っの煩悩がありそれを抱えて、のたうちまわっているそうだ。であればこそ除夜に撞く梵鐘の、得も言われぬ響きに心が洗われ、新たな年も生かされていくのだという。

ボクの近所には梵鐘のある寺院はないため聴くことができないけど、それでも風の向きによっては微かにだが、どこかの鐘の音が聞こえることもあるので除夜を楽しみにしている。煩悩の数は108つの比ではないから、微かに聞こえる鐘の音で少しでも減らして貰えればありがたいと思うのだ。

それにつけても今年ほど健康を意識したことがない。昨年のように入院中は24時間看護してくれていたから、わりと安心だったけど、退院後は自己自身の危機管理を必須しながら、間もなく新年を迎えるが、たかしくんのいうとおり『年を取るほど用意周到の心構えが必要』なのは医院休診への畏怖の念をボク自身誰よりも強く抱くからなのだ。

来年こそは、踊りながら念仏を唱えることが出来るくらいの体力回復ができるように一遍唱えてみるか。

それにしても豊洲市場の地下空間は結局どうなったの?なんかモヤモヤのうちに年を越しちゃうのか・・・小池バアさん、いっぺんくらい南無阿彌陀佛を唱えてみろよ。    (彰)

お疲れさまでした。

74歳、めでたくなんてないのだろうけど、おめでとうございます。さっき古本を早速注文させてもらいました。楽しみです。

尼僧とて女は女いっぺんナニしてなぜ悪い

生きろ! ダイナー氏。

Re: 百八つの煩悩

百八つの除夜の鐘が静寂を震わせる時は近い。
俗人の煩悩を数えれば108に留まりませんが、思うにこれはパターンを言っているのでしょう。108の類型があるということではないでしょうかね。
なに? そんなことは常識? 失礼しました((`∇´ゞ)

老人は健康が意識のすべてと言ってもいいほどです。今日も朝の下痢がひどくて家にこもっております。どうも真武湯のせいとばかりは言えないようです。あるいは真武湯の影響が今も続いていると言うことか。私は3月にポリープ取りで入院しましたが、ま、その程度で済んだのがありがたいところでしょうね。これからはドンドンいろんな故障が出てきそうな気がします。

小池百合子の豊洲騒動は何だったのでしょう。
規制オーバーの有害物がドンドン見付かる一方でスケジュールは進み、築地の開発も百合子の思いつきでは手に負えなさそうです。そもそもなぜこんなことになってしまったのか。遡れば東京ガスが汚染された土地をまんまと売り逃げしたことですが、この辺りの事情はなぜかさっぱり解明されていませんね。

もう一つの大きな懸念材料は北朝鮮。ゲンダイによると米国の軍事オプション発動は、平昌五輪が終わりロシアの大統領選が終わる3月20日以降だそうです。確率はかなり高いと言います。右往左往の日本はどうすればいいんでしょう。
まさに南無阿弥陀仏でございます。

Re: お疲れさまでした。

あ、ありがとうございます。後期高齢者一歩前。

私のブログで本を買うなんて方がおられたとは……罪深いことです。南無阿弥陀仏です。これでいっぺんに救われます。

安倍のつく鐘

除夜の鐘は108つとなっているらしいが、それは無辜の民が打つ数。
ところがだ、安倍の釣鐘はぐわ~ん ぐわ~ん ではなく 嘘(きょ~)嘘(きょ~)と800回鳴るんだ。
おまけに9条2項廃止~9条なんかくそくらえ~と反響する。

安倍を背任罪で逮捕しろ。 

Re: 安倍のつく鐘

なんですか、原稿仕上がりましたか?
虚々として除夜の梵鐘鳴りにけり、ですな。

「国難」だというのに、あんなにニコニコと愚にも付かぬ夢想を述べる首相というのは前代未聞でしょうね。財政危機、少子高齢化、待機児童、過労死、日本のものづくりの危機、原発問題、福島の呻吟……それらを全部ないことのようにして憲法改正を筆頭に据える。国家の私物化(夢想化)ここに極まれり。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/459-362e3fce