一相独裁 

DSC01855bj.jpg DSC01856bj.jpg

寒けが少しよくなったと思ったら今度は膝(右)が痛くなった。家にいるときは気付かないが、地下鉄などの長い階段を下りるときがチトつらい。自己診断では骨のダメージではないようで陽陵泉のツボの押しもみで凌いでいるが、なかなかよくならない。整形外科も検討したが待ち時間が長いので躊躇してしまう。こりゃ、いよいよ老人になったということかな。

ところで、グーグルニュースというサイトがある。主要マスコミ電子版やネットニュースのタイトルがジャンルごとにここに集約され任意に読めるようになっている(一部会員限定もあり)。ところがお気づきと思うが、右翼マスコミ産経ニュースのタイトル数がすこぶる多いのである。どうやらここには産経の巧妙な戦術があるようだ。朝日・毎日やゲンダイは有料記事が多いのに対し、産経はほとんどが無料で、しかも「反日」・反安倍的な動きや論調に対しては即座に多方面から攻勢を掛けるので、それがグーグルニュースのようなところに反映されていく。ZAKZAK(夕刊フジ)はもっとえげつない。

                           
DSC01884bj.jpg DSC01852bj.jpg DSC01870bj.jpg

さて、今回韓国文政権が打ち出した日韓慰安婦合意の再検討。安倍政権は冷静になるべきところ国内の感情的な反応をむしろ煽っているかのようだ。そもそも2015年末唐突に発表されたこの「合意」なる結論自体、当事者である元慰安婦との摺り合わせも日本国内での国会審議もなく、正式文書も交わさない朴政権との申し合わせに過ぎず、日本が10億円を拠出した(安倍はこれには頑張ったらしいが)ことで、元慰安婦への直接の謝罪もなく現金支払いという個人的な「決着」に矮小化させたのである。オバマ前大統領の強力な要請に、背後霊に操られる朴槿恵と金で解決できれば御の字という安倍が乗ったのが真相だろう。
韓国内では安倍の「謝罪の手紙を渡す考えは毛頭ない」という発言への反発もあり少女像の運動が広まったが、日本のメディアは韓国政府がこれを取り締まれという見解さえ流した。特定の表現活動を取り締まれというのは、一相独裁の日本ではあり得ても民主国家の韓国には通じない。文政権の見直しは彼の公約でもあったが、10億円の拠出金は韓国の予算で代替し、日本には謝罪を要求しているがむしろ抑制的である。戦時下の性暴力は単に日韓だけの問題ではなく、現代もまだ繰り返され続ける抑圧である。

                              
DSC01837bj.jpg DSC01872bj.jpg DSC01864bj.jpg
DSC01881bj.jpg

ところで……14日の東京歌壇に半年ぶりに短歌が採用されたので、さっそく友人諸君にリンク付きメールで知らせたのだが、ブログの更新と勘違いしたか直接の反応はゼロ。こういうときにはお義理で喜ぶもんだよ。
                

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

1ミリたりとも動かさないという恫喝の「弱さ」

1ミリたりとも動かさないという傲慢と「弱さ」

 「日韓合意」なるものについての大納言氏の卓見には、まさにその通りと拍手を送りたい。
 そもそも、私自身(主権者たる国民)はこの「合意」に何ら関与していない。内容について意見を求められたこともない。そのやり口にも賛成をしていない。
 わずか10億円で過去の過ちを解決するなんていうのは、手切れ金を渡すことで己の不道徳に一切責任を負わずに黙らせるとやり口と同じではないか。
 忘れてはならないのは、日本は加害者であり相手国民は被害者であることだ。加害行為は、どんなことがあっても忘れてはならない。金で始末つけるようなものではない。仮にホロコーストについても同じ対応したら、欧州国民は黙っていないだろう。


菅は相変わらず「一ミリたりとも動かさない」と恫喝している。この暴言に、加害者の「弱さ」が見える。追い詰められているのは「一相独裁」の方だ。

大納言氏の「東京歌壇」入選作を読みました。忘れ去られた「街道」筋の風景を切り取るような作品、さすが写真家の大納言氏の目線から生まれたものだと、羨望の思いで読ませていただいた。今後のいっそうの精進を心から期待したい。

Re: 1ミリたりとも動かさないという恫喝の「弱さ」

ははは、ありがとうございます、精進料理を食べて精進します。

1ミリたりとも動かさない……全くあくどい奴らです。蒸し返されると困るのは彼等だからでしょう。おっしゃるとおり戦争の加害者が被害者に言う言葉ではない。どんな合意があろうと過去には永遠に向き合わなくてはなりません。「不可逆的に」とは被害-加害の関係を清算するものではないし、そこで終わりではない。今回は毎日新聞までが韓国に説教しているそうですが、とんでもないことです。韓国が不十分だと言っているなら見直し、もっと包括的で批判に耐える協議を始めるべきでしょう。

先日のサンデーモーニングでも関口宏や藪中・田中が反対の立場で女性コメンテーター達と分かれてましたね。しかしこんなことで平昌五輪開会式に出ないなど、逆に世界に指さされるんじゃないでしょうか。

それでも満員御礼だとか

国技の大相撲初場所が始まった。初日は満員御礼となった。あれだけ騒がれ、まだ解決していない醜い争いにもかかわらずにだ。ある週刊誌の見出しではモンゴル力士をメタメタにくさしている。産経新聞調でいえば〈国技〉を汚すものだ!恥を知れ!てな塩梅でだ。
外国人の横綱がそんなに嫌なら相撲界に採用しなければいいではないか、稀勢の里が横綱になったときの国民の大騒ぎようを思いだしたが、ときの政権に煽られた国民の無知蒙昧なバカ騒ぎにも似ている。国技を守る日本人がようやく横綱になったことへの国民の感情だろうが、白鳳らが横綱になったころの日本人の多くは無関心だった。
日本の伝統である〈国技〉とは何なのかさえ日本人もよく分かっていないのに、ましてや外国人に分かる訳がない。
相撲そのものは国技ではなく、「日本相撲協会」そのものが国技だと理事らは思っているのではないか。外国人力士の国籍が日本でないと親方にはなれないそうではないか。彼ら理事連中は自己保身に必死なのだ。そんなことにはお構いなしに満員御礼をさせる国民の皆さんは 賢明なのかそれとも愚鈍なのかね。

東京歌壇拝読した。今は鞍掛橋の下を流れる川は暗渠なのか埋め立てられたのか分からないけど、「旧き河岸」からは或るときの時代を彷彿とさせてくれる。
「河岸」は〈かわぎし〉と読めば何の変哲もない川の岸でしかなく、土手との間に葦や雑木林、田畑のある自然の景色を浮かべるけど(これはこれで趣があっていいのだが)、この場合は〈かし〉と読むだろうから、遥かに遡った時代の例えば江戸時代の賑々しさが、東京ど真ん中のビジネス街の現在とオーバーラップして見えてくるようだ。今に残る「鞍掛橋の交差点」を江戸っ子に見せてやりたいね。
ボクには「木場の町に赤き橋あり路地裏を昔日のごと黒猫歩む」の歌とつながるセピアいろをたっぷり想像させてくれる今回の歌なのだ。

向かいの新築現場は高層ビルじゃなかったんだ。右側も間もなく出来上がりのようだが遠望を妨げられないでよかったのではないかな。
工事現場かの写真で、右側のオッサンの影をみると、まるで拳銃を向けているように見えるがこれまた面白い一瞬だ。
「月の砂漠」の坂道はどこなんだろう?それと左側の映画のポスターすごい!まさかその昔からあったんじゃないだろうね。片岡千恵蔵の時代なんてボクらの唯一の娯楽映画だったな。それにしてもこんなポスターよく見つけたもんだ。(彰)

Re: それでも満員御礼だとか

国技ってのが曲者ですな。それならそもそもモンゴル人が参加するのはおかしいんじゃないでしょうか。日本国は難民はお断りだが外国人労働者は受け入れざるを得ないみたいなことを言い、アイデンティティ問題がまるでご都合主義ですよね。白鵬の張り手かち上げが問題視されているようですが、たけしが言うように別にそれはルール違反ではないのになぜ騒ぐんでしょう。万歳事件や審判への不満表明も気分がよくないのは事実ですがバッシングになるのは異常です。理事達の自己保身が下にあるとして、さてそれで大相撲は続くでしょうかね。国技として繁栄しますか? 

どうも佐佐木幸綱先生はこういうレトロな江戸情緒みたいな歌が好きなようです。この次のブログにでも、できれば現在の鞍掛橋と昔の風景をからめて取り上げてみたいと思ってます。たかしくんに教えて貰ったところでは、龍閑川という川(河岸)らしいんですが……龍閑橋というのは確か神田に交差点があります。坂はなべころ坂です。何度か撮ってます。

古い映画のポスターは仙台堀のそばにありまして、随時貼り替えられているようです。「江東シスターズ」という会の名前と連絡先が記してあります。シスターズというと男性お断りかな? 建築現場は向かって左が2階建て、右が8階建てですがこれからまだ上に延びるんだと思います。某GT君によると鉄骨ではない鉄筋コンクリートはそれが普通だとか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/461-8b232e0a