FC2ブログ

柊鰯が読めない 

DSC02177bj.jpg DSC02178bj.jpg DSC02116bj.jpg

人生初のインフルエンザは熱は治まったが、痰の絡み方がひどく血も混じるので、抗菌剤グレースビットと抗アレルギー薬フェキソフェナジン塩酸塩+ムコソルバンに変えてもらった。グレースビットには「下痢が起こることがある」との注意書きがあったが、案の定、次の日あたりから軟便になり次に下痢が出始め、しかも不意に催すのにはまいった。電車から降りて西大島駅のトイレへ駆け込んだら誰でもトイレ含めて使用中。慌てて(エレベーターでは間に合わないので)エスカレーターを駆け上がり、真上の総合文化センターへ。辛くもセーフ。こんなことは久しぶりだ。グレースビットは2日飲んで止めたが、下痢は全然治らないし外出も不安だ。そこでまた荒木医院へ行って下痢の薬を出してもらう。常在菌まで殺してしまうグレースビットの効き方は大したものだ。
耳鼻科へいつもの治療に行き「インフルエンザの治りかけで」と漏らすと、先生がまじで「いつからですか?」と訊く。咄嗟のことで答えられず、お薬手帳を見てやっと答えたが、これは認知症的なものかな?
なお難物と思った膝の痛みは、整形外科でX線写真を撮って関節に異状がないことを確認してもらい、医師の指示通りジクロフェナクを真面目に塗ったら3日くらいで簡単に治った。これまでは塗り方が甘かったらしい。

                             
DSC02147bj.jpg DSC02140bj2.jpg DSC02136bj.jpg

表参道のピクトリコギャラリーで河原孝夫写真展「柊鰯のある風景」を観る。ヒイラギイワシと訊いてピンとくるのは山姥さんくらいではないかと思うが、作者は柊鰯との出会いを自分にとってのデスカバリージャパンと捉え、東京周辺の祭事風景をしっとりしたタッチで撮っている。ところでこの柊鰯、節分に魔除けとして玄関先に飾るものといい、関東以西の風習であるようだ。ネットでは青森にもあるように記されているが、『青森県百科事典』(昭和56、東奥日報社)、小舘衷三『青森県の民間信仰』(昭和61、北方新社)、『野辺地の社会と民俗』(平成2、野辺地町)いずれにも載っていない。載っていないからないと言えないにしても……。

                 
DSC02125bj.jpg DSC02182bj.jpg DSC02185bj.jpg

今年の青森の雪は聞きしに勝る多さのようだ。青森市は1メートル近く、野辺地はそれほどではないが、日中でも氷点下という日が続き解ける暇がない。凍結防止のため水道は出しっ放しだとか。道路の除雪は進んでいるものの、家から車を出すまでが大変だと弟がぼやいていた。地球は温暖化ではなく氷河期に突入するという説もあり、自然の猛威を前に我々人間はなすすべもないありさまだ。

                        
DSC02154bj.jpg DSC02128bj2.jpg

                                    

関連記事

コメント:

寒さ疲れだ!

ブルーのシートに覆われている現場も成長してきているけど、どこまで伸びるんだろうね。もうすぐ向こうは見えなくなるのか。遠くが見えないとなんか視野が狭くなったようで落ち着かないね。
閉所恐怖症にでもなりかねない大都会の狭間は、加齢者にとって決して健康にはいいとは思われない。ボクの場合、白内障や緑内障もどきになってくると視野の狭さ、鮮明さ、ピントの甘さなどがストレスの原因にもなっている。最近とみに酷くなってきたのが甘ピンなのだ。写真データを整理しようとしているんだが、午前のうちがせいいっぱいだ。
眼はまだまだ冬眠中のようだ・・・といいのだが、「マナグ」に春がこないとなると、それはもう恐怖の報酬だよな。(こんなことばっかり考えるからストレスが溜まるんだな)

インフルエンザからようやく逃れつつあるようだが、B型もあるから安心はできないぞ。それにしてもいろんな副作用に振り回されているようだけどやっかいだね。街中(まちなか)でノグソともいかないから大変だ。かろうじて間に合ったようだけど、まだ外出はやめておいたほうがいいんじゃないのか?

退院後、一年前から感染症の予防薬を飲んでいるけど、主治医曰く、あと1,2年は続けろだってさ。だからインフルエンザなどを考えて不要不急の外出はご法度している。

確定申告の準備を始めつつあるけど、いつもやっかいなのは医療費控除の関係だ。クスリ屋から買った年間の薬代のレシートの整理など、これもイライラの元凶だよな。みなの衆はどうしてる?(彰)

おお、ミルナ氏、負けるなと、言うのも、白々しいが‥

生きて行こうですぞ。私も、一年前、野小便を横浜駅男子トイレ直前で、やりましたぞえ。二十くらいの女性だったか、あれえーっと、どこかへ行ってしまいました。ズボンの前がかなり濡れましたが、野ぐそですと、かなりきびしくなります。ダイナー氏、よく頑張りましたな。えらい。つらかったでしょう。解放したいのは山々ですが、人間限界説ですな。便所よ目の前に現われよ。ですな。出し物には、気を遣いますな。昔のフランスは野ぐそが町中にもあちらこちらにあったとか。そういえば、子供の頃は道の真ん中に、人糞が、なんてこと、平気にありました。山の小道にもありましたし、ねずみ色のちり紙が、かたわらにありました。山は解放でしたな。江戸時代の人は便秘などしなくても、山の中で、束の間解放を得られたのでしょうな。何でぬぐったのでしょうかな。葉か、草か、ダイレクトハンドか、人間、思いっきり根こそぎ脱糞、noガマン放尿ですな。ほとばしりが大事です。イッヒ踏ん張るてん出す運賃。ですな。ダイナー氏、つらかったけれど、これも尊厳ですな。ミルナ氏の言うとおり、下剤飲んだら家の中ですぞえ。

Re: 寒さ疲れだ!

ブルーシートはこれ以上伸びないはずです。8階建てですから。
しかし私の部屋の真ん前が空いていて、ここに何かできると大変です。30年空いていた土地がにわかに動き始めたのは、カネがだぶつく日本経済の結末なのか、いずれ少子化でマンションもだぶつく羽目になるんじゃないでしょうかね?

下痢は薬が効いてやっと落ち着いてきました。電車には乗ってましたが、それ以後は大丈夫でした。年末年始に漢方薬で下痢になり、今度また抗菌剤で下痢とは……。もうないことを祈りたい。

ピントの甘さは前に書いたファンケルの「えんきん」飲んでみて。ただし飲んで3、4日しないと効果が現れないそうです。ちと高いけど私には効くと思っています。半月分のもあります。

確定申告……領収書は集めてますが、医療費控除できるほどは、ね。29年度分から書き方が変わった(簡単になった)ようですが、今のところ縁がないので考えてません。新しくできたセルフメディケーション税制は、スイッチOTC薬を購入した場合1万5千円で控除されますが、こちらも縁がなさそう。

Re: おお、ミルナ氏、負けるなと、言うのも、白々しいが‥

とととと、通りがかり人さん、何もそこまで書かなくても……。

通りがかり人説によるとパリの街中にも人糞が落ちていたということかな? 街中なら野ぐそとはいいませんな。いずれにせよ、えらいこってすね。イッヒ踏ん張るてん出す運賃……急に話はドイツに飛びますな。運賃表に糞が飛び……いけね、つい通りがかり人調に乗せられてしまった。その後前立腺だかの治療は進んでますか? 薬は飲んでるんですか? 暇なときはゼヒ反射区をマッサージしてください。

Re: 寒さ疲れだ!

追加ですが、パソコンによる目の疲れでミルナくんへのアドバイス。
原因の一つにモニターの調整不良があるように感じます。輝度の上がりすぎ、コントラストの不適切、色の偏りなどです。バスの中で猛烈に明るくしたスマホを使っている人を見ましたが、懐中電灯じゃないんですからね。無用に明るくしたモニターを見ると、ズンと脳の中枢に銃弾を撃ち込まれたような衝撃を受けます。
LEDバックライトが有害なブルーライトを発することはご承知のとおり。Windows10 の最新バージョンはブルーライト対策ができるようになりましたが、色の偏りがひどくてとても使えないと思いました。私が無理してフリーソフトのScreenWhiteを使っているのはそのためです。自分の目は自分で守らないと……若者は何ともなくても老人は無理が利きません。

フエク政治はどこまで続く

いやいや、痛みや寒さ たいへんな話ばかり。ところで、「裁量労働」の労働時間が一般の労働者より短いとかバカげた話を3年にわたってしてきた。責任を問われると、「役所からあがってきた数字、私がいちいちチエックするわけではないとか。第一次安倍内閣でやれなかったことを、次から次へと「ウソ」に塗り固められた「説明」をして通そうとしている。絶対許さない!完全に国民をバカにしている。近頃、また毎日怒り心頭に達している。
佐川が記者から逃れるためにホテル住まいとか。確定申告まであと19日。この男は逃げおうせるつもりか? この男の存在は政権にとって邪魔になっている。権力による抹殺を怖れなければならなくなっているのでは?
 ところで、この種の問題について、NHKはニュースでさらっと報道するだけ。籾殻会長がいなくなって、少しは良くなるかと思ったら、とんでもないこと。ますますNHKは悪質化している。どうなっているんだ。

 みなさん
 0570-066-066へ電話を。NHKはアベ放送局かよ、と抗議を。     
      

ジクロフェナクを真面目に塗ったら3日くらいで簡単に治った?それは良かった。が、たんなる薬の塗り方が粗末だっただけ。「すり込む」ことなしには、薬は吸収されない。ま、こういう初歩的な原因はよくあること。
 今後は慎重に!

Re: フエク政治はどこまで続く

フエク政治……とは? フェイク政治かな?

国会中継を観ていて頭がおかしくなりました。都合の悪いところは官僚のせいにし、別のシーンでは居丈高に。吉田忠智に「自分で調べたんですか!」と恫喝したのはどこのどいつで。これほど根性の曲がった総理はいませんね。まさに史上最低の総理大臣です。

しかし今回の山尾志桜里はよかった。不倫なんていわれてへこんじゃダメです。安倍の論理(屁理屈)を無視して自分の論理で切り込んだことです。彼の屁理屈に引き込まれるとグチャグチャにされてしまいますが、彼女はそのことをよく弁えて自力で戦いました。ガンバレ志桜里、オレが付いている!

佐川はホテル代に血税を使っているのではと囁かれていますが、適材適所なら逃げ隠れする必要はありますまい。親分が親分なら子分も子分。退官まで逃げ続けて給料・退職金をちゃんと貰うんでは日本中が大爆発しますよ。

NHKは最近あまり観ないんで何ですが、特にニュースウォッチ9はシラケぶりがひどいみたいですね。普通のニュース番組も安倍の「国民との触れ合い」的な場面になるといやに長々と写すのがお約束です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/466-88a678af