鎖に繋ぐべきものは…… 

DSC02240bj.jpg DSC02270bj.jpg

このところの乱高下する天気には参った。1945年の大空襲前夜3月9日は北風が激しく吹き、当夜の気温は3.9度と記録されている(早乙女勝元編著『写真版 東京大空襲の記録』)。だが、業火を逃れて川に逃げた人も、首から上を焼かれ、またショック死、凍死、溺死などで生き延びた例は少ないという。2011年3月11日は幸いにして東京の気温は穏やかだった。最低気温3度、最高気温11度となっているが、風はなく雨も降らず、2時間かけて歩いて帰っても寒いという感じはなかった。被災地ではそこから今に続く塗炭の苦しみが始まっていたのであるが……。

                           
DSC02251bj.jpg DSC02268bj.jpg

久々に砂銀に近い路地を通りかかると、例のアンティークのミシンやアイロンを喫茶店で展示していたおじさんが外にいて所在なさげだ。よく見ると喫茶店の前にアイロンを積み上げて、「上げます」との貼り紙。いったいどうしたのか! 聞けばそもそもの発端は、喫茶店の隣を借りていた会員制居酒屋の店主が突然亡くなったことだという。見たところ50代半ばといった感じの男だったが、寿命というのは分からないものだ。彼が亡くなったことで大家が建物の建て替えを決意し、おじさんは住処(2階で暮らしていた)と展示スペースを失うことになったわけである。
おじさんは「ずいぶん楽しませて貰ったから悔いはない。これは私の終活だ。後は娘のところで暮らすつもり」と言いながら、幾分淋しそうであった。アイロンの次はミシンやカメラなども同じように処分するのだろう。実際、解体が始まるのはだいぶ先のことではないかと言っていた。
私もおじさんにはミシンやアイロンの蘊蓄を散々聞かされ、多摩川縁の白洋舍の本社まで出かけてアイロンの写真を撮ってきたし、アイヌ女性とのロマンスも聞かされた。カメラのことなどまだ聞きたいことはいっぱいあったが、やむを得まい。潮時かもしれない。なお、おじさんは確か御年81歳になったばかりだとのこと。おじさんよ、元気で長生きして下さい。

                            
DSC02249bj.jpg DSC02247bj.jpg DSC02293bj.jpg
DSC02287bj.jpg
              
劇団河馬壱が参加した曼荼羅の「岸田國士を読む in 吉祥寺」を観にいく。河馬壱の演目は「ヂアロオグ・プランタニエ(対話)」と「犬は鎖に繋ぐべからず」。「ヂアロオグ……」は1人の男を巡る2人の女の話。「犬は……」の方は、犬が騒ぎを起こしているコミュニティーに、山っ気のある男が話し合いの規律を持ち込んだためにゴチャゴチャしてしまう話だが、1930年に発表された作品であるにもかかわらず、なぜか生々しさを感じるのは安倍の止めどない暴走を目の当たりにしているためか……?

                   
DSC02288bj.jpg
                          

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

おじさんの孤独が滲み出ている

いわば商売道具でもあったこれらを、もっていってもいい、とは、それなりの諦念と、人生の清算が感じられる。ダイナーブログではこのおじさんを何度か取り上げていて、私も面白い生き方と、楽しく読ませていただいたけど、不意打ちのように、どうしょうもなく突然にこういう運命はあるのだろうと、思います。きょうは3.09と3.11の間の日であります。なかなかに滅入る記事であります。こういう日は布団に潜り込んで、うつらうつらするしかない。ダイナー氏、体を大事にして下され。下痢に注意。消化器系も弱っているに違いない。ひたすらに、暖をとられよ。

Re: おじさんの孤独が滲み出ている

まったくですね。しかしおじさんは娘さん一家がいるからまだいいが、私なんぞは天涯孤独、でもないが、心境的にはそれに近くなりつつあります。下痢はすっかりよくなりました。通りがかり人さんもお大事に。がんばろー。

天気予報が当てにならん。プンプン!
  

そりゃ 佐川に聞いてください

明日ですが、3.11がやってくる。
この時季に大納言氏の寂しい記事が出た。「ずいぶん楽しませて貰ったから悔いはない」。そうか。そうやって自分を納得させているんだと思う。人は自分のスタビライザー装置をもっていて、「危機」におちいらないためにいろんな解決策を考える。
「ずいぶん楽しませて貰ったから悔いはないといいながら、寂しそう」という大納言氏の観察。「寂しい」ことが本音かもしれないな。そう表現することで、すこしずつスタビライザーが機能していくんだと思う。
 

政治が壊れていく。
問 この時期に辞職する理由は、ほかにあったのでは?
答 そりゃ、佐川に聞いてください。私の方で本人から受けた説明は、先ほど申し上げた通りです。
問 いや、そうじゃなくて、この時期ということに多くの国民は不信を持つのでは。そこらへんを麻生さんは財務大臣としてどう思いますか?
答 ですから、それは佐川が個人として判断したことでから、私は佐川ではありませんので、先ほど申し上げたことがすべてです。

 この不毛な語法を、日本の政治家はいつから身に着けたのだろう。
「関係の資料が押収されていますので、調べようがありません」
これを打破するために、東京新聞の望月女史が一生懸命質問をし続けている。すごいエネルギーだ。

「現段階では、これがすべてです」「とくにコメントすることはありません」

日本の民主種がが崩壊しつつある。言葉の崩壊を伴って。

安倍ファミリーの悪事を政府ぐるみ、党ぐるみ、官僚ぐるみ、NHKぐるみで隠蔽する、この政治はいつまで続くのか。

 安倍を背任で捕まえよ!

NHKに抗議せよ。隠蔽の共犯者だ。報道局は。
0570-066-066 だ。 

  

Re: そりゃ 佐川に聞いてください

「言語の崩壊を伴って」………まさにその通りで、自公の党員、新旧の閣僚、官庁の面々も、よくこれだけやってくれたというほど、政治を成り立たせている言語をメチャメチャにしてくれましたね。言語の輪郭がグチャグチャに流動化しました。もはや「わたし」の意味が成立しません。立憲民主の枝野が立ちはだかっているように見えますが、私には彼の言葉もいまいちすっきりしないように思えるんですよ。さてはて、どうしたらいいのか。旧新左翼の出番……なになに、お呼びじゃない? こりゃまた失礼しました!

記憶を記憶するブログ

 すっかり体調が戻ったようだね。インフルとも縁を切ったらしいな。あちこち見て歩いているなんて羨ましいよ。
 弥生に入って少しは寒さがが和らいできたけど、まだ氷点下9度近くの日がある。日中も3度前後だから散策しようにもカラダがついていかない。
 昨今、体力の衰えが一段と進んで、少しの寒さにも耐えられなくなってきたし、懐の極貧も同様だ。。昨年末からの電気代、プロパンガス代、灯油代は例年の二倍を軽く越えている。野菜、果物も高騰だ。まさに「たえがたきを耐え、偲びがたきを偲ぶ」とはこのことを言うんだろう。

 ところでアンティークのお爺さんの店が無くなるそうだが残念だね。楽しませて貰ったついでに「アイロン」を貰ってみたらどう?
 ハラの足しにはならないけど、記憶のなかの記憶にしまっておけば、お爺さんを風化させないですむんじゃないかな。それにしても骨董品的ともいえる古物なら欲しいね。カメラ、ミシン以外にもいろいろあるんだろうな。(真空管の5極スーパーラジオなんかないのかな?――ボクの趣味なんだ――)
 毎日通ってカゴごと全部もらってきたらどうなの?飽きたら古物商にでも持ち込めば多少の金子になると思うけどな。金子で思い出したが、紛失した4万円見つかったのかい?大金じゃないか!もしボクだったら探しあぐねて気が狂ってしまうかもね。

 退院して一年になるが、抗がん剤の副作用だけは依然として強烈に残っている。
 物忘れが酷くなったのもそのせいだと思っているが最近富みに酷くなった。目の前にあり、見えているのに見えないのだ。鶏は三歩あるけば云々といわれているが、ボクなんかはゼロ歩もあるかないのに忘れているんだから。
 いや、待てよ、違うのだ!忘れる前に記憶に残らないのだ。記憶の海馬が機能を低下させているからだそうな。入院中の治療薬を調べてみると心臓、腎臓、脳などに影響がある書いてあった。
 この調子だと高齢者の運転免許証の更新検査が心配だ。案内文書がきたので申し込んだら予約は超満員、今からだと「六月か七月かなるかなぁ」といわれた。四ヶ月待ちだ。八月が免許更新月だから間に合うと思うが驚いたね。

 毎日海馬を使って機能を低下させないよう記憶のトレーニングを、地道にやり続けることで向上し、普通のレベルに近ずくそうだ。記憶を司る海馬の脳細胞は使えば増えるそうだから、さしずめブログにコメントをせっせと書いたら海馬を鍛えることが出来るかもね。 (彰)

Re: 記憶を記憶するブログ

憶えてくれてありがとう。財布代わりの封筒は出てきました。机の上の書類の中にあったんです。ホッとしました!

おじさんのアイロンですが、私自身、ため込んだ本やら何やらを少しずつ処分している身ですので、これ以上モノは増やしたくないんですよ。たくさん写真を撮りましたので、それで勘弁して貰います。ミニチュアのいいのがあればいただくことはやぶさかではありませんが……。ミルナくんご所望の5球スーパーヘテロダイン受信機……ありますかな?

記憶の衰え、記憶の前に頭に入らない症状……それはちと深刻ですね。薬の副作用というのは大いにあり得ることで、血圧の薬なども色々いわれてますね。我がブログが役立つならどんどん書き込んでもらいたいものですが、それだけではダメでしょう。お薦めはテレビの国会中継です。できるだけアタマを柔軟にしておくことが大事だと思います。短歌もどしどし創って新聞に投稿しましょう。

まだまだ岩手は寒いようで……しかし光熱費が去年の2倍というのはなぜ? 野菜はキャベツが高いが、カット野菜にすればいいよ。

それはですねえ

光熱費の倍増はですねえ、寒が厳しいからですよ。温風ストーブだけでは間に合わないから暖房するエアコンを使っているんだけど、ものすごく電気を食うんですな。プロパンガスは風呂にも使うんですが、夏場は30分ほどで沸くのに、今は90分近くまでかかるからね。

ボクの場合だけど低額所得者が高額納税者だなんてね。医療費が5万足らずだなんて羨ましいよ。風邪だ下痢だなどと騒ぐわりには根は健康体なんだな。この分じゃ死ぬまで長生きするんだろうな。

野菜だけどね。カットのカットでさえため息がでるくらいなんだぜ。それに比べると肉は安くみえるが食いたいとも思わなくなった。副作用による体質の異変だから困ったもんだ。

金脈掘り当てたか、メデタシ・メデタシ!うっかりすると書類と一緒に捨てかねないからね (彰)

Re: それはですねえ(追伸)

拙宅も足が寒いがエアコンで暖房はきついね。ヒートポンプ式のエアコンだといいんですが……。ヒーターは石油が幾分安いのでは?

医療費5万円以内てのは見栄で、そもそも私は所得税を払っていないんでした!

キャベツの半分とか4分の1とかにカットしたものではなく、キャベツを小さくカットして洗い、袋に詰めたものが年中100円程度で売っています。これはお薦めです。ニンジンが混じったものや千切りなど色々あります。

一年経って…

蕎麦屋のうち、モリはやっぱり「アッキード事件」であることが明らかに
国会はアッキー 喚問とポチ退陣の実現を、大阪地検は佐川に迫ることができるか………
とは言え、小学校の学級会でもありえないレベルの事柄で犠牲になった方のことを思うと、今尚その地位にしがみついている者どもは万死に値すると思います

お彼岸の頃には桜が開花するとのこと
花が散るまでにモリカケの全容が明るみになりますように………

Re: 一年経って…

籠池夫妻の見せしめ勾留は汚いにも程がある。三流総理の下で犠牲者は増えるばかり。いい加減に往生せい!

おぬし腹を切れ!

 それにしても麻生太郎のなんと汚いことか。
 現場の職員に詰め腹を切らせた。本当に自死だったのか証拠隠滅のため、イレイズされたのか事実と真実がよく見えない。そうこうしている内に一部の職員が文書改ざんしたといってその責めを問うて佐川の首を刎ねた。これだって「悪いようにはしないから・・・俺たちのために身を引いてくれ」とでも言ってのことだろうがあまりにも見え見えだ。(高額の退職金を取って、天下りしてまたガッポリか!)
 部下の不始末をまるでひとごとのような言い草、クチをひん曲げて上から目線のふてぶてしいツラには反吐が出る。
 安倍晋三と一蓮托生だが、亡くなった職員のご家族に対し、贖罪の気持ちがひとかけらでもあるなら、腹を切れよ!
佐川だってその罪は万死に値するから退職だけではすまないぜよ。
 切腹を進めるのは武士の情けなんだぜ。本来は家名断絶、その身は斬首に値する犯罪なのだ。それを「やめる気はさらさらありません」とは。
 あぁ~ハラがたつ。最強のストレスだ。(彰)

Re: おぬし腹を切れ!

ままままままま、押さえて。
麻生の腹切りは見たくない。ホントに悪いのは誰か……分かるね? 殿と奥方様じゃ。今日もひるおび!をちょっと観ましたが、田崎や国際弁護士はほとんど口を出せません。必死に世論を本質から逸らそうとする姿が哀れです。参院予算委員会は始まっていますが、野党は欠席のままでしょう。

12日に自殺報道を受けて安倍が会見してましたが、顔がゆがんでましたね。不気味でした。欧米では王様の首を切って政治を発展させてきましたけど、日本の維新じゃ下っ端や佐幕派が切られて終わりですからね。これ以上真面目な役人が責任を取らされることがないよう望みたい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/468-b073ee9d